経歴
金崎 雅博(かなざきまさひろ)
2004年3月東北大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 博士後期課程 修了
~物体適合圧縮流ソルバ利用について学習.
~Linuxは好きでしたが,最近は遠ざかっています・・・\\
2004年4月―2005年8月 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 (ISTA/JAXA)
情報技術開発共同センター 空力・最適化チーム 招聘研究員
2005年9月―2008年3月 宇宙航空研究開発機構 航空プログラムグループ (APG/JAXA)
国産旅客機チーム 空力技術セクション 招聘研究員
2008年4月―
首都大学東京 航空宇宙システム工学コース
・日本航空宇宙学会 空力部門委員
・同学会 同部門 ソニックブーム研究会 幹事
・日本機械学会 計算工学部門 多分野融合設計に関する委員会 委員
・ハイブリッドロケット研究WG 最適設計分野リーダー
・火星探査航空機WG 委員
・その他,JAXA航空プログラムグループ,宇宙科学技術研究所と共同研究
2
これまでに取り組んだ問題(主に設計)
非構造圧縮性ソルバを中心に利用
2000年
2005年
2006年
ナセルチャイン
•複雑現象(風洞試験)
•多目的GA+Kriging法
•実験での適用
自動車エンジン排気系
旅客機高揚力装置
•設計知識
•複雑現象(定常)
•現実的な複雑形状(非
•多目的GA+Kriging法
定常)
•多目的GA
•並列計算
•データマイニング
2008年
超音速実証機
遷音速主翼設計
ロケットエンジン
•多分野融合設計
•環境適合
•構造・音響
•大域的設計知識
超音速機について(JAXA, NEXST2)
内部流の漏れ出し
(流量変化)
離脱衝撃波
超音速インテーク
インテーク
翼
ナセル
主流総圧p
- 圧力がインテーク内
で変化していく
3
取り組みたい問題
4
 最適設計技術を多様な問題に適用することについて要求が急増中.
 MAV,火星探査航空機,回転翼,グライダー,鳥人間,ハイブリッドロケット
 超遷音速機の離着陸,音響の評価
 低レイノルズ数流れ,内部流れ,反応流
 リエントリー,サッカーボールも出来ると面白い?
 遅い流れ~速い流れ,多様な航空機概念の創出へ
 Blenderをつかったプレ処理,流体イメージの作成
 オープンソースを利用した多分野融合設計
 非定常性を見なければならない問題への適用,
OpenFOAM利用歴
5
 東北大で利用・開発に関わった非構造ベースのソルバを使用
 OpenFOAMはおととしの航空宇宙学会年会で防衛省の研究所
が利用していることで知る.
 Blender ~ OpenFOAM, Adventure ~ Paraviewの利用に興味
を持つ.DECXSも知り,チュートリアルくらいは行う.
 ・・・が,その後指導学生に振っています・・・
 CAEを利用してさまざまな環境下での航空宇宙機開発に適用し
,現実の問題に適用しつつ,夢のあるアイデアを具体化したい.
 ネットでの参加を考えてますが,宜しくお願い致します.
ダウンロード

Document