<大 気 汚 染 測 定 網>
佐賀関
三佐小学校
大分市役所
王子中学校
自排中央
東大分小学校
南大分小学校
大在小学校
坂ノ市中学校
大東中学校
丹生小学校
自排宮崎
西部清掃事業所
敷戸小学校
戸次中学校
中央監視センター
中央監視センター
一般環境大気測定局
一般環境大気測定局
自動車排出ガス測定局
自動車排出ガス測定局
その他の測定地点
その他の測定地点
一般環境大気測定局(佐賀関測定局)
<一 般 環 境 大 気 測 定 局 の 測 定 結 果 ① >
二酸化硫黄濃度の経年変化(全局平均値)
0.008
環境基準・・・1日平均値の2%除外値が
0.04ppm以下
ppm
0.006
0.004
0.005
0.005
0.005
0.004
測定局数
12
達成局数
12
0.004
0.002
0
H18
H19
H20
H21
H22
二酸化窒素濃度の経年変化(全局平均値)
0.025
環境基準・・・1日平均値の年間98%値が
0.04~0.06ppmのゾーン内
またはそれ以下
ppm
0.020
0.015
0.010
0.012
0.005
0.010
0.009
0.008
0.009
0.000
H18
H19
H20
H21
H22
測定局数
12
達成局数
12
<一 般 環 境 大 気 測 定 局 の 測 定 結 果 ② >
光化学オキシダント濃度の経年変化(全局平均値)
0.040
ppm
0.030
0.020
0.034
0.025
0.028
0.027
環境基準・・・ 1時間値が0.06ppm以下
0.030
0.010
測定局数
12
達成局数
0
0.000
H18
H19
H20
H21
H22
平成22年度は光化学オキシダントに係る予報等の発令はありませんでした。
<一 般 環 境 大 気 測 定 局 の 測 定 結 果 ③
浮遊粒子状物質及び降下ばいじん
>
浮遊粒子状物質濃度の経年変化(全局平均値)
0.05
環境基準・・・ 1日平均値の2%除外値が
0.1mg/m3以下
mg/m3
0.04
0.03
0.02
0.026
0.026
0.023
0.01
0.021
0.019
測定局数
12
達成局数
12
0
2
㌧/km /月
H18
5.0
4.5
4.0
3.5
3.0
2.5
2.0
1.5
1.0
0.5
0.0
H19
H20
H21
H22
降下ばいじん量の経年変化(全局平均値)
4.5
3.9
2.0
3.2
溶解性成分
不溶解性成分
2.9
2.8
1.4
1.0
1.0
1.7
2.5
2.2
1.8
1.9
1.8
H18
H19
H20
H21
H22
*降下ばいじん量については、大分県の「環境濃度に係る目安値(10トン/km2/月)」があります。
<有害大気汚染物質及びダイオキシン類 >
平成22年度 有害大気汚染物質調査結果(年平均値)
(単位:μg/m3)
王 子
中学校
測定局
三 佐
小学校
測定局
東大分
小学校
測定局
自動車排出ガ
ス中央
測 定 局
自動車排出
ガ ス宮崎
測 定 局
環境基準
1.2
2.0
2.2
2.1
2.0
3
トリクロロエチレン
0.049
-
-
-
-
200
テトラクロロエチレン
0.042
0.040
0.041
-
-
200
ジクロロメタン
0.65
1.2
1.6
-
-
150
ベンゼン
(単位:pg-TEQ/m3)
平成22年度 ダイオキシン類調査結果(年平均値)
ダイオキシン類
西部清掃
事業所
測定局
大 在
小学校
測定局
三 佐
小学校
測定局
東大分
小学校
測定局
環境基準
0.029
0.013
0.016
0.019
0.6
<自 動 車 排 出 ガ ス 等 測 定 網 >
1
2
3
4
5
6
7
8
9
大気監視測定車(野津原支所前)
10
自 動 車 排 出 ガ ス中 央測 定局
自 動 車 排 出 ガ ス宮 崎測 定局
大 道 陸 橋 北 交 差 点
中 島 十 条 交 差 点
椎 迫 入 口 交 差 点
羽 屋 入 口 交 差 点
北 下 郡 ガ ード 西交 差点
鶴 崎 駅 入 口 交 差 点
明
野
東
交
差
点
野
津
原
支
所
前
<自動車排出ガス測定局の測定結果>
0.050
0.050
ppm
0.040
0.040
二酸化窒素濃度の経年変化(年平均値)
0.036
0.032
0.026
0.030
0.030
0.031
0.020
0.020
ppm
ppm
2.0
2.0
1.0
1.0
中央測定局
中央測定局
宮崎測定局
宮崎測定局
H18
H18
0.028
H19
H19
0.027
0024
0.022
0.023
H20
H20
H21
H21
0.021
環境基準・・・1日平均値の年間98%値が
0.04~0.06ppmのゾーン内
また はそれ以下
測定局数
2
達成局数
2
H22
H22
一酸化炭素濃度の経年変化(年平均値)
0.8
環境基準・・・1日平均値の2%除外値が
10ppm以下
中央測定局
中央測定局
宮崎測定局
宮崎測定局
0.7
0.7
0.6
0.6
H19
H20
0.6
06
測定局数
2
0.5
0.5
達成局数
2
H21
H21
0.0
0
H18
H18
H19
H20
H22
H21
浮遊粒子状物質濃度の経年変化(年平均値)
0.050
0.050
中央測定局
中央測定局
宮崎測定局
宮崎測定局
3
mg/m
ppm
0.037
0.034
0.040
0.040
0.030
0.030
0.030
0.028
0.035
0.024
0.033
0.028
0.020
0.020
H18
H18
H19
H19
H20
H20
0.023
H21
H21
0.021
H22
H22
環境基準・・・ 1日平均値の2%除外値が
0.1mg/m3以下
測定局数
2
達成局数
2
<公害苦情 >
公害苦情件数に係る経年変化
件
400
350
333
10
300
250
200
12
319
288
288
13
5
115
1
150
96
100
28
50
319
86
7
104
70
1
51
3
91
98
28
1
21
98
109
80
H18
H19
H20
H21
悪臭
地盤沈下
4
109
振動
騒音
土壌汚染
29
30
83
79
その他
水質汚濁
大気汚染
85
0
H22
ダウンロード

大気に関するデータ