奉仕活動実践の花
国 際 奉 仕
International Service
製作
RJW委員長 PDG 田中 毅
ロータリーの綱領
ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎と
して奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特
に次の各項を鼓吹育成することにある
3.奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職種
に携わる人の世界的親交によって国際間
の理解と親善と平和を推進すること。
ロータリーの創立
1905年2月23日
シカゴ市ディアボーン街127 N. ユニティビル 711号室
初期の国際奉仕活動
• 1914年 第一次世界大戦
アメリカからヨーロッパに出兵したロータリ
アンの子弟のホスト、ヨーロッパ各地の避
難民への物資補給、傷病兵の慰問、終戦
で復員してくる軍人に対するボランティア
活動
• 1917年 アーチ・クランフ基金の創設アー
チ・クランフの提唱による、国際理解と親善
を目的とした基金
アーチ・クランフ基金創立
• 1917年
アーチ・クランフの
提唱によって、国
際理解と親善のた
めの基金創立
• ロータリー財団の
前身となる
ルーズベルト大統領書簡
私は政治上の堅い約束や同盟よりも、RIの
ような団体が持っている理念の方を信じる。
国と国との利害があい反し、意見が食い
違った時には、いかなる同盟や条約があっ
ても、友好的な関係を保つことはできない。
お互いの国民が理解と共感を持ってさえい
れば、両国政府間の同盟など不必要である。
RIを組織するような人々の交流は、確実に
相互理解を深めるに違いない 。
1917年
国際奉仕理念の導入
• 1921年 エジンバラ大会で、国際奉仕
理念の提唱
• 1922年 ロスアンゼルス大会で、綱領
第6項として正式採択
奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職種
に携わる人の世界的親交によって国際間
の理解と親善と平和を推進すること。
国際奉仕の二つの流れ
親睦
人道的援助
• ロータノアンの友 • 飢餓・貧困・疾
情による国際理
病・教育等に対
解と親睦
する国際的援助
恒久の世界平和
国連憲章の制定
国務省からの要請を受けて、国連憲章の原
案作成に、RIから11名の顧問団が参画
• 1945年 国際連合
設立準備会
• 世界各國代表団の
うち、7名の委員長
と20名の代表が
ロータリアン
• 代議員を含めて49
名のロータリアン
が参画
国際紛争に対する原則
• 他国の法律や習慣を批判してはならない
• 他国の法律や習慣に干渉してはならない
• RIが特定の国の政策を支持したり援助す
ることは好ましくない
• 有事の際は、ロータリアンは国家に忠誠を
誓うべきである
世界社会奉仕概念の発生
• 1962年
ニッティシ・ラハリー
によって提唱
• 1966年
財政援助に関する
制限条項の解除
• 1968年
具体的活動開始
杞憂論争
ロータリーの友1967年7月号-10月号
直木太一郎 PGD
• WCSは国際問題の解決
には役立つが、ロータ
リー本来の国際奉仕で
はない
• WCSは国家や専門機関
の行う活動である
• WCSやインターアクトは
ロータリーの将来に禍根
を残す
杞憂論争
ロータリーの友1967年7月号-10月号
松本兼二郎 PDG
• 地域社会の問題を他の地
域のクラブが援助すること
は社会奉仕の原則にか
なったものである
• 運営面で配慮をすれば、
WCSやインターアクトが
ロータリーの発展を阻害
することはない
世界社会奉仕 WCS とは
その地域の
クラブによる
社会奉仕活動
人
的
資
金
的
制
約
地域社会の
ニーズに基づく
プロジェクト
外国のクラブ
地区による
世界社会奉仕活動
WCSプロジェクト交換
• WCSプロジェク
ト交換表
年2回送付
• WCSプロジェク
トの支援要請リ
スト
• 地区・クラブの
独自の調査
WCS 資金調達
• 提唱クラブ・地区からの募金
• 視察旅行・関連経費
カール・ミラー助成金
$3,000
DDFによるWCS助成金
$5,000
• 新人道的補助金
DDFから支出
$1,000~$10,000
• 人道的物資輸送補助金
DDFから支出
$500~$5,000
WCS 資金調達
マッチング・グラント
• 恒久的な建物建設、労賃は不適用
• 2002年7月15日~3月31日
• 2003年度より、新しい形のマッチング・グラント実施予定
マッチング・グラントの活用の一例
•
•
•
•
•
要請クラブ
提唱クラブ
地区DDF
マッチング・グラント
合計
$ 1,000
$ 3,000
$ 5,000
$ 7,000
$16,000
WCS 実施上の留意点
•
•
•
•
•
•
•
プロジェクトの事前調査
援助要請クラブの現況調査
送金方法の選択と確認
プロジェクト進行状況確認
プロジェクト完了の確認
財務処理の確認
運営状況の定期的確認
現物拠出情報ネットワーク
Donation-in-Kind Information
Network (DIN)
必要とする物資・技術
登録
WCSに関連
提供する物資・技術
登録
有
効
利
用
• DIN一覧表 年4回発行
• 労務提供、物資収集、輸送、通訳も含まれる
ロータリー・ボランティアーズ
管理、地域社会開発、保健、教育等の
専門技術を提供する海外ボランティア活動
• 要請リストと登
録リストの活用
• 期間2~4週間
• ロータリー・ボラ
ンティア補助金
旅費実費
1日50$
ロータリー友情交換
• クラブ対クラブ
ロータリアンおよび
家族による数日間
の訪問プログラム
• 地区対地区
四~六組のロータ
リアン夫妻による
一ケ月以内の訪問
プログラム
ロータリー親睦活動 RF
国際職業連絡グループ
世界親睦活動
IVCG
専門職業グループ
WFA
共通趣味グループ
Rotary Recreational & Vocational Fellowship
趣味職業別親睦活動
RRVF
Rotary Fellowship
ロータリー親睦活動
RF
RFの役割
• ロータリアンの世界
的友情・親睦を通じた
国際理解と世界平和
の促進
• 国際大会における友
情の広場の主役
• 趣味、職業、ボラン
ティア・グループを通
じた活動
日本でポピュラーなグループ
アマチュア無線
切手蒐集
囲碁同好会
飛行機
歴史と伝統の会
スキー
ヨット
日本人ロータリアンの加入は極めて少ない
国際青少年交換
• 地区・クラブレベルの
教育・文化的交流活動
• 対象 高校生・大学生
• 長期交換 1年間
• 短期交換 夏休み等の
ショートステイ
• ホスト・ファミリーによる
相互のホームステイが
原則
未来に向って
ロータリー究極の目標 世界平和
社会奉仕
国際奉仕
• 地域社会・国際社会のニーズへの対応
貧困・饑餓・識字率向上・身障者就労・
エイズ・失明回避・暴力追放
• 国際理解・親睦による世界平和
奉仕活動実践の花
国 際 奉 仕
完
International Service
製作
RJW委員長 PDG 田中 毅
ダウンロード

4.52Mbytes - 国際ロータリー第2510地区