国際経済学
(4) 生産可能性曲線と比較優位
丹野忠晋
跡見学園女子大学マネジメント学部
2010年11月15日
今日学ぶ事







比較優位の復習
生産可能性曲線(フロンティア)
直線の生産可能性曲線
上に凸な生産可能性曲線
限界変形率
収益逓減
生産可能性曲線を用いた比較優位
2010/11/15
国際経済学4
2
比較優位の復習

何を輸入して何を輸出するかを説明

ある財は他の財に比べてどのくらい費用がか
かるかを示す相対費用

日本と中国における今川焼きと杏仁豆腐の貿
易
2010/11/15
国際経済学4
3
比較優位の復習/2

ある財が他国と比べ相対的な費用が低い場合
にその国はその財に比較優位があると言いま
す

日本は今川焼き,中国は杏仁豆腐に比較優位
がある
ある国が特定の財のみを作ることを特化
比較優位のある財に特化して輸出する


2010/11/15
国際経済学4
4
比較優位の復習/3

その代り比較劣位にある財を輸入する

日本は今川焼きに特化し,中国は杏仁豆腐に
特化する.
半分ずつ作るよりも世界全体の生産増

2010/11/15
国際経済学4
5
比較優位をもう一度



アメリカと日本
小麦とコンピュータのみを作っている
各財を1単位生産するための労働費用
アメリカ
コンピュータ
100
小麦
5
2010/11/15
国際経済学4
日本
120
8
6
比較優位をもう一度/2




小麦もコンピュータもアメリカの方が安く生産可
つまりアメリカは絶対優位にあります
効率的なコンピュータ産業を持っているアメリカは
日本からコンピュータを輸入しています.
一方,日本はアメリカから小麦を輸入している
2010/11/15
国際経済学4
7
比較優位をもう一度/3

この貿易を説明するのが比較優位です

日本の小麦の費用に対するコンピュータの相対的
な費用
120/8=15

アメリカの小麦の費用に対するコンピュータの相
対的な費用
100/5=20
2010/11/15
国際経済学4
8
比較優位をもう一度/4

日本での小麦1トン当たりの生産費と比較したコン
ピュータの1台当たりの相対的な生産費はアメリカ
でのコンピュータ1台当たりの生産費よりも低くな
っている.

このとき日本はコンピュータの生産に比較優位を
持っていると言います.
2010/11/15
国際経済学4
9
生産可能性曲線

企業,個人,社会は様々な制約に直面

生産面のトレードオフを示すのが生産可能性曲
線(生産可能性フロンティア)
ある財を沢山作れば,他の財を諦める必要
海で魚を捕れば山で猟をする時間が少なくなる
工場で自動車を作ればお米を作る農地が減る



2010/11/15
国際経済学4
10
生産可能性曲線/2

世の中には様々なトレードオフが存在

トレードオフとはあるものを選択するには他のも
のを諦めなければならないこと.

生産可能曲線とは生産要素を効率的に使った
ときの生産物の組み合わせを図に表したもの

生産可能性曲線とはトレードオフを図解的に示
した曲線

海でサンマを捕るか,あるいは山でイノシシを
捕るかの選択
2010/11/15
国際経済学4
11
生産可能性曲線の例
イノシシ
の数量
実行可能で効率的
な生産パターン
10
9
実現不可能
非効率的
な生産パ
ターン
0
2010/11/15
生産可能性フロンティア
5
7
国際経済学4
10
サンマ
の数量
12
一国のトレードオフ:米と自動車
自動車
自動車を増やすにはお米を
減らさなければならない
の数量
(万台)
2000
B
1800
現実の生産パターン
A
1000
生産可能性フロンティア
C
0
2010/11/15
500
900
国際経済学4
1500
お米の数量
(万トン)
13
生産可能性曲線/3





資源をすべてお米に費やせば1500万トンの米
反対にすべての資源をクルマに費やせば2000
万台のクルマが生産できます
そうした可能性の中で日本はお米を900万トン,
自動車を1000万台生産(A)
自動車を増産すれば米を減らす(B)
内側の点は非効率な生産(C)
2010/11/15
国際経済学4
14
生産可能性曲線/4



生産可能性曲線はどうやって作ることができる
のか,なぜ2財しか考えないのかの疑問が浮か
ぶかもしれません.
その作り方は経済学を深く学ぶと出て来る
ここでは比較優位のアイディアを印象的に伝え
るために2財のような簡単化を行ったのです.
2010/11/15
国際経済学4
15
生産可能性曲線/5

ここでは比較優位のアイディアを印象的に伝え
るために2財のような簡単化を行ったのです.

現実は複雑ですがそれを簡単化して経済のエ
ッセンスだけを取り出したモデルを考える

経済を動かす重要な要因だけに焦点を絞った
模範
2010/11/15
国際経済学4
16
生産可能性曲線の特徴
生産可能性曲線にはいくつかの特徴があります.
1.
右下がりである
2.
外側に向かって凸である
 1はトレードオフの関係を表します
 2は直線のケースもある
右下がりの直線はトレードオフが変化しない
右下がりで上に凸はトレードオフが変化する


単純な直線の生産可能性曲線を見る


2010/11/15
真央は今川焼きとかき氷を生産している
国際経済学4
17
かき氷
の数量
喫茶マオの生産可能性曲線
18
今川焼きの変化=3-6=-3
かき氷の変化=12-6=6
傾き= 6 =-2
-3
傾き(-2)は
変化しない
12
今川焼きの変化=6-9=-3
かき氷の変化=6-0=6
傾き= 6 =-2
-3
6
0
2010/11/15
今川焼き
の数量
3
6
9
国際経済学4
18
生産の機会費用

機会費用とはあるものを選択するときに諦めな
ければならないもの

かき氷を増やすための機会費用は減らさなけ
ればならない今川焼きの個数
傾き-2はかき氷1杯増やすには今川焼きを2個
諦める事を意味する
生産可能曲線の傾きの絶対値を限界変形率
限界変形率 marginal rate of transformation
限界変形率は MRT と省略




2010/11/15
国際経済学4
19
収益逓減


上に凸な米と自動車の生産可能性曲線
生産によって機会費用が変化する

お米が増えれば増えるほど減らさなければな
らない自動車の台数は増えていきます

つまりお米を生産するほど自動車の生産を減
らさなければなりません

収益逓減-ある投入物の量を一単位増加さ
せる結果として生産量は増加するが,その増
加分は次第に小さくなっていくことを表す.
2010/11/15
国際経済学4
20
収益逓減/2

最初はお米作りに長けた人が自動車生産か
らお米生産へ移るでしょう

そのうちそのような人々がいなくなって,お米
作りが不得意で自動車作りが上手い人も移
動する

そうすると減らさなければならない自動車は
増えます
生産は増加するが,その増加割合は減少

2010/11/15
国際経済学4
21
生産可能性曲線を用いた比較優位の説明



アメリカと中国が航空機と衣服を生産
もちろん,中国は衣服に比較優位を持っている
二カ国の生産可能曲線を同じ図に描いてみる
2010/11/15
国際経済学4
22
衣類
(着)
比較優位の説明/2
中国の生産可能性曲線
20000
10000
E’
E
E’’
9000
0
2010/11/15
米国の生産可能性曲線
航空機
(機)
100 200
300
国際経済学4
23
比較優位の説明/3





まずE点から始めましょう
中国は航空機を100機減らすことにより衣服を1
万着分増加させることができます
E→E’
それとは逆にアメリカが航空機を100機増産し
た場合に減らさなければならない衣服は1千着
分です
E→E’’
2010/11/15
国際経済学4
24
比較優位の説明/4



つまり,両国で航空機を減らすことなく
100-100=0
衣服を9千着増加させることができました
9000=10000-1000
つまり両国の生産のトレードオフが異なる限り
中国が衣服にアメリカが航空機に特化するとこ
によって得をすることが分かります
2010/11/15
国際経済学4
25
比較優位の説明/5

限界変形率(MRT)は航空機を1機増やすにはど
れだけ衣服を減らさなければならないことを示
します

限界変形率は生産可能性曲線の傾きの絶対値
に等しいことが分かります
中国のMRT > 米国のMRT
1単位の航空機生産による諦めなければならな
い衣服の量は,中国の方が大きい


2010/11/15
国際経済学4
26
比較優位の説明/6



つまりアメリカは航空機に比較優位をもつ
反対に中国は衣服に比較優位を持つ
限界変形率を知ることによって比較優位を知る
ことができる
2010/11/15
国際経済学4
27
比較優位と特化





なぜ特化は生産性を向上させるのか
移動の時間の節約
同じ事を繰り返すことによる熟練
発明の基盤
分業
Division of labor
2010/11/15
国際経済学4
28
分業






習熟から発明へ
特化の限界
規格化された財
大量生産
繰り返しによる退屈
生産性の低下
2010/11/15
国際経済学4
29
何が比較優位を決めるのか




天然資源
取得した資源
優れた知識
特化
2010/11/15
国際経済学4
30
ダウンロード

11/15のスライド