国際級の複合医療産業拠点(医療クラスター)形成推進事業(仮称)について
【要求額:1,915千円(新規)】
1.目的
○H26.5月、医療クラスター形成会議(国循が主催し、国(関係省庁)、府、地元市、経済界、全国規模の医療産業界、
大学・研究機関等の各界のトップで構成)において、吹田操車場跡地に、『国際級の複合医療産業拠点(医療クラスター)』
を形成する方向性を合意
⇒府として、H27年度から企業誘致など具体的取組が本格化する好機を捉え、 「大阪バイオ戦略」に掲げる
目標達成(北大阪バイオクラスターを世界トップクラスに)に向け、取り組む。
2.必要性
○「彩都ライフサイエンスパーク(LSP)」が全て埋まり、新たな企業集積を図る余地がない状況。
→北大阪バイオクラスターのさらなる発展を図るためには、当該エリアを「ポスト彩都」と位置づけ、政策的にライフサイエンス関連
企業等の集積を図ることが必要。
○吹田、摂津両市域に跨る上、摂津市域の正雀下水処理場跡地の大半が吹田市の所有であること、また国循や土地区画整
理事業者(UR)などの利害関係者が複数存在するなど、協議・調整を要する課題が山積しており、府が広域自治体とし
ての役割を果たすことが求められている。
⇒府が前面に立って、別紙会議体を構成し、医療クラスターの実現をリードすることが不可欠
3 目標
○先端的な医療機器などのライフサイエンス関連企業
等の集積により、府が描く医療クラスターの実現
(時期:H30年度頃)
(医療クラスターのイメージ)
北大阪バイオクラスター
の更なる発展へ
H27年度~ 国循を核とした医療クラスター形成に向けた推進体制(案)
設置する
新組織
街
区
機
能
調
整
会
議
別紙
H27年度 実務の検討・調整・実施体制
国循を核とした医療クラスター実務協議会(仮)
ミッション : 大阪のライフサイエンス産業の振興に資するものとなるよう、特区など施策総動員に
より、循環器疾患分野の予防・医療・研究で世界をリードする医療クラスターの形成
を目指す
発展的
改組※
検討項目:①中心街区(4・5・7・正雀下水処理場跡)の有機的連携方策
②企業など誘致にかかる事項
③特区などインセンティブにかかる事項
④その他関係者の連絡、調整
ソフト系
の基本
計画
構成員 : 国循、吹田市、吹田市民病院、摂津市、大阪府(事務局)、UR(民間開発事
業者)
(
事
務
局
:
吹
田
市
)
連携
連携の内容
・検討に必要なデータ等資料の提供
・必要に応じてオブザーバー参加 等
連携
まちづくり・エリアマネジメント会議
(仮称)
発展的
改組※
検討項目:1~8街区や防災公園等の
連携
まちづくり(ただし、医療クラス
ター形成に係る 内容の検討は
新協議会が所掌)
構成員 : 今後調整
※ 事務局:吹田市(予定)
正雀下水処理場跡の利用について画地
割りやインフラなどハード整備を吹田市、
摂津市等で検討
(会議体の形式をとらない予定)
※ 大阪府も参加して、現在の4者基本協定の見直しを行う。
ハード系
の基本
計画
正
雀
下
水
処
理
場
跡
利
用
基
策本
定計
)
画
(
吹
田
市
が
、
府
・
摂
津
市
な
ど
と
連
携
し
て
ダウンロード

PowerPoint/297KB