1級コンポジットレジン修復
1級コンポジットレジン修復
う蝕検知液を用いたう蝕病巣除去法
1
1級コンポジットレジン修復
1級コンポジットレジン修復
1.学習目標
2.MIとは
3.医療面接
3-1 医療面接
3-2 検査
3-3 診断・治療計画
4.窩洞形成
4-1 準備する器具
4-2 窩洞形成時の注意点
4-3 シェードテイキング
4-4 う蝕除去
4-5 窩縁形態の付与
4-6 窩洞の確認
5.ラバーダム防湿
5-1 準備する器具
5-2 ラバーダムクランプの選択・試適
5-3 ラバーダムシートの穿孔位置の決定
5-4 ラバーダムシートの穿孔
5-5 ラバーダムクランプのシートへの装着
5-6 患歯への装着
5-7 フレームの装着
5-8 ラバーダムシートの密着
5-9 装着状態の確認
6.歯面処理
6-1 準備する器具・材料
6-2 セルフエッチングプライミング
6-3 ボンディング
6-4 光照射
7.填塞
7-1
7-2
7-3
7-4
準備する器具・材料
コンポジットレジンの填塞
咬合面形態の付与
光照射
8.仕上げ
8-1 準備する器具
8-2 仕上げ(形態修正・咬合調整)
9.修復物のチェック・研磨
9-1 準備する器具
9-2 最終研磨
10.術後管理
使用模型歯:A26A-26J
2
1級コンポジットレジン修復
1.学習目標
MI(Minimal Intervention)に基づいたう蝕病巣除去法
について習得する。
1級コンポジットレジン修復法を習得する。
3
1級コンポジットレジン修復
2.MI(Minimal Intervention)とは/う蝕病巣の構造
細菌感染
痛覚
再石灰化
①
多菌層
あり
なし
不可
②
寡菌層
あり
なし
不可
③
先駆菌層
あり
なし
不可
④
混濁層
なし
あり
可
⑤
透明層
なし
あり
可
⑥
生活反応層
なし
あり
可
⑦
第二象牙質
-
-
-
4
1級コンポジットレジン修復
2.MI(Minimal Intervention)とは/
最小限の侵襲によるう蝕治療
1. 初期う蝕病変を再石灰化させる。
2. う蝕原性細菌を減少させ、さらなる脱灰と う窩の拡大
を防止する。
3. 必要最小限のう蝕除去と窩洞形成を行う。
4. 再修復よりも補修充填に力を入れる。
5. 術後の管理を徹底し二次う蝕を防止する。
5
1級コンポジットレジン修復
2.MI(Minimal Intervention)とは/う窩の開拡
×
• エナメル質部必要最小の切削は
最小限の除去を心がける。
※最初から大きく削らない。
• う蝕象牙質除去時にバーが到達
しない場合は、エナメル質部の開
拡が不十分なので、再度エナメル
質部の切削を行う。
※必要最小限の切削を心がけること。
〇
6
1級コンポジットレジン修復
2.MI(Minimal Intervention)とは/
う蝕象牙質の染色と除去
細菌感染
痛覚
再石灰化
除去
①
多菌層
あり
なし
不可
する
②
寡菌層
あり
なし
不可
する
③
先駆菌層
あり
なし
不可
する
④
混濁層
なし
あり
可
しない
⑤
透明層
なし
あり
可
しない
⑥
生活反応層
なし
あり
可
しない
⑦
第二象牙質
-
-
-
-
7
1級コンポジットレジン修復
3-1.医療面接
年齢:30歳
性別:男性
主訴:上顎左側臼歯部が水にしみる。
現病歴:2ヶ月前から異常に気付いていたが放置していた。
全身的既往歴:なし
8
1級コンポジットレジン修復
3-2.検査
【検査結果】
視診:#26( 6 )咬合面中心窩に変色を認める。
触診:探針を挿入して引き抜く際にスティッキー感を認める。
打診:水平(-),垂直(-)
温度診:エアーにて一過性の疼痛を認める。
温熱刺激に疼痛を認めない。
歯髄電気診:生活反応を示す。(対照歯:#16・ 6 )
エックス線検査:二等分法
咬合面に象牙質に達する透過像を認める。
隣在歯に異常を認めない。
歯槽骨に吸収を認めない。
インピーダンス測定:50kΩ
9
1級コンポジットレジン修復
3-3.診断・治療計画
【診断】
上顎左側第一大臼歯(#26 6 )
咬合面う蝕 う蝕症第2度(C2)
【治療計画】
1級コンポジットレジン修復
10
1級コンポジットレジン修復
4.窩洞形成
【到達目標】
MIに基づいたう蝕病巣除去ができる。
1級コンポジットレジン修復の窩洞形成ができる。
【ポイント】





う蝕検知液を使用したう蝕除去を行う。
う蝕範囲を考慮し、適切な窩洞形成を設計する。
窩縁部が咬合接触部位にならないように設定する。
適切な窩縁形態を付与する。
歯質の切削は必要最小限の除去を心がける。
11
1級コンポジットレジン修復
4-1.準備する器具
基本セット
ピンセット
エキスカベーター
エキスプローラー(探針)
デンタルミラー
シェードガイド
12
1級コンポジットレジン修復
4-1.準備する器具
種類:ダイヤモンドポイント
ペアーシェープ
EX-41
種類:スチールバー
ラウンド
#1/2~7
種類:ダイヤモンドポイント
ラウンド
BR-49
13
1級コンポジットレジン修復
4-1.準備する器具
う蝕検知液
スプーンエキスカベーター
ダッペングラス
マイクロブラシ
14
1級コンポジットレジン修復
4-2.窩洞形成時の注意点
作業姿勢を整える。
術者の位置
:11:00~12:30
開口度
:3横指
患者頭部の前方傾斜 :0度
左右回転角
:0~右5度
手指の固定位置
:#24,25( 4 5)の口蓋側咬頭
固定指の接触部位 :指先または第一関節外側
術者の位置
11:00~12:30
開口度
3横指
前方傾斜
基準位(0度、前方傾斜なし)
左右回転角
0~右5度
15
1級コンポジットレジン修復
4-3.シェードテイキング
1. シェードガイドを用いて近似色を
選択する。
※自然光下で行うことが望ましい。
16
1級コンポジットレジン修復
4-4.う蝕除去
1. う窩の開拡を行う。
2. う蝕象牙質の染色を行う。
3. う蝕象牙質の除去を行う。
※必要に応じ局所麻酔にて除痛を
行う。
17
1級コンポジットレジン修復
4-4-1.う窩の開拡
1. ダイヤモンドポイントを用いてう蝕
エナメル質を除去する。
※ エナメル質部の切削は最初から
大きく削らず、必要最小限の除去
を心がける。
※ 高速、軽圧、注水下にて行う。
※ カーバイドバーを用いる場合もある。
【使用するポイント・バー】
ダイヤモンドポイント EX-41
EX-41
18
1級コンポジットレジン修復
4-4-2.う蝕象牙質の染色
1. 染色
1. エアブローにて窩洞を乾燥する。
2. マイクロブラシを用いてう蝕検知液で
染色する。
2. 水洗
操作時間の経過後、水洗・乾燥を行う。
19
1級コンポジットレジン修復
4-4-2.う蝕象牙質の染色
3. 確認
デンタルミラーを用いて染色部(う蝕象牙
質)を確認する。
20
1級コンポジットレジン修復
4-4-3.う蝕象牙質の除去
1. スチールバー(ラウンド)もしくはスプー
ンエキスカベーターで染色部(う蝕象牙
質)を除去する。
※低速、軽圧、注水下にて行う。
※歯質が染色されなくなるまで、染色と
除去を数回繰り返し行い、う蝕象牙質を
完全に除去する。
※う蝕象牙質除去時にバーが到達しない
場合は、エナメル質部の開拡が不十分
なので再度エナメル質部の切削を行う。
※スチールバーのサイズを徐々に小さ
いものに変えて使用する。象牙質も
必要最小限の除去を心がける。
【使用するポイント・バー】
スチールバー(ラウンド) #1/2~7
#1/2~7
21
1級コンポジットレジン修復
4-5.窩縁形態の付与
1. ダイヤモンドポイント(ラウンド)を
用いて咬合面窩縁にラウンドベベ
ルを付与する。
ラウンドベベル
【使用するポイント・バー】
ダイヤモンドポイント BR-49
BR-49
22
1級コンポジットレジン修復
4-6.窩洞の確認
1. う蝕象牙質の取り残しがないこと
を確認する。
2. 窩縁形態を確認する。
23
1級コンポジットレジン修復
5.ラバーダム防湿
【到達目標】
適切な位置にラバーダムを装着し、防湿と術野の確保ができる。
【ポイント】





適切なラバーダムクランプを選択する。
ラバーダムシートの適切な位置に穿孔する
患歯にラバーダムクランプを確実に装着する。
ラバーダムシートを歯間部へ確実に挿入する。
ラバーダムフレームを適切に装着する。
24
1級コンポジットレジン修復
5-1.準備する器具
ラバーダムパンチ
ラバーダムクランプ
(大臼歯用)
クランプフォーセップス
ラバーダムシート
練成充填器
フレーム
デンタルフロス
25
1級コンポジットレジン修復
5-2.ラバーダムクランプの選択・試適
※有翼型ラバーダムクランプを用いた
場合の手順を示す。
【選択】
歯の形態、大きさに合わせてラバー
ダムクランプを選択する。
【誤飲・誤嚥対策】
スプリング部にデンタルフロスを結
紮する。
【試適】
クランプフォーセップスを用いてラ
バーダムクランプを患歯に装着し
適合状態を確認する。
26
1級コンポジットレジン修復
5-3.ラバーダムシートの穿孔位置の決定
【三つ折りによる位置決定】
【テンプレートによる位置決定】
27
1級コンポジットレジン修復
5-4.ラバーダムシートの穿孔
1. ラバーダムパンチのターレットを患
歯に合わせて調整し穿孔する。
※ #26( 6 )においてはlargestを選
択する。
ターレット穴の大きさ
medium(小臼歯)
large
largest
(大臼歯)
small
smallest
(前歯)
28
1級コンポジットレジン修復
5-5.ラバーダムクランプのシートへの装着
1. ラバーダムクランプの両翼部をラ
バーダムシート穿孔部に引っかけ
て装着する。
※ 歯列弓に平行に装着する。
※ この時点でデンタルフロスは除去
しても良い。
29
1級コンポジットレジン修復
5-6.患歯への装着
1. クランプフォーセップスを用いてク
ランプを広げつつ、歯面に沿わす
ように装着する。
2. クランプの装着状態を手指で確認
する。
30
1級コンポジットレジン修復
5-7.フレームの装着
1. フレームの向きを合わせる。
2. フレーム中央を正中に合わせる。
3. 上顎側を基点とし対角線上にラ
バーを引きフレームに掛ける。
4. 張り具合を確認し、調整する。
31
1級コンポジットレジン修復
5-8.ラバーダムシートの密着
1. 練成充填器を用い、ラバーダム
シートを翼部から外し歯頸部に密
着させる。
※ 先端が鋭利な器具は使用しない。
※ 歯間部がラバーで覆われていない
場合は、デンタルフロスを用いて挿
入する。
32
1級コンポジットレジン修復
5-9.装着状態の確認
1. ラバーダムクランプ・ラバーダム
シート・フレームが確実に装着され
ていることを確認する。
悪い例
①
②
④
①先端が目に近い
②鼻孔を塞いでいる
③左右にズレている
④回転している
③
33
1級コンポジットレジン修復
6.歯面処理
【到達目標】
接着システムを理解し、適切な接着処理ができる。
【ポイント】
 窩洞全体に歯面処理を行う。
 添付文書に記載されている操作上の注意事項を遵守する。
34
1級コンポジットレジン修復
6-1.準備する器具・材料
2ステップ
今回は、2ステップのセルフエッチング接着システムを用いる。
セルフエッチングプライマー
マイクロブラシ
ボンディング材
遮光板・混和(パイル)皿
光照射器・遮光シールド
35
1級コンポジットレジン修復
6-2.セルフエッチングプライミング
1. 塗布
マイクロブラシを用いてセルフエッチング
プライマーを窩洞全体に塗布する。
※ 強くこすりつけない。
2ステップ
2. 乾燥
エアーブローにて軽く乾燥する。
36
1級コンポジットレジン修復
6-3.ボンディング
1. 塗布
マイクロブラシを用いてボンディング材を
窩洞全体に塗布する。
※ 強くこすりつけない。
2ステップ
2. エアーブロー
軽くエアーブローを行いボンディング材
を均一にする。
37
1級コンポジットレジン修復
6-4.光照射
2ステップ
1. 光照射
光照射器を窩洞に近づけ、 10~20秒
間照射する(添付文書に従う)。
※ 遮光シールドで目を保護し、直視はし
ない。
38
1級コンポジットレジン修復
7.填塞
【到達目標】
窩洞にコンポジットレジンを緊密に填塞できる。
【ポイント】
 無影灯や自然光下でも重合が始まるので注意する。
 気泡が入らないように填塞する。
 窩洞の深さが2mm以上ある場合は、照射光の不到達域
(照射深度)を考慮し積層填塞を行う。
39
1級コンポジットレジン修復
7-1.準備する器具・材料
フロアブルレジン
遮光板・紙練板
コンポジットレジン
ガーゼ
レジン充填器
光照射器・遮光シールド
40
1級コンポジットレジン修復
7-2.コンポジットレジンの填塞
1.
フロアブルレジンの填塞
窩洞内面に適量のフロアブルレジンを
流し込む。
※気泡が入らないようにゆっくりと流し込
む。
2.
光照射
光照射器を填塞部に近づけ、照射する
(添付文書に従う)。
※遮光シールドで目を保護し、直視はし
ない。
41
1級コンポジットレジン修復
7-2.コンポジットレジンの填塞
3.
採取
シリンジのプランジャーを回し、必要量を
紙練板上に採取する。
※ プランジャーは逆回しに戻してゆるめ
ておく。
※ 光が当たると重合が始まるため、必
ず遮光する。
4.
填塞
コンポジットレジンを窩洞に填塞する。
※ 窩洞の深さが2mm以上の場合は、
積層填塞を行う。
※ 充填器に付着したレジンは乾いたガ
ーゼで拭き取る。
42
1級コンポジットレジン修復
7-3.咬合面形態の付与
1.
賦形
解剖学的咬合面形態を回復する。
※ 窩縁を僅かに超える(ラップジョイント)ように賦形する。
43
1級コンポジットレジン修復
7-4.光照射
1.
光照射
1. 光照射器を填塞部に近づけ、照射す
る(添付文書に従う)。
※遮光シールドで目を保護し、直視
はしない。
2. 重合後、ラバーダムを除去する。
44
1級コンポジットレジン修復
8.仕上げ
【到達目標】
1級コンポジットレジン修復の適切な仕上げができる。
【ポイント】
 歯質との境界を移行的に修正する。
 早期接触部位を削除する。
45
1級コンポジットレジン修復
8-1.準備する器具
スーパーファイン
ダイヤモンドポイント
ホワイトポイント
咬合紙 咬合紙ホルダー
46
1級コンポジットレジン修復
8-2.仕上げ(形態修正・咬合調整)
1. 形態修正を行う。
※ 歯質との境界を移行的に修正する。
※ 仕上げ用カーバイドバーを用いる
こともある。
2. 咬合紙を用いて咬合を確認し調
整を行う。
※ 歯を削らないよう注意する。
【使用するポイント・バー】
スーパーファインダイヤモンドポイント
ホワイトポイント
47
1級コンポジットレジン修復
9.修復物のチェック・研磨
【到達目標】
1級コンポジットレジン修復の適切な研磨ができる。
【ポイント】
 填塞後、24時間以降に研磨を行う。
 摩擦熱が発生しないように考慮する。
48
1級コンポジットレジン修復
9-1.準備する器具
シリコーンポイント
ゴム製研磨材
各種研磨用器具
49
1級コンポジットレジン修復
9-2.最終研磨
1. シリコーンポイントやゴム製研磨
材を用いて、最終研磨を行う。
※ 低速、軽圧、注水下で行う。
【使用するポイント・バー 】
各種研磨用器具
50
1級コンポジットレジン修復
10.術後管理
【メンテナンス時のチェック項目】
 修復物の脱離の有無
 辺縁の適合性
 二次う蝕の有無
 摩耗の有無
 修復物・歯質の破折の有無
 色調の調和
 歯髄の状態
51
ダウンロード

1級コンポジットレジン修復