日本のスタートアップとソーシャル
メディア、Webサービスとは
Social Media Week TOKYO
ブレークスルーパートナーズ株式会社
マネージングディレクター
赤羽 雄二
[email protected]
www.b-t-partners.com
http://twitter.com/#!/YujiAkaba
http://www.facebook.com/yuji.akaba
2012年2月13日
内 容
1. 自己紹介
2. 日本の製造業の競争力低下
3. 2011年、日本が大きく変わった。元気な一群が生まれた
4. ベンチャーの発展が社会を刺激する、日本を変える
5. 学生エンジニア23チーム100名が2ヶ月の合宿でアプリを
開発・実装したブレークスルーキャンプ
6. ソーシャルメディア、スマートフォン時代のビジネスチャンス
7. 日本企業の革新
1
1. 自己紹介
2
1986~2000年、マッキンゼーにて日本企
業、韓国企業の経営改革、新事業創造に
パートナーとして14年間取り組む
10年間500週、ソウル往復
世界二十数カ国からコンサルタントを動員
3
2000年以降、日本発の世界的ベンチャーを1
社でも多く生み出すべく、ブレークスルー
パートナーズを創業
ベンチャー共同創業・経営支援10数社
ブレークスルーキャンプ企画・運営、applim、
TRIGGER、KBC、OVAL等深く関わる
4
2. 日本の製造業の競争力低下
5
製造業の業績悪化(1/2)
純損失7800億円(過去最悪)
純損失2900億円
純損失2014億円(2011年4~12月期連結)
TVは8年連続赤字
1万人削減、営業赤字1000億円
出典: http://diamond.jp/articles/-/15998
http://www.asahi.com/business/update/0201/OSK201202010084.html
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120203/biz12020315430015-n1.htm
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LYR5FW6JIJUX01.html
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/02/kiji/K20120202002556320.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120217/t10013099561000.html
6
製造業の業績悪化(2/2)
今期純利益予想は前期比で6割減少
4-12月の純損失1128億円(4期連続赤字)
日本板硝子
3500人削減
出典: http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LYR5FW6JIJUX01.html
http://goo.gl/4QIXc
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120202-00000010-fsi-bus_all
http://www.asahi.com/business/update/0202/OSK201202020084.html
http://www.asahi.com/business/update/0202/TKY201202020703.html
7
競争力低下の背景をあえて言うならば
ユニークな商品
の開発力の弱さ
選択・集中分野の
見間違い、垂直統合
へのこだわり
経営者
の資質
プラットフォーム、
サービスの軽視
「モノづくり」という成功体験
への異常なまでのこだわり
意思決定の遅さ、
大企業病
8
かつては皆ベンチャーだった . . .
 トヨタ、ホンダ、ソニー、パナソニック、シャープ、
キヤノン、オリンパスなどは、世界に誇る日本
の「元ベンチャー」企業だった
 ところが、彼らは良くも悪くも大企業化した
 セクショナリズムと社内政治の巣窟と化した会
社も多い。意思決定不全になった会社も多い
 強烈な経営者による、大企業化した「元ベン
チャー」企業の根本からの破壊が急務だが . .
 モバイル分野で急成長を遂げたDeNA、グリー等
に続く、新進気鋭のベンチャーが社会を大きく変え
なければ、日本のじり貧状況はまず変わらない
9
「元ベンチャー」の大企業は
 優秀な人材を大量に採用し、10~20年間の間、
塩漬けにする。一部の人材は昇進し、大きな
チャンスを得るが、大半はただの人になる
 最優秀人材も、社内政治に長け、泳ぎ切るの
にエネルギーを使ううちに、ちょっとましな ただ
の人になる
 大胆な事業提携、投資等の意思決定をしよう
にも、事業を十分理解しない社長、過去の成功
体験に過度にとらわれた社長、事なかれ主義
の社長の下、アップル、サムスンなどで可能な
意思決定ができなくなる
10
一方、世界の競合は絶好調
純利益1兆円 昨年10-12月決算
(前年同期比2倍強)
純利益2750億円 昨年10-12月
決算「ギャラクシー」効果で
純利益6220億円 過去最高
(前年実績比29%増)
出典: http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LYR5FW6JIJUX01.html
http://goo.gl/a2Haf
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120210-00000015-rps-bus_all
11
もちろん、日本でも好調な企業も
業績を再び大幅上方修正
売上高1600~1700億円予想
売上高2兆4000億円、営業利益
5400億円とも過去最高
2期連続で過去最高益1180億円
出典: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1202/02/news091.html
http://blog.livedoor.jp/shinmennanba-finance/archives/2710468.html
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120202/biz12020218280030-n1.htm
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE81K34F20120210
12
日本でも好調な企業も(続き)
オリエンタルランド
10~12月期売上1216億円、経常利益362億円
とも、過去最高
震災直後の長期休園にも関わらず、2011年度
は過去最高の営業利益達成の見通し
ヤマダ電機
経常益最高
出典: http://goo.gl/XOCj6
http://goo.gl/ldNSc
http://mudainodqnment.ldblog.jp/archives/1704676.html
13
3. 2011年、日本が大きく変わった.
元気な一群が生まれた
14
20代の台頭
 ベンチャー創業
– すごい時間割 鶴田浩之氏(20歳)
– パペルック 小澤一郎氏(20歳)
– トリッピース 石田言行氏(22歳)
– Wondershake 鈴木仁士氏(22歳で創業)
– 他多数
 有力ブロガー
– 瀬戸口翔太氏(22歳)
– 植原正太郎氏(23歳)
– 西村顕一氏(24歳)
– 町田龍馬氏(24歳)
– イケダハヤト氏(26歳)
– 梅木雄平氏(27歳)
– 他多数
15
ソーシャルメディアの活用
 Facebookの活用
– Facebookメッセージがメールの代わりに
– 国内の月間アクティブユーザー677万人(世界
25位、前月比+8%、人口比5.3%)
– 国内企業がFacebookページ、Facebookマ
ーケティングを急速に採用
– 古い友人が次々に友達申請、気軽に申請
– 大学生~40代
 Twitterの活用
– IT系のミーティング・セミナーで重用
– 国内月間利用者数2100万人
– Twitterがメール代わりにも
出典: http://www.socialbakers.com/facebook-statistics/japan
http://goo.gl/4k5DC
16
情報流通、ネットワーキングの早さ
 セミナー、勉強会、イベントの大幅増
– IT系、起業系のイベントが大幅に増えた
– Facebookイベントでの招待
– イベントでは皆ツイートする
– ツイートを見ながらのディスカッションも
 ブロガーの大幅増
– 自己表現としてのブログ
– ブログを書いてツイートする
– よい記事はすぐリツイートされ、読まれる
– 大学生の場合、友人の3割という例も
– 大企業に勤めていても、実名でブログ
出典: http://www.socialbakers.com/facebook-statistics/japan
http://goo.gl/4k5DC
17
意識の変化
 大企業へのこだわりが大幅に減少した
– 起業希望者が激増した(学生~30代)
– 大学生が休学して起業するケースも多い
– 大企業からの転職希望者が増加
– 朝会などへの参加者も増加
 仲間、社会、社会貢献への意識
– 東日本大震災を通じてさらに強まった
– Share、Social、仲間の意識
– シェアハウス、コーワーキングスペース利用
出典:
18
4.ベンチャーの発展が社会を刺激
する、日本を変える
19
イノベーションを加速する
動きが世界と日本で
20
新サービス開発への少額投資が
すさまじい勢いで増加中
21
皆、ソーシャルメディア、
スマートフォンに注目
22
スーパーエンジェル ロン・コンウェイ
 シリコンバレーで最も尊敬されるエンジェル
 数百社に投資
ロン・コンウェイ  Google、Facebook、Twitter、
PayPal、RockYou、Foursquare、
Zappos、Y Combinator等に投資
 毎日5社、1週間に25社会い、1社投資
 年間50社投資
 ビジネスプランではなく、デモを見て決定
出典: http://jp.techcrunch.com/archives/20101116ron-conways-crystal-ball-12-startups-to-watch/
http://www.crunchbase.com/person/ron-conway
http://www.businessinsider.com/ron-conway-megatrend-2011-2
23
Y Combinator
 2005年設立。これまでにDropbox、
Airbnb等、300社以上に出資
 1社平均150万円の少額出資
ポール・グレアム
 年2回、公募から選んだチームが3ヶ月、シリコン
バレーに集結し、サービスを開発(週次ミーティング)
 Facebook、Zyngaへの出資で有名なロシアの
ファンドDSTのユーリ・ミルナーが参加全社に
1200万円の転換社債を提供
出典: http://jp.techcrunch.com/archives/20110524y-combinators-paul-graham-were-looking-for-people-like-us/
http://jp.techcrunch.com/archives/jp20101013about-ycombinator/
http://goo.gl/OK6A
http://www.chikawatanabe.com/blog/2011/02/bubble.html
24
500 Startups
 2010年から本格的活動開始
 すでに150社以上に投資
Dave McClure
 1社当たり800~2000万円投資
 シリコンバレーでオフィス提供
 日本のベンチャーにも2社出資
 Daveは大変親日家
出典: http://500startups.com/
25
日本でも、同様の動きが一部始まっている








ブレークスルーキャンプ by IMJ
サムライインキュベート(榊原健太郎さん)
ネットエイジ(西川潔さん)
Movida Japan(孫泰蔵さん)
インキュベートキャンプ
Open Network Lab
サンブリッジ
Voyage Ventures LABS7
 サイバーエージェントベンチャーズ Startups Base Camp
皆、スマートフォン、ソーシャルメディアに注目
出典: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/31/news091.html
http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2011/0310_2.html
26
大きな変化は、
リーンスタートアップが可能に
なったこと
27
リーンスタートアップ(お金をかけずにさっさと立ち上げ)
 1~3ヶ月程度でさっさとサービスを立ち上げ
 Facebookの場合は、2004年にザッカーバーグが18歳
の時、1人数週間で開発
 費用も100~200万円以内(数十万円の場合も)
 4~5年ほど前から急激に主流になってきた、ビジネス立
ち上げのアプローチ(シリコンバレーだけではなく、世界
中で)
 サービス立ち上がり後に会社設立、資金調達
 日本でも非常に多くの学生、社会人が取り組み中
28
リーンスタートアップが可能となった背景
 安価で、非常に使いやすいクラウドの充実
 開発環境、フレームワーク・ライブラリー等の整備
必見:「Unityを使い3次元メダル落としゲームを20分で開発」
http://d.hatena.ne.jp/umonist/20101209/p1
 iPhone、Androidの普及、Facebook、Twitter
等APIを公開するプラットフォームの発展
 Facebook、Twitter等ソーシャルメディアの普及
で、よいアプリ・サービスは一瞬で広まる
 サービス拡大時の資金調達が非常に容易
29
日本の動きをさらに加速したくて
学生エンジニアに機会提供(次章)
30
5. 学生エンジニア23チーム100名が
2ヶ月の合宿でアプリを開発・実装し
たブレークスルーキャンプ
31
ブレークスルーキャンプ2011
 予想を上回る49チーム、160名が応募し、23チーム、
74名の学生エンジニア、プランナー、デザイナーを厳選
(その後、実際は100名以上が参加)
 全国の学生(高校生、大学生、大学院生、高専生、専門
学校生)、留学生+社会人2年目まで対象
 世界を目指すスマートフォンアプリ・サービスを2ヶ月で
開発し、リリース(7/16~9/19)
 神田で開発オフィス・宿泊場所を無料提供、食費補助
 地方の場合は、往復交通費提供。食費補助増額
 優勝チームは、シリコンバレー4泊6日の先進オフィスツアー
32
高校3年生も2ヶ月の開発合宿に参加
甲斐啓真さん 慶応高校
出典:神田経済新聞 http://kanda.keizai.biz/photoflash/68/
高橋俊成さん 慶応高校
33
X
X
34
X
X
35
X
X
36
X
X
37
ブレークスルーキャンプ優勝のFacematch
チームは、11/3にサンフランシスコで開催さ
れたJapan Nightでも堂々優勝!
38
ブレークスルーキャンプでよかったこと
 全23チームが一つも脱落せず、決勝プレゼン大会です




べてデモを動かせた
夏の2ヶ月間、寝泊まりし、脇目も振らず集中できた
各チーム間で切磋琢磨し、情報交換・ノウハウ交換が活
発にできた。チーム間の真の交流が生まれた
毎週木曜日の週次全体ミーティングに孫泰蔵さん、
Facebook日本代表の児玉太郎さん、頓智ドットの井口
さんなど、素晴らしいお話を聞かせてくださり、大変に刺
激になった
昨年後半のビジネスプランコンテストはブレークスルー
キャンプ出身者が軒並み優勝、入賞し、日本の学生エン
ジニアがあそこまでできると世間に実証した
(Facematchが、SFでのJapan Nightで優勝、高校生
のengraphが慶応義塾大学のKBCコンテストで優勝等)
39
ブレークスルーキャンプの反省点
 2ヶ月間は短かかった。企画を事前にもっと詰め、2ヶ月間
集中してプログラミングに取り組めるようにすべきだった
 決勝プレゼン大会以降、各チームの活動レベルが一気に
落ちた(当然と言えば当然だが)
 アプリ開発サポート、インフラ開発サポート、デザイナー
サポートが大いに不足した
 もともとのねらいではなかったものの、世界に打って出る
ベンチャー創出までにはいたらなかった
 社会人からも参加したいという声が多数あった
40
だったら、資金も提供し、本気
で世界をねらうベンチャー支
援プログラムを作ろう!
41
ブレークスルーキャンプを大き
く超え、世の中を変える画期
的プログラムを!
42
ブレークスルーキャンプ by IMJ(1/2)
■ 1社あたり500万円、2年間で15~20社に出資し支援
出資先ベンチャーには、企画、サービス開発、集客、広報、サー
ビス運営全般をきめ細かくご支援
■ 年4回開催
Spring、Summer、Fall、Winterの年4回募集。応募全ベンチャ
ー・チームの面談による選定を経て、企画を徹底的に練るブレー
クスルーセッションを1ヶ月に渡り実施し、世界を狙えるポテンシャ
ルの高いベンチャーに出資
■ 開発オフィスの無償提供
出資先ベンチャーには、渋谷駅近辺の専用オフィス(24時間利用
可能。インフラ完備)を無償で提供
■ デザインまでを含む全面的な開発支援
専用オフィスには、IMJの優秀なエンジニアによるアプリサポート
デスク、インフラサポートデスク、デザイナーサポートデスクを
置き必要に応じてさまざまな技術的な質問に対応
出典: http://www.imjp.co.jp/btcamp/
43
ブレークスルーキャンプ by IMJ(2/2)
■ 参加ベンチャー間の徹底したノウハウ共有
毎週木曜日夜に2時間、出資先の全ベンチャー参加による週次
全体ミーティングと懇親会を行い、ベンチャー間の情報共有、ノウ
ハウ・失敗事例共有とネットワーキングを進める。
ベンチャー各社の機密を尊重しつつも、相互協力を促進。内外の
先輩起業家、各界の専門家等のスピーチを適宜実施し、グローバ
ルな視点をご提供
■ 企画検討・起業準備セッションの定期的実施
上記に平行して、起業検討中の社会人・学生に対し、定期的なセ
ミナーによりサービス企画や起業に関する初歩から先端的・具体
的ノウハウまでご提供し、起業をご支援
→ 従来あまり見られない、徹底したインキュベーション
出典: http://www.imjp.co.jp/btcamp/
44
こういった活動に大企業が注目
 日本の大手メーカー数社以上に、昨年の「ブレー
クスルーキャンプ」や今回の「ブレークスルーキャ
ンプ by IMJ」に強い関心をお持ちいただいている
 「モノづくり」に集中してきたメーカーは、ソーシャ
ル、ネットワーク、ソフトウェアの分野への研究開
発は限定的だったため、課題が大きい
 社員の応募によるベンチャー制度はほとんどの大
企業に存在するが、手厚い福利厚生がネックにな
り、リーンスタートアップに踏み切れない
 ただ、それではいけないとの問題意識は強く、注
目度は高い。ただ、経営者が判断できない
45
6. ソーシャルメディア、スマート
フォン時代のビジネスチャンス
46
10~20年に一度の大変革期
 ガラケーソーシャルアプリ
→ スマートフォン ソーシャルゲーム
 ゲーム以外の新サービス
–すべての既存サービスがソーシャル化していく
–ソーシャルコマース
–オンライン・ツー・オフライン
–さらに、今後、無数の新サービスが生まれる
–Facebook、Twitterのフル活用が大前提
–開発者の変化
•自分が作らなければ誰か他の人が作る
•最初から世界が対象
47
ビジネスチャンスは広範囲に
ソーシャル
メディア
コミュニケーション
ネットワーキング
ロケーションサービス
マーケティング
リコメンデーション
広告
コマース
オンライン・ツー・オフ
ライン
EC
決済
ゲーム
プラットフォーム
動画
電子書籍
電子出版
ミュージック
インターネットラジオ
インターネットTV
映画
・
・
48
オンライン・ツー・オフライン(O2O)
 オンラインで見つけてきた消費者を実世界の店舗
に連れてくる
 地域で使われるレストラン、コーヒーショップ、バー、
ヨガ、テニスのレッスン、クリーニング等への集客
 米国で1兆ドル(80兆円)規模の地域消費がオン
ラインへと移り始めると考えられている
 取引がすべてオンライン上で行われるため、実績
の定量化が可能となる → KPIの改善が無数に
出典: http://jp.techcrunch.com/archives/20100807why-online2offline-commerce-is-a-trillion-dollar-opportunity/
49
ネットでの購入は
現在、平均月1万円以下
50
平均月10~15万円に上がれば
国内で楽天があと10個以上必要
→ 誰がそのパイを取るのか?
51
ソーシャルコマースも、
ソーシャルリコメンデーションも、
まだ誰も答えを出していない
52
ITを超えて全分野に
家電
半導体
通信
自動車、機械
化学
クリーンテック
医療・介護
金融
小売業、製造小売業
不動産・賃貸
教育等々
53
大企業、中堅企業にも
実は、大きなチャンス . . .
54
今すぐ積極的に動かないと
 無数に湧いてくる超小型・超高速ベンチャーが1~
2年で数千倍に成長するのを横目で見る
 様子見をしているうちに、到底追いつけないほど
先に行かれてしまう
 ガラケーと違い、海外の無数のアントレプレナー
がスマートフォンベースで乱入、殺到する。日本か
らも攻めて出る
 他人の成功を指をくわえて見ている
 (既存企業は)何とか築いてきた収益ベースがず
たずたになる
55
7. 日本企業の革新
56
社員と幹部の意識・行動変化
 20~30代社員がソーシャルメディア、特に
Facebook、Twitter、ブログを使いこなし、日常
行動が変わってきている
 上司が刺激を受け、どこまで変化しうるか
 社長が時代の変化、競争状況・グローバルな市
場の変化に対して、どこまで真剣に理解しようと
し、問題意識が強いかが鍵. . .かなり微妙
 旧態依然とした経営体制、組織文化を打破する
勇気、行動力、洞察力を社長および取締役会が
持てば、意識・行動改革のアプローチは明確
57
ベンチャーとの協業拡大・加速
 日本の家電、その他製造業、IT、通信系大企業に
とってサービス、プラットフォーム化への事業形態転換
が極めて重要
 「モノづくり」で勝負できた時代はとっくに終わった
 マーケティングチームが多様な顧客ニーズを拾い集め、共
通プラットフォームの上で事業展開することが必要
 そのためには、ソーシャルメディアを最大限活用
するとともに、リーンスタートアップの手法を取り入
れることがほぼ不可欠
 これまで苦手とする、ベンチャーへの出資、協業
が最大の鍵を握る
58
日本人以外の登用、重用
 シリコンバレーでは、中国人、韓国人、インド人、
ベトナム人等が多くの企業の幹部として活躍中
 日本で活躍したいと考える中国人、韓国人、ベト
ナム人など非常に多い
 日本の普通の社員よりも、ハングリー精神が格段
に強く、背水の陣の人が多い
 楽天、ファーストリテイリング等が、英語を公用語
とすることに対して批判的な人も多いが . . .
 日本人だけで解決できる問題はそう多くない
 (補足)男性だけで解決できる問題も多くない
59
ソーシャルメディアの発展が
スタートアップを多数生みだし、
60
大企業に刺激を与え、
大きく揺さぶり、
61
ベンチャーとの協業を促進し、
研究開発のあり方が見直され、
62
日本を変える起爆剤になる
63
世代、性別、国籍、学歴、経験を
超えて、立ち上がる人が増える
64
日本発の世界的ベンチャーを
!
日本企業の新たな発展を!
創業・経営支援、経営革新支援
ブレークスルーパートナーズ株式会社
マネージングディレクター
赤羽 雄二
[email protected]
www.b-t-partners.com
65
略歴: 赤羽 雄二
東京大学工学部を1978年3月に卒業後、小松製作所で建設現場用
の超大型ダンプトラックの設計・開発
1983~1985年、スタンフォード大学 大学院に留学
1986年、マッキンゼー入社。経営戦略、組織設計、マーケティング、
新事業立ち上げなどのプロジェクト多数を14年間にわたりリード
シリコンバレーのベンチャーキャピタルをへて、2002年、創業前、創
業当初からの非常にきめ細かな支援を特徴とするブレークスルー
パートナーズ株式会社を森廣弘司と共同創業し「日本発の世界的ベ
ンチャー」を生み出すべく活動。ベンチャーの共同創業、経営支援
経済産業省「産業競争力と知的財産を考える研究会」、総務省「ITベ
ンチャー研究会」委員、「ICTベンチャーの人材確保の在り方に関す
る研究会」委員、 「事業計画作成支援コース」の企画立案および講
師、「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」著者
東京大学工学部「産業総論」講師、北陸先端科学技術大学講師
ソーシャルアプリ、ソーシャルメディア、電気自動車等への取り組み
66
ダウンロード

PowerPoint版 - ブレークスルーパートナーズ