軍
艦
島
研
修
ス
ポ
ッ
ト
「軍艦島」とは、長崎港から南西役19kmの海上に浮かぶ孤島「端島」の通称です。
1890年(明治23年)から三菱の経営によって主として八幡製鉄所に向け製鉄用原料炭を供給し、日本の近
代化を支えてきた海底炭鉱の島でした。
当初、この島は、草木のない水成岩の瀬にすぎなかったのですが、採掘技術の発達とともに、島の周辺を埋め
立てながら護岸堤防の拡張を繰り返し、今日の島の形状となりました。
炭鉱の開発と並んで従業員のための住宅の建設が盛んに行われ、1916年(大正5年)以降高層鉄筋アパー
トが、次々と建設されました。最盛期には5,000人を超える人口を擁した高層鉄筋アパートが島内に林立して、
さながら海の要塞の観を呈し、軍艦の「土佐」に似ていることから『軍艦島』として知られるようになったのです。
昭和30年代後半から、エネルギー改革の嵐を受け合理化が進み、1974年(昭和49年)1月15日閉山、同年
4月20日に無人島となりました。
【軍艦島全景】
【見学通路からの風景】
【海上からの軍艦島全景】
【第1見学広場からの風景】
【やまさ海運】
【第2見学広場からの風景】
(社)長崎県観光連盟
【上陸通路】
【第3見学広場からの風景】
ダウンロード

長崎市研修スポット①