物理システム工学科3年次
物性工学概論
第11回 有機エレクトロニクスとディスプレイ
副学長
佐藤勝昭
ディスプレイのいろいろ
自発光型
• ブラウン管(CRT=cathode ray tube):CL
• プラズマディスプレイ(PDP=plasma display panel):PL
• 無機EL (Inorganic electroluminescence): EL
• 電界放出ディスプレイ(FED=field emission display): CL
• 有機EL (OLED=organic light emitting diode):EL
光制御型
• 液晶ディスプレイ(LCD=liquid crystal display)
有機化合物とは
• 有機化合物: 炭素Cを構成元素とする物質
(ダイヤモンド、グラファイト,CO2,CO、炭素塩、シ
アン化合物を除く。)
– Cのみ:フラーレン(C60など)、カーボンナノチューブなど
– 基本となるのは、炭化水素といわれるCとHのみから合
成される化学物質で、Cの数とHの数の組み合わせで、
多くの物質ができている。
– また、炭化水素の水素が他の元素と置換したり、OやN、
Cl、重金属などと結びつくことで、いろいろな有機化合
物に変化していく。
Cが特別な位置を占めている理由
• Cのみがお互いにどんどん結合しあって、大きな化合物
を作ることができるから
• 他の元素、例えば酸素や窒素では3~4個ほどつながると不安
定になり、大きな化合物にならない。
• Cは4本の腕を持ち、単結合、二重結合、三重結合と
いったバリエーション豊かな結合様式を持つことも理由
に挙げられる。
• 既知の化合物の8割以上は有機化合物に分類される。
• 有機化合物のほとんどは分子として存在し、融点や沸点が低い。
有機化合物の分類
• 飽和化合物:炭素原子間に単結合のみを持つ有機化合物
不飽和化合物:炭素原子間に二重結合や三重結合を含む化合物
• 環式化合物:炭素原子が輪を作る化合物
鎖式化合物(脂肪族化合物):炭素原子が輪を作らない化合物
• 環式化合物:ベンゼン環を含む芳香族化合物と含まない脂環式化合
物に分類
飽和化合物
例:CH4
メタン
不飽和化合物
例:C2H4
エチレン
鎖式化合
物
脂肪族化合
物
環式化合
物
脂環式化合
物
例:C6H12
例:C6H10
シクロヘキサ シクロヘキセン
ン
芳香族化合
物
存在しない
例:C6H6
ベンゼン
高分子(polymer)とは
高分子とは
モノマーと呼ばれる低分子化合物が多数重合してできた
繰り返し構造をもつ分子量の大きい化合物
高分子の特徴(モノマーと比べて)
1 融点が高くなる
2 溶剤に溶けにくくなる
3 化学反応が起こりにくくなる
4 外力が加わっても壊れにくくなる
5 溶液または溶融した時の粘度が高くなる
CH2=CH2
CH2=CH2
エチレン
重合
CH2=CH2
・・・-(CH2-CH2)-(CH2-CH2)-・・・
ポリエチレン
機能性高分子
• エレクトロニクス, フォトニクス, バイオなどの分野
の機能性を与えた高分子
• エレクトロニクスに用いられる高分子化合物
– フォトレジスト:半導体、磁性体の微細加工用
– 保護材料:光ディスク、半導体の封止
– 基板材料:光ディスク、磁気テープ
– 絶縁材料:回路、配線の絶縁
– 液晶ディスプレイ材料
– 有機EL材料
液晶ディスプレイ
•
•
•
•
液晶を光スイッチとして使用
直交偏光板ではさんだ液晶内での偏光の伝搬
電界印加により液晶分子の配向を制御
TFT(薄膜トランジスタで各画素のRGBを個別に
選択制御):アモルファスSiから多結晶Siへ
• 利点:薄型、省電力、高精細度、ちらつきがない
• 欠点:視角依存性、バックライト必要、大画面に問
題
液晶
●液晶は、液体と固体の中間
的物質
•1888年:液晶を発見:ライニ
ツァー(オーストリアの植物学
者)
•「液晶」とは、固体と液体の中
間にある物質の状態(イカの墨
や石鹸水など)を指す。
•液晶の理学は1968年頃、フラ
ンスの物理学者de Gennesに
よって確立された。
www.bohlken.com/
C
O
N
H
www.chem.wisc.edu/
21
45
T
液晶のディスプレイへの応用
• ディスプレイへの応用:1963年ウィリアムズ(RCA社),
液晶に電気的な刺激を与えると、光の透過が変わるこ
とを発見。
• 1968年:ハイルマイヤーら(RCA)、この性質を応用し
た表示装置を試作→液晶ディスプレイの始まり。
ディスプレイの材料としては不安定で商用として問題あり
• 1973年:シャープより電卓(EL-805)の表示として世界
で初めてLCDを応用。
• 1976年:グレイ教授(英国ハル大学)が安定な液晶材
料(ビフェニール系)を発見。
液晶分子の配向と電界制御
• 液晶分子の配向
– 配向剤を塗布、ラビ
ング。分子をラビン
グ方向に配列
• 電界による配向制
御(液晶分子は電
気双極子)
http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/lcd/index.htm
液晶ディスプレイの構造
カラー液晶ディスプレイの構造は、構成
要素が層状になっている。
1-偏光フィルター :偏光を選択する。
2-ガラス基板 :電極部からの電気がほかの部
分に漏れないようにする。
3-透明電極 :液晶ディスプレイを駆動するため
の電極。表示の妨げにならないよう透明度
の高い材料を使う。
4-配向膜 :液晶の分子を一定方向に並べるた
めの膜。
5-液晶 :ネマティック液晶
6-スペーサー :液晶をはさむ2枚のガラス基板
間のスペースを均一に確保。
7-カラーフィルター:白色光からR,G,Bを選択。
シャープのホームページより
http://www.sharp.co.jp/products
/lcd/tech/s2_3.html#2
アクティブ・マトリックス
1. X電極が、各画素に付
いたアクティブ素子を
ON/OFFする。
2. ON状態にあるアクティ
ブ素子は、そのままの
電圧を保ち、Y電極と通
じることができる。
3. Y電極に電圧をかけ、
ON状態にある目的の
画素を点灯させる。
http://www.sharp.co.jp/products/lcd/tech/s2_3.html#2
TFTアクティブマトリクスLCD
http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/lcd/index.htm
新しい液晶によるスイッチング
• IPS (in-plane switching)
面内でスイッチすることで視野角依存性を減らす
従来型
IPS型
http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/lcd/4.htm
解決すべき問題
• コストの低減
– アクティブマトリックス
– 大面積ガラス
•
•
•
•
色再現性の向上(CRTに比し不満足)
応答速度の改善(現在のものは25-40ms)
消費電力の低減(平面・高輝度光源の開発要)
大面積化の課題(40型以上の大型化)
有機ELディスプレイ
(海外では有機発光ダイオードOLEDという)
有機物質のみでできた発光ダイオード
利点
• 自発光なので低消費電力(液晶の場合は光源の光の15%程度し
か利用しない)
• 光制御を使わないので視野角に依存しない。
• フレキシブル基板を使うことが可能
課題
• 赤の発光効率が低い
• 高分子有機ELの寿命が短い
• 液晶と同じプロセスを使うと高コスト
実用段階に入ったOLED
• サムスンは2005年5月低分子OLEDを用い
た40型ディスプレイを発表
ソニーが2004年9月に
発売した携帯端末クリ
エ
有機EL材料
低分子
昇華蒸着
大型化困難
電子輸送層
Alq3
高分子
塗布、コート
大型フレキシブ
ル可能
PPV
発光層
ホール輸送層
NPB
PEDOT
http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/oel/2.htm
有機ELディスプレイの構造
• OLEDの構造は、発
光層を電子輸送層と
正孔輸送層ではさん
だサンドウィッチ構造
となっている。
有機ELの電子構造
• キャリアはホッピングし
ながら移動し再結合
• 有機層は数十~数百
nmの薄さ。
• バッファ層の導入で
ホール注入効率を改
善
• 陰極金属にCaを使うこ
とで電子注入効率改
善
http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/oel/3.htm
LUMO
HOMO
LUMO=lowest unoccupied molecular orbital
HOMO=highest occupied molecular orbital
ヘテロ構造有機EL
• 有機層が三つの有機分子の
層から構成されていて、順バ
イアスをかけたときのエネル
ギー関係は上図のようになっ
ている。正孔を注入する陽極
とPPV層の橋渡役をする
MEH-PPVは、正孔輸送層
(HTL)と呼ばれている。一方、
電子を注入する陰極とPPV層
の橋渡役をするCN-PPVは、
電子輸送層(ETL)と呼ばれて
いる。また、キャリアが閉じ込
められるPPV層で再結合が起
こり発光するので、PPV層は
発光層(EML)と呼ばれている
http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/oel/3.htm
発光効率の改善:3重項からの燐光
利用
• LUMO(1重項)→HOMO(1重項):短寿命
• LUMO(3重項)→HOMO(1重項):長寿命
Sz=1,0,-1
S=0
S=0
S=1
LUMO
HOMO
基底1重項状態
励起1重項状態
励起3重項状態
曲げられるディスプレイ
• 大日本印刷は2001年フレキ
シブル有機EL(単色)を発表
した。
• NHKは2003年フレキシブル
なフルカラー有機ELディスプ
レイを発表した。
解決すべき課題
• 長寿命化
• 大面積化
• アクティブマトリクス化
本日の問題
• 液晶ディスプレイの原理を述べよ。
• 液晶ディスプレイの特定の画素を表示するため
の選択はどのように行われているのか。
ダウンロード

物理システム工学科3年次 「物性工学概論」 第12回光エレクトロニクス(5