国立大学図書館協議会の
電子ジャーナル・コンソーシアム活動
について
千葉大学附属図書館
情報サービス課長 尾城 孝一
[email protected]
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
1
アウトライン
• 「雑誌の危機(シリアルズ・クライシス)」と大
学図書館
• 国立大学図書館協議会電子ジャーナル・タス
クフォースの活動
• コンソーシアムを越えて
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
2
シリアルズ・クライシス
• 継続的な価格高騰による購入額の大幅な増
加と購入タイトル数の減少
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
3
大学図書館における実態
日本国内図書館の外国雑誌購入費および受入れタイトル数
単位:千円
但し1982年度までは和雑
誌も含む
30,000,000
45,000
40,000
25,000,000
35,000
25,000
金額 15,000,000
20,000
10,000,000
数
30,000
タイ
トル
20,000,000
15,000
10,000
5,000,000
5,000
0
0
(1971)
2002/7/26
私立
公立
国立
(1975)
(1979)
(1982)
(1987) (1989)
年度
(1992)
(1995)
第93回農学図書館情報セミナー
(1998)
(1999)
4
国立国会図書館における実態
• 科学技術関係外国雑誌
– 1990年
• 平均単価
• タイトル数
34,176円
11,174タイトル
– 1999年
• 平均単価
• タイトル数
2002/7/26
133,882円
3,056タイトル
第93回農学図書館情報セミナー
5
北米の実態
• ARL(Association of Research Libraries)
の統計(1986年→1999年)
–
–
–
–
–
–
雑誌タイトル単価
雑誌購入費
雑誌受入タイトル数
単行本受入タイトル数
教官給与
消費者物価指数
2002/7/26
+207%
+170%
-6%
-26%
+68%
+49%
第93回農学図書館情報セミナー
6
無償供与のサークル(Circle of Gift)
研究者
・論文投稿
・査読、編集
著者
・利用、提供
読者
図書館
学会(出版社)
・収集、組織化
・保存、蓄積
2002/7/26
・出版(配信)
第93回農学図書館情報セミナー
7
研究成果の過剰生産
• ビッグサイエンス
– 20世紀半ば~
– 大規模研究プロジェクト(マンハッタン計画、アポ
ロ計画、核融合等々)
– 研究競争の激化、研究者数増加→論文数の増
加→刊行経費の上昇→価格高騰
• 「出版せよ、しからずんば、破滅せよ(publish
or perish)」という評価システムの支配
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
8
商業出版社の進出と市場独占
•
•
•
•
新たな出版経路への需要の高まり
商業出版社の進出
学会誌の吸収
買収による大規模出版社の寡占
– 買収による値上がりの実例(医学生物学分野)
• Pergamon→Elsevier
– 旧Pergamonタイトルは22%値上がり
• Lippincott→Kluwer
– 旧Lippincottタイトルは35%値上がり
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
9
学術雑誌の特殊性
• A誌a論文 ≠ B誌b論文
– 互いに代替できない
• 非競争的な市場
• 価格に対する非弾力的な需要
– 医学生物学系1,000タイトルの価格は1988年から1998年の
間に3倍
– 194の医学図書館購読タイトル数は1.5%減少しているに過ぎ
ない
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
10
大学図書館の対応
• 雑誌購入費の確保
– 大学当局や本省への増額要求
– 図書購入費の流用
• 購入タイトルのキャンセル
• ILLへの依存
– 少数の図書館への依頼集中→機能不全
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
11
電子ジャーナルの登場と普及
• ギンスパーグ・ショック(1991年)
– ロスアラモスのeプリントアーカイブ
• 商業出版社による電子ジャーナル化の推進
• オンライン査読誌数の推移 (ARL Directory of
Scholarly Electronic Journals and Academic
Discussion Lists)
– 1991年
– 1997年
– 2000年
2002/7/26
7タイトル
1,049タイトル
3,915タイトル
第93回農学図書館情報セミナー
12
電子ジャーナルのメリット
• 利用者の立場から
– 速報性、検索機能、リンク機能、時間的・空間的
制約の解消、複数利用者の同時利用
• 図書館の立場から
– 重複購入削減、雑誌管理業務(受入・製本等)の
軽減、ILL業務の軽減、書架スペースの節約
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
13
価格面での期待と現実
• 価格低下への期待
– コスト
• 製作コスト、頒布コストの低減化
• 電子ジャーナル < 冊子体
– 様々な試算
• 冊子体の24% (Fisher, J.H.)
• 冊子体の80% (Fishwick,F. et al.)
• 70-80%の節約可能 (Harnad, S)
• 現実
– 冊子体との並行出版
– バンドル価格
– 冊子体キャンセル禁止条項の存在
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
14
コンソーシアムの形成
• コンソーシアム戦略
– 購買力と交渉力の強化
– Value for Moneyの向上
• 海外のコンソーシアム
– 地域別
• OhioLINK、VIVA
– 全国レベル
• NESLI(英国)、CNSLP(カナダ)、CAUL(オーストラリア)、
KESLI(韓国)
– コンソーシアムのコンソーシアム
• ICOLC(国際図書館コンソーシアム連合)
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
15
日本のコンソーシアム
• 先駆的活動
– EES共同利用(東京工業大学+長岡技術科学大学)
– IDEAL、SwetScan共同利用(長岡技術科学大学+高
専)
– Web of Scienceの試行(九州地区国立大学図書館)
• 本格的コンソーシアムの形成
–
–
–
–
–
日本イデアルコンソーシアム
長岡技大-高専コンソーシアム
国立大学図書館協議会電子ジャーナルタスクフォース
国立情報学研究所ナショナルサイトライセンス
医学図書館協会、薬学図書館協議会
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
16
電子ジャーナルタスクフォース
• 背景
– 電子ジャーナルの加速度的な普及
– シリアルズ・クライシスへの対応
– 情報格差
• 設置の経緯
– Elsevier社の円問題、SD-21への対応を契機と
して
– 平成12年9月に国立大学図書館協議会のもとに
設置
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
17
組織構成
• タスクフォースメンバー(25名)
– 国立大学附属図書館、館長、部課長、専門員
• コア・メンバー(6名)
– 出版社との交渉主体
• アドバイザリ・メンバー(3名)
• 地区連絡担当者(11名)
– 地区毎の問合せ窓口
• 出版社別担当者(8名)
– 対出版社の窓口機能、動向調査
• 情報リテラシー教育講習会担当者(5名)
– ユーザ教育担当者向け講習会の企画・立案
• 事務局
– 東京大学附属図書館資料契約掛
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
18
出版社との協議
• 平成13年度
– Elsevier、Wiley、Springer、Blackwell、ISI
• 平成14年度
– Nature、Kluwer、IEEE Computer Society、
ProQuest、EBSCO
– ElsevierによるAcademic Press買収への対応
– アーカイビング(保存)の可能性
• 国立情報学研究所の電子ジャーナルアーカイブ事業
との連動
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
19
教育担当者研修会
• 「電子ジャーナルユーザー教育担当者研修
会」
– 平成13年8月に東西地区(千葉大学、名古屋大
学)において2日間の研修会を実施。
– 対象は、国立大学附属図書館のユーザー教育
担当者、各地区60名の参加。
– 14年度も実施(8月26日-29日、東京工業大学、
大阪大学)
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
20
研修会のプログラム
• 基調講演
• 出版社による、利用者教育のためのプレゼン
テーション
– Elsevier、Springer、Wiley、Blackwell、
Kluwer
• 事例報告
– 「電子ジャーナル利用者教育の現場から」
• 全体討議
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
21
利用の現状と将来に関する調査
• 10大学(旧7帝大+千葉大学、東京工業大学、
広島大学)の教官、大学院生(3,000名)を対
象
• 平成13年4月に実施
• 結果報告書の刊行
• 定点観測の必要性
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
22
有料電子ジャーナル購入タイトル数
2001年
2002年
30,127
139,366
4,000-
1大学
2大学
3,000-3,999
0大学
4大学
2,000-2,999
3大学
17大学
1,000-1999
-999
5大学
93大学
41大学
38大学
総数
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
23
タスクフォース・コンソーシアムの特徴
交渉
購入経費
の一元化
契約窓口
一元化
利用イン
ターフェイス
ANUL TF
OhioLINK
NESLI
○
○
○
×
○
×
×
○
○
×
○
○
KESLI
CAUL
○
○
×
×
×
△
○
×
• 疎結合型コンソーシアム
• 結束度は低いが、フレクシブル
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
24
タスクフォースのコンソーシアム形態
タスクフォース
Elsevier
コンソーシアム
Springer
コンソーシアム
Wiley
コンソーシアム
2002/7/26
Blackwell
コンソーシアム
ISI
コンソーシアム
第93回農学図書館情報セミナー
25
モデル価格体系
• EJベース
– 電子版は冊子体の90%から95%程度
– 冊子版はDDP(オプション)
• たとえば定価の10%
• 参加大学数によるスケールメリット
• 値上げキャップ
• 全てのバックファイルへのアクセスを含む
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
26
K社の価格体系
• EJ価格
– 2002年度購読タイトル(冊子体)の2003年度価格に対し
て、
• 1-24校参加:95%
• 25校以上参加:93%
• 50校以上参加:91%
• 累積された全てのバックファイルへのアクセス
• 冊子体価格
– 通常価格の10%(オプション)
• 値上げキャップ
– 今後3年間:5%
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
27
タスクフォースの抱える課題
• 運営組織の脆弱化
– 国立大学図書館協議会のボランティア的組織
– 法人化後の体制?
• 各図書館との連携強化の必要性
– 情報提供・収集、意見聴取
– 意思決定への反映
• 国内の他のコンソーシアムとの連携
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
28
コンソーシアムの本質的限界
• 値上げは続く!
– Price Cap(値上げ率の上限設定)が最大限の努
力
• 単なる購読クラブ(Buying Club)?
– 出版社のための集金マシンか
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
29
ビッグディール問題
• ビッグディール (Big Deal) とは
– 商業出版社の大規模電子ジャーナルパッケージを対象と
した包括契約
– ex. ScienceDirect、IDEAL、InterScience
• ビッグディールのメリット
– value for moneyの向上
• 危険性
– 選書権喪失
– 歪んだコレクション
– 出版社への依存度強化
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
30
コンソーシアムの限界
• シリアルズ・クライシスの特効薬ではない
• あくまで一時的な対症療法
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
31
ポストコンソーシアム戦略
• 研究者コミュニティとの連携
– 研究論文の著者、発信元である研究者コミュニ
ティ(研究者個人、学会、学部学科等)との連携
が今後の大学図書館に求められている!
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
32
研究者によるイニシャティブ
• eプリントアーカイブへのセルフアーカイビン
グ
• 著作権保持運動
• 編集委員の反乱
– 高額誌から離脱→リーズナブルな新雑誌創刊
• ボイコット運動
– PLoS (Public Library of Science)
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
33
SPARC
• SPARCとは
– 1998年に創設されたARLのプロジェクト
– 米国その他の200を越える図書館が参加
• 使命
– 「科学を科学者の手に (Returning Science to
Scientists)」
– 学術出版の市場における競争の促進
– シリアルズ・クライシスの解消
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
34
SPARCの活動と成果
• 主な活動領域
– 出版提携
• 高額誌と直接競合するタイトル(SPARCブランド誌)の支援
• 新しい学術出版モデルに対する援助
– アドボカシィ (Advocacy)
• 図書館員、研究者、雑誌編集委員を対象
• 代替システムの提唱・擁護運動
• 成果
– 価格上昇の抑制
– SPARCブランド誌の認知度向上
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
35
国立情報学研究所での取り組み
• J-SPARCに向けての概算要求準備
– JST、SPARC、学会、大学図書館との連携
– 国内の学会の情報発信力の強化
• 世界に通用する学会誌の創刊と育成
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
36
大学におけるSPARC的活動の可能性
• 共同購入プログラムへの参加
– SPARCブランド誌の積極的購入
• 大学リポジトリ(Institutional Repository)の構築
– DSpace(MIT)、eScholarship(カリフォルニア大学)等
• キャンパス内でのアドボカシィ運動
– Create Changeの日本語版の活用
– Create Changeのローカライズ
• 国際連携
– ISCA、BOAI
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
37
まとめ
• シリアルズ・クライシスを回避するには
– 短中期的戦略
• コンソーシアム戦略の継続による電子ジャーナルの共
同購入体制の強化
– 中長期的戦略
• 研究者コミュニティとの連携による学術コミュニケー
ションシステムのパラダイム転換
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
38
参考文献(1)
• 伊藤義人. 国立大学図書館協議会のコンソーシアム構想について.
情報の科学と技術. 52(5), p.262-265(2002)
• 土屋俊. 電子ジャーナル:-短い歴史から学ぶこと-. 情報の科学
と技術. 52(2), p.68-72(2002)
• 済賀宣昭. 図書館コンソーシアムと学術情報コミュニケーション. 情
報の科学と技術. 52(5), p.256-261(2002)
• 殿崎正明. 日本医学図書館協会(JMLA)における電子ジャーナ
ル・コンソーシア形成の歩みと今後の展望. 医学図書館. 49(2),
p.172-185(2002)
• 母良田功. エルゼビア・サイエンス社問題と電子ジャーナル・コン
ソーシアム契約. 薬学図書館. 47(2), p.169-171(2002)
• 北條充敏. オーストラリアにおけるコンソーシアムによる電子情報
の動向について. 大学図書館研究. 62, p.48-61(2001)
• 呑海沙織. 英国における学術情報資源提供システム. 情報の科学
と技術. 51(9), p.484-494(2001)
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
39
参考文献(2)
• ビル・ステューダー. オハイオリンク・コンソーシアムでの事例. 大
学図書館研究. 61. p.54-64(2001)
• 崔虎南[著],高木和子[訳]. 韓国における電子サイトライセンスイ
ニシアチブ. 情報管理. 44(11), p.779-789
• McCabe, Mark J. The impact of publisher mergers on
journal prices: an update.
(http://www.arl.org/newsltr/207/jrnlprices.html)
• Frazier, Kenneth[著],尾城孝一[訳]. 図書館員のジレンマ-
ビッグ・ディールのコストについて考える.
(http://home.catv.ne.jp/rr/ojiro/big_deal.html)
• Mary M. Case著,尾城孝一訳. 競争への投資-SPARCの経済
的基盤-. (http://home.catv.ne.jp/rr/ojiro/sparc_tr.html)
2002/7/26
第93回農学図書館情報セミナー
40
ダウンロード

国立大学図書館協議会の 電子ジャーナル・コンソーシアム活動について