付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
II.4:施設、設備、ユーティリティのための
品質リスクマネジメント
製薬企業
施設及び設備
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
所轄官庁
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 1
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設/設備の設計
建物や施設を設計する際、
 以下を考慮して適切な区域を定める
> 物と人の動線
> 汚染の最小化
> 防虫管理方法
> 混同の防止
> 開放系装置か閉鎖系装置か
> クリーンルームかアイソレータ技術か
> 専用又は分離された施設/設備か
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 2
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
リスクに基づくアプローチを用いた特定の医薬品製造のための
施設のニーズの評価
 施設の専用化/隔離の方法
> 建物を物理的に分離又は隔離する
> 多目的施設内の1室 又 は 複 数 の 部 屋 か ら な り 、 独 立 し た エ ア
ロック式の人/物の出入口と空調システム(HVAC)を備えた
分離された区域
> 特定の製品又は製品範囲の専用とされる多目的施設内の一室又は
複数の部屋(一続きの部屋)又は専用の区域であり、かつその
ように明示された区域
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 3
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
リスクに基づくアプローチを用いた特定の医薬品製造のための施
設のニーズの評価
 設備の専用化/隔離の方法
> 特定の製品 又 は製品 範囲 の専用 とさ れ 、か つそ のよう に明示
された設備
> 特定の製品又は製品範囲を収めるために特別に設計された完全に
閉鎖されたキャビネット(封じ込め用アイソレータ)であり、
かつそのように明示された設備
> 特定の製品又は製品範囲の専用とされる設備の交換部品(ふるい、
フィルターなど)であり、かつそのように明示された設備
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 4
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 施設のニーズ:危害の重大性に関するリスクアセスメント
リスクアセスメント:製品特性
リスク特定
リスク分析
製造プロセスのステップに
おける原薬の物理的化学的
特性
- 粒径、表面積、溶解性
など
これらの特性は汚染の
移行の潜在リスクに
どのような影響を
及ぼすか?
リスク評価
低:移行のリスクはほとんどない
(溶液、湿ったケーキ、ワックス、油など)
中:分布/移行の多少のリスクがある
(乾燥粉末など)
高:容易に分布/移行する
(微粉化された物質など)
製造プロセスのステップに
おける医薬品の剤形
中間生成物の物理的性状
- 液体、粉体、単一体
除染及び不活性化の能力
原薬に対して
マトリックス又は
コーティングは
どのような影響が
あるか?
低:原薬はマトリックスと強固に結合
(液剤、コーティング錠、充填カプセル、半固形剤など)
どのような洗浄又は
不活性化手順が
必要とされるか?
低:容易に溶解、標準的な洗浄手順
(たとえば、水だけで洗浄)不活性化は不要
中:少ない表面積
(ペレット、非コーティング錠、エアロゾルなど)
高:大表面積又は原薬が非結合
(粉末、顆粒など)
中:製品特有の洗浄手順
(溶媒又は洗剤による洗浄など)
高:特殊な手順が必要
(たとえば、高温洗浄及び/又は化学的不活性化)
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 5
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 施設のニーズ:プロセスのリスクアセスメント
1/2
リスクアセスメント:プロセス
リスク特定
リスク分析
プロセス設計
- 流れ
- 開放系/閉鎖系
- ユーティリティ
プロセス設計が
どのように
影響するか?
リスク評価
低:プロセスは交叉汚染の根本原因を除去するように
設計されている
(たとえば、単純、頑健かつ論理的なプロセス)
中:プロセスは交叉汚染の可能性のある
原因を最小限に抑えるように設計されている(例)
高:プロセス設計において交叉汚染の可能性のある
原因を封じ込めるためのコントロールがほとんどない
(開放区域での取り扱い、手動操作など)
バッチ関連のプロセス
ステップ
- 正常運転
- 切り替え時の洗浄
- 例外(漏出など)
各バッチ関連の
プロセスステップは
どのように
影響するか?
低:プロセスステップの結果として物質の飛散が
ほとんどない(溶液の混合など)
中:プロセスステップの結果として物質の飛散の
リスクが多少ある(造粒工程など)
高:プロセスステップの結果として物質の飛散の
リスクが高い(微粉化工程など)
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 6
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 施設のニーズ:プロセスのリスクアセスメント
2/2
リスクアセスメント:プロセス
リスク特定
リスク分析
生産規模と生産量
- バッチサイズ
- 切り替え頻度
- 順序付け
量及び切り替え
頻度はどの程度か?
リスク評価
低:少量生産で容易に封じ込めることができる
プロセス(治験薬、希少疾病用薬など)
中:中量生産で切り替え頻度が低い
高:大量生産で切り替え頻度が高い
生産支援業務
- メンテナンス
- 廃棄物処理
生産支援業務に
よってどのような
影響があるか?
低:生産支援業務の結果として物質の飛散のリスクが
低いか、ない(バッグイン・バッグアウト技術)
中:生産支援業務の結果として物質の飛散のリスクが
多少ある(造粒工程など)
高:生産支援業務の結果として物質の飛散のリスクが高い
(人手による粉塵除去、フィルター交換など)
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 7
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設に対するプロセスリスクコントロールの必要性
 以下の方法のひとつ又は組合せにより状況改善の
必要性を考慮する:
> 処方の改善
> 最適な設備と技術の採用により物質放出を最小化する
> 施設、空調又は他の技術による残留物質又は製品の封じ込め
> 適切な洗浄及び/又は不活性化の保証
> 具体的なモニタリングプログラムの開始
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 8
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設のニーズ:リスクコントロール
 プロセスリスクコントロールの例
1/2
リスクアセスメント:製品特性
リスク特定
リスク分析
リスク評価
リスクコントロールの例
製造プロセスのステップ
における原薬の物理的化
学的特性
- 粒径、表面積、
溶解性など
これらの特性は汚
染の移行の潜在リ
スクにどのような
影響を及ぼすか?
低:移行のリスクはほとんどない
(溶液、湿ったケーキ、ワックス、油
など)
中:分布/移動の多少のリスクがある
(乾燥粉末など)
高:容易に分布/移動する
(微粒化された材料など)
原薬粉末の取り扱い
(配合済み原料、容器設計
など)
製造プロセスのステップ
における医薬品の剤形
中間生成物の物理的性状
- 液体、粉体、
単一体
原薬に対してマト
リックス又はコー
ティングはどのよ
うな影響がある
か?
低:原薬はマトリックスと強固に結合
(液剤、コーティング錠、充填カプセル、
半固形剤など)
中:少ない表面積
(ペレット、非コーティング錠、エアロ
ゾルなど)
高:大表面積又は原薬が非結合
(粉末、顆粒など)
処方の調整、プロセスの初期
における原薬のマトリックス
への混合
(粉塵発生の最小化など)
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 9
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設のニーズ:リスクコントロール
 プロセスリスクコントロールの例
2/2
リスクアセスメント:製品特性
リスク特定
リスク分析
リスク評価
リスクコントロールの例
除染及び
不活性化の能力
どのような洗浄
又は不活性化
手順が必要と
されるか?
低:容易に溶解、標準的な洗浄手順
(たとえば、水だけで洗浄)不活性化は不要
中:製品特有の洗浄手順
(溶媒又は洗剤による洗浄など)
高:特殊な手順が必要
(たとえば、高温洗浄及び/又は化学的不活
性化)
適切な工程の開発、
バリデート及び実施
効率性の測定とコントロール
使い捨て道具
設備/製品に接触する部品の
専用化
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 10
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設のニーズ:リスクコントロール
 プロセスリスクコントロールの例
1/3
リスクアセスメント:プロセス
リスク特定
リスク分析
リスク評価
リスクコントロールの例
プロセス設計
- 流れ
- 開放系/閉鎖系
- ユーティリティ
-
-
プロセス設計が
どのように
影響するか?
低:プロセスは交叉汚染の根本原因を
除去するように設計されている
(たとえば、単純、頑健かつ論理的なプロセ
ス)
中:プロセスは交叉汚染の可能性のある
原因を最小限に抑えるように設計されている
(例)
高:プロセス設計において交叉汚染の
可能性のある原因を封じ込めるための
コントロールがほとんどない
(開放区域での取り扱い、手動操作など)
封じ込め(アイソレータな
ど)、設備設計、自動化
使い捨て道具
設備/製品に接触する部品の
専用化
プロセス設計及び最適化
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 11
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設のニーズ:リスクコントロール
 プロセスリスクコントロールの例
2/3
リスクアセスメント:プロセス
リスク特定
リスク分析
リスク評価
リスクコントロールの例
バッチ関連のプロセス
ステップ
- 正常運転
- 切り替え時の洗浄
- 例外(漏出など)
各バッチ関連の
プロセス
ステップは
どのように
影響するか?
低:プロセスステップの結果として
物質の飛散がほとんどない
(溶液の混合など)
中:プロセスステップの結果として
物質の飛散のリスクが多少ある
(造粒工程など)
高:プロセスステップの結果として
物質の飛散のリスクが高い
(微粉化工程など)
WIP/CIPシステム
低:少量生産で容易に封じ込むことができる
プロセス(治験薬、希少疾病用薬など)
中:中量生産で切り替え頻度が低い
高:大量生産で切り替え頻度が高い
キャンペーン生産
生産規模と生産量
- バッチサイズ
- 切り替え頻度
- 順序付け
量及び
切り替え頻度は
どの程度か?
暴露される可能性のある
作業者を減らす
物質の流れと取り扱い
潜在的な欠陥に対する
計画(FMEA)
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 12
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設のニーズ:リスクコントロール
 プロセスリスクコントロールの例
3/3
リスクアセスメント:プロセス
リスク特定
リスク分析
リスク評価
リスクコントロールの例
生産支援業務
- メンテナンス
- 廃棄物処理
生産支援
業務によって
どのような
影響があるか?
低:生産支援業務の結果として物質の飛散の
リスクが低いか、ない
(バッグイン・バッグアウト技術)
中:生産支援業務の結果として物質の飛散の
リスクが多少ある
(造粒工程など)
高:生産支援業務の結果として物質の飛散の
リスクが高い
(人手による粉塵除去、フィルター交換な
ど)
物質に関する閉鎖系の設備
HVAC/粉塵除去システムの
モニタリング及び警告コント
ロール
廃棄物処理
バックアップシステム
潜在的な欠陥に対する計画
(FMEA)
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 13
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設のニーズ:リスクコントロール:操業面での解決策
 多くの異なる技術的解決策が可能である:
> 複数製品を生産する施設でのキャンペーン生産による洗浄の
効率化/間隔の延長
> 適切に専用化された設備
> 複数製品の生産区域における封じ込め
> 閉鎖系のプロセス
> 専用化された一続きの部屋(エアロック、専用のHVAC)
> 専用の区域
> 専用の建物
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 14
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設のニーズ:リスク受容プロフィール
発生確率増加
(製品及び製造プロセス因子)
専用の建物
最適の
「最小化及び封じ込め」策
 通常区域における封じ込め用
アイソレータ
 専用化された一続きの部屋
(管理された専用出入口、
HVAC及び専門区域)
通常の複数製品
生産施設における
生産スケジュール調整
重大性増加(固有の生理学的及び生物学的な原薬特性) 
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
EFPIA,
専用施設に関する
TG, 2006年
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 15
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設のニーズ:結論
このアプローチではリスクに基づく基準が考慮されている:
 交叉汚染、異なる生産規模及び/又は生産段階による潜在的な患者の
安全リスク
 製品の各段階における物理学的形状及び除去又は不活性化の容易さに
影響すると思われる因子
 特定された患者の安全に対する客観的なリスクを最小化し、有効かつ
継続的なコントロールを実証するための適切な技術的手段
 過去に低濃度で有害な医学的作用を示す可能性の高いことが特定
された物質に使用された施設及び設備の代替的使用を支持する
ために必要とされる管理及び裏付けの証拠
EFPIA, 専用施設に関するTG, 2006年
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 16
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
施設、設備、ユーティリティのためのQRM
原薬に対する管理区域のコンセプト:
原薬に対する汚染及び交叉汚染(管理区域のコンセプト)
のリスクマネジメント
 リスクマネジメントプロセスの開始
> 問題又は質問の定義
- どこで防御が必要か?
- どのような防御が適切か?
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
リスク特定
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
リスクマネジメント手法
リスク分析
リスクコミュニケーション
> アセスメント情報の定義と結論
- 重要管理点アプローチに基づく
リスクマネジメント
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
リスクアセスメント
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 17
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
原薬に対する管理区域のコンセプト
 リスクアセスメント:リスク特定及び分析
> 重要管理点の後: 原薬の又は原薬による交叉汚染を
防止するための化学的操作の設計
> 重要管理点の前: 防御の考慮
> 根拠:
極微量の付随的に起こる(交叉)汚染
を除去するための最終的な精製、ろ過
及び/又は結晶化工程の能力
> 注記:
企業の衛生及び安全条件の考慮
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
リスクアセスメント
リスク特定
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 18
リスクマネジメント手法
リスクコミュニケーション
リスク分析
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
原薬に対する管理区域のコンセプト
 リスクアセスメント:リスク評価
> 異なる製品に伴うリスク
- 微粒子状成分による汚染
設備、環境などから
- 微生物汚染
微生物増殖によって影響を受ける原薬など
- 交叉汚染
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
リスクアセスメント
不適切な洗浄及び/又は物質の流れ、
空調、閉鎖系の使用など
リスク特定
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 19
リスクマネジメント手法
リスクコミュニケーション
リスク分析
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
原薬に対する管理区域のコンセプト
 リスクアセスメント:リスク評価
同時操作に伴うリスク
- 工場設計(多目的、専用、閉鎖系)
- 特別な製品カテゴリーに対する要件
(高毒性など)
作業環境への暴露による製品のリスク
- 暴露時間、インターフェース
(ドラム/容器など)
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
リスクアセスメント
リスク特定
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 20
リスクマネジメント手法
リスクコミュニケーション
リスク分析
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
原薬に対する管理区域のコンセプト
 リスクコントロール
> リスクコントロールに焦点を当てた意思決定行動
どこで防御が必要か?
どのような防御が適切か?
何をするか?
- インターフェースを最小化する
- 生産施設を隔離する
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
リスクアセスメント
リスク特定
- 閉鎖系
- 人と物質の動線を管理する
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 21
リスクマネジメント手法
リスクコミュニケーション
リスク分析
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
原薬に対する管理区域のコンセプト
 リスクコントロール:リスク低減
> 物理的、技術的解決策
- 閉鎖系
- エンドレスバッグ・システム
- 閉鎖系でのサンプリング
> 中間的な閉鎖系の製品ハンドリング(ハイブリッド解決策)
- グローブボックス
- 閉鎖された部屋又はキャビン
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
リスクアセスメント
リスク特定
> 開放区域での製品ハンドリング
- 気流制御下でのサンプリング
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 22
リスクマネジメント手法
リスクコミュニケーション
リスク分析
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
原薬に対する管理区域のコンセプト
 リスクコントロール:リスク低減
> 患者への影響
- 危害の発生
- 危害の検出
> 手順/構造/論理的解決策
- 更衣手順
- 稼働時モニタリング
- 物質の流れの最適化
- 標準化されたドラム/容器
- .…
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
リスクアセスメント
リスク特定
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 23
リスクマネジメント手法
リスクコミュニケーション
リスク分析
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
原薬に対する管理区域のコンセプト
 リスクコントロール:リスク受容
- それ以上のリスクコントロール活動は必要としない
- 意思決定者による支持
- 特定されていないリスクの受容を含む
> 適切なレベルの防御を設計する
> プロセスの重要管理点を容認する
> 適切なモニタリングを実施してもよい
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
リスクアセスメント
リスク特定
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 24
リスクマネジメント手法
リスクコミュニケーション
リスク分析
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
原薬に対する管理区域のコンセプト
 リスクコミュニケーション
> 内部:
- リスクマネジメントプロセスが採用されている
ことを示す「GMPマスタープラン」
- 設備投資計画はリスクマネジメントプロセスに
よって裏付けられ、変更される場合もある
> 外部:
- サイトマスターファイルなど
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
リスクアセスメント
リスク特定
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 25
リスクマネジメント手法
リスクコミュニケーション
リスク分析
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
原薬に対する管理区域のコンセプト
 レビュー段階
> 監査/査察
> (交叉)汚染の問題に関する苦情/逸脱の
定期的なアセスメント
品質リスクマネジメント
プロセスの開始
リスクアセスメント
リスク特定
リスク評価
受容不可
リスクコントロール
リスク低減
リスク受容
品質リスクマネジメントプロ
セスのアウトプット/結果
リスクレビュー
K.-H. Bender, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
事象のレビュー
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 26
リスクマネジメント手法
リスクコミュニケーション
リスク分析
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
施設/設備の設計
適切な決定のため…
 製品と接触する設備や容器の材質
> ステンレス鋼、ガスケット、潤滑剤などの選定
 ユーティリティ
> 蒸気、ガス、電力、圧縮空気、加熱、換気空調システム
(HVAC)、水など
 関連設備に対する予防保全
> 必要な予備部品などの在庫
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 27
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 施設/設備の設計
設備の適格性に関するリスク判定基準(DQ/IQ/OQ/PQ)
> 確率:設備は製品と接触するか?
全表面(容器)/部分的(ガスケット)/接触しない
> 重大性:汚染(プロセスのバリデーションなど)又は
交叉汚染(洗浄のバリデーション)の発生源となる
可能性があるか?
はい/いいえ
> 重大性:製品の品質に影響があるか?患者への影響は?
はい/いいえ
> 検出性:この点に関する知識が出荷の決定に影響するかも
しれない
B. Dreissig, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 28
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備及びーティリティに対するQRM
 施設/設備の設計
新規施設に対するマスター適格性確認計画:
文書削減運動
*総文書数:
*分類/リスクアセスメント後:
*文書数-工場
*文書数-設備
*文書数-ITシステム
*統一適格性確認プロジェクトへの工場の統合後
*文書数-工場
文書の統合は一貫性、
メンテナンス/訓練の容易さと
同義であり、不遵守による患者に
対するリスク低減につながる
*文書数-設備
*文書数-ITシステム
文書数の削減率:
B. Dreissig, F. Hoffmann-La Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 29
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 施設の衛生の側面
> 化学的、微生物的、物理的ハザードをはじめとする
環境ハザードから製品を防御するため
 適切な作業着と更衣を決定する
 衛生的配慮
> 製造中の製品に関連するハザードから環境を保護する
 作業者が潜在的な交叉汚染源である
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 30
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 キャリブレーション/予防保全
> 適切なキャリブレーション及びメンテナンススケジュールの
設定
 施設/設備/ユーティリティの適格性確認
> 使用目的に応じて取り組み範囲と程度及び決定に差を付ける
 多目的か専用か
 バッチ生産か連続生産か
 設備の洗浄と環境管理
> 許容可能な(規定された)洗浄バリデーション限界値を決定
する
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 31
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 薬効のスケール-最大1日投与量(重大性)
> 10
> 6
> 4
> 2
> 1
<1 mg
1~10 mg
10~ 100 mg
100 mg~1000 mg
>1000 mg
 溶解性のスケール-洗浄剤(発生確率)
>
>
>
>
>
5
4
3
2
1
低溶解性
わずかに溶解
中程度の溶解性
溶解しやすい
高溶解性
 相互作用のスケール(検出性)
>
>
>
9
4
1
重篤-
中等度
低
患者の生命が脅かされる
患者が副作用を自覚する
なし-患者が感じない
P. Gough, D. Begg Ass.
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 32
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
> コンピュータのハードウェア及びソフトウェアの
設計の選択
- モジュラー化
- 構造化プログラミング
- 不具合の許容度合い
> バリデーション範囲の決定
- 重要な性能パラメータの特定
- 要求性能の選択及び設計
- プログラムコードのレビュー
- テスト範囲とテスト方法
- 電子記録と電子署名の信頼性
ICH Q9
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 33
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
どのリスクを考慮できるか?
> 患者のリスク
> コンプライアンスに関するリスク
> アプリケーションに関するリスク
> ビジネス上のリスク(品質のリスク以外の影響を
受ける)
> インフラ面のリスク
W. Schumacher, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 34
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
患者のリスク
カテゴリー
質問
選択肢
患者の危害
システムの欠陥が次のことに
つながるか?
A:死亡
B:死亡にはつながらないが深刻な危害
C:軽微な危害
D:患者の健康には影響なし
二次的な安全の保証
当該システムの下流に製品の
安全性が保証される工程があるか?
A:はい
B:いいえ
W. Schumacher, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 35
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
コンプライアンスに関するリスク
カテゴリー
質問
選択肢
ビジネスプロセスの
法規制
ビジネスプロセスは規則の要求事項
の対象となるか?
A:はい
又は
B:いいえ
ビジネスプロセスは規制当局による
規制の対象となるか?
暴露の程度
データや記録は規制当局に示すこと
ができるか?
A:はい、提出できる
B:はい、査察を受けられる
C:いいえ
W. Schumacher, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 36
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
アプリケーションに関するリスク 1/2
カテゴリー
質問
選択肢
複雑さ
何名の技術者がシステムに関わって
いるか?
A: 0名
B: 1名
C: 1名以上
システムの技術カテゴリーはどれに
相当するか?
A: ファームウェア
B: 標準ソフトウェアパッケージ
C: 構成可能なソフトウェアパッケージ
D: カスタマイズされた構成可能なソフ
トウェアパッケージ
E: 完全にカスタマイズされたソフトウ
ェア
W. Schumacher, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 37
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
アプリケーションに関するリスク 2/2
カテゴリー
質問
選択肢
経験
当該技術の当社における経験は?
A: 新技術
B: 成熟技術であるが、当社にとっては
新規
C: 成熟技術であり、当社も使用経験が
ある
D: 技術は過去のものになりつつある
セキュリティ
アプリケーションは承認された
ユーザーの個人レベルでアクセスを
制限することができるか?
A: はい
B: いいえ
W. Schumacher, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 38
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
ビジネス上のリスク 1/3
カテゴリー
バリューチェーンに
おける位置づけ
質問
システムが使用されている
バリューチェーン上の位置を
特定
ユーザー数
(使用)
システムのユーザー数を推定
選択肢
A: 新薬開発研究
B: GLP研究
C: GMP開発
D: GCP開発
E: 原薬の製造
F: 製剤の製造及び包装
G: マーケティング/需要管理
H: 生産計画及びロジスティクス
I: 人事支援プロセス
K: 情報技術支援プロセス
L: 財務支援プロセス
A: 1
B: 2~20
C: 21~100
D: 100以上
W. Schumacher, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 39
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
ビジネス上のリスク 2/3
カテゴリー
使用頻度
(使用)
質問
システムユーザーが当該システムを
操作し、又は接続して作業する頻度を
推定
システムの場所
(使用)
システムが使用される場所を選択
業務システムの重要性
システムが故障しても継続して事業を
遂行することができるか?
選択肢
A: 年1回未満
B: 毎月
C: 毎日
A: 1事業所
B: 地域内
C: グローバルな組織全体
A: 代替システムも手動の手順もない
B: バックアップシステム又は
代替システムにより可能
C: 手動プロセスで可能、ただし、
人的資源に大きな影響あり
D: 手動プロセスで可能、人的資源に
ほとんど影響なし
W. Schumacher, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 40
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
ビジネス上のリスク 3/3
カテゴリー
質問
選択肢
システムに含まれる
記録の重要性
当該システムはビジネスプロセスに
おける唯一のデータ源か?
A: はい
組織間の制約
このシステムはこのビジネスプロセス
から他の(外部の)ビジネスプロセス
に重要なデータを供給しているか?
A: はい
B: いいえ
B: いいえ
W. Schumacher, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 41
付属書Ⅱ:品質リスクマネジメントの潜在用途
ICH Q9 品質リスクマネジメント
適用例
II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM
 コンピュータシステム及びコンピュータ制御装置
インフラ面のリスク
カテゴリー
質問
選択肢
複雑さ
どの地理的インフラ上で
稼働することになっているか?
A: 国内-専用
B: 国内
当該インフラに関する
当社の経験は?
C:
D:
A:
B:
C:
セキュリティ
当該システムの稼働に関して
「公共のインターネット」に
依存しているか?
D:
A:
B:
地域内
世界中
新技術
成熟技術であるが、当社にとっては
新規
成熟技術であり、当社も使用経験が
ある
技術は過去のものになりつつある
はい
いいえ
W. Schumacher, Roche
ICH Q9 専門家委員会の一部のメンバーが事例までに作成したものであり、 公式のポリシー/指針ではない
2006年7月/翻訳:2007年1月, slide 42
ダウンロード

II.4: 施設、設備、ユーティリティのためのQRM