前回の質問

翻訳・通訳の需要について


現在、翻訳通訳の市場に関する統計がないので、翻
訳と通訳のどちらが需要が大きいか、言語別の市場
シェアはどうか、職種または分野による需要の違いに
ついて正確な数字を示すことはできない。しかし、専
門誌の求人広告や滞日外国人人口統計などから間
接的に考察すると市場が最も大きいのは英語、次が
中国語というようにおおざっぱに捉えて良いと考える。
同時通訳での失敗経験

聞き取れた内容が自分の常識に照らしてやや信じが
たいものであったので、聞き違えたと思い、勝手に解
釈して原発言と異なる訳出をしたことがある。

通訳研究によるモデルについて


最も「これは違う」と思うのは同時通訳や逐次通訳の
録音材料を全て文字に書き出して原文と訳文を逐語
的に比較して通訳の忠実さを云々するもの。とくに単
語の数などで比較して訳出の割合を計算されると、
「それは違う」と感じざるを得ない。
外国人と話すときに日本語がおかしくなる人が
いるのは何故か。

相手の解さない言語で話しかけるということを意識す
ると自然に子供に対して話しかけるような言葉遣いや
話し方になるのだろうと思う。逆に、通訳者が介在す
ると本来の聞き手である外国人をまったく見ずに通訳
者に対して話してしまう話し手も多い。

通訳能力を身につけるには通訳専門学校に
行った方がよいか。


強い意志さえあれば通訳訓練は自宅で独習すること
もできる。但し、それを身につけて職業につなげようと
する場合に通訳スクールが役に立つ。
通訳者の身体的・心理的負荷について。

同時通訳を行っている通訳者は脈拍や血圧が通常に
比較して異常に上がっているという測定結果を出した
研究者がいる。また、脳内の状況を見ると右脳と左脳
の両方が同時に活性化しているという話も聞く。心理
的な負荷としては、「常に言葉をとぎれさせてはいけ
ない」、「聞き手の理解はすべて自分自身にかかって
くる」、逐次通訳で聞き手の注目を浴びているなど。

逐次通訳のメモと速記


専門知識の準備について


逐次通訳のメモは速記とはまったく異なる。速記は基
本的に聞こえてきた音声をそのまま記録するための
方法であるが、通訳のメモは話された内容を一時的
に記憶する手助けをする役割を持っている。通訳メモ
に関しては本日の講義で詳述する。
前回講義の「通訳と翻訳のための調査と準備」を参照
されたい。
NHKのアポロ宇宙飛行に関する通訳について
もっと詳しく知りたい。


西山千『同時通訳おもしろ話』
水野的 放送通訳の世界

地域方言と通訳


各地の方言格差が大きく、方言どうしでの意思の疎
通が不可能な中国の例で考えると、現在では初等教
育で学ぶ共通語によってコミュニケーションを行うこと
が普通である。年配者の中には地域の方言しか話せ
ない者も少なくないが、他地域出身者との意思疎通を
行う際には共通語を解する若者が間に立って通訳を
行う事も多い。
通訳者に要求される言語能力

クライアントや聴衆からクレームのつかない話し方と
は、まず音韻面での聞きやすさ(発声、発音、アクセン
ト、速度、声の大きさ、声の高さなどが適切であるこ
と)、さらに語彙の選択と語法の運用が正しいこと。発
音の悪さ(特に外国語)はかなり致命的な欠点。

出島の通訳者


ポルトガル語、オランダ語は南蛮貿易の歴史があり、
中国語、朝鮮語は古代から行き来があった。タイ語や
インドの言語についても幕府が東南アジアから来る交
易船を一律に「唐船」として入港を認めていたため、
現地から乗組員として来日し出島に居留する外国人
がいたものと考えられる。
通訳者の著作が少ないのはなぜか。

明確な理由は分からないが、書くことよりも話すことに
より興味を持っているため、記録に残そうという意識
が希薄なのかもしれない。また、通訳という行為が職
業として意識されるようになったのも近年のことである。
だが、最近では通訳者自身が著した書籍も数多く出
版されるようになった。

通訳者と母語


聞き手にとっての聞きやすさという点から考えれば母
語の方向へ訳出するほうがよりよいコミュニケーショ
ン効果を上げられるはずであるが、外国語の聞き取り
能力が十分でない場合には第二言語に訳出する方
がよいということもできる。日本のクライアントは、自
分の話している日本語を十分に理解してくれるのは
同国人であるとの認識からどちらかというと日本人通
訳者を好むことが多い。
通訳者と国際言語としての英語

コミュニケーションを必要とするあらゆる場合において
世界中の人々が完全に英語を駆使できるようになる
事態の出現はかなり難しい。通訳者の介在によって
母語を使用する権利を守ると考えたい。

バイリンガル、帰国子女と通訳者


バイリンガルや帰国子女は二言語の基礎的な能力で
は優れていることは確か。しかし、これまで見てきたよ
うに通訳・翻訳は単に個別言語の能力だけで仕事が
できるわけではない。外国で教育を受けた帰国子女
は知識面での不足が問題になることもある。家庭内
言語が外国語である場合は、二言語を恒常的に使用
しているという意識から通訳や翻訳を行うための学習
上、努力を惜しんでしまうことも問題視されている。
ジョークの通訳

地口(掛詞、だじゃれのたぐい)は通訳しても伝わらな
い場合が多い。通訳はするが、あくまでも内容のみが
伝達され音韻的な面白さは捨象される。内容の面白
さがあればジョークも通訳できる。

機械翻訳と通訳者


機械翻訳やコンピュータによる音声自動翻訳システ
ムの研究は進んでいる。決まったパターンがある天気
予報などの自動翻訳はすでに実用のレベルに達して
いる。また、簡単な旅行会話ならば、よく使われる表
現をストックして対応できそうである。但し、人間の生
の話し言葉をその場で的確に理解し、それを外国語
の談話習慣に則して相手に分かりやすく伝えるまで
にはなっていない。
自動翻訳システムは今後、通訳者の職務を支援する
ツールになる可能性はあるかもしれない。
翻訳における訳出方向

翻訳では訳文に求められる完成度が高いので、原則
的に母語方向へ訳す。

同時通訳での聞き漏らし


翻訳と通訳の学習


だいたいの場合はパートナーがメモを書いて助けてく
れる。発言者に聞き直すことはできない。
海外の大学院で通訳者を目指す学生は翻訳も学び、
翻訳者をめざす学生は通訳の授業を履修しなくても
よいという決まりがあることがある。これは通訳業務
には必ず資料の読み込みや翻訳業務がある程度付
帯するのに対して、翻訳業務では口頭での通訳は必
要とされないため。
日本の大学院における通訳教育

通訳学専門の大学院ではないが、数年前から始まっ
てはいる。
通訳翻訳論第八回
http://www.geocities.jp/nagatasae/2004tuuyaku.htm
通訳者に必要な能力と段階的訓練法
通訳の前提 理解力

IN PUT=音声の記号化・記号の思想
化



音声を言葉として認識する力(音を語として
認識できる力。ボキャブラリーの豊かさがポ
イント)
言葉を意味として認識する力(語義、語法、
語用、文脈、知識からの総合的理解を指す
まとまった内容の構成を分析する力
通訳の評価 伝達力(OUT PUT)

音韻関連の表現力


非言語表現力


発音、発声、滑舌、声の質、速度、高低、大
きさ
ボディランゲージ、アイコンタクト
言語表現力

語彙力、文法力、構成力
基礎訓練(まだ訳さない!)

母語から母語へ/外国語から外国語へ








リピート(短い句、文を復唱する)
リプロダクション(内容を再現する)
シャドーイング(同時に発音する)
サマライズ(聴取した内容を要約して再現する)
パラフレーズ(別の表現に言い換える)
スラッシュ・リーディング(分析しながら読む)
ダイアグラム分析(文章を図式化する)
音読、クイック・リーディング
Repeating 教材の準備

用意するもの

音声教材(聴いてだいたい理解できる程度)



オリジナル教材を編集したMDまたはテープ


教科書、テレビ・ラジオ講座のテープ、CDなど
外国語学習雑誌の付録CDなど
CDやテープを聞きながら文ごとに分割してダビング、文
の間に原文と同じ時間のポーズを入れる
一時停止で止めながら練習してもよいが、短く区
切って止めてしまいがちなうえに、どこで止めるか
が気になって練習に集中できないので、なるべく
使いやすく編集したものを用いた方がよい。
Repeating 練習の方法

用意するもの



自宅での練習方法




文ごとにポーズをいれた練習用教材
もう一台の録音装置(テープレコーダー、PCなど)
編集済みのテープをイヤホンで聴きながら、
ポーズの箇所で全く同じ調子で繰り返す。
自分のリピートした声を録音しながら練習する。
録音した自分の声を再生してミスをチェックする。
電車の中で、道を歩きながら……

声に出さず、頭の中だけで繰り返す
Reproduction 内容の再現

教材の準備



母語または外国語の短いニュースなどの録音
スピードは速くてもよい(聞き取れる程度)
練習の方法





最初は母語から母語への練習を行う
30~60秒程度のまとまった内容を再現
表現方法は同じでなくてよい
自分の理解にもとづいて同じ内容を再現する
自分の声を録音してチェック
Shadowing

用意するもの




同時復唱
母語または外国語の音声教材
聴いてよく分かるもの
リピーティングに用いたものでも可
練習の方法




耳で聴いたとおりに同時に発音する
文字は見ずに行う
間に合わない場合はリピーティングに使った編集
済みの教材を使って
慣れてきたら未編集のオリジナルテープで
Summarize

用意するもの



要約練習
ある程度まとまった内容の音声教材
およそ120秒以上のもの
練習の方法





内容理解に集中し、途中で止めずに聴く
メモなどは取らず、聴くことに集中する
頭の中で談話の構成を分析しながら聴く
聴き終わったら要点をまとめて1分間程度で内容
を口頭で説明する/要約を文字で書いても可
ペアで練習すればより効果的
Paraphrase 言い換え練習

用意するもの


RepeatingまたはReproduction用の音声教材
練習方法

内容を変えずに別の言い方に変えてみる






受動態←→能動態
上位概念←→下位概念
具体化、詳細化←→抽象化、概念化
辞書的説明、文化的説明
動詞中心←→名詞中心
目標言語への訳出を念頭に構文を変える
Slash Reading 分析的に読む

用意するもの



文字教材
構文があまり単純でない文章
練習の方法




文章に記号を付けながら分析的に読む
文法的な関連に注意し構造を把握して読む
実際の訳出を念頭において記号を使う
次ページの実例を参照
『通訳の仕事』馬越恵美子 1995年より引用
Slash Readingの実際

主語:< >, 動詞:
文の途中の区切り:/,
, 主語の次に訳す箇所:<,
文の終わり://
<France> slipped into <lower gear <in the past year/
フランスは昨年低迷し/
with an economic growth of 1.5% /
経済成長率は1.5%であり/
compared <with 2.8% / <in 1990 / and / 3.9%<in 1989.//
1990年は2.8%,1989年は3.9%でありました。
<That> was reflected <in the country's already high
unemployment rate/
これはフランスの失業率がすでに高いことにもあらわれています。
-<the jobless total> swelled over the year <to 9.6% <of the
workforce/
失業率は昨年、総労働者の9.6%にも達しました。
compared with 8.9% <in 1990.//
ちなみに1990年は8.9%でありました。
Diagram Analysis 図式的分析

用意するもの(文字教材)



新聞の社説など、説明的な文章
時事問題、産業関連の、論旨展開が明確な文章
練習の方法





記事をコピーして全体を通して読む
提示された情報単位ごとに分割して切り分ける
切り分けたブロック相互の関連性に注意して別の
白紙に並べそれぞれを直線や矢印でつなぐ
テキスト全体の構成と論旨展開を分析する
あるいは自分でまとめた要点を図式的に並べる
Diagram Analysis 実例
目黒博「「通訳訓練のテクニック」より引用
映像ソフト=VHS>ベータ
ソニー=音楽ソフトを確保したい
↓
↓
ビデオ戦争=ソニーのベータ方式の敗北
CBSレコードの買収
↓
↓
8ミリビデオ
デジタル・オーディオ・テープ・
レーザーディスクなど : ソニーの新製品
レコーダーの販売量をのばせそう
↓
↓
映像ソフトを確保するメリット----→ ソニーのコロンビア映画買収
・映画=アメリカの文化
↓
↓
・日本企業のアメリカ買い → アメリカ人の反発 / 一部のアメリカ人:
・ソニーはアメリカ政治に
歓迎 or 冷静
影響力を持ちすぎ
↓
・アメリカへの投資を歓迎
・豪州企業も映画会社を買った。
なぜ日本企業だけ叩かれる?
・売る人がいるから買収が成立する。
ソニーだけ責めるのは不公平。
いよいよ訳す練習をはじめる
時差通訳・逐次通訳・同時通訳
短時間の逐次通訳

短文逐次 リピーティング練習の延長線




数秒から十数秒程度の一文ごとの通訳
A→B、B→Aの双方向
ノートを取る必要はない
想定される通訳現場




アテンド通訳
ガイド通訳
エスコート通訳
コンパニオン通訳
一般的な逐次通訳

中くらいの長さの逐次通訳:
リプロダクション練習の延長線





オリジナルの内容と構造を保つ
1分~3分間程度の長さ
A→B、B→Aの双方向
ノートを取る必要が生じる
想定される通訳の現場は最も多岐にわたる



商談、交渉通訳
表敬訪問、ショート・スピーチ
一般的な講演
要約逐次通訳

スピーチの要点だけ:サマライズの延長線





オリジナルの要点を抽出
3分間以上のまとまった談話
A→B、B→Aの双方向
ノートを取り、情報を取捨選択
想定される通訳現場



通訳時間の制限
ひどく冗長なスピーチ
要約逐次を要求されることは多くない
逐次通訳のノート・テイキング

ダイヤグラム分析練習の延長線



通訳者の記憶を補助する
通訳者の理解を促進する
ノートの三原則



すばやく書ける(記号や略語の活用)
構造を明示している(空間配置の利用)
一時的に用いられる(記録を目的としない)
ノートテイキングの方法

構造明示の工夫





縦方向配置
行頭の字下げ
箇条書き
区切り線を引く
省力化の工夫



記号や略語の活用
漢字の効用
かな書きの効用
ノートの実際
①
②
③
④
⑤
⑥
Japan's imports of
clothing,
from haute couture to
low-cost ready-to-were
items
are expected to decline
this year,
for the first time in seven
years.
日本の衣料品輸入は、高級
衣料品から低価格の既製品
まで、今年は減少する見込
みです。これはこの七年間で
はじめてのことです。
ノートに用いる英文略語の例

略語:一義的に対応する訳語があるもの

国名、都市名、組織名


JP、US、CN/TOK、NY、PEK/UN(国連)、
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)など
省略表記
GVT(政府)、COY(会社)、IMP(輸入)、
MSG(メッセージ)、VST(訪問する)、TKS(感謝)
EX.(たとえば)、BT(しかし)、BCZ(なぜなら)
 ETD(出発予定時刻)、ASAP(早急に)

ノートに用いる記号の例

矢印





→:前進、未来、すなわち、~であれば、行く、
←:後退、過去、なぜなら、戻る、
:上昇、増加
:下降、減少
その他の記号
+:加えて、補足、さらに ×:倍増
%:割合 ~:変化 ∴:したがって
A>B:AはBより大きい
原稿付き通訳

Sight Translation

原稿を見ながら口頭で訳出する




通訳形式の中でも難度が高いものひとつ
原文の字面にとらわれないことが肝心
書き言葉から話し言葉へ転換する
基礎訓練との関連性



スラッシュ・リーディング(訳出前の準備として)
パラフレーズ(臨機応変な言い換え)
音読(滑らかな発音、滑舌)
ウィスパリング通訳


少人数(一人~三人くらい)の聞き手の耳元で
ささやくように同時で通訳する形式
想定される通訳現場





レセプション・パーティーでの挨拶通訳
講演会
見学
同時通訳装置を使わないため周囲の雑音が
じゃまになりがち。
要点をかいつまんで訳すほうが聞き手の負担に
ならない。
同時通訳





同時通訳ブースに設置された通訳装置を使う
ヘッドフォンでオリジナル音声を聞きつつマイク
に向かって訳出する。
ひとまとまりごとの意味の単位で訳す。
一文は短めにまとめて完結させる。
オリジナルとの距離


テクニカルなもの、数字が頻出する談話は短めに
情緒的なもの、ストーリーのある談話は長めに
ダウンロード

第八回 通訳訓練の方法