漫画の実写映画化
~リアリズム編~
北村研究室
池田
波呂
野村
目次
•
•
•
•
•
調査目的
漫画の実写化の長所と短所
実例の分析
考察
まとめ
調査目的
最近ドラマや映画等でかなりの
数の漫画が実写化されている。
↓
優れた実写化とはどういったものかを検証したい!
実写化することの利点
• 漫画の知名度
• 製作工程の簡略化
実写化することの問題点
• キャスティング
• エピソード構成
• 漫画特有の表現
(例)スラムダンク
実例の分析
ピンポン
• 原作者、松本大洋。卓球にすべてを注ぐ熱い
青年たちを痛快に描いたスポーツ漫画作品。
コミックス全5巻。
海猿
• 原作は人命救助を中心とした海上保安官の活躍を
描いた漫画 全12巻
• 映画1作目→ドラマ→映画2作目と映像化され、海
猿ブームを巻き起こしたほどの大ヒットを記録。
NANA
• 原作(著者:矢沢あい)は、1350万部を発行
している大ヒット作品。いまだに大ヒット連載
中。
興行収入
ピンポン:14億円
海猿1:17.4億円
海猿2:71億円
NANA1:40億円
NANA2:11億円
分析
問題点をいかに解決するかが、
実写化を成功させるためのポイント
↓
①キャスティング
②エピソードの絞り方、作品構成
③演出
①キャスティング(ピンポン)
• ペコ:窪塚洋介
• スマイル:ARATA
• チャイナ:サム・リー
• ドラゴン:中村獅童
• アクマ:大倉孝二
①キャスティング(NANA)
NANA
• 大崎ナナ:中島美嘉
• 小松奈々:宮崎あおい
NANA2
• 大崎ナナ:中島美嘉
• 小松奈々:市川由衣
→
②エピソードの絞り方(海猿)
→
3・4巻
→
5~10巻
11・12巻
• 長期にわたる映像化で駆け足のダイジェスト
的作品になるのをふせいだ。
②エピソードの絞り方(NANA)
• NANA1では、ストーリーが二人の主人公を中心に
展開された。
• NANA2ではそれぞれのキャラに起こる出来事も複
雑に絡み合うようになり、その大量のストーリーを2
時間に収めきれていなかった。
③演出(ピンポン)
↓
↓
↓
③演出(NANA)
↓
↓
↓
③演出(NANA2)
• 膨大な内容を2時間の映画に収めるためにナ
レーションを多く使っている。
• シリアスな会話のシーンが多すぎる。
• 話の焦点がズレてしまってわかりにくくなって
いる。
まとめ
ポイントごとの比較
• ピンポン
①○
②○
③○
• NANA
①△
②△
③○
• 海猿
①○
②○
③○
↓
• NANA2
①×
②×
③△
※時間の都合上分析の説明を省い
た箇所もあります
ピンポン・海猿は成功
NANA2は失敗
成功例( ピンポン )
• キャストが漫画のキャラにぴったり
• 漫画とほぼ同じシーンが再現されている
↓
• 漫画をそのまま映画で見ている感じをうける。
↓
典型的な実写化成功の例
成功例(海猿)
• 原作のストーリーの完成度の高さ
• 長期にわたる映像化
↓
• 原作が漫画とは思えない作品になっている
↓
漫画を脚本として利用して成功した例
失敗例(NANA2)
• 主要キャストの大幅変更
• 多くて複雑なエピソード
• エピソードをカバーするためのナレーション
↓
漫画とは視点がズレてしまう
↓
原作の面白さを活かせていない例
優れた漫画の実写化とは
①キャスティング
②エピソードの絞り方
③演出
の条件を満たしていることが絶対条件!
ダウンロード

漫画の実写化~リアリズム編~