三宅島2000年噴火における
防災情報伝達の問題点
―とくにネット上での情報交換過程の分析―
静岡大学教育学部総合科学教育課程
総合科学専攻
小山研究室 4年
遠藤美穂
研究目的
三宅島2000年噴火は、インターネットの普及に
より、島の住民と専門家が直接データを交換した
り、議論しあう場が自然発生した。
中でも、「早川由紀夫の三宅島ページ」と千葉
達朗による 「ある火山学者のひとりごと」掲示板
が有名である。
後者については、平塚(2002)による分析もなさ
れているが、ネット上に交わされた情報交換過程
全体を見据えた研究はなされていない。
本研究は、三宅島2000年噴火における災害情報伝達の
全体像を様々な視点から分析し、火山危機に際した情報
交換過程の問題点や改善方策について考えることを目
的とする。
研究方法
 「早川由紀夫の三宅島ページ」とBBS「ある火
山学者のひとりごと」の内容を時系列に沿って
分析する。
 三宅島2000年噴火における災害情報伝達の
全体像を様々な視点から分析する。
 火山危機に際した情報交換過程の問題点や改
善方策を考察する。
三宅島ページとは
行政への意見・
批判
マスコミへの批判・
一般の人への呼
びかけ
「早川由紀夫の三宅島ページ」より
BBS「ある火山学者のひとりごと」とは
一般の人(三宅島
の住民)からの情報
と専門家の見解
BBS「ある火山学者のひとりごと」より
三宅島2000年噴火
7/8
7/9
 2000年6月26日18時30分 火山異常が観測。
6月26日19時30分から29日にかけて、8回の
臨時火山情報が発表。
6月26日19時33分 緊急火山情報が発表。
 7月8日18時41分 山頂での小規模な火山灰
放出。巨大な陥没孔(直径1km、深さ200m)が
形成。
この陥没は断続的に進行し、8月上旬までに直
径1.3~1.4km、深さ450mに達した。
嶋野岳人「三宅島2000年活動」HPより
 7月8日(3回)と14日に臨時火山情報を発表。
 8月10日6時30分 噴煙高度が8000m、爆発的な噴
火。火砕流が発生。
10時50分
臨時火山情報を発表。
8/31
8/19
8/18
8/10
15時15分 火山観測情報を発表(予知連伊豆部会)。
 8月18日17時2分 噴煙高度が1万4000m、最大規模
かつ最も激しい噴火。
17時20分 臨時火山情報を発表。
 8月21日と24日に拡大予知連伊豆部会を招集。
 8月29日4時35分 噴煙高度が8000m、大規模かつ
激しい噴火。火砕流が発生。
5時20分 臨時火山情報を発表。
 8月31日には予知連伊豆部会を招集。
「三宅島スナッパーダイビングセンター」HPより
 9月1日 東京都が9月4日までに島民全員を島外避難
させる旨を呼びかける。
小山(2002)
BBS「ある火山学者のひとりごと」
300
250
200
発
言 150
数
8月10日
6月26日
7月8日
噴煙高度が8000m 8月29日
大規模かつ激しい噴火
噴煙高度8000m
9月4日
火砕流が発生
8月18日
爆発的な噴火
全島避難
噴煙高度14000m
火砕流が発生
最大規模かつ最も激しい噴火
小規模な火山灰放出
火山異常が観測
100
50
0
00/6/26
00/7/3
00/7/10
00/7/17
00/7/24
00/7/31
日付
00/8/7
00/8/14
00/8/21
00/8/28
00/9/4
•三宅島に異常が観測された6月26日から全島避難の9月4日までの
2,707件。
•最大規模の噴火が起きた8月18日以降発言件数が増加。
•発言件数が一番多かったのは火砕流を伴う噴火が発生した8月29
日である。
BBS「ある火山学者のひとりごと」をまとめた表(抜粋)
番号
日付
発言者
内容の種類
内容概要
リンク先
EIC地震学ノート No.82
[http://kea.eri.utokyo.ac.jp/EIC/EIC_News/000708.html]
1901
7/13
びんた切れの水晶
見解
震研のEIC地震学ノートをみると、三宅島の
陥没の時の地震波の解析をすると、体積収
縮の答えの方が良く合うそうだ。空洞ができ
ていたのかも。
1日からの震央の動きは、キーポイントのよ
うな気がする。
1903
7/13
ちば
情報
下司さん作成のベクトル解析図。
画像
[http://www.tk.airnet.ne.jp/tchiba/miyake/
caldera-vector-i.jpg]
見解
登山道の謎が解ければ、ベクトルの数はもっ
と増える。
地形分類図だが、今回の火口は割れ目火口
的な印象をもっているのだがどうか。
陥没前の雄山に会った直線的な断層崖や、
火口とは思えない怪しげな窪地もいわくあり
げ。
画像
[http://www.tk.airnet.ne.jp/tchiba/miyake/
caldera-vector-i.jpg]
情報
また三宅が噴煙をあげたようだ。
臨時火山情報がでている。
tenki.jp
[http://tenki.or.jp/usu/data/MIY_C2000071
40645.html]
早川由紀夫の三宅島ページ
[http://www.edu.gunmau.ac.jp/~hayakawa/news/2000/miyake/inde
x.html]
雨雲レーダー-ウェザーニュース-
[http://www.wni.co.jp/cww/docs/radar/rkn
t_b.html]
1904
1906
7/14
7/14
ちば
おおさと
1907
7/14
早川
見解
当分噴火しないと思ったけど、噴火した。そ
れも不気味な噴火。
可能性は次の二つだと思う。
・直径1.4kmの八丁平火口全体が陥没してい
る
・深い地下から火道をマグマが上昇してきて
いる
1909
7/14
おおさと
情報
筑波で観測された7月14日2:00~6:00までの
地震の観測記録。
ページ未検出
[http://wwweic.eri.u-tokyo.ac.jp/cgibin/monview.pl?STN=tsk&T=2000071402]
1910
7/14
おおさと
情報
三宅島のスナッパーのHPで7月14日の噴煙
の写真が掲載されている。
ページ未検出
[http://www.snapperd.com/news/news.htm]
BBS「ある火山学者のひとりごと」の分析
 番号→BBSの発言番号。
 発言者→様々な分野の専門家から一般市民まで。
 内容の種類→内容がどのようなものであるかを情報・
見解・質問・疑問・返答・意見・その他の7項目に分類
したもの。
 リンク先→BBSに記してあるURL。
発言番号1607から3197まで(6月26日から8月23日
までの全1422件)で発言者数が91人である。
掲示板 内容分類
情報
質問
見解
返答
疑問
意見
その他
140
120
100
発
言
件
数
80
60
40
20
0
2 6日 月2 9日 月2 日 月5 日 月8 日 月1 1日 月1 4日 月1 7日 月2 0日 月2 3日 月2 6日 月2 9日 月1 日 月4 日 月7 日 月1 0日 月1 3日 月1 6日 月1 9日 月2 2日
7
7
7
8
8
8
6
7
7
7
7
7
7
7
8
8
8
8
8
6月
日付
意見
意見
40
6月26日から7月7日までの167件中、「意見」が約1%(2件)であったが、最初に山
頂噴火が起きた7月8日から8月23日までの1378件中、「意見」が約15% (207件)
35
と増加している。
これは火山活動の再開に起因すると考えられる 。
30
噴火という目に見える形で火山活動が起こり、それに対する行政やマスコミの対応、
警告などについての発言が増えている。
25
20
15
10
5
0
6月
26
日
6月
28
日
6月
30
日
7月
2日
7月
4日
7月
6日
7月
8日
7月
10
日
7月
12
日
7月
14
日
7月
16
日
7月
18
日
7月
20
日
7月
22
日
7月
24
日
7月
26
日
7月
28
日
7月
30
日
8月
1日
8月
3日
8月
5日
8月
7日
8月
9日
8月
11
日
8月
13
日
8月
15
日
8月
17
日
8月
19
日
8月
21
日
8月
23
日
件
数
日付
三宅島現地調査
 日程 2008年9月20日~9月23日(20日は移動)
 21日 牧場公園、新澪池、新鼻新山、三七山、ひょうた
ん山、三宅島測候所、阿古集落跡などを見学(三宅高
校の前田先生、測候所の稲葉さん同行)。
三宅高校前田先生、太島先生、三宅小学校下田先生か
ら各人の火山との関わり方を伺った。
火山ガスにより金属部分
が溶けてしまった自動車
(牧場公園にて)
1983年の噴火に
より溶岩流に埋も
れてしまった阿古
集落
ハンドル
 22日 三宅島郷土資料館、阿古小中学校溶岩埋没跡、
富賀神社、大路池、火の山峠、椎取神社などを見学。
村議会議員佐久間さん他から当時の様子や現状、
2000年噴火以前の噴火についてなどを伺った。
2000年噴火災害
中に東京都三宅
支庁長室に掲示
されていたスケ
ジュール
2000年噴火に
伴い発生した泥
流により埋没し
た椎取神社
 23日 牧場公園、アカコッコ館などを見学。
現地調査(ヒアリング調査)
村民(村議会議員、学校教員など)へのヒアリング調査を実施した
結果、2000年当時は島民のインターネットの普及率が低く、他の手
段(島内放送、人伝など)で情報を遅れて受け取っていた人達がいた
こともわかった。未だに掲示板や三宅島ページの存在を知らない島
民もいるという。
インターネットの普及率とサイトの認知度が低ければ、災害発生時
に一部の人しかネット上の情報を受け取ることが出来ない。
全国的に見ても、インターネット人口普及率は2000年度が37.1%で
あるのに比べ、2007年度では69.0%と上昇している。
(出典:総務省 通信利用動向調査)
災害時に活用するためには、サイトの認知度が課題と言える。
今後の予定




引き続き、研究方法に挙げた資料をまとめる。
掲示板の発言者の立場を調べる。
イベントごとのコメントの分類。
内容と時期を照合し分析を進める。
火山危機に際した情報交換過程の問題点や改善方
策の考察を行う。
ダウンロード

三宅島2000年噴火における防災情報伝達--とくにネット上での