コパックの遊び方
必要なもの コパックをプレイする人:2人
トランプ:ジョーカーを抜いた52枚
コパックゲームで相手に勝ためには?(このゲームの目的)
点数を相手より多く獲得する。
1.点札を取ると1点(取ったら表向きにし、他のカードは裏返し、自分の前に置
く。)
• 点札とは次の6枚
•
(A4枚、クラブ2、ダイヤ10)
A
A
A
A
2
10
2.コパックをすると1点。場にあった札を全部取るとコパック。
•
(1枚のカードを表向きに(コパックの印、他は裏向きに自分の前に置く))
3.ゲーム終了後、枚数獲得が多い方に2点
4.ゲーム終了後、クラブ獲得枚数が多い方に1点
これを自分の親番、相手の親番の2回行い、合計点数が多い
方が勝ちとなる。
まず親を決めます。決める方法は色々ありますが、
トランプがあるので、強いカードを引いた方が親という方法を
使いましょう。
A,K,Q,J,10,9,8,7,6,5,4,3,2
←強い
弱い→
カードの強さはA,K,Q,10,9………5,4,3,2となり、引いたカード
が同じ場合の強い順番は
スペード、ハート、ダイヤ、クラブとなります。
5
6
4
2
3
2
5
J
親はカードを良くシャッフルし、相手にカットさせ、自分と相手の
手札を4枚、そして、場札を4枚配り(相手、自分、場札と一枚ず
つ配る)、残りは山札とします。
5
6
4
5
2
2
3
J
さて、いよいよコパックのスタートです。
コパックは手札を使い場札を取るゲームですが、カードの取り方は
このように同じ数字を出せば二枚のカードを取る事が出来ます。
6
5
4
2
J
3
2
5
また、同じ数字でなくても、場札二枚の和が手札一枚と一致する
場合、三枚のカードを取る事が出来ます。
6
5
3
4
2
2
5
J
逆に手札二枚の和が場札一枚と一致する場合も三枚のカードを
取る事が出来ます。
6
5
J
4
2
2
3
5
手札と場札が続く限り何回でもカードを取る事が出来ます。
そして、カードが取れなくなる(わざとすべて取らなくてもよい)と、(パスを宣言
する)、手札が無くなる、のどれかの行動によって自分の手番が終了し、相手
の手番になります。そして、手札がなくなった場合は山札から4枚取って手札
にします。
×
5
6
K
2
×
Q
2
5
5
しかし、手札一枚で場札三枚を取る事は出来ず、
手札三枚で場札1枚を取る事は出来ません。
四枚以上も同様に取る事が出来ません。
8
6
10
Q
5
4
4
J
カードが取れない場合は(わざと取らない場合も含む)、
手札から場札に一枚捨てるか、場札に「付ける」という行動が出来ます。
(カードが取れる場合でも、これらの行動をする事が出来ます)
8
6
10
Q
5
4
4
J
「付ける」とは、場札に手札のカードを足す事によって、2枚のカードを
1枚のカードとする事が出来ます。(ただし、「付ける」場合は合計数は
13がMAXです。)
8
6
10
Q
5
4
4
J
この様に「付ける」場札は手札から二枚出して取る事が出来るし、手札
を一枚出し、場札を一枚加えて一度に取る事が出来ます。(ただし、付
ける場合、付ける人は一枚、あるい二枚合計ではそのカードを取れる
ことが前提となります。
「付ける」を行った場合、手番は相手に移ります。
相手
A
2
K
8
K
6
10
5
Q
4
4
J
さて、相手方は場札を取ってもよいし、手札を捨ててもよいし、「付け
る」を行ってもよい。(上記の例の場合、相手の付けたカードにさらに
「付ける」ことができます。5+6に2を「付ける」ことにより13にできます。)
以上のことを山札がなくなるまで
繰り返します。
• 点数を清算し、相手方が親となります。
• (この時、点札がかたまっているので、よく
シャッフルしてください。)
• 注意事項
最初に配られた手札、場札に点札が3枚以上ある場合は配り直し。
ダウンロード

コパックの遊び方