鳥取大学工学部
機械工学科
農作業軽減のための草抜き器の開発
工学部:金森直希,伊藤和寿,西村正治
研究背景
現在の中山間集落では耕作放棄地の増大が問題とされている → 国の自給自足率に影響
高齢化による労働力の低下が原因
日々の農作業の負担を軽減させる必要がある
土いじり
播種
すぐ伸びる
な・・・
水遣り
中腰作業は疲れるな・・・
草取り
農業の負担
耕起
肥料撒き
収穫
アンケートデータによると・・・
農作業の中で最も負担を感じる作業 除草作業を負担と感じる理由
その他
19%
環境
11%
農耕
11%
草の成
長
28%
除草
56%
収穫
14%
体への
負担
61%
足腰の疲れなどの体へ
の負担が61%を占めて
いる
除草作業が56%を占めて
いる
除草作業時間の割合
0-25%
26%
76-100%
30%
26-50%
22%
51-75%
22%
全農作業時間の51%~100%
を除草作業時間に費やしてい
る人が半分以上いる
除草機械を開発し農作業の軽減をねらう!
除草機械のコンセプト
回収ボッ
クス
立ち作業での除草
・中腰作業等の
労働負担の軽減
除草後の草の回収
・抜いた草の後処理問題の解決
草取り部
柄
根まで取る
バネ
除草機構
小型・軽量
・株間,畝間の除草
190mm
・草の再生速度の減少
安全性を考慮
・高齢者や子供にも安心し
て使える機械
キャスター
インタビュー記事: http://www.rprs.net/dd.aspx?itemid=1173&efromid=0#moduleid1090
連絡先: 金森助手 [email protected]
〒680-8552鳥取県鳥取市湖山町南4-101 0857-31-5835(TEL/FAX) http://www.mech.tottori-u.ac.jp/mcs/
ダウンロード

先行研究 紹介ポスター (ppt-556kB)