リポジトリ・システムの現状
-どれを選ぶか-
菊池満史・阿蘓品治夫
(国立情報学研究所開発・事業部コンテンツ課)
世界シェア(ROARより)
製品名
Open?
URL
国内導入
実績
ひとこと
Archive
s
EPrints
O
http://www.eprints.org/
あり
世界標準
209
DSpace
O
www.dspace.org
あり
世界標準
160
Digital Commons
商
http://www.bepress.com/alls
ervices.html
あり
商用トップシェア
ETD-db
O
http://scholar.lib.vt.edu/ETD-db/
未上陸
ヴァージニア工大 米国普及
23
OPUS
O
http://elib.uni-stuttgart.de/opus/doku/english/index_english.php
未上陸
ドイツ標準
21
DiVA
O
http://www.diva-portal.org/about.xsql#1
未上陸
北欧標準
14
CDSWare
O
http://cdsware.cern.ch/
未上陸
スイス製
9
ARNO
O
http://www.uba.uva.nl/arno
未上陸
オランダ製
6
HAL
-
http://hal.ccsd.cnrs.fr/index.php?langue=en
-
フランス製
4
DoKS
O
https://doks.khk.be/do/folder/View?dispatch=info&folderId=Fold4
13ebf17fed85fdd00fed85fe2ea0002
未上陸
ベルギー製
3
Fedora
O
http://www.fedora.info
未上陸
ヴァージニア大&コーネル大製
3
EDOC
-
http://edoc.mpg.de
-
ドイツ製
2
MyCoRe
O
http://www.mycore.de/engl/index.html
未上陸
ドイツ製
1
Other softwares
(various)
商・
独
商業ソフトウェア、独自開発
50
200
計
IR構築ソフトウェアガイド http://www.nii.ac.jp/metadata/irp/osi_guide_3/
705
2大オープンソース
 DSpace
MITで開発
 海外・国内ユーザそれなりに多い

 EPrints
サザンプトン大で開発
 海外では多いが国内導入実績は少ない

DSpace

本家DSpace@MIT https://dspace.mit.edu/index.jsp
各導入機関もおおよそ似た画面

北大、名大、岡山大、立命館アジア大、早大、筑波大、長崎大等で導入

EPrints

サザンプトン大のCogPrint http://cogprints.org/
カスタマイズ次第でいろんな姿に?

岡山大で導入

2大オープンソース(Dspace)の長短

楽な面/うれしい面




ソフトウェア代が不要。
世界中にユーザが。情報交換活発。
便利なプラグイン類もいろいろ公開。
日本語化手法はひととおり確立済み。


http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/index.html
しんどい面/嫌な面



自らがカスタマイズ。自らがメンテナンス。
ドキュメントや情報交換が英語ベース。
維持・管理・拡張にはそれなりのスキル要。
オープンソースは手に負えるか

自力構築

業者の導入支援を受けて構築

パッケージ化オープンソースの導入
オープンソースのパッケージ化、
導入支援を行う外部の力

アグレックスhttp://www.sapporo.agrex.co.jp/modules/agx_ir/


CMS


http://www.nttdata-kyushu.co.jp/product/index.html
DBにOracleを使う等大きくカスタマイズ。東京学芸大、熊本大、沖縄国際大
京セラ丸善


http://www.cmsc.co.jp/modules/office/pdf/dspace.pdf
「DSpace構築支援パック」 。三重大他
NTTデータ九州


ソフトウェア導入支援、コンテンツ構築支援。北大で活用
http://www.maruzen.co.jp/home/educb/sozai/DSpace.pdf
「Dspaceスタートパッケージ」。コンテンツ構築支援。東大、金沢大、九大
その他




富士通 DSpace導入支援 長崎大
リコー DSpace導入支援 筑波大
ウィザード http://www.wizard.co.jp/solutions/edu_library.html DSpace導入支援 早大
鈴木氏(北海道) http://www12.ocn.ne.jp/~zuki/Japanization/index.html D/Eの導入支援
国産オープンソース
XooNIps(ズーニプス) http://xoonips.sourceforge.jp/

理化学研究所脳化学総合研究センターにて開発
脳・神経系研究データの収集・蓄積・共有が出発点だが、OAI及びJuNii、
に対応しており、IRとして利活用可能。
Xoopsベースのため、簡易かつ拡張可能性高。

慶應大で導入


国産オープンソース
XooNIps(ズーニプス) WinXP版
商業製品(ローカルホスト式)

Infolib-DBR



http://www.infocom.co.jp/km/infolib/index.html
山口大
E-repository

(国産:InfoCom)
(国産:CMS/NEC) http://www.cmsc.co.jp/E-repository/
阪大、広島大
※千葉大システムがE-repoisitoryのベース
その他


他の国産品もあるがパッとせず。
海外製品(EX-Libris社等)が国内に紹介されはじめたが未導入。
例えばJuNii対応可能性等は全く不明。
※導入コストは最高 (ソフトウェア代、Oracle代、サーバ代、維持管理コスト)
商業製品(ASP:Application Service Provider )

Infolib-DBR ASP版


最近売り出し開始
Digital Commons

(国産:InfoCom)
(米:Bepress) http://umi.com/products_umi/digitalcommons/
商業製品ではシェア最大 岡山大
※ローカルホスト式に比べれば、個別にサーバを抱えない分、負担は少なくてす
む。
独自システム

オープンソース公開以前にプロトタイプ構築


千葉大(E-repositoryの原型)
H17年度CSI事業で構築

東京工業大
※IRとして必要な機能(OAI準拠、JuNiiフォーマット対応)があれば独自シス
テムか既製品かにこだわる必要はない。
パターンをまとめると
製品種
類
1
オープン
2 ソース
3
4
商業製品
5
6 独自システ
7ム
構築方式
必要ス 金銭
キル コスト
低
導入例
北大、名大、立命館アジ
ア大、他
自力
高
導入支援
低~中 中
早大、長崎大、
パッケージ
低~中 高
東大、金大、九大、熊大、
沖国大、東京学芸大
ローカルサーバ
低~中 高
山口大、阪大、広島大
ASP
低~中 中
岡山大
自力
高
開発・導入委託
低~中 高
低~高
※サポート(カスタマイズ追加、不具合対策、バージョンアップ
等)をどうするかも要考慮。
※どの方式であれ、職員が「何もしなくていい」ものはない。
東工大
千葉大
平成17年度のCSI事業成果
阪大
北大
筑波大
東大
早稲田
千葉大
京大
学芸大
金沢大
岡山大
広島大
長崎大
山口大
九大
慶應
熊本大
名古屋大
さいごに




既製品であれ独自開発であれ、JuNiiフォーマット(と
DC)でOAIハーベストできるシステムならなんでもいい。
平成16年頃に比べるとシステム構築の敷居は低くなっ
た。
「自力派」の場合も、徹頭徹尾自力ではなく、初期構築
支援なり何なり、必要に応じて外部の力を上手に使って
時間と人件費の節約をすること。
システム構築より(失礼!)、コンテンツ構築の方がはるか
に優先度が高く重要な仕事。
ダウンロード

リポジトリ・ソフトウェアの現状 -どれを選ぶか-