非匿名性が
協力行動に与える影響。
1613070003-2
赤瀬 僚
疑問
協力行動とは・・・
見返りを求めて他者を助けるこ
と。
協力行動を扱っ
た
実験
互いに顔を合わせない状態
のものが多い
(匿名状態)
匿名性が協力行動に
与えている
影響とはなんだ?
仮説
対戦相手が自分を知っている状況(非匿名)と、 対戦相手が自分を
知らない状況(匿名)では協力行動に差が出るのではないか。
もし自分を知っている状況(非匿名)の方が協力行動が起きやすかっ
た場合、その原因は何に起因するか?(罰行動、自己顕示性)
方法
グループをふたつに分けた。
両群においてSD(囚人のジレンマ)ゲームを行わせた。
実験群
→ ゲーム後に会って感想会をしてもらうと伝えた
(非匿名群)
統制群
→ 対戦者同士は顔を合わせなかった(匿名群)
手続き
ゲームのやり方
子安(2002)のSDゲーム
を参考とした。
①
まずはじめにそれぞれ目標値を決めた。
(15万円or30万円。
参加者は必ず15万円の方を取るように設定した)
② 自分の目標値を達成することがゲームの目的
であると伝えた。
表
定価
値下げ
定価
3万/3万 0万/5万
値下げ
5万/0万 1万/1万
総試行数 = 参加者が目標値を達成してから6試行後。
対戦者プレイヤーの動き方。
1、プレイヤーが目標値を達成するまでは「しっぺがえし戦略」
(R.M.Axelrod 1980)
2、プレイヤーが目標値を達成してからは「値下げ」
ただし、プレイヤーが「値下げ」で対抗してきたら「定価」を出す。
ゲーム終了時
どちらも目標値を達成していない場合
→ どちらも報酬なし。
参加者のみが目標値を達成した場合
→ 参加者の報酬2倍。対戦者なし。
対戦者のみが目標値を達成した場合
→ 対戦者の報酬2倍。参加者なし。
両方とも目標値を達成した場合
→ 両方とも報酬1倍。
その後、調査紙を回答してもらった。
結果1
集計
0.70
0.60
0.50
協 0.40
力
率 0.30
実験群
統制群
0.20
0.10
0.00
達成前
達成後
図1 匿名性が協力行動に与える影響
結果2
行動
目標値達成まで
統制群→値下げと定価をバランス良く使い分けていた。
実験群→値下げと定価をバランス良く使い分けていた。
目標値達成後
統制群→値下げを行う回数が増えた。
実験群→決まった傾向は見られなかった。
相手の目標値を達成させたプレイヤーの
数
統制群→2名
実験群→1名
結果3
質問紙より
統制群
→5名中4名が自らの利益を最大化しようとしていた。
実験群
→相手の気分を損なわせないように行動した。 1名
→相手の気分は損なうかもしれないが、問題はないと考えた。
2名
→相手が気分を損なう可能性に気付かなかった。2名
対戦相手について
参加者は対戦相手を人間だと思っていた。
人物像:善良・誠実・計画的・勝負師など。
考察1
参加者数をそろえれば仮説は立証される可能性があった。
統制群プレイヤーの傾向
自らの利益の最大化に積極的。
相手プレイヤーへの妨害も積極的。
実験群プレイヤーの傾向
相手との協調をとる。
相手プレイヤーへの妨害は消極的。
質問紙から3パターン以上へ分かれる可能性。
考察2
実験群プレイヤー
グループ1
妨害行動が後の感想会に影響を与えると想像できな
かったグループ。
グループ2
妨害行動が後の感想会に影響を与えると想像できた。
そのため協力行動を行ったグループ。
グループ3
妨害行動が後の感想会に影響を与えると想像できた。
しかし報酬の価値を過小評価し、相手への影響は少
ないと考えたグループ。
考察3
これらのことより
匿名性の問題に追加して
① 相手が損をするかどうかに気づけるかという問題。
② 報酬についての価値を相手はどのように認識し、行動に移して
いるかという価値観推測の問題。
が大きな要因になっているのではないかと考えられる。
参考文献

富原 一哉 2002 利他行動の発現に及ぼす共感性、互
恵性、直接的報酬の効果
鹿児島大学法文学部紀要人文学
科論集 57 pp.1-15

子安増生 森本裕子 林創 2004 利害葛藤のない場面にお
いて互酬性の期待が順社会的行動に及ぼす影響
京都大学
大学院教育学研究科紀要 51 pp.1-17
ダウンロード

非匿名性が協力行動に与える影響。