様々な生産方式とJIT
経済学部4回生
0400-15-7636
尾野 祥一
目次
①混流生産とJIT
(1)混流生産とは?
(2)混流生産に見るJIT
(3)事例:NPW生産方式
②セル生産方式とJIT
(1)セル生産方式の3形態
(2)セル生産方式に見るJIT
(3)事例:SONY美濃加茂工場での生産方式
①(1)混流生産とは?
大量生産
少量生産
長所
商品1つあたりの
生産コスト削減。
投資規模が低く、
固定費は少ない。
短所
一定の生産量以上
を確保する必要。
商品単価が高くな
る。(人件費など)
↓ ↓
生産量が少なく、似た作り方の製品を集めて、
大量生産の効果が得られる生産量を確保。
多品種少量生産とも表現される。
①(2)混流生産に見るJIT
【ダンゴ生産】
仕入
在庫
ダンゴ生産(ロット※1生産)は
仕事のやりやすさ・単純性を
第一に考えており、PUSH
システムになっている。
↓
在庫や仕掛品の氾濫の原因
JIT導入が
必要不可欠
混流生産による「1個流し」が
効率的であり理想的。
①(3)事例:NPW生産方式
コンセプトは
「限りないお客様への同期」
「限りない課題の顕在化と改革」
↓
Just In Time&Quality&Costの追求
品質の同期:お客様が要求する品質を作りこむ。
コストの同期:お客様に対価をいただけないムダを排除する。
⇒お客様本位の受注生産型システム
NPW生産方式とJIT①
1997年 同期生産導入宣言
1999年 NRP(日産リバイバルプラン※2)の展開
①車両工場は7工場16ラインから4工場10ラインに
統合され、主要ラインは平均4車種混流生産に。
生産技術面では他車種混流・フレキシビリティーを
前提とした高度なものに進化。
これにより扱う部品も急増し、納入スペースが不足。
↓
ジャストインタイム導入推進の大きな要因に。
NPW生産方式とJIT②
②調達物流費にメスが入り、調達物流を日産自身が担当。
(物流費の外化・引き取り化)
サプライヤー任せの輸送形態
⇒日産の工場からの引き取り輸送に。
日産が管理・統括することで効率のよいJITが実現
直接輸送方式
ミルクラン方式
A
B
C
A
NISSAN
生産工場
B
C
NISSAN
生産工場
②(1)セル生産方式 の3形態
※3
(1)分割方式
1つのセルに複数の作業者がついて作業を行う。分業制。
In→
人
out←
(2)一人方式
1人の作業者がすべての作業をこなす。1人屋台方式。
In→
人
out←
②(1)セル生産方式の3形態
(3)巡回方式
セルを2~3人で共有し、同程度の作業速度で各
工程を順番に担当。
In→
人
Out←
②(2)セル生産方式に見るJIT
・変種変量生産に対応したシステムなので、JIT
を心がける事が肝要。
・必要な時に必要なだけものを作る
→必要に応じてセル内の人員増減が容易。
・基本的に1個流しのシステムを取る。
→ジャストインタイムの徹底が重要に。
②(3)事例:SONY美濃加茂工場
SONYの主力工場の高度生産活動に加え、SONYグ
ループ以外の企業との、広範なB to B ビジネスを展開。
通称「多能工スパイラルライン」
高密度実装システム
③まとめ
様々な生産システムのなかにJITは根付いて
いる。
JIT=トヨタというイメージがあるが、自動車産
業に限らず、あらゆる製造業でその導入を心
がけている。
JITの限界説もあるが、企業内の人の知恵と
努力がJITを自然に生み出すと思われる。
用語説明
※1)ロット
製造業において、まとめて同種の製品を生産する場合の生産単位。例えば、ある
製品をまとめて1000個生産した場合、この1000個がロット(1ロット)である。
バッチ(batch)も同様の意味で使われるが、業界や会社によってはロットと使い
分けられている場合がある。
近年、消費者嗜好の多様化や個性化に伴い、生産においても流通においても、
多品種小ロット化が進展している。
(IT情報マネジメント用語辞典より抜粋)
※2)日産リバイバルプラン
・1999年に日産自動車のカルロス・ゴーンCOO(当時)が発表した同社の再建計画。
「2001年3月31日までに黒字化を達成 」「2003年3月31日までに営業利益率
4.5%以上を達成 」などのコミットメントを課し、リストラや工場閉鎖、資源の再配備
などを行った。
・日産自動車はその後、社長兼CEOとなったゴーン氏のもとで、売上高などの業績
を著しく向上させ、2003年までの4年間で2兆1,000億円もの巨額の借金を完済
した。
用語説明
※3)セル生産方式
・日本で提唱された生産方式で、情報機器メーカーや家電メーカーの多く
で導入されている。
・1人、または複数人の作業チームで製品の組み立てを行うので作業者1
人が受け持つ範囲が広い。
・作業者または作業チームの周囲に工具や部品、作業台が囲む様子を細
胞に見立ててセル生産方式と呼ばれている。
・一人屋台方式とも呼ばれている。
(第5回 生産プロセスのレジュメ( 宝槻)より抜粋)
15
参考文献
・「ジャストインタイム生産システム」
ジャストインタイム生産システム研究会/編
・「生産システムの革新と進化」
都留 康/編著
・「セル生産システム」
岩室 宏/著
・月刊 工場管理 2005年1月号/3月号/3月臨時増刊号/8月号
日刊工業新聞社
・SONY美濃加茂株式会社ホームページ
・日産自動車ホームページ
・ウィキペディア百科事典
・http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/5191/NRP.htm
本日のディスカッション①
日本の企業が中国に工場を建設する際、
JITを導入するにあたって、どのような問題
点があるだろうか。
また解決策としてはどのような対策が挙げら
れるか。
本日のディスカッション②
日本でのJIT生産システムを海外移転する際、日本的経営システム
の移転には次の4つの可能性が挙げられる。
①日本的経営システムは国際ルールとしての欧米のものと類似
したものに変わってしまう。
(例)労働時間短縮・女性の管理職登用など
②日本的経営システムはそのまま変化せず存続
③両国のシステムが折衷
(例)米国で開発されたコンピュータネットワークなどが日本で普及
アメリカのMRPにかんばん方式が結合
④他国の環境の中に新しい環境を創造し、そこに日本的経営シス
テムを当てはめて折り合いをつける。
以上のうち、最も適当な道はどれであろうか??
ダウンロード

様々な生産方式とJIT