一般救急業務
開業医による
1
ドイツから医学を学ぶ
明治初期(1871年):ドイツから医学を導入した
健康保険制度、最近は介護保険制度もドイツを手本
臓器移植法もドイツの法律を参考
では、ドイツも日本と同じ医療問題を抱えているか?
No!
ドイツ国民は健康保険制度や日常の診療、とくに救急業
務に大変満足
それを調べることは大変に重要
ドイツの事情を客観的に知る必要がある
日本の矛盾: 痛みを避けた手抜きの真似事の蓄積
2
医療保険に対する満足度
ドイツ 2000年
完全に満足
9%
どちらかというと満足
65%
どちらかというと不満足
22%
全く不満足
3%
分らない
2%
ドイツ医師会雑誌 97巻24号、2000
3
ドイツ人の大多数が家庭医に満足
ドイツ医師会雑誌 2003年10月2日
アンケート調査
• 1000人のうち87%が、自分の家庭医は能力があ
り、包括的に助言をしてくれると感じている
• 74%が医師を替えることを考えていない
• 78%は、十分な時間を取ってくれたと感じている
• しかし、24%は将来家庭医を自由に選択したいと望
んでいる
• 医師の報酬請求に批判的。70%以上がより透明で
あることを要求した
• 41%が待ち時間の長いのに苦情を述べた
4
開業医の診療時間と救急業務
• 休診日は土日、祝日、水曜日午後(全国統
一)
• 救急当番制を実施: 開業医は全員救急当
番に参加する義務
• 24時間365日診療所での受診と往診が受け
られる
• 休診日と夜間(例19時から7時)を救急当番
医が担当
5
• 開業医の開業時間は7時から19時まで
• 救急センターを置き、それが連絡業務を
扱う地域が多くなった
• 救急当番表を作り、役所、警察、消防署、
薬局などに配布する
• 開業医の待機時間: 診療時間が8時半
開始の場合はそれまでの時間、昼休み
は休憩時間であるが急患があれば診療
する
6
救急当番医と主治医
• 自分の患者は診療時間外でも診療する
義務
• それができないときは救急当番医に依
頼する
• 日中は必ず連絡可能な状態: 長時間
不在にするときは必ず同僚医師に連絡
して承諾を得ておく
7
• 救急当番の時間内は、担当地域外に
出てはならない。
• 休暇や病気の時は同僚医師の助け合
いが徹底。
• 救急で診療した医師は、主治医に報告
し、患者を戻さなければならない。
• 患者が他の医師に逃げることは殆どな
い。
8
救急当番義務化の歴史
• 1956年に医師職業規則で救急業務を
義務づけたが徹底は不十分であった
• 1972年の行政裁判所判決:救急業務を
州の法律で規定せよ
• 州医師会と州保険医協会が救急業務規
定を作成、実施
• これにより総ての開業医に救急当番に
参加する義務が生じた
9
• 一般救急業務の能力がないと開業が
許可されない (入院させる必要があるか
どうかの判断ができること)
• 救急に関する生涯研修が義務化
• 眼科と耳鼻科はその専門で救急体制
を整えている
• 小児科救急に問題はない
柴田三代治医師(ドイツで30年間開業)は、内
科医だから小児は診れないという最近の日本
の新聞を見て、呆れたことだと述べている
10
専門科の救急業務:専門医の救急業務
• 特定の専門科の専門医の数が十分に間に合
うときは、自発的に、この科の救急業務を組
織できる。例えば外科、小児科など。
• その場合その科の専門医は全員それに参加
しなければならない。しかしそれによって
• 一般救急業務への参加は免除されない。
• 専門科救急業務の範囲は一般救急業務の
地域を超えた広域になってもよい。
11
柴田医師の一般救急業務
• ドイツで30年余家庭医として開業された柴田三代治
医師は自分の体験した救急業務を次のように述べ
ている。
• 週末は土・日の差がありますが、私の経験では(人
口2万人のオーバラート市)土曜日は 20人外来、
10~15回往診、
• 夜間は(夕方8時から翌日8時まで)外来4~5人 、
往診3~4人といった所です。季節により又流行病に
より大差があります。
• 日曜日は10%増。
12
一般救急当番 南西ドイツの小さな町
• 産婦人科専門医Beisler医師によるとこの地域では、
週日の夜間は内科専門医と一般医(家庭医)が救
急当番に当る
• 土曜・日曜・祝日はそれ以外の開業医が当る
• Beisler医師は週末の救急当番を年に7,8回担当
• 一般救急であるから全ての年齢の患者を診るわけ
で、小児だから扱いに困るということは感じていない
• 重症と分れば小児科専門医や病院に渡す
13
• なお、この地域には小児科専門医の自発的
救急当番組織がある。
• 日本の小児救急で問題になっているようなこ
とがドイツにないことが、改めて確認できた。
• 医学教育のどこかが大変違っている。
• ドイツでは医学部3年で、救急に関する教育
をしている。
医師国家試験のファイル: 参照
14
医師国家試験と成績
筆答試験
訳つき
15
ドイツでは口答試験を重視(実力がよく分かる)
1970年にマルチプルチョイスを導入するまでは
全部口答試験であった。
現行規定
前期試験学部2年
筆答
第1部 学部3年
筆答
第2部 学部5年
筆答
第3部 学部6年
口答
口答
口答
16
医師国家試験 出題カタログ
インターネットで公開
17
医師国家試験成績 IMPP ホームページ
18
医師国家試験 前期試験 学部2年で受験
不合格率 大学別 2004年春
2ヶ月の看護業務とファーストエイドの実技と理論習得が受験条件
大学
受験者
不合格者
平均値
19
医師国家試験 前期試験 学部2年で受験
不合格率 大学別 2004年春
合 計
20
医師国家試験 前期試験 学部2年で受験
科目別正解率 大学別 2004年春
大
学
物 理
生 理
21
医師国家試験 前期試験 学部2年で受験
科目別正解率 大学別 2004年春
問題数
化学 生化学 生 物
解 剖
心理 社会
22
医師国家試験 第1部 学部3~4年で受験
科目別正解率 大学別 2004年春
大
学
病態生 人類
医史学 病理
理 臨 遺伝
床化学
23
医師国家試験 第1部 学部3~4年で受験
科目別正解率 大学別 2004年春
救急を
早期に
教える
バイオ ヒスト
薬理 急性期
微生物
放射線
免疫
メトリ リ検査
中毒 救急
問 題 数
24
家庭医の業務
ヨーロッパ30カ国のプライマリケア医師からの回答
診療所で日に患者40人以上
診療する家庭医の%
ドイツ
オーストリア
62
51
イギリス
診療所の外で週に15以上の
往診をする家庭医の%
76
ドイツ
オーストリア
76
17
オランダ
60
スイス
15
イギリス
55
オランダ
14
スイス
7
デンマーク
3
ノルウェー
6
フィンランド
1
デンマーク
2
ノルウェー
0
フィンランド
1
25
ドイツ医師会雑誌1996年11月15日
ダウンロード

S60