全天X線監視装置の概要
Monitor of All-sky X-ray Image (MAXI)
MAXIでみる全天X線像のシミュレーション(5か月分)
• 全天の大きさは、X線天文望遠鏡の視野
4万個分以上あります。その全天をMAXI
は90分間で走査します。
(X線天文望遠鏡とは:あすか衛星、米国
チャンドラ衛星、ESAニュートン衛星など)
• 現在も研究に使われている全天硬X線
マップを、米国のHEAO衛星は1年かけて
作りました。感度の高いMAXIでは
HEAO衛星と同等のマップを1ヶ月に1枚の
ペースで作りだします。全天のX線強度
変動モニターを可能にします。
MAXI外観:熱機械モデル
宇宙ステーションの自転を
利用して全天を走査します
科学的意義
• MAXIの空間分解能は約1度角です。
天体の位置決定精度は0.1度です。
• ブラックホールや活動銀河核など、動的宇宙を長期監視します。
画像中、銀河面(天の川)を赤枠で示します。MAXI以前の全天X線モニターでは、銀河面内の明るい天体
• 宇宙の大構造マップの作成します(銀河系内の熱いガスの元素分布など)。 が観測対象でした。MAXIの観測域は銀河系外に広がります。(注)天球を平面上にプロットしたため、
• 他ミッション、多波長分野と連携した継続的な観測と情報提供を行います。 画像周辺部では像が伸びて表示されています。
- 爆発天体、新星、変動天体の観測結果を全世界に速報します。
- 観測データの公開データベースを作成します。
MAXIを用いた高感度・長期X線変動モニター
ブ新
• 感度の高いMAXIを用いれば、
)星
これまで観測できなかった遠方の
M
• MAXI以前の全天X線監視装置では近傍の銀河系内天体(Galactic Object)
の
X線新星を発見し、その光度変化を
A
X
が監視対象でした。感度の高いMAXIでは系外天体も監視します。
X
追うことができます。X線新星
線
• 全天で1000個を超える天体のX線強度を監視します。
I
サンプル数が飛躍的に増加します。
強
以
度
前 • これまでも観測できたような
M
(
A
明るい新星については、増光前、
単
天
X
位
減光後の、より暗い時期まで監視
体
MAXI
I
ク
できるようになります。
の
以
ラ
X
前
• 銀河系外天体の長期かつ継続的な
線
の
強
時間変動モニターが初めて可能に
感
度
新星爆発からの時間 (単位:day)
なります。多くの活動銀河の質の
度
(
良い時間変動データが得られます。
単
位
MAXI
技術的意義
ミ
の感度
• 全天走査に適したISSの姿勢を利用して一周回(90分)でほぼ全天を観測します。
リ
ク
• 史上最良のX線検出限界(世界最大で、最高の感度)をもった全天X線監視装置です。
ラ
• 炭素繊維を使用した世界最大の大型位置検知型比例計数管を開発します。
ブ
• 国産による世界最高レベルのペルチェ冷却式X線CCDを開発します。
)
• 将来の衛星ミッションに応用可能なループヒートパイプ冷却システムを開発します。
天体までの距離(単位:光年)
ターゲット天体
ダウンロード

MS power point