て
き
た
。
銃
声
が
鳴
り
止
む
と
、
敵
を
敗
北
さ
せ
た
手
段
や
戦
争
を
選
択
し
た
決
定
を
正
当
化
し
よ
う
と
、
彼
ら
は
戦
争
の
物
語
を
組
23
代
を
超
え
、
国
王
や
大
統
領
た
ち
は
、
神
聖
な
文
脈
や
差
し
迫
っ
た
脅
威
を
引
き
合
い
に
出
し
、
人
々
を
戦
争
に
参
加
さ
せ
よ
う
と
し
を
得
る
だ
ろ
う
﹂
と
断
言
し
た
ア
ウ
グ
ス
テ
ィ
ヌ
ス
︵
S
t
.
A
u
g
u
s
t
i
n
e
︶
が
い
た
少
な
く
と
も
五
世
紀
か
ら
あ
っ
た
論
点
で
あ
る
。
時
許
す
条
件
が
存
在
す
る
か
ど
う
か
は
、
世
紀
を
ま
た
い
で
議
論
さ
れ
て
き
た
テ
ー
マ
で
あ
り
、
﹁
我
々
は
戦
争
を
行
い
、
そ
し
て
平
和
か
。
そ
し
て
、
な
ぜ
国
民
は
戦
場
へ
子
供
た
ち
を
送
り
出
す
と
い
う
主
張
を
支
え
続
け
て
い
る
の
か
。
国
家
に
よ
る
戦
争
へ
の
関
与
を
の
だ
ろ
う
か
。
逆
に
、
も
し
そ
う
で
な
い
な
ら
ば
、
な
ぜ
政
府
は
、
戦
争
が
正
当
で
あ
る
こ
と
を
絶
え
ず
主
張
し
よ
う
と
し
て
い
る
の
人
類
は
戦
争
を
行
う
決
断
を
正
当
化
出
来
る
だ
ろ
う
か
。
も
し
そ
う
で
あ
れ
ば
、
ど
の
よ
う
な
条
件
に
よ
っ
て
、
そ
れ
は
許
さ
れ
る
不
正
の
正
当
化
四 三 二 一
J
u
s
i
n
B
e
l
l
o
︵
い
か
に
戦
わ
れ
る
の
か
︶
の
不
正
朝
鮮
戦
争
に
お
け
る
米
国
:
そ
れ
は
正
し
い
介
入
で
あ
っ
た
の
か
?
忘
れ
ら
れ
た
戦
争
の
正
当
化
正
し
い
戦
争
論
︿
訳
﹀
真
田
尚
剛
マ
ー
ク
・
カ
プ
リ
オ
│
│
米
国
に
お
け
る
朝
鮮
戦
争
の
記
憶
と
現
代
の
北
東
ア
ジ
ア
政
策
立教法学
メ
ー
ジ
を
深
く
考
察
す
る
こ
と
を
試
み
る
も
の
で
あ
る
。
歴
史
的
な
記
憶
と
い
う
以
上
に
、
北
東
ア
ジ
ア
に
お
け
る
近
年
の
政
治
、
特
に
朝
鮮
半
島
に
お
け
る
二
つ
の
国
家
に
対
す
る
現
代
の
イ
な
見
解
に
挑
む
こ
と
は
、
こ
れ
ら
の
物
語
に
疑
問
を
呈
す
こ
と
で
あ
る
。
本
稿
は
、
こ
の
歴
史
を
詳
細
に
問
い
直
し
、
戦
争
の
単
な
る
え
を
思
索
す
る
際
の
具
体
的
な
事
例
と
し
て
、
我
々
は
こ
の
テ
ー
マ
を
考
え
る
こ
と
が
出
来
る
。
朝
鮮
戦
争
の
起
源
に
関
す
る
伝
統
的
好
戦
的
な
政
府
が
戦
争
参
加
を
正
当
化
す
る
た
め
の
テ
ク
ニ
ッ
ク
に
関
す
る
事
例
を
与
え
て
く
れ
る
。
ま
た
、
正
し
い
戦
争
と
い
う
考
i
s
t
s
︶
の
立
場
か
ら
、
朝
鮮
戦
争
の
起
源
に
関
す
る
議
論
を
通
じ
、
こ
の
点
を
考
察
す
る
。
朝
鮮
戦
争
に
お
け
る
創
造
さ
れ
た
記
憶
は
、
以
下
で
は
、
朝
鮮
半
島
外
か
ら
の
戦
争
参
加
の
﹁
正
当
性
﹂
を
脅
か
す
確
立
さ
れ
た
物
語
に
挑
む
﹁
修
正
主
義
者
ら
﹂
︵
r
e
v
i
s
i
o
n
-
正 描
主 か
義 れ
か て
ら い
守 る
る 英
た 雄
め に
の な
何 っ
層 た
も 軍
の 人
防 の
波 記
堤 憶
を を
通 保
り た
抜 せ
け て
る い
と る
い 。
う こ
ほ の
ぼ 物
不 語
可 を
能 疑
な っ
作 た
業 り
に 、
直 変
面 え
す( た
3 り
る)
。 す
る
努
力
は
、
ラ
デ
ィ
カ
ル
修
す
る
よ
う
な
メ
ッ
セ
ー
ジ
が
、
生
徒
に
見
せ
る
た
め
に
掲
載
さ
れ
て
い
る
。
そ
う
す
る
こ
と
に
よ
り
、
記
念
碑
や
郵
便
切
手
、
通
貨
に
う
と
励
ん
で
い
る
。
伝
統
的
に
学
校
の
教
科
書
に
は
、
国
家
の
歴
史
に
お
け
る
美
し
い
記
述
や
国
家
が
博
物
館
や
祝
日
の
式
典
で
演
出
を
払
っ
て
い
る
。
も
っ
と
も
な
方
法
に
よ
り
、
国
家
は
正
し
い
戦
争
に
お
け
る
戦
闘
の
記
憶
を
刻
み
込
ん
だ
国
家
の
物
語
を
創
り
出
そ
依
然
と
し
て
国
家
は
、
戦
争
を
行
う
と
い
う
決
定
の
正
当
性
を
主
張
し
、
守
ろ
う
と
、
極
端
な
方
法
を
取
り
、
途
方
も
な
い
コ
ス
ト
い は
る 、
わ そ
け れ
で ら
は の
な 観
い 念
。 や
事 定
実 義
、 を
フ 考
ィ え
ア 出
ラ す
は こ
正 と
し が
い 出
戦 来
争 る
と が
い 、
う そ
概 の
念 こ
と と
真 は
実 必
の ず
愛 し
の も
双 そ
方 れ
を が
幻 現
想 実
だ で
と あ
述 る
べ と
て い
い( う
2 こ
る)
。 と
を
証
明
し
て
第 86 号(2012)
問
視
す
る
者
も
い
る
。
フ
ィ
ア
ラ
︵
A
n
d
r
e
w
F
i
a
l
a
︶
は
、
正
し
い
戦
争
と
い
う
概
念
を
真
実
の
愛
︵
t
r
u
e
l
o
v
e
︶
に
例
え
る
。
人
々
ば 可
な 能
ら で
な( あ
1 り
い)
﹂ 、
と 制
述 限
べ さ
て れ
い た
る 戦
通 い
り も
、 然
戦 り
争 で
は あ
地 る
獄 。
で 我
あ 々
る は
。 、
他 な
方 ぜ
、 そ
正 れ
し が
い 可
戦 能
争 で
と あ
い る
う の
概 か
念 に
は つ
、 い
想 て
像 理
の 解
産 す
物 る
で よ
し う
か 努
な め
い な
と け
疑 れ
み
立
て
る
。
ウ
ォ
ル
ツ
ァ
ー
︵
M
i
c
h
a
e
l
W
a
l
z
e
r
︶
が
﹁
た
と
え
地
獄
に
お
い
て
で
さ
え
、
多
か
れ
少
な
か
れ
人
道
的
で
あ
る
こ
と
は
24
不正の正当化(マーク・カプリオ)
次
の
六
つ
の
教
義
が
あ
ら
わ
れ
る
。
25
開
戦
や
参
戦
に
関
す
る
道
徳
性
を
規
格
化
す
る
た
め
の
様
々
な
試
み
は
、
世
紀
を
経
て
行
わ
れ
て
き
た
が
、
そ
の
中
に
は
一
貫
し
て
る 気
﹁ が
正 進
し ま
い な
﹂ い
戦 戦
争 闘
と の
い 義
う 務
考 を
え 連
を 想
中 さ
心 せ
に る
展 、
開 ま
し た
て は
き( 他
5
た)
方
。 に
し
か
神
が
存
在
し
な
い
と
い
う
戦
術
的
な
利
点
を
暗
示
す
る
よ
う
な
概
念
で
あ
許
さ
な
い
。
そ
し
て
、
少
な
く
と
も
過
去
二
〇
〇
〇
年
間
に
お
い
て
、
戦
争
の
道
徳
性
を
語
る
西
洋
の
語
彙
は
、
﹁
良
い
﹂
戦
争
で
は
な
く
、
ぎ
る
。
こ
れ
ら
は
、
希
望
や
良
い
結
果
を
目
的
と
す
る
残
酷
な
行
動
と
い
う
、
ま
さ
に
戦
争
の
本
質
に
お
け
る
道
徳
的
歩
み
寄
り
を
ほ
と
ん
ど
快
な
言
葉
で
あ
る
が
、
実
際
に
戦
争
で
起
こ
っ
て
い
る
こ
と
を
明
ら
か
に
す
る
と
い
う
よ
り
も
、
曖
昧
に
す
る
。
こ
れ
ら
の
言
葉
は
、
明
確
過
っ
て
示
さ
れ
る
。
し
か
し
、
戦
争
を
語
る
場
合
、
善
か
悪
か
と
い
う
道
徳
基
準
の
柱
で
は
不
十
分
で
あ
る
か
、
十
分
過
ぎ
る
。
そ
れ
ら
は
、
明
国
家
の
道
徳
性
は
、
い
つ
、
ど
の
よ
う
に
戦
争
を
行
う
か
に
よ
っ
て
示
さ
れ
る
。
人
間
の
道
徳
性
は
、
い
つ
、
ど
の
よ
う
に
戦
う
の
か
に
よ
t
e
r
S
.
T
e
m
e
s
︶
は
、
戦
争
が
良
い
も
の
︵
g
o
o
d
︶
に
は
な
ら
な
い
と
し
て
も
、
正
し
い
も
の
︵
j
u
s
t
︶
に
は
な
り
う
る
と
す
る
。
を
正
す
意
図
を
持
っ
て
行
動
す
る
な
ら
ば
、
戦
争
は
許
さ
れ
る
と
付
け
加
え
る
。
時
に
は
、
戦
争
が
必
要
で
あ
る
。
テ
イ
ム
ズ
築
す
る
試
み
で
あ
る
。
正
し
い
戦
争
を
唱
え
る
者
は
、
戦
争
が
卑
劣
で
あ
る
と
い
う
点
に
同
意
す
る
が
、
よ
り
卑
劣
で
間
違
っ
た
︵ こ
P と
e
-
は
、
人
の
殺
害
や
財
産
の
破
壊
と
い
う
社
会
が
一
般
的
に
非
合
法
や
卑
劣
で
あ
る
と
評
価
す
る
行
為
に
対
し
て
、
道
徳
上
の
基
準
を
構
始
ま
る
の
か
ウ
ォ
ル
ツ
︵ ァ
j
u ー
s は
a
d 、
b 全
e
l
l
u て
m の
︶
、 戦
そ 争
し に
て お
い け
か る
に ﹁
戦 道
わ 徳
れ の
る 本
の 質
か ﹂
︵ は
﹁
j
u
s 二
i
n つ
b
に
e
l
分
l
o
︶ け
で ら
あ( れ
4
る)
る
。 ﹂
そ と
の 述
た べ
め て
、 い
正 る
し 。
い 戦
戦 争
争 が
と ど
い の
う よ
考 う
え に
一
正
し
い
戦
争
論
立教法学
を
決
め
る
た
め
、
よ
り
現
代
的
な
試
み
を
研
究
す
る
こ
と
が
求
め
ら
れ
る
。
朝
鮮
戦
争
勃
発
以
前
で
は
あ
る
が
、
第
二
次
世
界
大
戦
後
い
て
も
不
当
だ
っ
た
か
も
知
れ
な
い
が
︶
も
は
や
現
代
の
戦
争
に
は
適
応
出
来
な
い
だ
ろ
う
。
そ
れ
ゆ
え
、
我
々
は
正
し
い
戦
争
の
条
件
員 基
と 準
民 が
間 適
人 用
の 出
差 来
異 る
は の
区 か
別 を
で 難
き し
な く
い し
程 て
に い
希 る
薄 。
化 近
し 代
て の
い( 戦
7 場
る)
。 に
そ お
の い
た て
境
め 界
、 を
伝 定
統 義
的 す
な る
正 こ
し と
い は
戦 困
争 難
と に
い な
う っ
考 て
え き
は て
、
︵ お
過 り
去 、
に 戦
お 闘
一
九
世
紀
後
半
と
二
〇
世
紀
に
お
け
る
総
力
戦
が
例
示
し
て
い
る
よ
う
に
、
最
近
の
戦
争
に
お
け
る
発
展
は
、
ど
の
程
度
こ
れ
ら
の
戦
争
に
よ
っ
て
得
ら
れ
る
利
益
の
方
が
大
き
い
と
予
測
出
来
る
の
か
と
い
う
洞
察
力
に
関
す
る
点
で
あ
る
。
た
状
況
だ
と
結
論
を
下
す
の
か
と
い
う
判
断
に
関
す
る
点
。
第
三
に
、
ど
の
よ
う
に
指
導
者
が
、
軍
隊
に
よ
っ
て
被
る
損
害
よ
り
も
、
あ
る
と
理
解
す
べ
き
な
の
か
と
い
う
客
観
性
に
関
す
る
点
。
第
二
に
、
我
々
は
、
い
か
に
し
て
平
和
的
な
手
段
が
全
て
使
い
尽
く
さ
れ
ら
の
原
則
は
、
以
下
の
三
つ
の
疑
問
を
残
し
て
い
る
。
第
一
に
、
例
え
ば
、
我
々
は
誰
の
視
点
か
ら
合
法
的
な
機
関
や
正
し
い
理
由
で
最
初
の
三
つ
の
原
則
は
ど
の
よ
う
に
戦
争
を
始
め
る
か
、
あ
と
の
三
点
は
い
か
に
戦
争
を
戦
う
の
か
に
つ
い
て
示
し
て
い
る
。
こ
れ
第 86 号(2012)
4
3
2 1 0 /
戦 忠
闘 実
員 に
と 守
民 ら
間 な
人 け
を れ
区 ば
別 な
し ら
な な
け い
れ 。
ば
な
ら
な(
6
い)
。
戦 い 成 全 正 合
争 。 功 て し 法
そ
す の い 的
の
る 平 理 な
も
妥 和 由 権
の
当 的 と 威
に
な な 意 の
よ
チ 手 図 下
る
ャ 段 の 、
損
ン を た 行
害
ス 使 め わ
よ
が い に な
り
あ 果 、 け
も
り た 行 れ
、
、 し わ ば
そ
戦 た れ な
こ
争 後 な ら
か
を の け な
ら
行 最 れ い
得
っ 終 ば 。
ら
た 手 な
れ
結 段 ら
る
果 と な
利
と し い
益
し て 。
が
て 行
大
平 わ
き
和 な
く
に け
な
な れ
ら
る ば
な
可 な
け
能 ら
れ
性 な
ば
が い
な
最 。
ら
も
な
高
い
く
と
な
い
ら
う
な
均
け
衡
れ
の
ば
原
な
則
ら
を
な
26
不正の正当化(マーク・カプリオ)
い
う
平
和
的
手
段
が
全
て
使
い
尽
く
さ
れ
た
後
で
な
け
れ
ば
、
用
い
る
こ
と
が
出
来
な
い
最
終
手
段
だ
と
考
え
て
い
る
。
27
平 き
和 だ
主 と
義 す
者 る
は
自 共
衛 有
を さ
戦 れ
争 た
へ 信
関 条
与 を
す 持
る っ
た
め て
の お
合 り
法 ︵
的 い
な か
理 な
由 る
だ 状
と 況
認 下
め で
て も
い( 反
9 戦
る)
︶ の
、 立
戦 場
争 で
と あ
い る
う 純
選 粋
択 な
肢 非
に 暴
つ 力
い 主
て 義
は 者
を
、 除
戦 い
争 て
の 、
防 多
止 く
と の
で
あ
る
と
い
う
共
有
さ
れ
た
信
条
に
道
徳
的
要
素
を
付
け
加
え
る
。
後
者
の
場
合
、
戦
争
が
許
さ
れ
る
と
い
う
状
況
は
制
限
さ
れ
る
べ
ブ
だ
と
批
判
す
る
が
、
正
し
い
戦
争
に
お
け
る
原
則
は
、
そ
の
両
者
の
思
想
を
持
ち
合
わ
せ
て
い
る
。
前
者
の
場
合
、
戦
争
は
不
可
避
極
端
な
悲
観
的
現
実
主
義
も
し
く
は
理
想
的
平
和
主
義
を
支
持
す
る
人
で
さ
え
、
各
々
異
な
る
理
由
か
ら
、
正
し
い
戦
争
を
ナ
イ
ー
九
五
〇
年
七
月
か
ら
北
朝
鮮
軍
と
交
戦
す
る
た
め
に
、
米
国
が
国
連
軍
を
組
織
し
た
こ
と
に
つ
い
て
の
正
当
化
を
連
想
さ
せ
る
。
を
得
て
い
な
い
加
盟
国
に
よ
る
戦
争
へ
の
単
独
関
与
を
抑
制
し
よ
う
と
し
て
い
る
。
後
述
す
る
よ
う
に
、
国
連
憲
章
第
五
一
条
は
、
一
リ
ア
ン
条
約
と
は
異
な
り
、
国
連
憲
章
は
戦
争
の
必
要
性
を
認
め
て
い
る
が
、
他
方
で
、
少
な
く
と
も
国
連
安
全
保
障
理
事
会
の
承
認
︵
国 在
連 を
憲 決
章 定
第 し
三 た
九 後
条 で
及 、
び ﹁
第 国
四 際
二( の
8
条)
平
︶ 和
。
一
九
二
八
年
に
六
五
カ
国
に
よ
っ
て
署
名
さ
れ
、
戦
争
の
非
合
法
化
を
試
み
た
ケ
ロ
ッ
グ
・
ブ
及
び
安
定
の
維
持
又
は
回
復
に
必
要
な
空
軍
、
海
軍
又
は
陸
軍
の
行
動
を
取
る
こ
と
が
で
き
る
﹂
五
一
条
︶
と
定
め
て
い
る
。
そ
の
た
め
、
国
連
安
全
保
障
理
事
会
は
、
﹁
平
和
に
対
す
る
脅
威
、
平
和
の
破
壊
又
は
侵
略
行
為
﹂
の
存
て
そ
れ
は
許
さ
れ
る
が
、
﹁
安
全
保
障
理
事
会
が
、
国
際
の
平
和
及
び
安
全
の
維
持
に
必
要
な
措
置
を
取
る
ま
で
の
間
﹂
︵
国
連
憲
章
第
条
件
が
必
要
だ
と
し
て
い
る
。
そ
れ
は
、
攻
撃
し
て
き
た
敵
に
対
し
て
報
復
す
る
場
合
、
一
国
家
や
集
団
に
よ
る
自
衛
の
範
囲
に
お
い
関
係
悪
化
を
解
決
す
る
よ
う
促
す
一
方
、
戦
争
を
開
始
す
る
前
に
、
国
連
安
全
保
障
理
事
会
か
ら
の
助
力
を
求
め
る
た
め
、
こ
れ
ら
の
原
則
の
よ
う
に
、
こ
の
国
際
機
関
は
争
っ
て
い
る
国
家
に
対
し
て
、
﹁
当
事
国
が
選
択
す
る
平
和
的
手
段
﹂
を
用
い
る
こ
と
に
よ
り
、
戦
争
の
原
則
に
よ
っ
て
許
さ
れ
て
い
る
条
件
よ
り
も
、
は
る
か
に
厳
し
い
も
の
で
あ
る
。
︵
上
述
の
六
つ
の
教
義
に
お
け
る
︶
三
番
目
の
に
起
草
さ
れ
た
国
連
憲
章
は
、
そ
の
よ
う
な
試
み
の
一
つ
の
結
果
で
あ
る
。
同
憲
章
で
定
め
ら
れ
て
い
る
条
件
は
、
伝
統
的
な
正
し
い
立教法学
戦
争
を
始
め
る
こ
と
に
よ
り
ソ
連
が
米
国
と
軍
事
的
に
対
決
す
る
と
い
う
リ
ス
ク
に
つ
い
て
、
犯
し
た
か
ど
う
か
︵
w
h
e
t
h
e
r
︶
で
は
る
戦
い
へ
の
参
加
を
決
め
た
ト
ル
ー
マ
ン
︵
H
a
r
r
y
T
r
u
m
a
n
︶
大
統
領
の
支
援
の
も
と
で
団
結
し
た
。
こ
れ
ら
の
雑
誌
は
、
ア
ジ
ア
で
心
の
証
は
一
九
五
〇
年
代
に
表
面
化
し
た
。
T
i
m
e
や
N
e
w
s
w
e
e
k
な
ど
の
週
刊
雑
誌
や
N
a
t
i
o
n
a
l
R
e
v
i
e
w
は
、
朝
鮮
半
島
に
お
け
大
衆
文
化
の
販
売
元
は
、
こ
の
﹁
警
察
行
動
﹂
へ
の
参
加
を
正
当
化
す
る
た
め
に
最
善
を
尽
く
し
た
が
、
戦
争
に
対
す
る
わ
ず
か
な
関
わ
れ
た
戦
争
﹂
︶
の
悲
惨
な
失
敗
に
挟
ま
れ
た
軍
事
行
動
で
あ
り
、
﹁
忘
れ
ら
れ
た
戦
争
﹂
と
一
般
的
に
呼
ば
れ
て
い
る
。
メ
デ
ィ
ア
や
米
国
に
お
け
る
朝
鮮
戦
争
は
、
第
二
次
世
界
大
戦
︵
米
国
の
﹁
良
い
戦
争
﹂
︶
に
お
け
る
英
雄
主
義
と
ベ
ト
ナ
ム
戦
争
︵
米
国
の
﹁
失
素
だ
と
考
え
ら
れ
る
。
吹
き
出
し
た
こ
と
を
考
え
る
と
、
経
済
面
に
お
け
る
独
立
は
、
か
つ
て
の
敵
の
国
家
の
物
語
に
対
す
る
影
響
力
に
お
い
て
、
大
き
な
要
中
に
関
す
る
物
語
を
批
判
す
る
程
度
で
あ
る
。
韓
国
に
お
い
て
、
高
度
経
済
成
長
が
始
ま
っ
た
一
九
八
〇
年
代
か
ら
、
国
民
の
感
情
が
国
に
よ
る
か
つ
て
の
軍
事
的
行
為
を
お
お
っ
ぴ
ら
に
非
難
す
る
こ
と
は
出
来
な
い
。
少
な
く
と
も
、
韓
国
人
や
中
国
人
が
日
本
の
戦
時
略
に
対
し
て
敵
対
的
な
感
情
を
抱
く
で
あ
ろ
う
が
、
彼
ら
の
世
界
的
地
位
と
経
済
的
依
存
に
よ
り
、
彼
ら
の
国
家
の
物
語
に
お
い
て
米
る
上
、
戦
争
で
戦
っ
た
相
手
の
世
界
的
地
位
に
よ
っ
て
も
影
響
さ
れ
る
。
メ
キ
シ
コ
人
や
フ
ィ
リ
ピ
ン
人
、
ベ
ト
ナ
ム
人
は
米
国
の
侵
に
す
る
と
い
う
も
の
で
あ
る
。
国
家
が
ど
の
程
度
柔
軟
に
物
語
を
創
り
上
げ
ら
れ
る
か
は
、
戦
争
の
勝
敗
に
よ
っ
て
大
き
く
左
右
さ
れ
は
、
国
家
の
記
憶
を
創
り
上
げ
る
こ
と
に
加
え
、
も
し
戦
争
に
お
い
て
再
び
敵
と
向
か
い
合
っ
た
場
合
、
次
の
軍
隊
へ
の
招
集
を
容
易
牲
に
す
る
リ
ス
ク
を
正
当
化
す
る
目
的
を
持
っ
て
い
る
。
そ
し
て
、
こ
れ
に
は
二
重
の
目
的
が
あ
る
。
す
な
わ
ち
、
こ
れ
ら
の
慣
習
第 86 号(2012)
る
慣
習
を
創
り
出
す
野
心
を
持
っ
て
い
る
。
こ
れ
ら
の
慣
習
は
、
若
者
を
戦
場
へ
送
る
と
い
う
国
家
の
決
断
、
そ
し
て
彼
ら
の
命
を
犠
国
家
は
、
特
に
戦
争
に
関
す
る
物
語
に
お
い
て
で
あ
る
が
、
国
家
の
物
語
に
相
応
し
く
な
い
部
分
を
隠
し
た
、
国
家
の
物
語
を
伝
え
二
忘
れ
ら
れ
た
戦
争
の
正
当
化
28
不正の正当化(マーク・カプリオ)
ナ
リ
ス
ト
で
あ
る
ス
ト
ー
ン
︵
I
.
F
.
S
t
o
n
e
︶
の
一
九
五
二
年
に
出
版
さ
れ
た
著
書
T
h
e
H
i
d
d
e
n
H
i
s
t
o
r
y
o
f
t
h
e
K
o
r
e
a
n
W
a
r
の
中
29
あ( た
?
る12
)
。 ﹂
︶
朝 台
鮮 湾
戦 、
争 ︵
﹁
が フ
世 ク
界 バ
的 ラ
な ハ
共 ッ
産 プ
主 が
義 終
革 わ
命 り
の を
一 遂
部 げ
で た
あ ?
っ ﹂
︶
た フ
と ィ
い リ
う ピ
見 ン
解 、
に ︵
﹁
対 危
す 機
る が
少 到
数 来
派 す
に る
よ ?
る ﹂
︶
公 東
の 南
挑
戦 ア
は ジ
、 ア
左 に
派 お
ジ い
ャ て
ー で
国
へ
東
ア
ジ
ア
に
お
け
る
一
連
の
課
題
を
与
え
た
。
そ
れ
は
、
︵
﹁
米
国
に
と
っ
て
強
固
な
頼
み
の
綱
で
あ
る
﹂
︶
日
本
、
︵
﹁
機
会
を
潰
さ
れ
描
か
れ
て
い
る
地
図
を
取
り
込
む
こ
と
が
出
来
る
と
い
う
潜
在
的
な
﹁
善
﹂
に
つ
い
て
説
明
し
て
い
る
。
北
朝
鮮
に
よ
る
攻
撃
は
、
米
米
国
の
﹁
迅
速
な
行
動
﹂
に
よ
り
、
北
朝
鮮
や
ソ
連
、
共
産
主
義
の
中
国
が
遭
遇
し
た
地
域
的
﹁
連
鎖
﹂
と
﹁
分
裂
の
ポ
イ
ン
ト
﹂
が
は 領
、 ︶
ト は
ル 、
ー 部
マ 隊
ン や
が 航
懸 空
命 機
に 、
迅 艦
速 船
な を
行 約
動 束
を し
取 て
る い
と た
い 。
う し
固 か
い し
一 、
般 そ
的 の
な よ
合 う
意 な
が こ
存 と
在 は
し( 、
重
た11
)
﹂ 要
と で
い は
う な
も い
の よ
で う
あ に
る 思
。 え
こ る
の 。
雑 国
誌 全
は 体
、 に
い
る
。
そ
れ
は
、
﹁
ア
ジ
ア
の
半
島
と
い
う
小
さ
な
部
分
に
関
す
る
細
か
な
ク
イ
ズ
に
答
え
ら
れ
る
数
少
な
い
米
国
市
民
︵
米
国
大
統
あ
る
種
の
行
動
を
取
る
べ
き
だ
っ
た
﹂
と
信
じ
て
い
た
。
こ
の
記
事
は
、
米
国
に
お
け
る
以
下
の
よ
う
な
一
般
的
な
意
見
を
ま
と
め
て
民
で
あ
る
マ
リ
ン
︵
E
v
a
r
M
a
l
i
n
︶
は
、
米
国
が
﹁
も
う
少
し
早
く
前
に
浮
か
べ
ば
良
か
っ
た
考
え
だ
が
、
ロ
シ
ア
人
た
ち
に
対
し
て
同
じ
雑
誌
は
、
一
般
の
米
国
人
が
こ
の
米
国
に
よ
る
軍
事
行
動
に
つ
い
て
支
持
し
て
い
た
こ
と
を
描
い
て
い
る
。
イ
リ
ノ
イ
州
の
農
る る は
。
、
︵ 地
ス
域
中
略 で タ
︶ の ー
そ 活 リ
の 動 ン
た を の
め け 関
、 し 心
ス か が
タ け ヨ
ー た ー
リ こ ロ
ン と ッ
は を パ
直 示 か
前 し ら
に て ア
な い ジ
り る ア
、
、 。
﹁
厦 こ 特
に
門
に の 台
出 よ 湾
か う と
け な 朝
、 状 鮮
北 況 へ
朝 に と
鮮 お 変
の い わ
共 て り
産 、 、
主 朝 成
義 鮮 功
者 は す
へ よ る
ゴ り チ
ー 安 ャ
サ 全 ン
イ な ス
ン 行 が
を 動 大
出 の き
し( よ い
う と
た10
)
に 思
。
﹂ 思 わ
え れ
に
よ
る
突
如
と
し
た
侵
攻
は
準
備
さ
れ
て
い
た
上
、
世
界
征
服
と
い
う
狂
的
で
野
心
的
な
企
て
と
同
類
だ
と
し
て
い
る
。
こ
の
解
釈
る
こ
と
に
よ
り
、
こ
の
点
に
つ
い
て
答
え
た
。
そ
し
て
、
ち
ょ
う
ど
五
年
前
の
第
二
次
世
界
大
戦
に
お
け
る
日
独
の
よ
う
に
、
北
朝
鮮
︵
モ
ス
ク
ワ
に
位
置
す
る
ス
タ
ー
リ
ン
︵
J
o
s
e
p
h
S
t
a
l
i
n
︶
の
ヤ
ヌ
ス
︵
J
a
n
u
s
︶
の
顔
か
ら
︶
東
西
へ
伸
び
る
矢
で
描
写
し
た
地
図
を
載
せ
な
く
、
な
ぜ
︵
w
h
y
︶
犯
し
た
の
か
に
つ
い
て
、
推
測
し
た
。
T
i
m
e
の
一
九
五
〇
年
七
月
一
七
日
号
は
、
ソ
ビ
エ
ト
の
影
響
力
を
立教法学
に
映
し
出
さ
れ
る
こ
と
も
な
か
っ
た
。
テ
レ
ビ
網
は
ま
だ
行
き
渡
っ
て
お
ら
ず
、
し
か
も
朝
鮮
半
島
は
地
理
的
に
遠
過
ぎ
て
、
都
市
の
名
も
馴
六
〇
年
代
の
ベ
ト
ナ
ム
戦
争
と
は
異
な
り
、
朝
鮮
戦
争
の
現
場
は
米
国
の
家
庭
に
生
放
送
で
伝
え
ら
れ
る
こ
と
は
な
か
っ
た
。
カ
ラ
ー
画
面
渡
期
に
位
置
し
て
お
り
、
よ
り
広
く
知
ら
れ
た
二
つ
の
戦
争
の
狭
間
で
戦
わ
れ
た
と
い
う
点
で
あ
る
。
て
、
朝
鮮
戦
争
の
持
つ
曖
昧
さ
を
強
調
し
て
お
り
、
そ
れ
は
戦
争
に
適
し
た
古
く
も
な
く
新
し
く
も
な
い
主
要
メ
デ
ィ
ア
の
技
術
的
過
﹃
せ 真
た 実
冷 ﹄
淡 ﹂
さ を
の 買
現 う
れ こ
で と
あ を
っ 拒
た ん
と だ
米
メ 国
イ の
は 人
評 々
価 の
し 態
て 度
い( を
る17
)表
。 し
ハ て
ル い
バ る
ー も
ス の
タ で
ム あ
︵ り
D 、
a
v ベ
i
d ト
H ナ
a
l
b ム
e
r 戦
s
t
争
a
m に
︶ お
は け
、 る
著 反
書 戦
F 運
i
f
動
t
i
e
s で
に 爆
お 発
い さ
収 た
め よ
な う
か に
っ 、
た 共
こ 産
と 主
は 義
驚 イ
き デ
で オ
あ( ロ
ギ
る16
)
。 ー
こ に
れ 対
ら し
の て
み 否
す 定
ぼ 的
ら な
し 興
い 奮
結 状
果 態
は だ
、 っ
﹁ た
朝 に
鮮 も
戦 か
争 か
は わ
悲 ら
劇 ず
で 、
は こ
な れ
く ら
、 の
勝 映
利 画
だ が
と 大
い き
う な
公 成
式 功
の を
せ
、
共
産
主
義
者
を
捜
し
出
そ
う
と
す
る
魔
女
狩
り
の
マ
ッ
カ
ー
シ
ズ
ム
が
米
国
政
府
や
ハ
リ
ウ
ッ
ド
に
お
い
て
さ
え
入
り
込
ん
で
い
世 く
界 の
大 映
戦 画
時 の
の テ
米 ー
国 マ
の は
メ 、
ッ 共
セ 産
ー 主
ジ 義
を の
思 脅
い 威
起 を
こ ナ
さ チ
せ( ズ
ム
た15
)
。 や
当 フ
時 ァ
の シ
米 ズ
国 ム
は の
、 脅
ち 威
ょ に
う 置
ど き
中 換
国 え
を 、
﹁ 米
失 国
い の
﹂ 国
、 際
ソ 的
連 関
は 与
原 と
爆 い
を う
爆 第
発 二
さ 次
二
次
世
界
大
戦
に
つ
い
て
の
シ
リ
ー
ズ
﹁
W
h
y
W
e
F
i
g
h
t
﹂
に
お
い
て
用
い
ら
れ
た
映
画
技
法
を
再
び
利
用
し
た
作
品
で
あ
る
。
多
し
た
と
メ
イ
︵
L
a
r
y
M
a
y
︶
は
述
べ
て
い
る
。
ド
キ
ュ
メ
ン
タ
リ
ー
﹁
W
h
y
K
o
r
e
a
﹂
は
、
キ
ャ
プ
ラ
︵
F
r
a
n
k
C
a
p
r
a
︶
に
よ
る
第
第 86 号(2012)
あ( し
る14
た
)
。 三
ハ 五
リ 本
ウ の
ッ 映
ド 画
は の
、 内
ヒ 、
ッ わ
ト ず
し か
た 数
第 本
二 の
次 映
世 画
界 し
大 か
戦 大
の き
映 な
画
の 成
ス 功
タ を
イ 収
ル め
と な
俳 か
優 っ
を た
使 。
う 多
こ く
と の
に 映
よ 画
り は
、 赤
成 字
功 で
を 終
繰 わ
り っ
返 た
そ わ
う け
と で
米
国
国
民
の
愛
国
心
を
奮
い
立
た
せ
る
た
め
、
映
画
を
作
成
す
る
こ
と
に
よ
り
、
義
務
に
応
え
た
。
し
か
し
、
朝
鮮
戦
争
を
テ
ー
マ
に
第
二
次
世
界
大
戦
の
戦
中
戦
後
が
そ
う
で
あ
っ
た
よ
う
に
、
ハ
リ
ウ
ッ
ド
も
ま
た
、
朝
鮮
戦
争
の
意
味
を
説
明
す
る
た
め
、
そ
し
て
に
見
ら
れ(
る13
)
。
30
不正の正当化(マーク・カプリオ)
に
お
い
て
議
論
さ
れ
て
い
る
朝
鮮
戦
争
の
起
源
に
つ
い
て
の
論
争
か
ら
乖
離
し
て
い
る
。
朝
鮮
戦
争
は
、
﹁
忘
れ
ら
れ
た
﹂
と
い
う
評
31
し( け 来 っ 捧 先
ち
、
国 た20
を 事 て げ に 朝 実
)
︵
家
。
非 と ﹁ る 称 鮮 際
他
難 し わ よ え 戦 は
の の
す て ず り る 争 、
戦 物
る 朝 か も こ が 終
争 語
。 鮮 な 一 と 忘 焉
と は
結 の 勝 三 を れ す
同 、
様 米
局 分 利 年 選 ら る
に 国
、 断 ﹂ も び れ 前
︶ に
ソ に を 前 、 た に
朝 よ
ビ 触 手 の ワ 戦 ﹁
鮮 る
エ れ に 一 シ 争 忘
戦 戦
ト 、 入 九 ン と れ
争 闘
は 北 れ 八 ト 評 ら
に へ
北 朝 た 二 ン さ れ
関 の
朝 鮮 と 年 D れ た
す 参
鮮 の 主 の C る ﹂
る 加
の 軍 張 こ の よ と
記 を
人 隊 し と ナ う い
念 ﹁
々 に て で シ に う
碑 正
を よ い あ ョ 、 こ
や し
重 る る る ナ 米 と
歴 い
武 韓 。 。 ル 国 で
史 ﹂
装 国 ﹁ 教 モ の あ(
の 行
さ の 二 科 ー 人 る19
)
教 為
せ 侵 つ 書 ル 々 。
科 と
る 略 の に に は
書 し
一 を 国 は 記 大
を て
方 戦 家 同 念 き
依 理
、 争 が 様 碑 な
然 解
米 の も の を 議
と す
国 起 た フ 建 論
し る
は 源 ら ィ て を
て よ
五 だ し ク た 呼
描 う
〇 と た シ 。 ん
き な
〇 主 ﹂ ョ そ だ
出 歴
人 張 と ン れ ベ
し 史
の し い を は ト
て 的
顧 、 う 載 、 ナ
い 記
問 教 よ せ 朝 ム
る 憶
団 科 う 、 鮮 戦
。 を
を 書 な 米 戦 争
こ 形
残 は 行 国 争 を
の 成
し 共 為 の で 朝
物 す
て 産 者 取 戦 鮮
語 る
淡 主 が り っ 戦
は 意
々 義 い 組 た 争
、 図
と 陣 な み 軍 よ
学 を
撤 営 い に 人 り
界 持
退 だ 出 よ に も
れ い
ら な
れ い
た 。
戦 最
争 近
﹄ 出
と 版
い さ
う れ
、 た
ま 朝
さ 鮮
に 戦
ぴ 争
っ に
た 関
り す
の る
題 歴
が 史
つ 書
け に
ら は
れ( 、
た18
)リ
。 ッ
ジ
ウ
ェ
イ
︵
M
a
t
t
h
e
w
R
i
d
g
w
a
y
︶
将
軍
の
言
葉
か
ら
採
っ
た
﹃
忘
争
は
、
お
び
た
だ
し
い
小
説
や
演
劇
、
映
画
な
ど
を
生
み
出
し
た
。
こ
れ
と
は
対
照
的
に
、
朝
鮮
戦
争
に
つ
い
て
は
見
る
べ
き
作
品
が
現
れ
て
の
最
中
こ
そ
何
と
か
耐
え
抜
い
て
い
た
が
、
戦
争
が
終
わ
っ
て
か
ら
は
一
刻
も
早
く
忘
れ
た
い
と
願
っ
た
。
第
二
次
世
界
大
戦
や
ベ
ト
ナ
ム
戦
心
も
呼
ば
な
か
っ
た
。
惨
憺
た
る
ニ
ュ
ー
ス
が
国
民
の
興
味
を
引
く
か
ど
う
か
自
体
が
疑
わ
し
か
っ
た
。
米
国
は
朝
鮮
戦
争
に
つ
い
て
、
戦
争
の
は
日
刊
紙
の
ジ
ャ
ー
ナ
リ
ス
ト
で
あ
り
、
彼
ら
は
様
々
な
ド
ラ
マ
や
英
雄
的
で
愛
国
的
な
行
為
を
伝
え
た
が
、
米
国
本
国
で
は
さ
し
た
る
関
染
み
が
な
か
っ
た
。
先
の
大
戦
は
、
ラ
ジ
オ
放
送
網
の
拡
大
に
役
立
っ
た
が
、
こ
の
戦
争
は
違
っ
た
。
朝
鮮
戦
争
で
最
も
優
れ
た
報
道
を
し
た
立教法学
に
考
え
る
こ
と
を
、
い
つ
ま
で
も
避
け
続
け
る
と
い
う
姿
勢
を
変
え
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
。
共
産
主
義
国
家
は
、
ま
ず
核
開
発
計
画
を
常
化
の
ス
テ
ッ
プ
で
あ
る
朝
鮮
半
島
に
お
け
る
二
つ
の
敵
同
士
が
朝
鮮
戦
争
終
結
を
交
渉
す
る
と
い
う
北
朝
鮮
の
要
求
に
つ
い
て
真
剣
経
済
的
に
成
長
し
、
よ
み
が
え
る
中
国
は
、
第
二
の
、
場
合
に
よ
っ
て
は
長
期
的
な
地
域
に
お
け
る
懸
念
で
あ
る
。
米
国
は
、
関
係
正
が
考
え
る
地
域
的
脅
威
は
、
北
朝
鮮
が
朝
鮮
半
島
を
統
一
す
る
た
め
に
二
度
目
の
奇
襲
攻
撃
を
行
う
可
能
性
で
あ
る
。
近
年
、
軍
事
的
地
域
に
お
け
る
米
軍
の
駐
留
と
同
様
に
、
米
国
の
北
朝
鮮
に
対
す
る
対
決
姿
勢
の
維
持
を
正
当
化
し
て
い
る
。
長
年
に
わ
た
り
、
米
国
き
た
安
全
保
障
に
関
す
る
条
約
や
協
定
が
暗
に
示
し
て
い
る
よ
う
に
、
﹁
極
東
に
お
け
る
国
際
の
平
和
及
び
安
全
の
維
持
﹂
は
、
こ
の
こ
の
﹁
正
し
さ
﹂
と
い
う
国
家
の
物
語
の
遺
物
は
、
冷
戦
や
ソ
連
崩
壊
を
経
て
も
な
お
生
き
残
っ
て
い
る
。
米
国
と
日
本
が
築
い
て
し だ
い ろ
状 う
況 と
が い
、 う
ス 御
タ 都
ー 合
リ 主
ン 義
に を
世 提
界 示
的 し
な て
共 い
産 る
革 。
命 ギ
を ャ
成 デ
功 ィ
さ ス
せ は
る
た N
w
め e
、 s
w
ア e
e
ジ k
ア に
へ お
目 い
を て
向 、
け 西
さ ヨ
せ ー
た ロ
と ッ
繰 パ
り に
返 お
し( け
る
た23
)
。 ま
す
ま
す
厳
か
ら
除
外
さ
れ
た
こ
と
に
対
す
る
ソ
連
の
リ
ー
ダ
ー
と
し
て
の
憤
慨
、
そ
し
て
北
朝
鮮
が
攻
撃
し
て
も
米
国
は
韓
国
を
助
け
に
来
な
い
す
る
こ
と
を
拒
ん
で
い
る
。
朝
鮮
半
島
に
対
す
る
ス
タ
ー
リ
ン
の
関
心
に
つ
い
て
の
ギ
ャ
デ
ィ
ス
に
よ
る
推
測
は
、
ソ
連
が
日
本
占
領
こ
と
で
あ
っ
た
。
著
名
な
学
者
で
あ
る
ギ
ャ
デ
ィ
ス
︵
J
o
h
n
L
e
w
i
s
G
a
d
d
i
s
︶
の
よ
う
な
歴
史
家
は
、
い
ま
だ
に
ソ
連
の
役
割
を
否
定
が
欲
し
い
と
い
う
懇
願
を
受
け
入
れ
る
こ
と
に
後
ろ
向
き
で
あ
っ
た
と
す
る
モ
ス
ク
ワ
と
平
壌
の
間
で
交
わ
さ
れ
た
電
報
を
公
開
し
た
転
換
点
は
、
一
九
九
四
年
に
ロ
シ
ア
の
エ
リ
ツ
ィ
ン
︵
B
o
r
i
s
Y
e
l
t
s
i
n
︶
大
統
領
が
、
ス
タ
ー
リ
ン
は
金
日
成
の
南
を
攻
撃
す
る
許
可
よ
う
や
く
ソ
連
が
従
属
国
家
に
対
し
て
攻
撃
す
る
よ
う
指
示
し
た
こ
と
に
つ
い
て
の
修
正
が
受
け
入
れ
ら
れ
る
よ
う
に
な
っ
た
一
つ
の
第 86 号(2012)
よ
る
攻
撃
の
知
ら
せ
は
予
期
し
な
い
こ
と
で
あ
り
、
︵
日
の
早
朝
に
始
ま
り
、
一
九
五
三
年
七
月
二
七
日
に
休
N
戦
e
w 協
s
w 定
e
e
k が
が 署
表 名
現 さ
し れ
た 、
通 終
り
︶ わ
﹁
っ
澄 た
ん と
だ い
空 う
に こ
雷 と
が に
鳴 な
っ( っ
た22
て
)
﹂ い
よ る
う 。
で 北
あ 朝
っ 鮮
た 軍
。 に
ん 価
で が
い( あ
る
る21
)
。 に
驚 も
く か
べ か
き わ
こ ら
と ず
で 、
は 南
な 北
い 戦
が 争
、 を
国 除
家 く
の 米
物 国
語 に
は よ
こ る
の 他
議 の
論 全
を て
反 の
映 戦
し 争
て 以
い 上
な に
い 、
。 戦
朝 争
鮮 の
戦 起
争 源
は に
、 関
一 す
九 る
五 大
〇 き
年 な
六 議
月 論
二 を
五 呼
32
不正の正当化(マーク・カプリオ)
ら
さ
ま
な
挑
戦
で
あ
っ
た
。
こ
れ
に
対
応
可
能
な
我
々
の
能
力
か
ら
考
え
て
、
こ
の
挑
戦
か
ら
後
退
り
す
る
こ
と
は
、
米
国
の
力
や
威
信
を
大
33
本
の
安
全
保
障
に
と
っ
て
大
き
な
重
要
性
を
持
つ
地
域
、
韓
国
の
守
護
者
と
い
う
国
際
的
に
確
立
し
て
い
る
我
々
の
立
場
に
対
す
る
公
で
あ
か
明
ら
か
に
こ
の
攻
撃
は
、
ソ
連
へ
の
開
戦
の
口
実
︵
c
a
s
u
s
b
e
l
l
i
︶
で
は
な
か
っ
た
。
同
様
に
、
紛
れ
も
な
く
、
米
国
の
占
領
下
に
あ
る
日
介
入
を
求
め
た
の
か
を
一
九
七
一
年
に
回
想
し
た
。
た
。
朝
鮮
半
島
が
米
国
の
利
益
外
に
あ
る
と
一
九
五
〇
年
一
月
に
講
演
し
た
ア
チ
ソ
ン
︵
D
e
a
n
A
c
h
e
s
o
n
︶
は
、
な
ぜ
韓
国
が
米
国
の
し り 戦
た 、 争
︵ 朝 に
ド 鮮 お
ミ の け
ノ 共 る
理 産 共
論 主
産
︶
。 義 主
朝 者 義
鮮 と 者
戦 い の
争 う 攻
は 牌 撃
地 が に
獄 一 対
だ つ す
っ の る
た 資 封
と 本 じ
明 主 込
ら 義 め
か 国 の
に 家 失
な と 敗
っ い は
う
た ピ 、
が ー 介
、 ス 入
不 を を
作 全 原
為 て 因
に 倒 と
よ れ す
っ る る
て ま 損
生 で 害
じ 次 よ
る 々 り
結 と も
果 倒 は
は す る
さ こ か
ら と に
に に 悪
悲 な い
惨 る 事
で と 象
あ 主 で
っ 張 あ
の
一
端
と
し
て
の
ソ
連
に
よ
る
指
示
と
い
う
も
の
で
あ
る
。
ベ
ト
ナ
ム
が
そ
う
で
あ
っ
た
よ
う
に
、
米
国
政
府
関
係
者
た
ち
は
、
朝
鮮
の
柱
で
作
り
上
げ
て
き
た
。
そ
れ
は
、
突
然
で
正
当
な
理
由
の
な
い
開
戦
、
北
朝
鮮
の
体
制
に
よ
る
主
導
、
世
界
的
な
共
産
主
義
革
命
ら
早
々
に
始
ま
っ
た
。
戦
争
自
体
、
そ
し
て
休
戦
後
の
歴
史
の
大
部
分
を
通
じ
て
、
米
国
は
こ
の
戦
争
の
起
源
に
関
す
る
歴
史
を
三
つ
朝
鮮
戦
争
へ
の
介
入
を
米
国
が
正
当
化
し
よ
う
と
す
る
取
り
組
み
は
、
一
九
五
〇
年
六
月
に
朝
鮮
半
島
で
全
面
戦
争
が
勃
発
し
て
か
三
朝
鮮
戦
争
に
お
け
る
米
国
:
そ
れ
は
正
し
い
介
入
で
あ
っ
た
の
か
?
衝
突
が
、
第
二
次
朝
鮮
戦
争
を
勃
発
さ
せ
る
か
も
知
れ
な
い
。
ら
一
九
五
〇
年
の
間
に
見
ら
れ
た
心
配
の
種
は
い
ま
だ
に
残
っ
て
お
り
、
近
年
の
非
武
装
地
帯
︵
D
M
Z
︶
に
お
け
る
比
較
的
小
規
模
の
休
戦
協
定
が
交
わ
さ
れ
た
一
九
五
三
年
七
月
以
降
、
地
域
が
維
持
し
て
き
た
不
安
定
な
平
和
を
脅
か
す
も
の
で
あ
る
。
一
九
四
九
年
か
︵
無
条
件
に
︶
放
棄
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
。
近
年
見
ら
れ
る
こ
の
よ
う
な
疑
問
の
余
地
が
あ
る
用
心
深
い
米
国
の
頑
な
な
反
応
は
、
立教法学
が
ら
、
内
戦
は
、
︵
一
時
的
に
分
断
さ
れ
て
い
る
︶
一
つ
の
国
家
に
お
い
て
権
力
を
争
う
二
つ
の
政
府
が
、
厳
密
に
は
そ
こ
に
存
在
す
る
張
し
続
け
る
者
が
い
る
が
、
原
則
と
し
て
、
民
主
的
に
選
ば
れ
た
政
府
は
選
挙
民
に
正
当
性
を
求
め
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
。
し
か
し
な
ア
フ
ガ
ニ
ス
タ
ン
へ
、
続
い
て
イ
ラ
ク
へ
無
謀
に
も
侵
攻
し
た
時
の
ブ
ッ
シ
ュ
︵
G
e
o
r
g
e
W
.
B
u
s
h
︶
の
よ
う
に
、
神
聖
な
啓
示
を
主
昔
の
国
王
た
ち
は
、
戦
場
に
お
い
て
兵
士
を
率
い
る
た
め
、
﹁
合
法
的
な
権
威
﹂
を
正
当
化
す
る
神
聖
な
権
利
を
主
張
し
た
。
ま
ず
ઃ
合
法
的
な
権
威
の
下
、
行
わ
れ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
ア
ド
・
ベ
ル
ム
︵
j
u
s
a
d
b
e
l
l
u
m
︶
か
と
い
う
ユ
ス
・
イ
ン
・
ベ
ロ
︵
u
に j
s
つ i
n
い b
て e
l
l
、 o
︶
ま の
ず 問
考 題
察 に
す( つ
る25
)い
。 て
簡
単
に
触
れ
る
前
に
、
な
ぜ
戦
争
を
行
っ
た
の
か
と
い
う
ユ
ス
・
と
い
う
決
定
の
正
当
性
を
評
価
す
る
際
に
、
歴
史
に
基
づ
い
た
枠
組
み
を
提
供
し
て
い
る
。
こ
こ
で
、
ど
の
よ
う
に
戦
争
を
戦
っ
た
の
た
主
張
は
こ
の
考
え
を
採
用
し
て
い
た
。
そ
の
た
め
、
正
し
い
戦
争
と
い
う
考
え
は
、
朝
鮮
半
島
に
お
け
る
戦
闘
に
米
軍
が
関
与
す
る
に
対
し
て
こ
の
出
来
事
を
説
明
す
る
際
、
前
述
し
た
正
し
い
戦
争
と
い
う
考
え
に
直
接
言
及
し
な
か
っ
た
が
、
こ
の
課
題
で
用
い
ら
れ
心
と
い
う
よ
う
な
外
国
か
ら
の
奇
襲
攻
撃
と
い
う
利
点
は
な
か
っ
た
。
ト
ル
ー
マ
ン
政
権
は
、
米
国
の
人
々
や
国
連
安
全
保
障
理
事
会
け
る
戦
争
へ
の
介
入
を
正
当
化
す
る
と
い
う
課
題
に
直
面
し
た
。
そ
し
て
、
こ
の
当
時
、
一
九
四
一
年
の
日
本
人
に
対
す
る
直
接
的
関
務
長
官
が
朝
鮮
半
島
は
米
国
の
利
益
の
範
囲
外
で
あ
る
と
言
及
し
て
か
ら
半
年
も
経
た
な
い
内
に
、
米
国
の
人
々
に
と
っ
て
外
国
に
お
戦
争
の
勃
発
直
後
か
ら
、
朝
鮮
に
お
い
て
米
国
の
軍
事
行
動
を
展
開
さ
せ
た
ア
チ
ソ
ン
と
他
の
米
国
政
府
関
係
者
た
ち
は
、
米
国
国
第 86 号(2012)
が 我
出 々
来 の
な 防
か 御
っ 地
た 帯
。 を
そ 激
れ し
は く
、 追
我 い
々 立
が て
心 る
を ソ
鬼 ビ
に エ
し ト
て の
武 傀
力 儡
行 に
使 よ
を っ
す て
る こ
と の
決 重
意 要
し な
な 地
け 域
れ が
ば 征
な 服
ら さ
な れ
い る
か こ
の と
よ を
う 、
で 我
あ 々
っ( は
た24
)受
。 け
入
れ
る
こ
と
き
く
傷
つ
け
る
こ
と
で
あ
っ
た
。
︵
中
略
︶
そ
の
た
め
、
国
連
安
全
保
障
理
事
会
に
お
け
る
言
葉
や
ジ
ェ
ス
チ
ャ
ー
と
同
様
に
抵
抗
せ
ず
、
34
不正の正当化(マーク・カプリオ)
し
た
こ
と
に
対
し
て
米
国
は
正
当
化
出
来
る
か
も
知
れ
な
い
が
、
三
八
度
線
を
越
え
、
北
朝
鮮
の
領
域
へ
進
む
こ
と
は
、
米
国
が
侵
略
35
確
か
め
る
方
法
を
持
っ
て
い
な
い
。
同
様
に
、
元
々
の
分
裂
し
て
い
た
地
点
ま
で
北
朝
鮮
を
押
し
戻
そ
う
と
い
う
韓
国
の
行
動
を
支
援
で
正
当
化
す
る
こ
と
が
出
来
る
。
我
々
は
、
米
国
政
府
が
彼
ら
自
身
の
レ
ト
リ
ッ
ク
を
ど
の
程
度
正
確
に
信
じ
て
い
た
か
に
つ
い
て
、
る
。
仮
に
米
国
に
よ
る
主
張
が
事
実
で
あ
っ
た
と
し
て
も
、
米
国
の
介
入
は
、
外
国
か
ら
侵
略
さ
れ
て
い
る
国
へ
の
援
助
と
い
う
こ
と
う
意
見
に
よ
っ
て
米
国
は
そ
れ
を
正
当
化
す
る
が
、
こ
の
こ
と
が
事
実
に
反
す
る
と
我
々
が
知
っ
て
い
る
た
め
、
さ
ら
に
問
題
で
あ
か を い ぞ に お を 界 だ が 年 後 と
米 。 持 て れ 相 り 自 ﹂ と な に 、 い
国
つ 、 の 手 、 国 を 見 い 日 六 う
と
者 南 支 国 対 の 変 な ま 本 六 複
そ
が 側 援 を 立 所 え し ま に 八 雑
れ
い は 国 攻 す 有 よ て 、 よ 年 さ
に
る 米 で 撃 る 物 う お 一 っ か を
続
だ 国 あ す 相 だ と ら 九 て ら 生
く
ろ に る る 手 と し ず 四 政 統 じ
中
う 依 超 と 国 認 て 、 五 治 一 さ
一 年 的 さ せ
国
。 存 大 い の 識 き(
26
に
内 し 国 う 主 し た) 九 八 な れ る
よ
戦 、 か 権 権 て 。 五 月 主 た 。
一 〇 に 権 領 朝
る
と 北 ら 利 に い(
27
朝
い 側 の を 異 た) 九 年 米 が 土 鮮
鮮
う は 承 正 議 。 四 六 国 奪 が の
戦
も ソ 認 当 を 南 八 月 と わ 誕 場
争
の 連 や 化 唱 北 年 に ソ れ 生 合
へ
は を 軍 し え の の お 連 た し 、
の
、 頼 事 て て 両 建 け に 後 、 そ
介
外 っ 的 い い 体 国 る よ も 鴨 の
入
国 て 経 る る 制 後 通 っ 、 緑 半
は
(済 。 。 は で 常 て 完 江 島
に い28
、
よ る) 的 し こ 、 さ 戦 も 全 に で
ソ
る 。 な か の 他 え 争 た に 北 は
両 支 し こ 国 、 の ら 残 の
連
経 者 援 、 と に 両 勃 さ っ 国 、
が
新
済
が が そ は よ 国 発 れ た 境 羅
金
的
当 必 れ 、 る は に た 。 が
日
、 時 要 以 彼 非 各 至 も 半 設 が
成
軍
と で 上 ら 合 々 る の 島 け 百
に
事 同 あ に の 法 の ま で の ら 済
攻
的 じ る 両 意 な 憲 で あ 分 れ と
撃
、 よ と 者 識 ﹁ 法 の る 断 た 高
を
そ う い は に 傀 で 数 。 と 。 句
指
の な う 、 お 儡 規 年 南 い こ 麗
示
他 支 点 攻 い 政 定 間 北 う の と
し
の 援 も 撃 て 権 し に 朝 決 領 い
、
支 を 認 を 、 ﹂ て わ 鮮 定 土 う
彼
援 得 識 成 国 で い た の は に 二
の
無 ら し 功 家 あ る り 両 、 お つ
戦
し れ て さ 統 る よ 、 者 朝 け の
争
に る い せ 一 と う 幾 は 鮮 る 争
計
戦 で る る と お に 度 、 の 国 う
画
え あ 。 た い 互 、 と 三 人 境 王
を
る ろ こ め う い 相 な 八 々 は 朝
画
も う の に 目 が 手 く 度 に 、 を
策
の か 支 は 的 見 側 こ 線 よ 一 征
し
だ と 援 、 の な の の を る 九 服
た
ろ 疑 に そ た し 領 ﹁ 合 同 一 し
と
う 問 つ れ め て 土 境 法 意 〇 た
い
立教法学
近
視
眼
的
な
見
方
は
、
国
家
に
意
図
を
持
た
せ
た
り
、
準
備
を
さ
せ
た
り
す
る
言
葉
や
行
動
、
先
に
好
戦
的
な
行
動
を
始
め
た
と
い
う
下
の
南
側
で
起
こ
り
、
続
い
て
一
九
四
九
年
か
ら
三
八
度
線
で
起
こ
っ
た
騒
動
を
無
視
し
て
い
る
か
、
軽
視
し
て
い
る
。
こ
の
よ
う
な
延
長
さ
れ
た
と
平
凡
に
状
況
を
説
明
し
て
い
る
。
し
か
し
な
が
ら
、
一
般
的
に
そ
れ
ら
は
、
こ
の
時
期
よ
り
以
前
に
、
ま
ず
米
国
占
領
で
あ
っ
た
。
こ
れ
ら
の
物
語
は
、
切
れ
目
の
な
い
戦
闘
が
一
九
五
三
年
七
月
二
七
日
に
休
戦
協
定
が
結
ば
れ
て
終
わ
っ
た
、
も
し
く
は
如
始
ま
っ
た
と
い
う
見
解
を
強
調
し
て
い
る
。
そ
れ
に
続
く
当
事
者
た
ち
の
反
応
は
、
必
要
な
こ
と
の
一
つ
、
す
な
わ
ち
自
衛
の
一
部
う
我
々
が
目
指
す
結
論
を
複
雑
に
す
る
。
全
て
の
当
事
者
に
よ
っ
て
編
集
さ
れ
た
戦
争
の
物
語
は
、
一
九
五
〇
年
六
月
末
に
戦
争
は
突
第 86 号(2012)
る 繰 以 援 た な の 義
朝 。 り 前 無 ち ど 人 者 正 ઄
鮮
返 の し が の 々 で し
戦
し 占 で 相 人 は さ い 正
争
で 領 戦 手 道 、 え 戦 し
の
あ 者 え 国 的 米 、 争 い
起
り た た か な 国 独 と 理
源
、 ち 戦 ら 理 が 裁 い 由
に
加 へ 争 の 由 第 者 う と
関
え 無 で 攻 も 二 を 考 意
す
て 理 は 撃 、 次 倒 え 図
る
共 に な に 一 世 す で の
論
産 求 か 直 般 界 た は た
争
主 め っ 面 的 大 め 、 め
は
義 た た し に 戦 、 国 に
、
の 。 と た 容 に あ 家 、
戦
脅 参 信 上 認 参 る に 行
い
威 戦 じ で 可 戦 い 強 わ
に
を に て の 能 し は 硬 れ
関
封 つ い 自 だ た 自 な な
与
じ い る 衛 と こ 衛 行 け
す
込 て 。 の 考 と の 動 れ
る
め の 李 行 え に 目 を ば
正
る 米 承 動 ら つ 的 取 な
し
︵ 国 晩 だ れ い に る ら
い
あ の と っ て て よ こ な
原
る 弁 金 た い 、 る と い
因
い 明 日 と る 正 攻 を
や
は は 成 参 。 し 撃 許
巻 、 は 戦 南 か さ 容
目
き 北 、 を 北 っ れ す
的
返 朝 戦 正 の た た る
を
す 鮮 争 当 両 と 際 事
持
︶ が の 化 国 信 の 情
っ
た 戦 承 す は じ 強 を
た
め 争 認 る 、 て い 明
好
に を と 主 各 い 報 ら
戦
も 始 軍 張 々 る 復 か
的
必 め 事 を の 。 の に
な
要 た 的 し 公 ジ 正 認
当
で と な て 式 ェ 当 め
事
あ い 支 い の ノ 性 て
者
っ う 援 る 物 サ を い
が
た 韓 に 。 語 イ 認 る
い
と 国 つ ま に ド め 。
た
い に い た お に て 多
か
う よ て 、 い 対 い く
ど
も る 、 両 て す る の
う
の 主 各 国 、 る 。 平
か
で 張 々 は 自 戦 多 和
と
あ の の 支 分 い く 主
い
軍
で
あ
る
と
い
う
こ
と
を
示
し
、
北
朝
鮮
を
支
援
す
る
中
国
に
正
当
な
理
由
を
与
え
る
こ
と
に
な
っ
て
し
ま(
う29
)
。
36
不正の正当化(マーク・カプリオ)
目 要
的 が
で あ
、 る
い 。
か 現
に 在
﹁ 、
自 結
衛 論
﹂ は
を 出
用 て
い い
て な
き い
た が
の 、
か こ
を れ
複 ら
雑 の
に 疑
す 問
る に
だ 対
ろ( す
う32
る
)
。 答
そ え
れ は
ら 、
は 南
、 北
さ の
ら 両
に 国
、 が
戦 自
場 身
で の
向 戦
か 争
い 参
合 加
う を
前 正
に 当
交 化
戦 す
国 る
37
仮
に
そ
の
や
り
取
り
を
知
っ
て
い
た
場
合
、
韓
国
と
米
国
の
対
北
朝
鮮
戦
略
に
ど
の
程
度
影
響
が
あ
っ
た
の
か
に
つ
い
て
研
究
す
る
必
よ
る
往
復
書
簡
や
会
談
の
内
容
を
理
解
す
る
た
め
に
は
、
韓
国
と
米
国
が
彼
ら
の
や
り
取
り
に
ど
れ
だ
け
内
通
し
て
い
た
の
か
、
ま
た
す
る
行
動
、
特
に
攻
撃
す
る
と
い
う
北
朝
鮮
の
決
断
、
そ
し
て
一
九
五
〇
年
よ
り
前
に
行
わ
れ
た
ス
タ
ー
リ
ン
、
毛
沢
東
、
金
日
成
に
か 朝 に 米
? 鮮 対 国
戦 す の
第 争 る 主
二 の 我 張
に 起 々 の
、 源 の 妥
な に 評 当
ぜ 関 価 性
そ す を に
れ る 複 つ
ら 更 雑 い
は な に て
朝 る し 判
鮮 問 て 断
戦 題 い( す
る
争 を る31
)
の 提 。 こ
物 示 何 と
語 す カ は
の る 月 不
一 。 に 可
部 第 も 能
あ 一 わ に
た 近
る
い に り く
は 、 、 、
別 な 何 そ
物 ぜ 百 れ
と こ 人 が
見 れ も 典
な ら の 型
さ の 死 的
れ 騒 傷 な
る 動 者 内
べ は を 戦
き 、 出 で
な 全 し あ
の 面 た る
か 戦 三 一
? 争 八 九
に 度 五
加 至 線 〇
え る に 年
て 前 お 六
、 に け 月
戦 止 る 以
争 ま 戦 前
に っ 闘 の
突 た は 戦
入 の 、 闘
平
壌
︵
ひ
い
て
は
モ
ス
ク
ワ
︶
に
よ
っ
て
促
さ
れ
、
調
整
さ
れ
た
と
考
え
ら
れ
て
い
る
南
側
に
お
け
る
反
乱
的
行
為
と
い
う
韓
国
と
は る
、 結
一 果
つ は
の 自
、 分
そ た
し ち
て が
同 生
様 き
の る
事 政
象 治
と の
い 延
う 長
側 で
面 あ
を り
持 、
っ 我
て 々
い(
が
る30
)
。 選
ん
だ
手
段
は
あ
る
種
の
我
々
の
求
め
る
目
的
を
反
映
す
る
。
手
段
と
目
的
相
手
国
を
壊
滅
さ
せ
る
ぞ
と
脅
す
国
家
の
政
治
に
よ
っ
て
始
ま
る
。
し
か
し
な
が
ら
、
手
段
と
目
的
を
分
け
よ
う
と
努
力
し
て
も
、
我
々
の
得
次
の
戦
争
は
最
初
の
銃
声
で
は
な
く
、
脅
威
や
恐
怖
、
そ
れ
ら
へ
の
対
抗
と
い
う
自
分
た
ち
の
全
滅
を
避
け
よ
う
と
す
る
取
り
組
み
の
中
、
︵
D
u
a
n
e
L
.
C
a
d
y
︶
は
、
手
段
と
目
的
の
調
和
と
し
て
こ
の
点
を
説
明
す
る
だ
ろ
う
。
戦
争
に
お
い
て
さ
え
こ
の
﹁
事
実
﹂
、
す
な
わ
ち
最
初
の
銃
声
を
確
か
め
る
こ
と
は
困
難
で
あ
る
。
戦
争
論
の
学
者
で
あ
る
キ
ャ
デ
ィ
状
況
さ
え
加
味
せ
ず
、
最
初
の
銃
声
が
鳴
っ
た
後
に
つ
い
て
の
み
捉
え
て
、
開
戦
し
た
状
況
を
考
え
る
も
の
で
あ
る
。
そ
の
上
、
朝
鮮
立教法学
解
放
直
後
、
米
国
︵
と
恐
ら
く
ソ
連
︶
は
、
分
断
が
戦
争
に
つ
な
が
る
こ
と
を
認
識
し
て
い
た
。
一
九
四
五
年
九
月
、
ホ
ッ
ジ
朝
鮮
︶
を
建
国
し
た
一
九
四
八
年
に
、
成
功
し
た
こ
と
が
証
明
さ
れ
た
。
関
し
て
は
、
ま
ず
南
側
が
、
続
い
て
北
側
が
選
挙
を
実
施
し
、
そ
れ
ぞ
れ
大
韓
民
国
︵
南
朝
鮮
︶
と
朝
鮮
民
主
主
義
人
民
共
和
国
︵
北
活
動
は
、
地
理
的
に
も
イ
デ
オ
ロ
ギ
ー
的
に
も
二
つ
に
分
断
し
た
朝
鮮
の
国
を
形
成
す
る
と
い
う
も
の
に
移
っ
て
い
っ
た
。
こ
れ
ら
に
な
試
み
は
、
モ
ス
ク
ワ
と
ワ
シ
ン
ト
ン
の
間
に
お
け
る
議
論
が
決
裂
し
た
一
九
四
七
年
ま
で
に
消
え
去
っ
た
。
こ
の
時
期
か
ら
米
ソ
の
け
た
よ
う
に
、
そ
れ
ら
二
つ
の
超
大
国
は
平
和
の
維
持
に
も
責
任
を
負
っ
て
い
た
。
北
と
南
を
再
統
一
す
る
と
い
う
い
く
つ
か
の
熱
心
保
と
う
と
す
る
目
的
を
共
有
し
て
い
た
。
米
国
と
ソ
連
が
半
島
を
分
断
し
、
自
分
た
ち
に
依
存
す
る
国
に
対
し
て
影
響
力
を
拡
大
し
続
も
、
信
そ
じ
の
て
時
い
、
た
相
こ
手
と
が
が
本
主
当
な
に
理
平
由
和
で
を
あ
望
る
ん
。
で
ま
い
た
る
、
と
南
信
北
じ
の
て
両
い
者
な
は
か
、
っ
彼
た
ら
。
自
そ
身
れ
の
は
超
、
大
南
国
に
と
よ
い
る
う
資
パ
本
ー
主
ト
義
ナ
体
ー
制
と
あ
共
る
同
い
で
は
平 ︵ 北
和 正 に
を 確 よ
に
︶
る
共
産
主
義
体
制
の
下
で
の
統
一
と
い
う
彼
ら
の
条
件
に
よ
る
平
和
的
な
解
決
が
、
相
手
国
の
利
益
に
な
ら
な
い
と
双
方
が
政
府
は
直
前
ま
で
和
平
案
を
提
言
し
て
い
た
。
し
か
し
、
双
方
の
試
み
は
、
お
互
い
が
プ
ロ
パ
ガ
ン
ダ
で
あ
る
と
見
な
し
た
。
ど
ち
ら
め
た
が
、
残
念
な
が
ら
失
敗
し
て
し
ま
っ
た
と
国
家
が
主
張
す
る
こ
と
が
、
せ
い
ぜ
い
出
来
る
程
度
で
あ
る
。
朝
鮮
戦
争
の
場
合
、
両
手
段
が
使
い
果
た
さ
れ
た
か
ど
う
か
を
確
か
め
る
こ
と
は
困
難
、
も
し
く
は
不
可
能
で
あ
る
。
敵
国
と
の
折
り
合
い
を
つ
け
よ
う
と
努
平
和
が
破
ら
れ
た
後
、
多
く
の
戦
争
︵
あ
る
い
は
戦
争
が
な
か
っ
た
場
合
︶
に
お
い
て
、
戦
争
を
防
止
す
る
た
め
に
全
て
の
平
和
的
な
અ
全
て
の
平
和
的
手
段
を
使
い
果
た
し
た
後
の
最
終
手
段
と
し
て
行
わ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
第 86 号(2012)
か を が
。 防 平
ぐ 和
た 的
め な
に 手
ど 段
の を
よ 使
う い
な 果
手 た
段 し
が た
用 か
い と
ら い
れ う
た 正
の し
だ い
ろ 戦
う 争
か の
。 教
そ 義
し に
て 関
、 す
戦 る
争 疑
は 問
交 を
戦 提
国 示
に す
唯 る
一 。
残 一
さ 九
れ 五
た 〇
選 年
択 六
だ 月
っ ま
た で
の に
だ 、
ろ 戦
う 争
38
不正の正当化(マーク・カプリオ)
と
い
う
選
択
肢
で
妥
協
し
よ
う
と
は
望
ま
な
か
っ
た
。
彼
ら
の
占
領
国
は
、
自
分
た
ち
が
画
策
し
た
分
断
に
つ
い
て
、
平
和
的
な
解
決
39
り 一 在
に す し
、 る た
当 唯 あ
事 一 ら
者 の ゆ
た 方 る
ち 法 信
は が 頼
問 戦 は
題 争 、
を だ た
悪 と ち
化 、 ま
さ す ち
せ ぐ 消
る に え
段 理 て
階 解 な
に し( く
な
進 た36
)
み 。 っ
、 こ た
そ の 。
の 分 新
結 断 し
果 を く
、 終 就
南 わ 任
北 ら し
朝 せ た
鮮 る 二
は た 人
戦 め の
争 の 指
に 平 導
近 和 者
付 的 は
い( 手 、
た37
段 分
)
。 に 断
双 つ さ
方 い れ
と て た
も 探 朝
、 し 鮮
平 求 半
和 め 島
的 る を
共 か 再
存 わ 統
は
、
戦
争
を
勃
発
さ
せ
る
火
薬
樽
に
火
を
つ
け
る
結
果
に
な
ら
な
か
っ
た
が
、
導
火
線
に
マ
ッ
チ
を
近
づ
け
た
。
南
北
の
両
者
間
に
存
持
で
あ
る
一
方
、
U
N
T
C
O
K
の
右
派
グ
ル
ー
プ
は
南
側
に
お
け
る
ソ
ビ
エ
ト
の
指
導
に
応
じ
る
こ
と
を
拒
否
し
た
。
こ
れ
ら
の
問
題
閥
に
つ
け
込
ま
れ
た
こ
と
に
よ
り
、
さ
ら
に
も
う
一
度
、
分
裂
を
招
い
た
。
ソ
連
の
左
派
グ
ル
ー
プ
に
お
け
る
方
針
は
信
託
統
治
の
支
a
r
y
C
o
m
m
i
s
s
i
o
n
o
n
K
o
r
e
a
:
U
N
T
C
O
K
︶
を
組
織
し
た
。
二
つ
の
占
領
国
の
関
係
と
同
様
に
、
こ
の
政
策
転
換
は
、
南
側
に
お
け
る
派
こ
の
新
し
い
目
的
の
た
め
、
米
国
は
朝
鮮
半
島
全
域
の
選
挙
を
促
進
す
る
た
め
の
国
連
臨
時
朝
鮮
委
員
会
︵
U
n
i
t
e
d
N
a
t
i
o
n
s
T
e
m
p
o
r
-
は
そ
の
直
後
、
国
連
が
調
整
し
た
選
挙
と
い
う
新
し
い
計
画
に
賛
成
し
、
信
託
統
治
案
に
対
す
る
支
援
か
ら
手
を
引
い
て
し
ま
っ
た
。
連
の
関
係
が
悪
化
し
た
後
に
に 表
お 面
い 化
て し
、 た
朝 。
鮮 一
半 九
島 四
を 五
五 年
年 一
間 二
の 月
信 、
託 二
統 つ
治 の
に 超
よ 大
り 国
管 は
理 、
す モ
る ス
こ ク
と ワ
で 外
合 相
意 会
し( 議
た35
)︵
。 M
し o
c
か s
o
し w
、 C
米 o
n
e
国 f
r
e
n
c
e
o
f
F
o
r
e
i
g
n
M
i
n
i
s
t
e
r
s
︶
-
そ っ
し た
て 。
選 一
挙 九
を 四
ボ 八
イ 年
コ の
ッ 選
ト 挙
す は
る 、
こ あ
と る
を 人
選 々
択 が
し 自
た 分
左 た
派 ち
政 に
党 対
の す
支 る
持 米
者 国
を の
除 差
く 別
か 的
た な
ち 政
で 策
行 に
わ 気
れ( 付
た34
い
)
。 た
第 結
二 果
の 、
問 韓
題 国
は の
、 左
米 派
国 政
と 党
ソ 、
性
を
均
衡
さ
せ
る
と
い
う
真
剣
な
取
り
組
み
を
妨
害
し
、
よ
り
保
守
的
な
派
閥
を
支
援
す
る
こ
と
で
そ
れ
を
強
め
る
と
い
う
も
の
で
あ
お
け
る
不
安
を
助
長
さ
せ
る
と
い
う
北
側
か
ら
の
指
示
に
対
す
る
米
国
の
軍
事
占
領
者
た
ち
の
意
見
は
、
朝
鮮
の
政
治
的
派
閥
の
異
質
め
、
平
和
の
行
方
は
朝
鮮
半
島
の
再
統
一
次
第
で
あ
っ
た
。
し
か
し
、
二
つ
の
要
因
が
こ
の
行
方
を
複
雑
に
し
た
。
第
一
に
、
南
側
に
述
べ
て
い
る
。
ま
た
、
日
本
や
朝
鮮
の
人
々
が
予
想
し
た
第
三
次
世
界
大
戦
が
迫
っ
て
い
る
と
い
う
噂
も
、
広
が
っ
て
い
た
。
そ
の
た
︵
J
o
h
n
R
.
H
o
d
g
e
︶
中
将
は
、
報
告
書
に
お
い
て
朝
鮮
が
﹁
爆
発
す
る
準
備
を
し
て
い
る
火
薬
の
詰
ま
っ
て
い
る(
樽33
)
﹂
と
い
う
印
象
を
立教法学
戦
争
の
起
源
と
そ
の
結
果
は
、
世
界
の
多
く
の
人
々
に
と
っ
て
は
二
〇
年
前
に
終
わ
っ
て
い
る
冷
戦
の
最
後
の
前
哨
地
の
一
つ
に
対
争 験
を 的
終 な
わ 戦
ら 争
せ ﹂
な で
か は
っ な
た か
の っ
か た
と か
い と
う い
こ う
と 疑
に 問
対 を
す 呈
る し
追 た
及 。
が こ
あ( の
る42
疑
)
。 問
の
背
景
に
は
、
な
ぜ
米
国
は
蓄
え
て
い
た
原
爆
を
使
用
し
、
戦
W
o
r
l
d
a
n
d
N
e
w
s
R
e
p
o
r
t
は
、
戦
争
が
﹁
人
や
兵
器
、
物
品
、
方
法
を
継
続
的
に
試
す
目
的
の
た
め
に
、
一
進
一
退
で
戦
わ
れ
た
実
﹁
を 北 国 が 人
爆 朝 の 殺 の
撃 鮮 機 戮 死
し に 銃 さ 者
た お 掃 れ は
。 い 射 、 軍
リ て に ジ 人
ッ 動 よ ェ の
ジ く り ノ 死
ウ 全 、 サ 者
ェ て 非 イ を
イ の 戦 ド 上
は も 闘 が 回
員 悪 っ
、
﹁ の の 化 た
焼 は 被 し 。
夷 、 害 た 朝
弾 軍 者 こ 鮮
で 事 は と の
都 的 増 を 人
市 な え( 疑 々
問 は
を 標 た39
)
焦 的 。 に 、
土 だ 北 思 戦
( 朝 っ( 況
化 っ40
が
す た) 鮮 た38
)
る ﹂ へ 。 変
﹂ と の 韓 化
目 述 激 国 す
的 べ し へ る
で て い 入 た
、 い 爆 る び
平 る 撃 た に
壌 。 は め 何
米
を 国 、 漢 度
攻 は 都 江 も
撃 、 市 を 領
し( 北 を 渡 土
一 ろ の
た41
)側
。 に 掃 う 持
一 お し と ち
九 け た し 主
。 た が
五 る あ 民 変
一 全 る 間 わ
年 て レ 人 っ
八 の ポ に た
月 主 ー 対 結
に 要 ト す 果
U 都 は る 、
.
S 市 、 米 敵
.
朝
鮮
戦
争
は
、
確
か
に
戦
争
が
地
獄
で
あ
る
と
す
る
ウ
ォ
ル
ツ
ァ
ー
の
考
え
の
域
に
達
し
て
い
た
。
何
百
万
も
の
人
が
死
に
、
民
間
面
上
の
平
和
し
か
な
い
こ
と
を
思
い
出
さ
せ
る
。
る
。
半
島
は
分
断
さ
れ
た
状
態
で
残
り
、
家
族
の
別
離
は
続
き
、
そ
し
て
両
国
間
に
お
け
る
散
発
的
な
戦
闘
は
、
我
々
に
半
島
に
は
外
た
場
合
、
第
二
次
世
界
大
戦
や
ベ
ト
ナ
ム
戦
争
よ
り
も
大
き
い
も
の
で
あ
っ
た
。
戦
争
の
結
果
、
朝
鮮
の
人
々
は
苦
し
み
続
け
て
い
詰
ま
り
と
い
う
形
で
終
え
た
朝
鮮
戦
争
も
、
例
外
で
は
な
い
。
朝
鮮
戦
争
の
激
し
さ
は
、
実
際
、
空
間
的
時
間
的
な
緊
密
度
を
考
慮
し
っ
た
と
し
て
も
、
現
代
の
戦
争
は
、
そ
れ
ら
の
組
み
合
わ
せ
を
正
当
化
す
る
方
法
に
よ
っ
て
行
わ
れ
て
き
た
。
勝
利
と
言
う
よ
り
は
手
第 86 号(2012)
ほ
と
ん
ど
あ
り
得
な
い
が
、
た
と
え
勝
利
に
よ
っ
て
得
る
報
酬
と
戦
争
に
と
も
な
う
人
的
物
的
損
害
を
比
較
す
る
こ
と
が
可
能
で
あ
四
J
u
s
i
n
B
e
l
l
o
︵
い
か
に
戦
わ
れ
る
の
か
︶
を
追
求
し
よ
う
と
は
ほ
と
ん
ど
し
な
か
っ
た
。
の
不
正
40
不正の正当化(マーク・カプリオ)
︵
3
︶
P
e
t
e
r
S
.
T
e
m
e
s
,
T
h
e
J
u
s
t
W
a
r
:
A
n
A
m
e
r
i
c
a
n
R
e
f
l
e
c
t
i
o
n
o
n
t
h
e
M
o
r
a
l
i
t
y
o
f
W
a
r
i
n
O
u
r
T
i
m
e
︵
C
h
i
c
a
g
o
,
I
v
a
n
R
.
D
e
e
,
2
0
0
3
︶
,
4
.
41
︵
2
︶
W
a
l
z
e
r
,
J
u
s
t
a
n
d
U
n
j
u
s
t
W
a
r
,
2
1
.
O
t
h
e
r
B
a
t
t
l
e
s
f
o
r
t
h
e
A
m
e
r
i
c
a
n
P
a
s
t
︵
N
e
w
Y
o
r
k
:
M
e
t
r
o
p
o
l
i
t
a
n
B
o
o
k
s
,
1
9
9
6
︶
.
れ
た
。
こ
の
イ
ベ
ン
ト
に
関
す
る
文
献
と
し
て
は
、
以
下
が
あ
る
。
E
d
w
a
r
d
T
.
L
i
n
e
n
t
h
a
l
a
n
d
T
o
m
E
n
g
e
l
h
a
r
d
t
,
e
d
s
.
,
H
i
s
t
o
r
y
W
a
r
s
:
T
h
e
E
n
o
l
a
G
a
y
a
n
d
含
め
エ
ノ
ラ
・
ゲ
イ
爆
撃
機
の
展
示
を
試
み
た
。
し
か
し
、
こ
の
計
画
は
、
退
役
軍
人
や
議
会
の
グ
ル
ー
プ
に
よ
る
反
対
運
動
が
成
功
し
、
被
害
状
況
の
展
示
は
撤
去
さ
︵
1
︶
一
九
九
五
年
、
ワ
シ
ン
ト
ン
D
C
の
ス
ミ
ソ
ニ
ア
ン
博
物
館
は
、
広
島
へ
の
原
爆
投
下
五
〇
年
を
記
念
し
た
イ
ベ
ン
ト
に
お
い
て
、
原
爆
投
下
に
よ
る
被
害
状
況
も
︵
0
︶
A
n
d
r
e
w
F
i
a
l
a
,
T
h
e
J
u
s
t
W
a
r
M
y
t
h
:
T
h
e
M
o
r
a
l
I
l
l
u
s
i
o
n
s
o
f
W
a
r
︵
L
a
n
h
a
m
,
M
L
:
R
o
w
a
n
&
L
i
t
t
l
e
f
i
e
l
d
,
2
0
0
8
︶
,
3
.
し
い
戦
争
と
不
正
な
戦
争
﹄
風
行
社
、
二
〇
〇
八
年
︶
︵
/
︶
M
i
c
h
a
e
l
W
a
l
z
e
r
,
J
u
s
t
a
n
d
U
n
j
u
s
t
W
a
r
:
A
M
o
r
a
l
A
r
g
u
m
e
n
t
w
i
t
h
H
i
s
t
o
r
i
c
a
l
I
l
l
u
s
t
r
a
t
i
o
n
s
︵
N
e
w
Y
o
r
k
:
B
a
s
i
c
B
o
o
k
s
,
1
9
7
7
︶
,
3
3
.
︵
萩
原
能
久
監
訳
﹃
正
に
よ
る
、
軍
事
的
な
手
段
を
含
む
朝
鮮
半
島
に
お
け
る
将
来
の
行
動
を
正
当
化
す
る
様
々
な
試
み
を
不
適
格
と
見
な
す
。
た
状
況
を
正
そ
う
と
す
る
小
さ
く
も
真
剣
な
努
力
が
な
さ
れ
て
き
た
。
こ
れ
ら
の
失
敗
は
、
双
方
を
戦
争
に
近
付
け
る
全
て
の
当
事
者
ム
に
変
わ
る
選
択
肢
を
北
朝
鮮
と
真
剣
に
交
渉
す
る
こ
と
、
そ
し
て
経
済
的
な
困
窮
を
是
正
す
る
こ
と
に
よ
り
、
こ
の
批
判
さ
れ
て
き
平
和
的
な
半
島
の
統
一
の
道
を
開
く
た
め
に
、
朝
鮮
戦
争
の
公
式
な
終
了
に
つ
い
て
交
渉
す
る
こ
と
、
危
険
な
核
兵
器
開
発
プ
ロ
グ
ラ
た
め
に
必
要
な
こ
と
だ
と
主
張
し
て
い
る
。
一
九
四
〇
年
代
後
半
と
同
様
に
、
朝
鮮
半
島
に
お
い
て
潜
在
的
に
戦
争
に
直
面
し
た
が
、
歴
史
を
繰
り
返
さ
な
い
た
め
に
、
最
も
重
要
な
施
設
を
地
下
に
設
け
、
核
兵
器
で
武
装
し
、
そ
れ
を
米
国
の
侵
略
に
対
す
る
抑
止
力
の
あ
る
国
家
と
い
う
定
義
を
カ
ミ
ン
グ
ス
︵
B
r
u
c
e
C
u
m
i
n
g
s
︶
た
北
朝
鮮
に
つ
い
て
、
ラ
ス
ウ
ェ
ル
︵
H
a
r
o
l
d
L
a
s
s
w
e
l
l
︶
の
は ﹁
引 暴
用 力
し の
、 専
彼 門
は 家
﹁ が
兵 最
営 も
国 強
家 力
﹂ な
だ グ
と ル
主 ー
張 プ
し に
て な
い( っ
る43
て
)
。 い
北 る
朝 社
鮮 会
は ﹂
、 で
を
こ
の
地
域
に
お
け
る
米
軍
に
よ
っ
て
防
衛
し
て
い
る
。
朝
鮮
戦
争
に
お
け
る
大
量
爆
撃
の
結
果
か
ら
学
ん
だ
教
訓
の
上
に
建
て
ら
れ
に
よ
る
次
の
奇
襲
攻
撃
を
抑
止
す
る
た
め
、
東
ア
ジ
ア
に
お
け
る
プ
レ
ゼ
ン
ス
を
維
持
し
、
世
界
で
最
も
経
済
的
に
成
功
し
た
二
カ
国
す
る
政
策
を
、
今
日
で
も
悩
ま
せ
続
け
て
い
る
。
米
国
は
、
伝
え
ら
れ
る
と
こ
ろ
で
は
、
な
ら
ず
も
の
で
予
測
不
可
能
な
北
朝
鮮
体
制
立教法学
l
e
c
t
e
d
Q
u
e
s
t
i
o
n
s
o
n
t
h
e
‘
F
o
r
g
o
t
t
e
n
W
a
r
’
:
S
o
u
t
h
K
o
r
e
a
a
n
d
t
h
e
U
n
i
t
e
d
S
t
a
t
e
s
o
n
t
h
e
E
v
e
o
f
t
h
e
K
o
r
e
a
n
W
a
r
,
”
T
h
e
A
s
i
a
P
a
c
i
f
i
c
J
o
u
r
n
a
l
9
5
3
︵
21
︶
多
く
の
先
行
研
究
が
あ
り
、
筆
者
も
以
前
、
下
記
に
お
い
て
、
こ
の
よ
う
な
朝
鮮
戦
争
を
巡
る
議
論
に
つ
い
て
言
及
し
た
こ
と
が
あ
る
。
M
a
r
k
E
.
C
a
p
r
i
o
,
“
N
e
g
-
7
8
0
8
4
.
米
国
は
韓
国
を
武
装
さ
せ
た
が
、
そ
れ
は
﹁
攻
撃
的
﹂
武
器
で
は
な
く
﹁
防
衛
的
﹂
武
器
に
よ
っ
て
で
あ
っ
た
。
︵
20
︶
W
i
n
t
h
r
o
p
D
.
J
o
r
d
o
n
,
M
i
r
i
a
m
G
r
e
e
n
b
l
a
t
t
,
J
o
h
n
S
.
B
o
w
e
s
,
T
h
e
A
m
e
r
i
c
a
n
s
:
A
H
i
s
t
o
r
y
︵
E
v
a
n
s
t
o
n
,
I
l
l
:
M
c
D
o
u
g
a
l
,
L
i
t
t
e
l
l
&
C
o
m
p
a
n
y
,
1
9
9
4
︶
,
︵
︵ ︵
19
て
リ 18 17
い ︶ カ ︶ ︶
M
る 週 の D
a a
y
。 刊 光 v
雑 と i
d ,
R
誌 影 H “
e
で ﹄ a
l l
u
b
あ 新 e c
t
r
a
る 潮 s
t n
U 社 a
m t
C
.
S 、 ,
T r
u
.
s
N 一 h
e a
d
e 九 F
e
w
r
i
s 九 f
t s
,
a
i
”
七
e
n
s
d 年 ︵ 1
3
W 、 N 3
.
e
o
八 w
r
l
d 九 Y
R 頁 o
e
を r
k
p
o
参 :
V
r
t
︵ 考 i
l
l
O に a
r
c
し d
t
o た B
b
o
o
e
r ︱ k
s
5
︱
,
,
1
訳 1
9
9
9
5
者
3
1
︶ ﹈ ︶
,
7
は
3
.
、
﹇
﹁
翻
朝
訳
鮮
に
:
当
忘
た
れ
り
ら
、
れ
金
た
子
戦
宣
争
子
﹂
︵
訳
二
﹃
一
ザ
頁
・
︶
フ
と
ィ
述
フ
べ
テ
、
ィ
こ
ー
の
ズ
点
︱
を
一
さ
九
ら
五
に
〇
発
年
展
代
さ
ア
メ
せ
ッ
ド
は
近
年
第
二
次
世
界
大
戦
と
い
う
テ
ー
マ
に
回
帰
し
て
い
る
一
方
、
朝
鮮
戦
争
に
つ
い
て
は
そ
う
で
は
な
い
。
︵
16
︶
﹁
プ
ラ
イ
ベ
ー
ト
・
ラ
イ
ア
ン
﹂
﹁
パ
ー
ル
ハ
ー
バ
ー
﹂
﹁
父
親
た
ち
の
星
条
旗
﹂
﹁
硫
黄
島
か
ら
の
手
紙
﹂
の
よ
う
な
超
大
作
映
画
が
ヒ
ッ
ト
し
た
よ
う
に
、
ハ
リ
ウ
︵
15
︶
M
a
y
,
“
R
e
l
u
c
t
a
n
t
C
r
u
s
a
d
e
r
s
,
”
1
1
5
2
6
.
T
h
r
o
u
g
h
L
i
t
e
r
a
t
u
r
e
a
n
d
A
r
t
,
e
d
i
t
e
d
b
y
P
h
i
l
i
p
W
e
s
t
a
n
d
S
u
h
J
i
m
o
o
n
︵
N
e
w
Y
o
r
k
:
M
.
E
.
S
h
a
r
p
e
,
2
0
0
1
︶
,
1
2
7
.
る
。
L
a
r
y
M
a
y
,
“
R
e
l
u
c
t
a
n
t
C
r
u
s
a
d
e
r
s
:
K
o
r
e
a
n
W
a
r
F
i
l
m
s
a
n
d
t
h
e
L
o
s
t
A
u
d
i
e
n
c
e
,
”
i
n
R
e
m
e
m
b
e
r
i
n
g
t
h
e
“
F
o
r
g
o
t
t
e
n
W
a
r
”
:
T
h
e
K
o
r
e
a
n
W
a
r
義
を
テ
ー
マ
と
し
た
映
画
で
一
度
も
ア
カ
デ
ミ
ー
賞
を
受
賞
し
て
い
な
か
っ
た
。
事
実
、
こ
の
分
野
に
お
け
る
多
く
の
映
画
は
破
産
す
る
こ
と
に
な
っ
た
﹂
と
述
べ
て
い
第 86 号(2012)
︵
︵ ︵ ︵
︵ ︵ ︵ ︵
︵
14 二 13 12 11 10 ︵ y v t R 4
︶ ︶ ︶ ︶ P ︶ ︶ ︶ . ︶
︶
年
h キ “ 例 D こ
T “
メ ︶ I
C i
T “
C
.
e
l
a
F i
え e
イ
m h a
d ャ h
, れ
.
t
a
e
e
S e
2
ば
は
デ
r
i
l
︵ P n p
0 ら
t
t
o
の
、
h ィ e
n J e
t
r 、 0
3
﹁
i
h
u o
e
a
︶
F
p e , は o
,
, 原
三
i
f
y l
T l
a
P
9
e
則
、 t l
: K
二
e
a h 1
1
に
T r
n 平 h
e 0
e ,
e
0
本
,
n
T
h
H 1 e m : 和 U
; つ
の
F い
h
9
l
T
i
n
d 5 T i
e i
n e 主 i
a
映
d 0
t
て
” m
e J l
︶ i
m ,
a
e
画
n ,
,
T p 義 d u
s
e
1
t T は
l
は
N
H 3 i i
の
e
、
. n m U
a W h
i
、
e 以
s
t
K e
i
︵ n 解 t
o
o a
r J
過
u
o
r
n
i
釈
J v
M s 下
y
r
去
e に s
e u
.
の
o
” y t
l
a
y r
数
f
t W 文
s
,
関 興 h
t
”
t
1 i
h
年
, a
T
y
味
7
e
5 r 献
i
間
P す 深 . M の
K
m ,
1
r
9
に
o
y
e
e る い
5
r
︵
t
0 s
h も
興
e
お
︶ s
a
, の
, 味 こ
J
n
け
1
u ,
1
と
2 を
9
l
W
y 2
4
る
8 深 に
.
改
1
9
a
1
ト
4
︶ い 、
r
0
. 良
,
︵
,
ッ
C
国
1
考
し
N
9
h
プ
連
5
a
e
た
0
p 察 憲
w
五
︶
t
。
,
e を 章
〇
Y
9
r
D
o
.
の
1 試 に
i
r
a
.
k
み
映
n
は
:
a
M
画
て 民
F
o
に
r
い 間
n
a
t
つ
n
h
る 人
c
l
い
y
i
。 の
s
,
R
て
D
R
取
e
u 扱
分
v
e
f
a
i
l
e
析
n い
e
w
c
e
t
し
i
に
P
L
o
な
r
n
.
関
e
C
o
s
か
す
s
n
a
,
っ
d る
1
t
y
h
9
た
, 記
e
5
2
F
M
。
述
︶
r
.
o
o
︵
そ
が
r
m
a
内
れ
l
i
W な
t
山
以
y
い
a
敏
上
o
r
。
f
i
訳
に
s
W
m
﹃
、
a
r
t
秘
俳
o
i
n
史
優
P
O
a
朝
や
c
u
i
r
f
鮮
監
i
s
T
戦
督
m
i
m
:
争
は
A
e
﹄
朝
s
︵
M
新
鮮
C
o
評
戦
h
r
a
i
論
争
c
l
a
C
社
や
g
o
o
、
反
,
n
I
t
l
一
共
i
l
n
:
u
I
九
産
v
u
a
五
主
m
n
42
不正の正当化(マーク・カプリオ)
︵
30
︶
C
a
d
y
,
F
r
o
m
W
a
r
i
s
m
t
o
P
a
c
i
f
i
s
m
,
4
8
.
が
拡
大
す
る
と
い
う
脅
威
で
あ
っ
た
。
そ
の
上
、
中
国
軍
は
米
韓
の
合
同
軍
が
中
朝
国
境
手
前
ま
で
迫
る
ま
で
行
動
を
差
し
控
え
て
い
た
。
ウ
ォ
ル
ツ
ァ
ー
は
、
以
下
の
︵
29
︶
そ
れ
以
上
に
、
中
国
の
行
動
を
正
当
化
し
て
い
る
点
は
、
開
戦
直
後
よ
り
米
国
が
中
国
領
内
へ
爆
撃
を
し
て
い
た
と
い
う
事
実
で
あ
り
、
鴨
緑
江
と
中
国
領
へ
戦
闘
1
9
9
5
︶
,
3
.
戦
に
分
類
す
る
こ
と
は
不
正
確
だ
と
す
る
。
W
i
l
l
i
a
m
S
t
e
u
c
k
,
T
h
e
K
o
r
e
a
n
W
a
r
:
A
n
I
n
t
e
r
n
a
t
i
o
n
a
l
H
i
s
t
o
r
y
︵
P
r
i
n
c
e
t
o
n
,
N
J
:
P
r
i
n
c
e
t
o
n
U
n
i
v
e
r
s
i
t
y
P
r
e
s
s
,
ば
両
国
と
も
戦
争
を
遂
行
出
来
な
か
っ
た
こ
と
か
ら
、
彼
は
﹁
第
三
次
世
界
大
戦
の
代
理
戦
争
﹂
だ
っ
た
と
受
け
止
め
る
よ
う
主
張
し
て
い
る
。
そ
の
た
め
、
そ
れ
を
内
︵
28
︶
い
く
つ
か
の
理
由
と
し
て
、
ス
タ
ッ
ク
︵
W
i
l
l
i
a
m
S
t
u
e
k
︶
に
代
表
さ
れ
る
学
者
は
、
朝
鮮
戦
争
の
国
際
的
な
歴
史
を
重
要
視
す
る
。
外
国
か
ら
の
参
戦
が
な
け
れ
張
を
続
け
て
い
る
。
︵
27
︶
北
朝
鮮
は
、
ソ
ウ
ル
が
公
式
の
首
都
で
あ
る
こ
と
を
一
九
七
二
年
ま
で
に
認
め
た
。
韓
国
は
、
非
武
装
地
帯
︵
D
M
Z
︶
で
は
な
く
鴨
緑
江
が
北
の
国
境
だ
と
す
る
主
P
r
i
n
c
e
t
o
n
U
n
i
v
e
r
s
i
t
y
P
r
e
s
s
,
1
9
8
1
,
1
9
9
0
︶
,
と
朴
明
林
︵
︶
,
︵
설 나남
文
献
に
お
い
て
、
ケ
ー
ス
・
ス
タ
デ
ィ
と
し
て
ベ
ト
ナ
ム
へ
の
米
国
の
関
与
に
つ
い
て
考
察
す
る
と
と
も
に
、
軍
事
介
入
の
正
当
性
に
関
す
る
議
論
を
提
供
し
て
い
る
。
한국전쟁의 발발과 기원
43
W
a
l
z
e
r
,
J
u
s
t
a
n
d
U
n
j
u
s
t
W
a
r
s
,
9
6
1
0
1
.
:
,
2
0
0
3
︶
︶
.
︵
26
︶
こ
の
歴
史
に
つ
い
て
は
、
以
下
の
文
献
に
詳
し
く
記
録
さ
れ
て
い
る
。
B
r
u
c
e
C
u
m
i
n
g
s
︵
T
h
e
O
r
i
g
i
n
s
o
f
t
h
e
K
o
r
e
a
n
W
a
r
,
2
v
o
l
s
.
︵
P
r
i
n
c
e
t
o
n
,
N
J
:
S
o
c
i
a
l
H
i
s
t
o
r
y
︵
L
a
r
k
s
p
u
r
,
C
A
:
T
a
m
a
l
V
i
s
t
a
P
u
b
l
i
c
a
t
i
o
n
s
,
2
0
0
0
︶
.
C
e
n
t
u
r
y
,
e
d
i
t
e
d
b
y
M
a
r
k
S
e
d
e
n
a
n
d
A
l
v
i
n
Y
.
S
o
︵
L
a
n
h
a
m
,
M
D
:
R
o
w
m
a
n
a
n
d
L
i
t
t
l
e
f
i
e
l
d
,
2
0
0
4
︶
;
D
o
n
g
C
h
o
o
n
K
i
m
,
T
h
e
U
n
e
n
d
i
n
g
K
o
r
e
a
n
W
a
r
:
A
A
i
r
p
o
w
e
r
a
n
d
N
u
c
l
e
a
r
S
t
r
a
t
e
g
y
s
i
n
c
e
1
9
4
5
,
”
i
n
W
a
r
&
S
t
a
t
e
T
e
r
r
o
r
i
s
m
:
T
h
e
U
n
i
t
e
d
S
t
a
t
e
s
,
J
a
p
a
n
&
t
h
e
A
s
i
a
n
P
a
c
i
f
i
c
i
n
t
h
e
L
o
n
g
T
w
e
n
t
i
e
t
h
味
さ
と
均
衡
に
関
す
る
い
く
つ
か
の
考
察
を
示
す
こ
と
に
よ
り
、
戦
争
が
恐
ろ
し
い
も
の
だ
と
説
明
し
て
い
る
。
以
下
を
参
照
せ
よ
。
B
r
u
c
e
C
u
m
i
n
g
s
,
“
A
m
e
r
i
c
a
n
︵
25
︶
戦
争
が
引
き
分
け
で
終
わ
っ
た
こ
と
へ
の
論
究
は
不
要
だ
と
考
え
ら
れ
る
。
戦
争
に
お
け
る
戦
術
に
つ
い
て
述
べ
て
き
た
人
々
は
、
民
間
人
と
軍
人
の
区
別
の
無
意
ー
リ
ン
が
最
初
に
掲
載
さ
れ
て
い
る
。
“
C
a
s
t
o
f
[
E
n
e
m
y
]
C
h
a
r
a
c
t
e
r
s
.
”
T
i
m
e
︵
J
u
l
y
1
7
,
1
9
5
0
︶
,
2
1
.
︵
24
︶
D
e
a
n
A
c
h
e
s
o
n
,
T
h
e
K
o
r
e
a
n
W
a
r
︵
N
e
w
Y
o
r
k
:
W
.
W
.
N
o
r
t
o
n
&
C
o
m
p
a
n
y
,
1
9
7
1
︶
,
2
0
.
週
刊
雑
誌
は
こ
の
見
解
を
強
め
て
い
る
。
以
下
の
文
献
で
は
、
ス
タ
月
三
〇
日
ま
で
待
っ
た
。
ソ
ビ
エ
ト
の
指
導
者
が
平
壌
に
い
る
外
交
官
の
シ
ト
ゥ
イ
コ
フ
︵
T
.
F
.
S
h
i
t
y
k
o
v
︶
へ
伝
え
た
こ
と
を
示
し
て
い
る
。
シ
ト
ゥ
イ
コ
フ
は
、
金
へ
知
ら
せ
る
こ
と
を
一
い
う
ア
チ
ソ
ン
国
務
長
官
に
よ
る
一
九
五
〇
年
一
月
一
二
日
の
演
説
に
注
目
し
て
い
る
。
電
報
は
、
六
月
一
七
日
に
モ
ス
ク
ワ
で
金
日
成
と
会
う
と
い
う
決
定
内
容
を
、
は
、
北
朝
鮮
が
南
側
を
攻
撃
す
る
こ
と
を
ス
タ
ー
リ
ン
が
よ
り
明
確
に
考
え
つ
く
原
因
と
な
っ
た
米
国
の
ア
ジ
ア
に
お
け
る
利
益
の
一
部
か
ら
朝
鮮
半
島
を
除
外
す
る
と
︵
23
︶
J
o
h
n
L
e
w
i
s
G
a
d
d
i
s
,
W
e
N
o
w
K
n
o
w
:
R
e
t
h
i
n
k
i
n
g
C
o
l
d
W
a
r
H
i
s
t
o
r
y
︵
O
x
f
o
r
d
:
O
x
f
o
r
d
U
n
i
v
e
r
s
i
t
y
P
r
e
s
s
,
1
9
9
7
︶
,
7
2
.
ギ
ャ
デ
ィ
ス
を
含
め
多
く
の
人
々
︵
22
︶
“
U
.
S
.
T
h
r
o
w
s
F
o
r
c
e
s
I
n
t
o
K
o
r
e
a
n
W
a
r
,
”
N
e
w
s
w
e
e
k
︵
J
u
l
y
3
,
1
9
5
0
︶
.
︵
h
t
t
p
:
/
/
w
w
w
.
j
a
p
a
n
f
o
c
u
s
.
o
r
g
︶
︵
e
j
o
u
r
n
a
l
,
J
a
n
u
a
r
y
3
1
,
2
0
1
1
︶
.
立教法学
︵
42
︶
“
K
o
r
e
a
:
t
h
e
F
o
r
g
o
t
t
e
n
W
a
r
,
”
U
.
S
.
N
e
w
s
a
n
d
W
o
r
l
d
R
e
p
o
r
t
︵
O
c
t
o
b
e
r
5
,
1
9
5
1
︶
,
2
1
.
こ
の
戦
争
は
ナ
パ
ー
ム
弾
の
存
在
を
世
界
中
に
知
ら
し
め
た
。
︵
41
︶
C
u
m
i
n
g
s
,
“
A
m
e
r
i
c
a
n
A
i
r
p
o
w
e
r
,
”
7
5
.
a
n
d
N
u
c
l
e
a
r
S
t
r
a
t
e
g
y
s
i
n
c
e
1
9
4
5
,
”
7
6
.
︵
39
︶
C
h
a
r
l
e
s
J
.
H
a
n
l
e
y
,
S
a
n
g
H
u
n
C
h
o
e
,
a
n
d
M
a
r
t
h
a
M
e
n
d
o
z
a
,
T
h
e
B
r
i
d
g
e
a
t
N
o
G
u
n
R
i
︵
N
e
w
Y
o
r
k
:
H
e
n
r
y
H
o
l
t
a
n
d
C
o
m
p
a
n
y
,
2
0
0
1
︶
.
︵
38
︶
以
下
を
参
照
せ
よ
。
K
i
m
,
T
h
e
U
n
e
n
d
i
n
g
K
o
r
e
a
n
W
a
r
.
な
い
。
筆
者
は
、
以
下
の
文
献
に
お
い
て
、
こ
の
点
に
関
す
る
概
略
的
考
察
を
試
み
た
こ
と
が
あ
る
。
C
a
p
r
i
o
,
“
U
n
a
n
s
w
e
r
e
d
Q
u
e
s
t
i
o
n
s
.
”
︵
37
︶
朝
鮮
半
島
に
お
け
る
戦
争
勃
発
の
高
い
可
能
性
に
つ
い
て
米
国
政
府
関
係
者
が
ほ
の
め
か
し
た
こ
と
に
関
し
て
は
、
紙
幅
が
限
ら
れ
る
た
め
詳
細
に
論
じ
る
余
裕
は
者
は
、
以
下
の
文
献
に
お
い
て
、
こ
れ
ら
の
野
心
に
つ
い
て
言
及
し
た
こ
と
が
あ
る
。
C
a
p
r
i
o
,
“
U
n
a
n
s
w
e
r
e
d
Q
u
e
s
t
i
o
n
s
.
”
︵
36
︶
し
ば
し
ば
指
摘
さ
れ
る
こ
と
で
あ
る
が
、
金
日
成
と
李
承
晩
の
両
者
が
相
手
国
を
攻
撃
す
る
野
心
を
持
っ
て
い
た
こ
と
を
明
示
す
る
強
力
な
証
拠
は
存
在
す
る
。
筆
の
統
一
も
含
ま
れ
て
い
た
。
米
ソ
は
、
こ
の
会
議
の
後
、
朝
鮮
に
関
す
る
一
連
の
追
加
会
議
を
開
催
し
た
が
、
意
見
の
相
違
を
一
致
さ
せ
る
こ
と
に
失
敗
し
た
。
︵
35
︶
米
英
ソ
の
外
務
大
臣
が
参
加
し
た
モ
ス
ク
ワ
外
相
会
議
は
、
第
二
次
世
界
大
戦
に
関
す
る
未
解
決
の
問
題
を
処
理
す
る
こ
と
を
目
指
し
て
お
り
、
そ
の
中
に
は
朝
鮮
治
︵
설
博
英
社
、
一
九
九
二
︶
,
1
5
1
5
2
.
︵
34
︶
金
雲
泰
は
、
一
九
四
六
年
の
政
党
登
録
法
制
定
に
つ
い
て
、
左
派
の
政
治
参
加
を
妨
害
す
る
た
め
の
措
置
だ
っ
た
と
説
明
し
て
い
る
。
金
雲
泰
,
美
国
政
의
韓
国
統
,
1
9
4
6
.
6
1
9
4
8
.
8
,
v
o
l
.
3
,
S
e
o
u
l
:
I
n
s
t
i
t
u
t
e
o
f
A
s
i
a
n
C
u
l
t
u
r
a
l
S
t
u
d
i
e
s
,
H
a
l
l
y
m
U
n
i
v
e
r
s
i
t
y
,
1
9
9
5
︶
,
7
.
︵
33
︶
J
o
h
n
R
.
H
o
d
g
e
t
o
C
o
m
m
a
n
d
e
r
i
n
C
h
i
e
f
,
U
n
i
t
e
d
S
t
a
t
e
s
A
r
m
e
d
F
o
r
c
e
s
,
P
a
c
i
f
i
c
,
“
C
o
n
d
i
t
i
o
n
s
i
n
K
o
r
e
a
”
︵
S
e
p
t
e
m
b
e
r
1
3
,
1
9
4
5
︶
,
i
n
J
o
h
n
R
.
H
o
d
g
e
문
︵
40
︶
こ
れ
は
、
ハ
ン
ガ
リ
ー
人
の
レ
ポ
ー
タ
ー
で
あ
る
メ
レ
イ
︵
T
i
b
o
r
M
e
r
a
y
︶
に
よ
る
も
の
で
あ
り
、
以
下
か
ら
引
用
し
た
。
C
u
m
i
n
g
s
,
“
A
m
e
r
i
c
a
n
A
i
r
p
o
w
e
r
서집
︵
43
︶
B
r
u
c
e
C
u
m
i
n
g
s
,
N
o
r
t
h
K
o
r
e
a
,
A
n
o
t
h
e
r
C
o
u
n
t
r
y
︵
N
e
w
Y
o
r
k
:
T
h
e
N
e
w
P
r
e
s
s
,
2
0
0
4
︶
,
1
.
第 86 号(2012)
︵
32
︶
筆
者
は
以
前
、
こ
の
問
題
に
焦
点
を
当
て
た
。
C
a
p
r
i
o
,
“
N
e
g
l
e
c
t
e
d
Q
u
e
s
t
i
o
n
s
.
”
g
i
n
s
o
f
t
h
e
K
o
r
e
a
n
W
a
r
,
v
o
l
.
1
,
2
8
3
.
︵
31
︶
カ
ミ
ン
グ
ス
は
、
ソ
連
が
全
面
戦
争
の
開
始
前
に
ゲ
リ
ラ
戦
を
必
要
と
し
て
い
た
点
に
関
し
て
、
小
さ
な
証
拠
し
か
な
い
と
主
張
し
て
い
る
。
C
u
m
i
n
g
s
,
T
h
e
O
r
i
-
44
ダウンロード

不 正 の 正 当 化