「歩
車分離信号」により事故減少
交差点の右左折車から、横断歩道の通行者を守るために「歩車分離信号」が、
昨年からモデル運用されています。
「歩車分離信号」とは、歩行者横断中は、直進だけを通し、歩行者信号が赤に
なってから、右左折車を通すものです。
福岡県内でも「JR吉塚駅前」と「春吉橋東」の2交差点で試行され、人と車
の事故がゼロとなり、車同士の事故も減少し、大きな効果が上がっています。始め
は戸惑う人もいるようですが、利用する歩行者の評判も良く、歩行者横断の多い
交差点では、今後、導入が拡大するものとみられます。
● JR吉塚駅前の歩車分離信号
シ リ ーズ
『九州の橋めぐり』
ʩᡫЎ᣼ᾝᾔᾦᾢ
日本最大級のV字橋脚「田野蒼雲橋」
「田野蒼雲橋」は、主要地方道日南高岡線の田野町井倉川の谷を渡るため
日本最大級といわれる巨大なV字橋脚を持つPC(プレストレストコンク
リート)橋として、平成5年に完成しました。
日南・高岡線は、国道220号とともに宮崎市と日南市を結ぶ重要な路線で
あり、橋により所要時間が20分程度短縮されました。この橋の橋脚は谷の
斜面が地すべり地形のため、中央部にわが国で最大規模のV字橋脚が採用
され、「羽ばたく鷹」の姿をイメージした外観は
すばらしいものです。
また、橋の近くには「道の駅・田野」があり、牧
場や豊かな自然環境にふれ合いながら、ドライブ
休憩・憩い、レクリェーシ
ョンのできる空間となっ
ています。
この橋は、田野町観光の
拠点として、「道の駅」と
ともに地域のシンボル的
● 「道の駅・田野」駐車場
な存在として、末永く愛さ
れていくことでしょう。
● 「道の駅・田野」の牧場
シリーズ
建設新用語 ●
4
● 「田野蒼雲橋」のV字橋脚
(写真協力:田野町役場)
形 式:PCラーメン橋
橋 長:380m
日交通量:4,616台/日(平休比:1.06)
参考資料:「田野町ホームページ」
「九州橋紀行」(九州橋梁・構造工学研究会)
道路交通センサス(平成11年)
シリーズで 建設新用語 を紹介しています。
VE【Value Engineering】
顧客の要求を満たす商品を提供するために必要なコストを最低限にすることを価値とみなし、それを実現するための
組織的なコストの引下げの技術、方法のことをいう。
そのため、入札・契約で用いる「VE方式」とは、目的物の機能を低下させずコストを低減する、又は、同等のコス
トで機能を向上させる入札方式である。
TDM【Transportation Demand Management】
道路交通の円滑化のため、道路等の容量の拡大のみでは混雑緩和に限界が生じており、自動車利用者の車の利用方法
(時間、経路、交通手段、利用方法等)を調整することで道路交通混雑を緩和する手法の体系です。
代表的なTDMとしては、「時差出勤」、「パーク・アンド・ライド」、「ノーカーデー」をはじめ「高速道路利用
による混雑回避」等も含まれます。
当社・テーマ別
パンフレット
紹 介
当社では、オリジナルなノウハウや業務実績を掲載した下記のようなパンフレットを準備して
います。お気軽に御用命下さい。 【 ●印のパンフレットは新しく作成したものです。】
総合計画
くらしのみちづくり計画
都市計画
大規模開発に対する交通処理対策立案
サインシステム
交通バリアフリー基本構想
地域の核としての「道の駅」づくり計画
࿾⾰⺞ᩏ
㧯࡮㧯࡮㧮㧻㨄
࿾ၞ㧵㨀㧿߳ߩขࠅ⚵ߺᣇ
都市計画道路の見直しについて 環境基本計画について 道路管理情報支援システム
新しいバス網の整備計画について 新しい総合交通体系の再構築に向けた道路整備計画調査
財政シュミレーション 市町村合併に伴う新市建設計画策定業務 観光基本計画の策定
当社のホームページ紹介【本誌のバックナンバーも参照出来ます】
ΙΥΥΡͫ͠͠ΨΨΨ͟ΗΦΜΦΪΒΞΒΔΠΟΤΦΝ͟ΔΠ͟ΛΡ͠
(会社案内、業務案内、技術相談 等)
発行元・連絡先:
(株)福山コンサルタント 「FUNEX」発行事務局
TEL:093−931−3101 FAX:093−932−1282
ダウンロード

ʩᡫЎ᣼ᾝᾔᾦᾢ - 福山コンサルタント