第14章 連結経営
ケース/キヤノン
この章で学ぶこと:
①連結決算とは?
②連結経営とは?
③キヤノンの強み?
1.make it possible with canon
御手洗毅「ライカを追い越せ」→賀来龍三郎「左手に事務機」「共生」→御
手洗冨士夫「連結経営」
キヤノン(単独)の売上構成の推移(1972-2003年度)
(億円)
25,000
御手洗冨士夫社長
プリンター
複写機
グローバル優良企業グループ構想
ファックス
20,000
インクジェット
世界3位(17%)
光学機器
カメラ
15,000
賀来龍三郎社長
モノクロ複写機
世界1位(38%)
10,000
第一次優良企業構想
5,000
デジタルカメラ
世界1位(20%)
-
1972
75
78
81
84
87
90
93
96
99
02
(年度)
2.連結経営とは




主要財務諸表として連結決算書が求められる。
子会社を含む経営成績が問われるようになる。
販売子会社に在庫を押し付ける経営は通じない。
売れない製品開発からは撤退も辞さない。
御手洗「連結経営」の下では、
1.事業部独走・重複投資による借入の削減
2.グローバル企業グループに責任を持つ
3.セル生産で国内生産を守る
4.グローバル4極体制を確立する
3.御手洗「連結経営」の必要
16%
600,000
営業利益率
14%
500,000
税引前当期純
利益率
12%
400,000
10%
営業CF
投資CF
財務CF
フリーCF
300,000
8%
200,000
6%
100,000
4%
0
重複投資等で、
借入れ増大
2%
1998 1999 2000 2001 2002 2003
-100,000
0%
20
02
20
00
19
98
19
96
19
94
19
92
19
90
-200,000
-300,000
この頃から、フリー
CFがプラスに
4.グループ経営の構図
販売子会社
日本市場
26%
米州市場
33%
欧州市場
30%
AP市場
12%
円高!!
キヤノン本体
日本出荷
17%
輸出83%
(米州36%、欧州33%、AP14%)
中国!!
生産子会社
国内生産58%
海外生産42%
(アジア37%)
5.生産革新による売上利益増
3,500,000
連結売上高
たな卸資産回転日数
3,000,000
セル方式の導入、
海外生産比率の
向上
120
120
60%
たな卸資産回転日数
売上総利益率
100
100
50%
80
40%
60
30%
40
20%
20
20
10%
0
0
0%
2,500,000
80
2,000,000
500,000
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
0
PC・ディスプレイの撤退・デ
ジカメの参入
2000
2001
2002
2003
40
1,000,000
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
1,500,000
1990
1991
1992
60
ダウンロード

御手洗「連結経営」