参考図書「フッ化物ではじめるむし歯予防」医歯薬出版
フッ化物歯面塗布、サホフロス、フッ化物洗口法
の指導・サポート
フッ化物歯面塗布
フッ化物歯面塗布経験者の推移
(1歯科疾患実態調査、5歳未満-1回でも経験
者)
40
(%)
歯科医院
30
20
10
乳幼児健診の場
0
1969年
1975年
1981年
1987年
1993年
1999年
フッ化物歯面塗布の効果1
(75の臨床研究からのう蝕予防効果を算定)
期間
1年間
2年間
3年以上
全体
研究の数
NaF
12
9
4
25
SnF2
9
8
1
18
う蝕予防効果(%)
APF NaF
8
30
28
1
9
29
27
29
SnF2 APF
39
35
27
30
8
20
32
28
フッ化物歯面塗布の効果2 効果例
( (1回 / 2ヶ月の塗布、口腔衛生会誌 西田ら, 1999)
平均dmft
う蝕有病者率
80
1990年よりフッ素塗布事業開始
8
60
6
40
4
20
2
0
0
1990年
う蝕有病者率
1991年
1992年
平均dmft
1993年
フッ化物歯面塗布の効果3 再石灰化療法
初期う蝕部分が再石灰化により回復する
(白濁のまま硬化することもある)
フッ化物歯面塗布の効果4
効果まとめ
・乳歯:30~40%
・永久歯:30%
フッ化物歯面塗布法の種類1
1)歯ブラシ法
R
おもな製剤:「フロアーゲル 」
2%リン酸酸性フッ化ナトリウム溶液を主成分とするゲル(APGゲ
ル)
・歯ブラシを用いて歯面にゲル状のフッ化物製剤を塗布
・塗布した部位が確認できるので、二重に塗る必要ない
・塗布してない部位が確認できる
フッ化物歯面塗布法の種類2
2)綿球法
R
R
おもな製剤:「フローデンA 」、「フルオールN液 」
2%リン酸酸性フッ化ナトリウム溶液
・綿球、および綿棒に溶液状のフッ化物製剤を浸して
歯面に塗布
フッ化物歯面塗布法の種類3
3)トレー法
R
おもな製剤:「フロアーゲル 」
2%リン酸酸性フッ化ナトリウム溶液を主成分とするゲル(APGゲル)
・既成・個人のトレーにゲル状及び溶液状のフッ化物製
剤をのせて歯面に接触させる
・防湿が確実である
フッ化物歯面塗布法の種類4
4) イオン導入法
R
おもな製剤:「ネオ 」
2%中性フッ化ナトリウム溶液
・ゲル状の製剤を使うことはできない
・他の塗布法と比較してう蝕予防効果が高いとはいえな
い
対象年齢1
・歯の萌出期が重要
乳歯
萌出後の早い時期:生後10ヶ月
永久歯
前歯または第一大臼歯が放出する時期:4~5歳ころ
対象年齢2
・他のフッ化物応用法との複合応用
乳歯:吐出しができるようになってから
フッ化物配合歯磨剤による歯磨きと併用すると効果的
永久歯:うがいができるようになったら
前歯または第一大臼歯が放出する時期:4~5歳ころ
対象年齢3
・その他の対象
う蝕ハイリスク
矯正治療中、口腔乾燥症等、う蝕感受性が高い
成人、高齢者
根面う蝕の予防、知覚過敏
実施頻度1
・少なくとも年2回、できれば、年3~4回
・実施頻度が多いほど効果的
ハイリスクの人には、月に1回程度塗布
・3ヵ月後との定期健診との組み合わせ
合計年4回の塗布回数
実施頻度2
製剤による頻度
種類
APF溶液、ゲル
フロアーゲル
フローデンA
フルオールN液
中性NaF溶液
ネオ
1回塗布で1単位
2週間以内に4回塗
布して1単位
塗布回数
上記の単位を年2回以上行う
フッ化物歯面塗布法の手順
機材準備
ピンセット
ミラー
ワッテ
ロールワッテ
歯ブラシ
パイル皿
ゲル
(0.8g、パイル皿すり切り一杯)
水の入ったコップは取り下げておきましょう
歯ブラシゲル法の術式
①ロルワッテを入れる
①
②綿球で唾液を拭き取る
エアーで歯面を乾燥させても良い
③歯ブラシでゲルを歯面に塗布する
塗布は上顎から行い、ゲルを少量ずつ歯ブラシに
取り、隣接面や小窩裂溝にもゲルが押し込まれる
よう塗布する。
②
③
④余剰のゲルを拭き取る
塗布後、余剰のゲルを拭き取りワッテを2~3分か
ませる。その後、たまった唾液は吐き出させ終了。
塗布後30分くらいはうがいをしないように伝える
④
サホフロス
サホフロス
適応症
乳歯については健全,C0,C1の隣接面、特にde間
永久歯については健全,C0の隣接面、特に6近心面
処置に必要な器具・材料
ピンセット(ロック)
ミラー
ダッペングラス
ワッテ
サホライド
フロスホルダー
フロス
サホフロス
術式
①塗布する部位をフロスで清掃する。
②Y字型のフロスホルダーにアンワックスタイプのフロスをセットする。
③ダッペングラス(サホライド専用)にサホライドを1滴とる。
④小綿球でサホライドをフロスにつける。
⑤塗布する部位をワッテにて簡易防湿し、エアーで乾燥する。
⑥サホライドをつけたフロスで隣接面を2,3回こする。
⑦終わったら、フロスをはずして捨て、ダッペングラス、ピン セットを
OXに浸す
フッ化物応用を保険診療で行う場合の算定用件
フッ化物歯面塗布(80点)
フッ化物洗口の保険適用(80点)
年齢
0~2歳
3~4歳
5~7歳
8~10歳
11~12歳
歯冠修復終了
乳歯
2歯以上
5歯以上
8歯以上および
歯冠修復終了
永久歯
-
-
3歯以上
6歯以上
8歯以上
指導
105+80
F洗口指導(4歳以上)
(期間中1年間1回のみ)
3ヵ月
①
指導開始
105+80
F塗布
フッ化物局所応用と指導管理
3ヵ月
3ヵ月
3ヵ月
②
③
④
⑤
指導
105+80
F塗布
指導
105+80
F塗布
指導
105+80
F塗布
指導
105+80
F塗布
1年間
う蝕なし
263点
う蝕治療終了
継続的口腔衛生指導機関
(1年間)
う蝕発生 治療して
治療
再度①へ
フッ化物洗口法
(セルフケア)
フッ化物洗口利用者の入手方法
保険適用例
歯科医院
×
指示書
薬局
購入○
利用者
保健適用外
歯科医院
薬局
購入○
購入○
利用者
フッ化物洗口指導指示書の記載必要内容
①洗口方法(薬液のうがいの方法)および頻度
②洗口に関する注意事項
③洗口液の取り扱いおよびその保管方法
指示書例は、フッ化物ではじめるむし歯予防20pで
フッ化物洗口法製剤
ミラノ-ル
R
1g包
1.8g包
水200mlに溶解
水200mlに溶解
オラブリス
R
1.5g包
1.5g包
水300mlに溶解
水150mlに溶解
250ppm
450ppm
250ppm
450ppm
フッ化物洗口(個人)の手順(ミラノ-ルの場合)
①ミラノールを一包を指示された量(200ml)の水道水で調整する
②計量カップに調整した溶液を入れる(10ml)
③約1分間洗口する(嚥下を防ぐために下を向く)
④洗口後、溶液を捨てる
⑤調整して残った溶液は、冷蔵庫に保管する(約20日間まで
保存可能。カビが生えた場合は捨てる。)
プロフェッショナルケアにおける
フッ化物応用の位置づけ
予防対象者すべてがフッ化物の適応者
・子供から高齢者まで全てが対象
長期に継続して応用することが必須条件
・サポートが必要であり、受け皿整備が必要
長期に来院してもらうために
(1)治療終了から定期健診につなげるオリエンテーションシステム
(2)定期的なリコール継続のためのリコール管理システム
(3)継続的なサポートを的確なものとする情報ファイリングシステム
(4)的確な診断結果に基づく適正な予防処置を実施する診療システム
(5)スムーズで無駄のない健康教育を行うための
インフォメーションシステム
ダウンロード

ここをクリック:2.09MB