介護保険サービス基準設定の基本的考え方について
岡山市は,総合福祉の拠点都市として,高齢者が安心して生活できる介
護体制の整備を進め,より質の高いサービスの提供を目指して,次のよう
な独自基準を定めます。
第1 公正,公平,適正の確保のため
第4 サービスの質向上のため
1 暴力団員の排除
4 管理者の資格要件を設定
13 ショートステイ利用日数を要介護認定期間の1/2以下
5 生活相談員の資格要件を設定
21 別居親族への訪問系サービス提供を制限
6 入所,居住施設は耐火,準耐火構造を義務付け
25 記録の保存期間を2年から5年へ延長
8 特養,老健の食堂を居室階ごとに設置
第2 プライバシー保護,人権擁護のため
2 虐待防止研修の実施及び虐待防止責任者の設置
7 ショートステイの居室定員は原則1人に
9 施設の浴室,便所はプライバシーを確保
15 成年後見制度の活用支援
19 通所型施設の身体拘束禁止
11 居住,通所型施設の便所を利用しやすく
12 地域包括支援センターとの連携
14 多様な手法を用いた評価
16 デイサービスで,ニーズに応じた機能訓練
17 デイケアでのリハビリ実施を明確化
18 通所サービスでの送迎体制整備
20 訪問入浴介護での計画作成
第3 利用者負担軽減のため
3 社会福祉法人による利用者負担軽減の実施
(7 特養の居室定員は,原則1人,例外2人は可)
10 ユニット型施設の廊下幅を緩和
22 運営規程の整備
23 研修の機会確保
24 非常災害対策の充実
注:項目の番号は,検討項目の№と同じです。
ダウンロード

介護保険基準条例の基本的考え方