移行時運営安定化事業(従前額助成)について
事業運営安定化事業(いわゆる「9割保障」)の適用を受けない特定旧法指定施設(以下「旧法施設」という。)が新体系
サービス(以下「新体系」という。)へ移行した際(本事業実施以前に新体系へ移行したものについても助成対象とする。)、
新体系移行前月の報酬水準を下回る場合に、その差額について助成し、新体系への移行を促進するとともに事業運営の安定化を
図る。
旧法施設が報酬改定後に
新体系へ移行した場合
(平成21年5月以降に移行)
旧法施設が報酬改定前に
新体系へ移行した場合
(平成21年4月以前に移行)
旧支援費制度
旧法施設
既に移行した
旧法施設との差
加算額
移行
新体系
旧法施設
加算額
従前額助成
加算額
従前額助成
ライン
加算額
新体系
従前額助成
従前額助成
ライン
加算額
加算額
90%
90%
基本報酬
(日払い)
基本報酬
(月払い)
区分Aの単価×
実利用者数
×30.4or22日
×90%
基本報酬
(日払い) 補
正
90
%
基本報酬
(日払い)
新体系移行前月
の利用者数で平
成21年4月以降
の旧法施設に係
る報酬を算出し
た額
基本報酬
(日払い)
通所(5単位)
入所(39単位)
の基本報酬
のUP
基本報酬
(日払い)
移
行
+5.1%UP
○ 旧法施設が平成21年5月以降に新体系へ移行した場合は、新体系移行前月の報酬水準を基準とした助成を行う。なお、平成
21年4月以前に新体系へ移行した場合は、新体系移行前月の利用者数で平成21年4月報酬改定後の旧法施設に係る報酬単価
を用いて算出した報酬見込額の水準を基準とした助成を行う。
○ 精神障害者社会復帰施設等が新体系へ移行した場合、新体系移行前年度の国庫補助基準額(又は交付決定額)の水準を基準と
した助成を行う。
1
旧法施設の従前額助成①
(9割保障の適用を受けない旧法施設が新体系へ移行する場合であって、新体系移行後にも9割保障の適用を受けない場合)
平成18年3月現在
旧支援費制度
移行
旧法施設
新体系
新体系移行後の
従前額助成ライン
助
成
単
位
数
加算額
加算額
従前額助成
加算額
90%
90%
保
障
単
位
数
基本報酬
(月払い)
区分Aの日額単価×実利用者
数×30.4or22日×90%
90
%
基本報酬
(日払い)
90
%
を
上
回
っ
て
運
営
給
付
単
位
数
基本報酬
(日払い)
新
90 体
%系
を移
上行
回後
っに
てお
運い
営て
も
○ 助成単位数=保障単位数-給付単位数(新体系移行後の各月の報酬)
○ 保障単位数については、
a.平成21年4月以前に新体系へ移行した場合は、新体系移行前月の利用者数で平成21年4月報酬改定後の報酬単価を用いて算出
した報酬見込額の水準
b.平成21年5月以降に新体系サービスに移行した場合は、新体系移行前月の報酬水準
2
旧法施設の従前額助成②
(9割保障の適用を受けない旧法施設が新体系へ移行する場合であって、新体系移行後に9割保障の適用を受ける場合)
平成18年3月現在
旧支援費制度
移行
旧法施設
新体系
新体系移行後の
従前額助成ライン
助
成
単
位
数
加算額
加算額
従前額助成
加算額
90%
90%
保
障
単
位
数
基本報酬
(月払い)
区分Aの日額単価×実利用者
数×30.4or22日×90%
90
%
基本報酬
(日払い)
90
%
を
上
回
っ
て
運
営
9割保障
9
割
保
障
単
位
数
基本報酬
(日払い)
新
90 体
%系
を移
下行
回後
っに
てお
運い
営て
○ 助成単位数=保障単位数-9割保障単位数(9割保障を算定する際に届け出る保障単位数)
○ 保障単位数については、
a.平成21年4月以前に新体系へ移行した場合は、新体系移行前月の利用者数で平成21年4月報酬改定後の報酬単価を用いて算出
した報酬見込額の水準
b.平成21年5月以降に新体系サービスに移行した事業所については、新体系移行前月の報酬水準
3
精神障害者社会復帰施設等の従前額助成①
(精神障害者社会復帰施設等が新体系へ移行する場合であって、新体系移行後に9割保障の適用を受けない場合)
精神障害者社会復帰施設等
新体系
移行
新体系移行後の
従前額助成ライン
助
成
単
位
数
従前額助成
90%
保
障
単
位
数
○
○
○
○
90%
加算額
国庫補助基準額
(月額)
90
%
給
付
単
位
数
基本報酬
(日払い)
新
90 体
%系
を移
上行
回後
っに
てお
運い
営て
も
助成単位数=保障単位数-給付単位数
保障単位数については、新体系移行前年度の国庫補助基準額又は交付決定額の月額の水準とする。
本事業実施以前に新体系に移行している場合も本事業の対象となる。
地域生活支援事業の福祉ホームについても、新体系に移行した場合は、本事業の対象となる。
4
精神障害者社会復帰施設等の助成方法②
(精神障害者社会復帰施設等が新体系へ移行する場合であって、新体系移行後に9割保障の適用を受ける場合)
精神障害者社会復帰施設等
新体系
移行
新体系移行後の
従前額助成ライン
助
成
単
位
数
従前額助成
90%
90%
9割保障
保
障
単
位
数
○
○
○
○
加算額
国庫補助基準額
(月額)
90
%
9
割
保
障
単
位
数
基本報酬
(日払い)
新
90 体
%系
を移
下行
回後
っに
てお
運い
営て
助成単位数=保障単位数-9割保障単位数(9割保障を算定する際に届け出る保障単位数)
保障単位数については、新体系移行前年度の国庫補助基準額又は交付決定額の月額の水準とする。
本事業実施以前に新体系に移行している場合も本事業の対象となる。
地域生活支援事業の福祉ホームについても、新体系に移行した場合は、本事業の対象となる。
5
(参考)
事業運営安定化事業(9割保障)と移行時運営安定化事業(従前額助成)の関係
平成18年
3月現在
旧支援費制度
事業運営安定化事業
(9割保障)
移行時運営安定化事業
(従前額助成)
【旧体系時に9割水準を下回っている場合】
【旧体系時に9割水準を上回っている場合】
旧法施設
新体系
旧法施設
新体系
新体系移行後の
従前額助成ライン
新体系移行後の
9割保障ライン
加算額
100%
従前額助成
加算額
100%
加算額
加算額
9割保障
90%
90%
9割保障
加算額
基本報酬
(月払い)
区分Aの日額単価
×実利用者数
×30.4or22日
×90%
基本報酬
(日払い)
90
%
基本報酬
(日払い)
移
行
基本報酬
(日払い)
移
行
基本報酬
(日払い)
○ 新体系サービス移行時において、新体系移行前に事業運営安定化事業(9割保障)の適用を受けていた旧法施設について
は、上図のとおり既に9割保障を含めた移行前月の報酬を保障しているところであるので、移行時運営安定化事業(従前額
助成)の対象としない。
6
ダウンロード

従前額助成イメージ図(施設別)