PBL教育実践における
調査結果について
-動機づけに注目して-
三重大学教育学部
中西 良文
今日の発表
 前半
PBLについて(学習)心理学の観点から
考えてみる。
 後半
中西の授業での調査結果
(奥野絵里奈さんの卒論のデータを利用しています)
どちらが優れているか?
PBL ?
 講義 ?

どの教育方法が最も優れているのかを考えることは、
大工道具の中で最も優れたものを議論するのと同様
である。
 すなわち、目的に応じて教育方法は使い分けるべき
である。
(米国学術会議)
→さらに、「どう(効果的に)使うか?」が重要だろう

身につけるべき力

「実践力」のある教師





問題を適切に捉えられる。
新しい状況でも対処できる。
教員・生徒・保護者・地域と良好なコミュニケーションを持
てる
より良い実践を目指そうとする意欲を持っている。
また、教員養成に限らず、企業等でも「実践力」があ
る人物が求められている
OECD DeSeCo
Key Competencies

リテラシー
(言語・科学・
数学・コンピュータ)

社会的スキル

自律的行動
獲得すべきもの
 どう使うか?という実践的な知識
(手続き的な知識を含む)
 自ら学ぶ力
 共同する力
 内容の十分な理解
 「熟達者」の持つ特徴と同様
学習科学での知見
 (1)active

construct(積極的(能動的)構築)
自発的な知識の構築の重要性
 (2)situated

本物(authentic) な状況での学習
 (3)social

learning(状況に基づく学習)
interaction (社会的相互作用)
共同による学習
 (4)cognitive

tools(認知的道具)
テクノロジによる理解の支援
(1)active construct
(積極的(能動的)構築)
知識は伝達-吸収されるのではなく、学習者が自ら作
り上げている。
 誤概念による誤学習の例

=学習者なりの(一貫した)理解を生み出している。
 →自ら積極的に知識を生み出す必要性

物理学初心者の知識の構造
物理学熟達者の知識の構造
(2)situated learning
(状況に基づく学習)

課題や活動の価値や意味を理解しやすい
中西・伊田(2006)
→利用価値と望ましい方略が関連
(2)situated learning
(状況に基づく学習)

知識を新しい状況で利用することができる
=「知識をどこで、どう使うか、という知識」の獲得
→「船に26匹の羊と10匹のヤギがいます。船長は何歳
でしょうか?」→小学5年生:どの計算を使うか悩む
→路上算数:ブラジルの路上で飴を売る子ども
(3)social interaction
(社会的相互作用)

認知的分業:
「説明の要求」による発見

社会的分散認知
1人のエラーをカバーできる集団

メタ認知
実行役とモニター役
共同するスキルの獲得
 知識の共同構築

(4)cognitive tools
(認知的道具)

道具による理解・学習の支援(Scaffold)
認知の外化
 コミュニケーションの促進
 知識の(共同)構築の支援

ここでPBLについて考える

共通教育「共通PBLセミナー」ガイドライン





1.講義ではなく、自主的・能動的・自己決定的学習を受
講生に求める。
2.1年生が多く受講することを念頭におき、身近に感じら
れる素材もしくはプロジェクトを提示する。
3.問題または課題を発見・解決したり、プロジェクトを遂行
したりする中で学習を進める。
4.自己学習を重視し、グループワークを学習の中に取り
入れる。
5.学生による学習成果をセミナーの終盤に1回「公開の
場」で発表する。
ここでPBLについて考える

教育学部PBL教育実施委員会(~06)ガイドライン
1.学習者の主体的な学習を促している
2.ある問題を解決する、もしくは、あるプロジェクトを完成させ
るといった、「問題解決事態」の中で学習を進めている
3.集団での問題解決活動が含まれている
Project-Based Learning





①.駆動質問(driving question)、すなわち生徒が解決すべき
問題から活動が始まる。
②生徒は、本物(authentic)で状況に基づく活動に関わること
によって、駆動質問(driving question)を探索する。
③駆動質問(driving question)を解決するために、生徒、教師
そしてコミュニティーのメンバーが協調的活動を行う。
④生徒は探究活動に関わっていく中で、生徒の能力を超え
る活動に関われるように、テクノロジーの手助けを受ける。
⑤生徒は駆動質問(driving question)に関する有形のプロダク
トを作り出す。
(Krajcik & Blumenfeld, 2006)
PBLに対する私見
望ましい学習をもたらす条件を満たす1つの方法(だ
ろう)
 「PBLか否か」にこだわるよりは、前出の条件を満た
すかどうかが重要


個人的には、Productを作ることは重要だと考えてい
る=Project-Based Learning
今日の発表
 前半
PBLについて(学習)心理学の観点から
考えてみる。
 後半
中西の授業での調査結果
(奥野絵里奈さんの卒論のデータを利用しています)
PBLにおける学習行動の調査
では実際に、PBLの中ではどのような学習行動が行
われているのか?
 特に、動機づけに注目して検討

PBLにおける動機づけ
この種の活動にはより高い動機づけが求められる。
 しかし、動機づけが十分に高められていない場合が
ある。
(Blumenfeld & Krajcik, 2006)


PBLの中での動機づけ像を明らかにすることで、効
果的な支援を考える。
方法
教育学部コース専門科目「学習心理学」
 シナリオ型PBL
 対象 13名 2グループに分けた
 データ収集:質問紙・ビデオ撮影・音声録音・面接・
Moodleへの記述(全て許可をとって使用)

授業の進め方
シナリオを提示
→調査・検討→発表


「授業づくり」を1セット

最初のシナリオ検討
1セットを詳しく検討
シナリオ提示
授業作り
調査・検討
検討・準備
発表
実施
×3セット
×1セット
最初のシナリオ

「Aさんは高校生です。Aさんはある教科の勉強ができなくて
困っていました。そこで、先生に相談にいきました。すると、
先生は「教科書に載っていることをできるだけたくさん覚えな
さい」というアドバイスをしました。そこで、Aさんはひたすら暗
記をすることにしました。
Aさんのこのような暗記をするという学習法は適切でしょうか。
不適切でしょうか。また、理想的にはAさんはどのような学習
を行えばよいでしょうか。そして、そのようなやり方は心理学
的な観点からどうして望ましいのでしょうか?」
授業評価の結果

講義型で行った教育心理学に比べ・・・・。

学業への興味・関心(意欲)が高まった


学習心理学:4.3
知的に刺激され、考えるきっかけが与えられた


教育心理学:3.8
教育心理学:4.0
学習心理学:4.6
学生参加型の授業であった

教育心理学:3.9
学習心理学:4.8
授業評価の結果

知らないことを「自ら知る」方法を学習できた
学習心理学:4.4


「教育(学習)に対する理解が深まった」


学習心理学:4.1
「学んだことをどのように使えばよいかが分かった」


教育心理学:3.7
教育心理学:3.4
学習心理学:4.0
自発的な学習を刺激することはできた(だろう)。実
際にどう使うか、理解についてはもう少し検討の余地
動機づけ尺度での変化

第1シナリオの4回の授業の毎回の授業前・授業後に
測定した質問紙の結果を基に検討を行う。
親和動機=他者に好かれたい
 興味価値=課題の面白さ
 効力予期=自分はできる、という感覚
 利用価値=課題が役立つという感覚
 接近的他者志向動機=他者のために頑張りたいとい
う感覚

動機づけ尺度での変化
動機づけ(N=9)
7
6
5
親和動機
興味価値
効力予期
利用価値
接近的他者志向動機
4
3
2
1
0
第1回
第2回
第3回
第4回
動機づけ尺度での変化
特に変化なし。
 利用価値が最も高い得点
 興味が直前で低下する傾向



ロボットコンテストでの調査でも同様の結果
=興味だけで、動機づけられているのではない?
5.0
接近的他者志向動機
4.5
興味価値
4.0
利用価値
3.5
親和動機
回避的他者志向動機
3.0
他律的動機づけ
2.5
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目
Figure1 日ごとの動機づけ得点
動機づけられた行動
フロー(没頭)・反応性(他者の行動への反応)につい
ても検討=授業開始時に前回以降のことについて質
問
7
 反応性は有意に上昇=協調するように

6
5
4
フロー
反応性
3
2
1
0
23日~30日
30日~13日
13日~20日
フローと動機づけとの関連

どの要因が学習行動の動機づけに影響しているの
か?→フロー・反応性を被説明変数、各動機づけ得
点を 説明変数とした重回帰分析
フローと
動機づけの関連
親和動機の影響
がネガティブに
 接近的他者志向
動機は正の関連
を示すように
 興味の影響は小
さくなる
 利用価値の影響
は大きくなる

親和動機(23日)
興味価値(23日)
.424
.629
効力予期(23日)
-.015
利用価値(23日)
.149
R2=.756
.151
接近的他者志向動機(23日)
Figure.1
親和動機(30日)
興味価値(30日)
動機づけとフローとの関連(23日)N=10
)
.073
.267
効力予期(30日)
.028
R2=.746
.613
接近的他者志向動機(30日)
親和動機(13日)
興味価値(13日)
動機づけとフローとの関連(30日)N=9
)
-.206
.210
効力予期(13日)
利用価値(13日)
フロー
(13日~20日)
.344
.401
接近的他者志向動機(13日)
Figure.3
フロー
(30日~13日)
.279
利用価値(30日)
Figure.2
フロー
(23日~30日)
R2=.777
.255
動機づけとフローとの関連(13日)N=11
)
反応性と
動機づけの関連
親和動機(23日)
興味価値(23日)
.739
.099
効力予期(23日)
-.084
利用価値(23日)
.322
R2=.237
-.637
接近的他者志向動機(23日)
親和動機の影響
が小さく
 接近的他者志向
動機の影響が大
きくなっていく
 興味は2回目に
強い影響
 利用価値は2回
目は負の影響

Figure.4
親和動機(30日)
興味価値(30日)
動機づけと反応性との関連(23日)N=10
)
.074
.696
効力予期(30日)
-.402
興味価値(13日)
動機づけと反応性との関連(30日)N=9
)
.133
.119
効力予期(13日)
利用価値(13日)
反応性
(13日~20日)
-.740
.348
接近的他者志向動機(13日)
Figure.6
R2=.598
.690
接近的他者志向動機(30日)
親和動機(13日)
反応性
(30日~13日)
-.727
利用価値(30日)
Figure.5
反応性
(23日~30日)
R2=.365
.542
動機づけと反応性との関連(13日)N=11
)
フロー ・反応性と動機づけとの関連
フローに対しては、興味価値の影響が小さくなって
いった。
→興味だけが、動機づけに影響している訳ではない。

反応性については、2回目(学祭期間挟む)に興味
の強い影響。
→長期間時間が空いているときには、興味がないと
Moodleなどにアクセスしない?

フロー・反応性と動機づけとの関
連
社会的動機については、フロー・反応性とも当初は
「仲良くなりたい」という親和動機が影響
 後半には「他の人のために頑張りたい」という他者志
向動機が影響
→全般的に社会的動機が関連しているが、質が変化


多側面から、動機づけに働きかける必要
書き込み回数と被返信回数
書き込み回数は人に
よってばらつき
 返信もほとんど受け
ていない場合が多い
→社会的動機に影響
するだろう

B-1さんは多くの返
信を受けている
=質問が含まれていた

Aグループ
A -1
A -2
A -3
A -4
A -5
A -6
平均
Bグループ
B -1
B -2
B -3
B -4
B -5
B -6
B -7
平均
書き込み回数 返信を受けた回数
6
27
10
10
30
12
15.83
0
5
0
0
4
1
書き込み回数 返信を受けた回数
29
19
15
8
5
1
0
11
9
4
0
2
1
0
0
発言回数
Aグループ
A -1
A -2
A -3
A -4
A -5
A -6
Bグループ
B -1
B -2
B -3
B -4
B -5
B -6
B -7
1週目
29
37
77
20
61
91
1週目
31
21
18
55
4
34
13
2週目
39
54
112
23
93
0
2週目
61
39
29
85
0
24
3
3週目
31
57
107
18
86
83
3週目
59
34
25
63
4
0
0
授業時の発言回数はそれほど大きくは変わらない
→Moodleへの書き込みには動機づけが反映?

書き込みの具体例1

Aさん 「Re: 担当箇所のまとめ」
<調べたことの記述>そして、先行オーガナイザー
とは「ある情報を受け入れやすくするため、前もって
情報を与えておくこと」であり、学習前にあらかじめ
学習事項の要約や、視覚的情報を与えることなどが、
具体例として挙げられます。
ただし抽象的な概念を理解できる程度には知能が
発達していないと先行オーガナイザーは成されませ
ん。
書き込みの具体例2
Bさん 「先行オーガナイザーについての質問」
「先行オーガナイザー」について、学習者以外の人か
ら与えられると捉えて良いのでしょうか??①

いまさらになってすみません。よろしくお願い致しま
す。
書き込みの具体例3

Aさん 「Re: 先行オーガナイザーについての質問」
学習者に予め抽象的な情報を与えることを指すので、学習
者以外(要は教師)から与えられると言う認識で基本的には
問題ないと思います。
ただ、自己学習においても、先行オーガナイザーは与えら
れるものだと思いますので(Ex:古典文を訳し上げるにあたり、
先んじて概説を読んでおく)その場合は学習者自身によって
与えられるという認識になるのかな?②
尤も、この例の場合、古典文概説が教師となるという考え
方もあると思います。<この後2行にわたる「・・・・」を略>
うーんと、Bさんが聞きたかったことというのは、こういうこと
で良いのかな?
またなにか気になったことがあったら書き込みをしてください。
書き込みの具体例4

Bさん 「Re: 先行オーガナイザーについての質問」
ありがとうございます。
まとめる際に、学習者自身だと関連づけの方法や
内発的動機づけの方向になりますし、教師だと外発
的動機づけになるので、迷ってしまったので質問し
ました。③
どっちにも解釈できると思うので、今の段階でのパ
ワーポイントは独立させています。
気になる点があったら、書き込みをお願いします。
書き込みの具体例5

Aさん「Re: 先行オーガナイザーについての質問」
内発的、外発的動機付けの観点に立てば、先行オーガナイ
ザーは内発的動機付けを喚起するものだと思います。
事前に情報を与えてはいますが、それ自体が生徒の学習意
欲をかきたてるわけではありません。
あくまで、生徒の理解を早めるためのものだと思います。④
故に、関連付けなどと同列に扱えるんじゃないかなーと思い
ます。⑤
<参考:このページの上方、動機付けについてと先行オーガナイ
ザーについて>
http://homepage3.nifty.com/k-nikata/reserch/jissen.html
先行オーガナイザー




先行オーガナイザーとは、ある情報を受け入れ
やすくするため、前もって情報を与えておくことで
ある。
具体的には、学習前にあらかじめ学習事項の要
約や、視覚的情報を与えるなどがある。
これにより、後続の学習が促進される。
しかし、抽象的な概念を理解できない年少時に
おいては先行オーガナイザーの理解が不可能
であり、効果を期待できない。
書き込みについて

AさんとBさんは、互いの質問に答えるという形で学
習に関わっている。

具体例1の記述に対して、「外から与えられるもの
か?」①という質問がなされることにより、それに対し
てBさんの中に「学習者自身でもあるのか・・・」という
自己疑問が生まれている。

しかし、Bさんは全く別の「動機づけ」という視点から、
先行オーガナイザーを捉え、 ③の質問を行っている。
書き込みについて

これに対して、Aさんは④で、「意欲とは関係なく、理
解を深めるものだ」と答え、それは「関連づけと同様
に扱える」⑤という、前にAさんが持った、学習者自
身によるものもあるのか②という問いの答えに近い答
えを出している。
ただし、このようなやりとりは頻繁に行われたわけで
はない(が、どの程度かなど詳細は今後検討)。
 シナリオ2からはWIKIを使ったが、WIKIではこのよう
なやりとりは見られなかった=ツールの適性

インタビューの結果
全体の授業が終了する頃に、インタビューを行った。
 代表的な意見として・・・


「内容よりもメンバーが重要」「反応してもらえないと
寂しい」「途中リタイヤがいると負担が増える」


他者との関わりについて多くの意見
「テーマの最初の方は方向性が見えない」という意
見も
考察
PBLが自発的な学習を導いていた
 しかし、Moodleへの反応は、人それぞれであった。


明確な基準を示す必要?授業中に利用?
当初は興味が影響している=面白い課題を
 後半では利用価値が影響


「役に立つ」と思える課題やAuthenticな「実際に使う」とい
う場面を取り入れる必要?
考察
他者との関わりが重要
 他者からの無反応の影響は大きい
 他者から書き込みへの反応をしてもらえるように、書
き込みの仕方について支援が必要
 当初は、アイスブレーキングなど、「仲良くなる」支援
をする必要がある?=共通PBLセミナー
 活動中は「他者のために頑張りたい」という気持ちを
刺激する必要=活動の成果が目に見えるツールを
使う?(WIKI??)

考察
理解は相当進んでいる
 ただし、全体的な「まとめ」は行っていない。
 また、最初、方針を決めて、文献へのアクセスさせる
のが困難
 その最初の時点での時間をいかにうまくコントロール
するか?

実際にどう使うかという点についても、不十分
 PAなどで、その点については、検討が必要

ご静聴ありがとうございました
ダウンロード

中西 - 教育学部PBL教育研究プロジェクト