住民へのご案内例(現システム、新システム共通内容)-1
最低限、案内いただきたいこと。
当市では、バイク(原付~大型)の回収・処理を行っていません。
国内メーカー等16社が国内で販売したバイクは、「二輪車リサイクルシステム」で処
分してください。
詳しくは、
二輪車リサイクルコールセンター(03-3598-8075)へお問合せ、
または、 http://www.jarc.or.jp/motorcycle/ へアクセスしてください。
【解説】
全てのバイクが対象とはなりません。
二輪車リサイクルシステムは、参加事業者16社が、環境省から「広域認定制度」の認定を個別に受け、参加
事業者が国内で販売した車両を「使用済二輪車」として回収し、再資源化をおこなっています。
参加事業者が国内で販売した車両以外を引取ることはできません。
下記の車両は、参加事業者が国内で販売した車両の一例です。ご自由にお使いください。
住民へのご案内例(現システム、新システム共通内容)-2
広報紙面に余裕がある場合、案内いただきたいこと。
当市では、バイク(原付~大型)の回収・処理を行っていません。
国内メーカー等16社が国内で販売したバイクは、「二輪車リサイクルシステム」で処
分してください。
【リサイクル料金】
リサイクルマークが貼ってある場合、リサイクル料金の払込みは不要。
リサイクルマークが貼っていない場合、リサイクル料金の払込みが必要。
リサイク
ルマーク
但し、2011年10月以降、リサイクルマークが貼っていない車両も、
リサイクル料金の払込みが不要となります。
廃棄二輪車取扱店へ持込む場合は、別途収集・運搬料金が必要となります。
詳しくは、
二輪車リサイクルコールセンター(03-3598-8075)へお問合せ、
または、 http://www.jarc.or.jp/motorcycle/ へアクセスしてください。
【解説】
2011年度期中(10月)に、システムが変更となります。現在のシステムだけの案内では、10月以降、情報が
古くなります。リサイクル料金及び、2011年10月以降の無償化についてご案内をお願いします。
新システムの詳細は検討中のため、2011年度紙媒体での広報では、「コールセンターへお問合せ、ホーム
ページへアクセス」とご案内をお願いします。
新しい手続きフローにつ
いては2011年4月にJAR
Cホームページにてご案
内いたします
住民へのご案内例(現システム、新システム共通内容)-3
さらにスペースに余裕があれば、案内いただきたいこと。
コールセンターへ問合せいただけると、ご案内している主な内容です。
【二輪車リサイクル参加事業者16社】
本田技研工業㈱、ヤマハ発動機㈱、スズキ㈱、川崎重工業㈱、㈱成川商会、㈱MV AGUSTA JAPAN、Piaggio Group Japan㈱、
㈱福田モーター商会、㈱キムコ・ジャパン、㈱プレストコーポレーション、㈱ブライト、ドゥカティジャパン㈱、ビー・エム・ダブリュー㈱、
トライアンフ・ジャパン㈱、㈱エムズ商会、伊藤忠オートモービル㈱
【解説】
全てのバイクが対象とはなりません。二輪車リサイクルシステムは、参加事業者16社が、環境省から「広
域認定制度」の認定を個別に受け、参加事業者が国内で販売した車両を「使用済二輪車」として回収し、
再資源化をおこなっています。
【適正処理、信頼性】
二輪車リサイクルシステムは、二輪車製造メーカー等16社が、
自社が販売したバイクを適正処理・再資源化することにより、多くの資源を有効活用するシステムです。
(リサイクル率:86.8%(2009年度))
【解説】
二輪車リサイクルシステムは、参加事業者が自主的に取組んでいる活動です。
このシステムで処分することが、法律で義務付けられているものではありません。
【引取基準】
ハンドル、車体(フレーム)、ガソリンタンク、エンジン、前後輪が一体となっている状態。
(可動・不可動は問いません。)
(ガソリン・オイルの漏れがある場合は、事前に抜取りが必要です。)
【解説】
再資源化の観点、「使用済二輪車」の概念から、基準を設定しています。
基準を満たしていないものは、金属屑等として適正な処理をお願いいたします。
住民へのご案内例(現システム、新システム共通内容)-4
その他、データ類
【廃棄二輪車取扱店証】
【解説】
持込先は、指定引取窓口(全国190箇所) または 廃棄二輪車取扱店となります。 (廃棄二輪車取扱店
へ持込む場合、別途、収集・運搬料金が必要となります。)
「廃棄二輪車取扱店」には、この廃棄二輪車取扱店証が店頭に貼られています。
廃棄二輪車取扱店では、二輪車を適正に評価し、持込者と相談しながら、リユースまたはリサイクルを選
別いたします。
【車台番号刻印位置】
【解説】
車台番号は、車種により刻印位置が異なります。おおよその目安として、左図のように、
シートの下、ステップボードの下、ステアリングヘッド等をお探しください。
【引取対象外車両】
電動アシスト サイドカー
自転車
ATV
電動
キック
ボード
ミニカー
【解説】
参加事業者が国内で販売したオートバイが、対象車両となります。
(オートバイ:原動機付自転車、二輪の自動車)
下記の車両は対象外となります。(一例)
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション