この講義で一緒に考える課題
• 翻訳の 面白さ
•
難しさ
•
奥深さ
• 意味が分かるけど、うまく伝えられない場合
の
•
もどかしさ
笔译方面的尝试
• 1、1999年—2001年读研期间,翻译日本电影及电视剧共五部,分别
为《你会爱上我》、《备后路迷案》、系列剧《钓鱼迷日记》中的三
部,以上影视剧均已在中央六台的电影频道播映。
• 2、[日]木户克海
美丽的空位
《海外文摘》
2003年
第6期
• 3、[日]乙一
失踪Holiday(合译)
• 香港:青春文化事业出版有限公司,2005。
• 4、[日]筒井康隆
狸子
《译林》增刊春季卷
2005年3月
• 5、[日]目代市由
快乐日记
《译林》文摘版
2007
年8月号
• (该文被《微型小说选刊》、《读者》、《青年文摘》等杂志转载)
• 6、[日]奥田英朗
家有贤夫
《译林》增刊春季卷
2008
年3月
文学翻訳
• 講師の姿勢
• 初心者の気持ちで皆さんと一緒に勉強してい
きたい
• 取り上げる資料
• 純文学(小説・詩・エッセー)に限らず、もっと
広い範囲で文学翻訳を考えたい。脚本、映画
の科白、漫画なども視野に入れたい。
授業の進め方
•
•
•
•
三本の柱
練習課題の解決
学生同士で議論
講師からコメント
• 目標
• ハードルの高い授業を目指すのではなく、楽しくて充実な授
業にしたい
• 但し、注意してほしいこと
• 宿題提出は義務
• プリントの持参
翻訳家を目指すつもりは?
• 皆さんの知っている外国人の作家?
• アンデルセン、ドストエフスキー、トルストイ、
バイロン……
• 皆さんの知っている中国人の翻訳家?
• 傅雷 《约翰·克里斯朵夫》
读译有感
• 朱生豪译的莎士比亚虽则是几世纪前的域
外故事,读来却无格格不入之感,然而读
我们某些日文汉译,则往往未终篇而兴味
索然,据称日语是情意性的语言,其韵味
很难表现。何以英、法、德、俄皆有佳译,
而独日语难以表现呢?
• 1980年10月22日《光明日报》李思敬
なぜ翻訳をするのか
• もちろん翻訳というのは決して簡単な作業で
はない。手間もかかるし、時間もかかる。大き
な責任も負わなくてはならない。それに対す
る経済的な報酬も、ほとんどの場合、それほ
ど大きなものではない。
• しかしそこには何にもまさる無形の報い
(bounty)があるように、僕には感じられる。
• (村上)
偏見のある愛情
• 柴田 ご自分の作品が翻訳されるということ
についてはいかがでしょうか。自作が翻訳さ
れる場合に、翻訳家なり訳文なりに何を求め
られるかをお聞かせ願えますか。
• 村上 ひとくちでいえば愛情ですね。偏見の
ある愛情ですね。偏見があればあるほどいい
と。
翻訳が本当にお好きなら
• まずは自分の好きな作品を見つけて、自分と気が
合う作家を見つけて、訳してみること。相性。
• 本当に好きな作品であるならば、誰かに言われなく
ても、進んで訳したくなるのです。感動を皆で共有す
る意味で。
• それが結果的に自分の好きで翻訳したものが出版
され、世に出されるということであれば、翻訳者に
とってはこれが最高の幸せじゃないかと思う。
• 報酬は二の次。
とにかくやってみよう
室生犀星「誰が屋根の下」
•
ある日調髪店の主人が来ていった。ね
ずみ落としでも雀を捕ることができます
よ。ねずみは一度かかると体臭をのこす
から落ちないが、雀は何羽でも捕れます
よといった。私は雀を捕るのにねずみ落
としは少々残酷である。雀には雀落とし
らしい優しい罠(わな)のような、草みた
いなものを結んで捕りたいといった。
•
ある日大工さんが来て言った。どうも
雀という奴は畑の種子を荒らして困るか
ら、この間瓦を二枚立てかけその下に餌
をまいて、瓦が折り重なって倒れる仕掛
をして置きましたら、それで二羽捕まえ
ることができ、頭をぶんなぐってもう来る
なと言って放してやりました。仲間にい
いふらしたらしく翌日から一羽も来なく
なったといい、私は放してやったのはよ
かったとほめて置いた。
参考答案
• 有一天,理发店的老板来了。他说:“用
捕鼠器也能捉到麻雀呢。老鼠被捕到一次
以后就会留下气味,便再也不会有老鼠落
网了,但是麻雀却是多少都能捉到。”我
说:“用捕鼠器来捉麻雀有点残忍,捉麻
雀的话还是想用专门用来捉麻雀的、伤害
性不大的圈套,比如用草做的圈套。”
参考答案
• 有一天,木匠师傅来了。他说,麻雀这家
伙把地里的种子都糟蹋了,实在让人头疼。
所以,前些天设了个机关。把两块瓦片竖
着放,下面撒些诱饵。麻雀一进来瓦就会
倒下。就这样捉到了两只麻雀。用力敲了
敲它们的头,跟它们说:“别再来啦!”
结果就好像是跟其他麻雀讲了一样,第二
天一只麻雀也没有来。我称赞说,放了它
们是对的。
ねずみ落としでも雀を捕ることができる
• 用死老鼠也可以捉麻雀。
• 即使老鼠掉进陷阱也能捉到麻雀。
• 连老鼠也能被套住,那也能捕到麻雀呀。
• 用老鼠捉麻雀未免有点太残忍。
頭をぶん殴ってもう来るなと言って
• 就会很大力地敲打麻雀的头。
• 瓦片倒下敲到麻雀的头,警示它们以后不
要再来了。
• “已经不来了”。他拍了拍自己的头。
• 骂了句“不要来了!再来就敲你们的头!”
• 我就使劲地打那麻雀,直到它说“不再来
啦”。
仲間に言いふらしたらしく
• 装作朋友似的警告那两只麻雀后,第二天
开始就再也没有麻雀来过了。
• 评:谁跟麻雀是朋友?
• 木匠向朋友说道:“第二天果真一只鸟也
没来过。”
• 第二天他还在朋友面前吹嘘麻雀再也没有
来了。
練習課題
下線部だけを中国語に直してください
• 胡耀邦総書記は、中国の現代化を目指す十
億の人民の頂点にたつ指導者である。小柄
であるが、艶やかで筋肉質の体躯
はエネルギッシュで、その頭の回転
の速さと、驚くべき率直さには、圧倒
される。
• 山崎豊子『胡耀邦単独会見記』より
翻译
• 猛然摆头时的迅捷、回头的速度
• 光彩照人的肌肉饱满的身躯
• 充满光泽、肌肉结实的身躯
• 参考译文:
• 尽管身材矮小,但是精力充沛。其头脑反
应之灵敏,讲话之惊人的直率,让我自愧
不如。
最低限に注意をしてほしいこと
• 漢字語に要注意。
• 辞書の解釈を鵜呑みにしない。
• 動作主体の判断を明確に。
• 修飾関係を明確に。
• 原文に忠実、中国語らしく。
その上で、さらに注意しておくべきこと
• (1)母語の相対化、客観視
• つまり、母語に対する絶対的な自信はむしろ
よくないことかも。
• (2)他人の翻訳ミスを嘲る前は、自分の翻訳
を反省すること。
• ☆翻訳者以外に編集者の存在があるという
ことを頭に置くこと。
言葉
川崎洋
•
•
•
•
•
•
•
•
•
演奏を聴いていなくても
人は
♪を耳の奥に甦えらせることができる
言葉にしなくても
一つの考えが
人の心にあるように
むしろ
言葉に記すと
世界はとたんに不確かになる
•
•
•
•
私の「青」
はあなたの「青」なのだろうか?
あなたの「真実」は
私の「真実」?
• 私の「青」はあなたの「青」
なのだろうか?
• あなたの「真実」は私の
「真実」?
「吾輩は猫である」
• 夏目漱石 于雷翻译
• 序言中的一段话
• 一九八五年我一动手翻译这部作品,就为小说开头的第一
句、也便是书名的译法陷入深深的困惑。历来,这本书都
是被译为《我是猫》的,然而,我不大赞同。因为,一、
原书名不单纯是一个普通的判断句,就是说,它的题旨不
在于求证“我是猫”,而是面对它眼里的愚蠢人类夸耀:
“咱是猫,不是人”;二、尽管自诩为上知天文、下谙地
理的圣猫、灵猫、神猫,本应大名鼎鼎,却还没有个名字,
这矛盾的讽嘲、幽默的声色,扩散为全书的风格。
• “吾辈”、“咱(za)家”、“咱”、“在下”、“老
敝”、“不才”、“小可”
窝心
• 这是个俗语,但不同地区的意思却可能相
反,有些地区窝心是心里不舒服、难受、
受委屈的意思;
• 而另外一些地区窝心是暖心、贴心、心里
很舒服的意思。
• ○这事儿让人觉得挺窝心的。
• ◎今天收到了前辈的鼓励纸条,很窝心。
愛人
• 夏目漱石「こころ」
• もし奥さんにすべての事情を打ち明けて頼む
とすれば、私は好んで自分の弱点を自分の
愛人とその母親の前に曝(さら)け出さなけれ
ばなりません。
• 如果把一切都告诉夫人,那就等于我甘愿
把自己的弱点,暴露在自己的爱人和她母
亲面前。
甜蜜蜜
• 黎小军骑自行车带李翘时说的一句台词。
• 你比我爱人重。
• You are heavier than my girlfriend.
鲁迅 小杂感
• 人感到寂寞时,会创作;一感到干净时,即无创
作,他已经一无所爱。
• 创作总根于爱。
• 杨朱无书。
• 创作虽说抒写自己的心,但总愿意有人看。
• 创作是有社会性的。
• 但有时只要有一个人看便满足:好友,爱人。
竹内好訳
• だが時としては一人の人が読んでくれるだけ
で満足することもある、親友か、愛人。
• 比較:
• 親友か、好きな人。
美丽的空位
• 花束中那徐徐燃烧的烛火,仿佛在娓娓动
情到向在此用餐的人诉说着这美丽而凄婉
的爱情绝唱。
• 花束中熊熊燃烧的烛火,还有那倾诉昔日
爱之深情的美谈,不都是超越时空的诗一
般的动人传说吗?
• 花を飾った中で燃え続ける大きなローソクの
炎が、かつてのやさしい愛情に結びついてい
く美談は、まるで現実を超越した一篇の詩を
誘うような美しい話ではないでしょうか。
• もう、あれから二十年以上にもなりましょうか、
ロサンゼルス郊外での、ほんとうにあったお
話です。
• 「美しき空席」より
練習課題
• A 三十代ぐらいの若い人が住宅を買う場合
と、定年の迫った人が、第二の人生を展望に
入れて住宅を買う場合では、考え方を百八十
度変えたほうが無難である。
• B 二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸
牛が背のびをしたように延びて、海を抱え込
んでいる函館の街を見ていた。
• 二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸牛
が背のびをしたように延びて、海を抱え込ん
でいる函館の街を見ていた。
• 两个渔工凭倚在船栏杆上,眺望函馆市。
函馆市像蜗牛伸展身子似的延伸着,环抱
着海湾。
全文
•
三十代ぐらいの若い人が住宅を買う場合と、定年
の迫った人が、第二の人生を展望に入れて住宅を
買う場合では、考え方を百八十度変えたほうが無難
である。
• 都会人は、定年後は暖かい海辺がよい、北海道
の大自然の中で生活したいといった夢を描きがち。
しかし、海辺は風が強いし、北海道の冬に平然とし
ていられる中高年の都会人はまずいそうもない。加
えて周囲に知人も友人もいないということになれば、
夢とはほど遠い厳しい現実になる。
错误的理解
• 在买房子时,三十多岁的年轻人的想
法,和快到退休年龄而考虑第二人生
的展望时的想法,两者间有一百八十
度的改变也无可非议。
• 三十岁左右的年轻人在买房子的时候,
跟那些快退休的抱着对新的一段人生
的展望的人相比,想法截然不同也是
在情理之中。
错误理解3
• 三十岁左右的年轻人买房时和将近退休年
龄的人展望新的人生而买房时的想法有着
天壤之别,这是无可非议的。
参考答案
• 三十多岁的年轻人,以及临近退休、将要
开始第二人生的人在购买房子的时候,想
法最好来个一百八十度大转变。(最好改
变已有的想法)
参考答案
• 都市人往往容易觉得退休后到温暖的海边
生活比较好,或者希望到北海道的大自然
中生活。但是,海边风大,中老年人中,
能够忍受得住北海道严冬的,根本不可能
有。加之,周围没有亲戚朋友,这就成了
与梦想相去甚远的残酷现实。
森鴎外「山椒太夫」
• 道は百姓家の断えたり続いたりする間を通っ
ている。
• 道路两旁是稀稀落落的农家。
• (彼らが)藁葺きの家が何軒も立ち並んだ一
構(ひとかま)えがははその林に囲まれて、そ
れに夕日がかっと差しているところに通りか
かった。
• 他们路过几家茅草房,夕阳照射下的房子
周围,是一片柞树林。
修飾関係判断1
• それで、私は堤燈(ちょうちん)を消さないように、身
体を前かがみにして大きな小田原堤燈を抱いてい
る弟に、その合羽(カッパ)を着せてやりました。
• 質問:「堤燈を消さないように」しているのは誰?
•
A 私
B 弟
• 译文:因此,我把那件雨衣给弟弟披上了,他正
抱着灯笼,为了不让它熄灭而向前弯着身子。
修飾関係判断2
• ランボーらに影響を受けた大岡(昇平)は、ア
テネ・フランセに通うなどしてフランス語の勉
強に励んだが、そのとき家庭教師として出
会ったのが小林秀雄であった。
• 誰が家庭教師?
• A 小林秀雄 B 大岡昇平
主語判断
• 「あれはなかなかいい芸者だ、俺も半玉
の時分に二三度会ったことがあるが、ど
この土地へ連れて行っても恥ずかしくな
い芸者だ」信行はこんなに言った。(志
賀直哉『暗夜行路』)
• 質問:
• A 半玉は誰のことを言っているか。
• B 恥ずかしくないのは誰なのか。
• “那可是个很好的艺妓呢!在她还是雏妓的
时候,我也曾经见过两三回。要是带上她,
无论到哪种地段,你都不会觉得没面子
的。”信行这样说道。
• 子供向きに書かれた三国志に興味を持ち、
その中に出てくる白帝城についての「朝辞白
帝彩雲間」に始まる李白の詩を知ったのも、
少年時代のことでありました。
• 误译:当时我对为儿童编写的《三国志》
感兴趣。书中引用李白的一首描写白帝城
的诗,以“朝辞白帝彩云间”为开头,也
是我在少年时代学习的。
• 我在少年时代就对为儿童编写的
《三国演义》抱有兴趣,并且当时
也知道其中出现的那句以“朝辞白
帝彩云间”为开头的诗。
ダウンロード

Document