経済入門
④
西山 茂
第3回の復習
<利益=収入-費用>です。
固定費があれば損益分岐点が大事です。
価格と限界費の大小関係が大事です。
価格が高ければ増産
価格が低ければ減産
価格と限界費が同じなら最適
限界費はだんだん上がる傾向です。
限界費用曲線が供給曲線です → 一人二役
生産量と費用の関係 ― 限界費用
限界費用
利益は最も大きい
平均費用で同じことを考えよう
この線の傾きが
平均費用です
コスト計=34.5万円
平均単価=172.5円
コスト計=23万円
平均単価=230円
これ以上、平均単価
を下げることはでき
ません!
平均費用は、Uの字型
売値=230円
172.5円
売値はどうなってい
くと思いますか?
2000
生産続行が不可能な状況は?
生産を続けられな
従業員もいる。生
い価格はどんな
産を続けるために
高さですか?
は?
172.5円
2000
市場の価格のシンプルな説明
高すぎると
売れない商品が出る
安すぎると
買えない人が出る
完全競争状態 ⇔ 差別化される状態
完全競争状態=底値買い(値上げできない)
差別化されている
値上げ可能
商品が差別化されていると
部数拡大だ!
販売増-値引き損
収入増
210円
値引き損
販
売
増
2000
緑の線を限界収入線といいます
販売課長「部数拡大しませんか?」
200部増やすために費用はいくらいる?
115円×200部=23000円です。(限界費)
収入はいくら増える?
値引き損=20円×2000部=40000円
販売増=210円×200部=42000円
収入増加は2000円です。(限界収入)
それでは利益は減ってしまうじゃないか!
限界費115円でいけることになりました
115円
限界費
限界収入
需要曲線
量をしぼって高値で販売したほうが利益が増える
作戦会議「ライバル企業の出方は?」
115円でできる物は115円で欲しい
しかし230円の高値で売れる
230円
115円で作って230円で売る!
限界費=115円
115円
ライバル企業はどんなことを企むでしょう?
ライバル企業を抑えるには?
ライバル企業は脅威だ!
どうすれば食い止められる!
230円
ライバル企業の限界費=150円
限界費=115円
115円
拡大戦略は<先手必勝>がポイントです
参入阻止を狙った<低価格戦略>です
安売り競争になぜなってしまうのか?
(Aの利益、Bの利益)
スーパー A
スーパー B
安売り
高値
安売り
(30, 30)
(100, 10)
高値
(10, 100)
(70, 70)
なぜ談合をして、両店とも高値販売をしないのでしょう?
この分析を<ゲームの理論>といいます
ダウンロード

115円