監査とは
テキスト第8章
田宮治雄
1
内部統制について(p.289)

内部統制の有効性が財務諸表の信
頼性を左右するとの認識が進んだ


株式を公開している会社は,有価証券報告書
にあわせて、内部統制報告書を開示しなけれ
ばならない(金融商品取引法24条の4の4)
会社が作成する内部統制報告書に対し,公認
会計士は監査を行う(同法193条の2第2項)
2
公認会計士(pp.287-294)

独立性

精神的、外観的(経済的,身分的)独立



被監査会社に対するコンサルティングサービスの禁止
監査報酬を被監査会社から得ていることの影響
責任

職業的専門家としての責任

会計の専門家としてみて過失があった場合


依頼主(被監査会社)に対し責任を負う
財務諸表を信頼した第三者(投資家)に対し責任を負う


株価下落に伴う損失を株主に賠償しなければならないことも
公認会計士に刑事罰が与えられることもある
3
情報と信頼

有価証券報告書


企業内部でしか作り出せない情報を、企業外
部の多数の人々に向けて提供するための報
告書
会計情報は有価証券報告書に盛り込まれて
いる情報の中心
4
会計情報・有価証券報告書
誰が利用するか

投資家



企業活動に必要な資金の提供者
株式や社債などに投資し、配当や利息を得た
り、売買することで利殖を図る人々、組織
証券アナリスト

企業に関する情報を分析し、投資家に分析結
果を報告することを職業とする専門家
5
投資家や証券アナリストの関心

投資先が十分に利益をあげているか


投資先が将来成長し、利益をますます増加させ
ると期待できるか


株式などの値上がりを期待できるか
投資先にリスクはないか


将来配当をたくさん期待できるか
株式などが値下がりすることなく、投資した資金が確
実に戻ってくるか
有価証券報告書の情報が大切な判断材料に
6
信頼されない情報は有害無益


もし投資家が会計情報にうそに基づく情報や
誤った情報が含まれているかも知れないという
疑いを持ったら
誰も有価証券報告書を信用しなくなる



「正しい・秘密の」情報を取ろうと裏取引が活発になる
裏情報を入手できた人だけが儲かり、入手できなかっ
た人は損をする
多くの人が安心して参加できる資本市場は成立しな
い
7
信頼されるためには


会計情報にうそや誤りがないことを保証す
る仕組みを組み込む
会計情報にうそを盛り込んだり、公表を遅
らせるなどの操作をしようとした企業や経
営者を処罰する
8
会計情報にうそや誤りがないことを保証する
仕組みを組み込むには

投資家などに、うそや誤りがないことを自ら調査
する権限を与える
非現実的

投資家などに代わり、会計の専門家が定期的に
調査(監査)し、会計情報が信頼できるか否か、
意見を公表し、会計情報に添付する

会計の専門家:公認会計士(C.P.A.)
Certified Public Accountant
9
公認会計士になる


企業に関する適正な情報が流通させるための社
会的な保証人になる
そのためには



現代の社会、これからの社会で、情報が社会に与え
る影響を十分に理解した人に公認会計士になってほ
しい
公認会計士は会計の職人ではない
倫理観と勇気が必要
10
pp.294-307は対象外
監査の基準
監査計画と監査の実施
監査報告書
財務諸表監査の限界
11
ダウンロード

監査とは - So-net