タイタニック号の沈没に
ついて
82138047 小谷 仁
目次







巨船誕生の背景
概要
不沈船
試運転
出航
衝突
脱出・救命







査問委員会
勧告
賠償請求
公判
安全運転規則
陰謀説
事故の予言
巨船誕生の背景
ドル箱航路
*アメリカでの急激な人口の増加
*新しい職場・一攫千金・新しいマーケットetc…
⇒北大西洋航路の需要

ホワイトスター・ライン社
*乗客の乗り心地を優先する独自性
*比較的健全な経営
⇒IMM社が1900年の収益の10倍で買い取る

概要
船歴
船籍 :イギリス
所有 :ホワイト・スター・ライン
母港 :リヴァプール
起工 1909年3月31日
進水 1911年5月31日
処女航海 1912年4月10日
その後 1912年4月15日に沈没
性能
総トン数 :46,328トン
全長 :269.1 m
全幅 :28.2 m
全高 :10.5 m
機関 :
スコッチ式ボイラー24基補助5基、
レシプロ4気筒エンジン2基、
蒸気タービン1基、50,000hp(37 MW)
推進器: 混成3軸、3枚羽スクリュー推進、
速力: 23ノット(42.6km/h)
定員 :
船客数:1等329人、2等285人、3等710人
乗組員数:899人
概要
不沈船

ブルーリボン賞を目指さず
*スピードよりも豪華さに重点

安全対策
*16の防水区画
*2区画に浸水しても沈没しない設計
*防水隔壁がブリッジから操作可能
⇒「不沈船」と宣伝
オリンピックとの差異

プロムナードデッキ(遊歩道)
*北大西洋の強風からの保護
試運転
半日だけで終了した試運転
*フルスピードで走らず
*左右操舵試験
*旋回試験
*18ノットで走行中の最大停止距離、時間

⇒後の事故ではこれらの数値は役にたたず
出航
サウザンプトン出航
*前部マストの見張り台から双眼鏡が消える

クイーンズタウン(アイルランド)
*ダミーの煙突に煤だらけの船員
⇒亡霊?!

出航
ボイラー室での火災
*船体強度を弱めるため?!

無線室
*電報をさばくのに忙殺
*電信会社からの派遣社員
⇒重要な情報(氷山情報)が見過ごされる

衝突
双眼鏡の不在
回避に十分な距離がなかった

つながっていた水密区画
完全な水密でなかった構造
⇒16区画に浸水するのは時間の問題


CQD・SOSの発信
脱出・救命
右舷・左舷での運命の分かれ目
●右舷(マードック一等航海士)
婦人・子供を優先
⇒男性にも寛大な対応

●左舷(ライトラー二等航海士)
婦人・子供のみ
脱出・救命
定員以下のボート
*ボートの安全性に対する不安
テストの結果について船員は知らず

*ボートフォールへの扱いの不慣れ
定員いっぱいまで乗せることへの不安
査問委員会
アメリカの査問委員会
事故の責任の所在について
 イギリスの査問委員会
事故の原因、今後の対策について

*立場のちがい*
アメリカ:船客・裕福な階級・被害者
イギリス:建造・検査・運行の当事者
査問委員会の結論





スピードの出しすぎ
不適切な見張り員の配置
救命ボートに対する船内組織の不確立
カリフォルニアン号の救助の怠慢
三等船客に対する差別はなし
勧告





乗客全員数の救命ボートの設置
救命艇訓練の徹底、頻度の増加
通信士を24時間勤務とすること
大西洋横断の航路をより南にすること
水密性の確保について改善措置
賠償請求
責任制限の原則
船を大海に出すには相当の危険が伴う
海上における仕事はオーナーの管理が不可能
⇒海洋国家としての発展を
目指すためには特別の奨励策が必要

*海上で何か事故が起こった場合、不注意や過失が
あった場合でもオーナーが当事者として「関知また
は認識」していないかぎり、その責任には制限が設
けられる*
賠償請求
異なる算式
*イギリス*
1トンにつき15ポンド
⇒69万ポンド(345万ドル)
*アメリカ*
目的地まで到達できなかった分の運賃の合計
⇒10万ドル

(結果)アメリカの法律による責任制限を申し立て
公判
論点
「関知または認識」の有無
⇔責任制限の適用の有無
*スーパーキャプテン:イズメイ社長の存在*

和解点
原告:1600万ドル W社:10万ドル
⇒66万4000ドル

安全運転規則
一、安全運行の徹底
二、自信過剰についての諌め
三、事故発生の場合の会社や乗組員自身に及ぼす影響の重大さ
四、時間的なロスや一時的な不都合は、どんな些細な事故よりもマシ
であることを銘記すること
五、視界不良・狭水道通過・陸地接近などの時の船長に対する注意
事項
六、海上衝突予防法の遵守
七、水密扉の検査・各種操練などの規則
八、船長に対する各条項の慣熟と改善意見の要請
安全運転規則
国際的な動き
・1914年1月
「海上における人命の安全のための国際会議」

・アメリカでの無線装置配備の義務付けの強化
⇒無線通信が普及するきっかけに
陰謀説
保険金目的
*J・Pモーガンと知人55人のキャンセル
⇒事故が起こることを知っていたのでは?!

すり替え説
オリンピック号の事故
・スクリューブレード・キールへの損傷

事故の予言
“The wreck of the Titan”
船名・大きさ・構造・航路・沈没原因の一致
「事故を予言した小説」として話題に

⇒事故後、大きな売り上げを記録
参考文献
「不沈・タイタニックー悲劇までの全記録」
ダニエル・アレン・バトラー著
「タイタニックがわかる本」
高島 健著
ダウンロード

タイタニック号の沈没について