統合失調症患者さんと
メタボリックシンドローム
監修
 東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 教授
宇都宮 一典先生
 日本精神科看護技術協会
統合失調症患者さんの平均寿命と死亡原因
一般の方より寿命が15年も短い!
Hennekens,C.H.et al.:Am.HeartJ.,150(6),1115-1121,2005(Table1より作成)
統合失調症患者さんの死因
45
40
35
死因の多くが
心疾患と肺疾患
死 30
亡 25
者
数 20
(人)
15
10
5
0
心
肺
癌
糖尿病
脳
肝
自殺
1950-1980年にMayo Clinicに受診した統合失調症と失調感情障害のうちOlmsted Countyに居住している患者
1950-2005年, N=319; 診断後の平均生存年は男性34.8年,女性38.7年
Capasso,R.M.et al.:Schizophrenia Research.,98(1-3),287-294,2008(Table1より作成)
メタボリックシンドローム
(MetS)について
メタボリックシンドローム(MetS)
肥満
インスリン抵抗性
糖尿病
脂質異常症
高血圧
動脈硬化症
以前は、シンドロームX、死の四重奏(deadly quartet)、内臓
脂肪症候群、インスリン抵抗性症候群などと呼ばれていたもので
内臓脂肪蓄積を基盤として、脂質異常、耐糖能異常、高血圧を
来たし、心血管疾患発症の危険度の非常に高い病態を有する
症候群
メタボリックシンドローム(MetS)って、何?
メタボリック
シンドローム
代謝 (異常) 症候群
内臓脂肪の蓄積によって、生活習慣病のもととなる、
血糖、脂質、血圧などの代謝異常が重なり合った状態
メタボリックシンドローム(MetS)
1999年
WHOが診断基準を策定
2001年
米国コレステロール教育プログラム
成人治療ガイド(NCEP-ATPⅢ)が
診断基準を報告
2005年
国際糖尿病連合が診断基準を報告
2005年4月 メタボリックシンドローム診断基準検討
委員会から国内8学会合同のメタボリック
シンドロームの定義を発表
メタボリックシンドローム(MetS)診断基準
内臓脂肪を
反映
メタボリックシンドローム診断基準検討委員会:日本内科学会雑誌,94(4),794-809,2005
メタボリックシンドローム(MetS)
そのリスク
メタボリックドミノ
① 食べ過ぎや運動不足などの生活習慣の乱れがあると、
その乱れが引き金となって、肥満が起こり、インスリン
抵抗性が生じます。
② その後、食後高血糖、脂質異常
症、高血圧が次々に起こり、メタ
ボリックシンドロームになります。
③ さらに生活習慣病の
リスクがいくつも重な
ると、ドミノ倒しのように
脳卒中や糖尿病が
発生し、生命予後を
脅かします。
伊藤裕:日本臨牀,61(10),1837-1843,2003
メタボリックシンドロームになると
*糖尿病を発症するリスクは
約
7~9 倍
*心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクは
約
3倍
BMIと心血管系疾患(CVD)との関係
肥満しているほど、心血管系疾患の発症リスクが高くなる
Willet,W.C.et al.:N.Engl.J.Med.,341,427-434,1999
虚血性心疾患とリスクファクターの重積
リスクファクターが重積すると
疾患の発症リスクが高くなる
5
14
複数の危険因子
オッズ比
12
4
10
8
単一の危険因子
6
3
4
2
2
0
BMI >27
喫煙
TC >220
糖尿病
高血圧
喫煙
+BMI
BMI =ボディ・マス・インデックス, TC =総コレステロール
喫煙
+BMI
+TC >220
喫煙
喫煙
+BMI
+BMI
+TC >220
+TC >220
+糖尿病 +糖尿病 +高血圧
Casey,D.E. et al.:J.Clin.Psychiatry,65(S7),4-18,2004(Fig.2より作成)
BMIと2型糖尿病の相対リスク
肥満しているほど、糖尿病の発症リスクが高くなる
Colditz,G.A .et al.: Am.J.Epidemiol.,132,501-513,1990(より作成)
糖尿病・IGT/IFGと心血管系疾患 - 舟形町研究 心血管系疾患死亡に対するIGT/IFG・糖尿病の累積生存率
1.00
1.00
0.99
*
累
積
生
存
率
0.98
*
0.97
0.94
*
*
*
NGT
IGT
DM
0.95
0
*
*
0.96
0.98
*
*
累
積
生
存
率
*
0.96
*
0.94
0.92
*p<0.05 vs NGT
0
1
2
3
4
*
NFG
IFG
DM
*
*
6
7
*p<0.05 vs NFG
5
6
7
0
0
1
2
3
4
5
観察期間 (年)
観察期間 (年)
IGT: Impaired Glucose Tolerance
NGT: Normal Glucose Tolerance
IFG: Impaired Fasting Glucose
NFG: Normal Fasting Glucose
(境界型)糖尿病になると生存率が低くなる
Tominaga,M.et al.: Diabetes Care,22,920-924,1999
正常血糖群に対するIGTおよび糖尿病群の
心血管病発症リスク - 久山町研究 *:p<0.05
**
**:p<0.01
対 正常
3
相
対
危
険
度
*
2
1
0
正常(n=1,693)
IGT(n=474)
糖尿病(n=260)
糖尿病、IGTは、心血管病の発症につながる
Fujishima,M .et al.:Diabetes,45(S3) ,S14-S16,1996
糖尿病患者の心筋梗塞リスク
(%)
50
45
心
筋
梗
塞
発
症
率
40
35
45.0
心筋梗塞の初発
心筋梗塞の再発
30
25
18.8
20
20.2
15
10
5
0
3.5
非糖尿病
(n=1,373)
糖尿病
(n=1,059)
糖尿病の人が心筋梗塞をおこすリスクは、
過去に心筋梗塞をおこした人と同じ程度
Haffner, S.M. et al.: N.Engl.J.Med., 339, 229-234,1998(Table2より作成)
糖尿病について
糖尿病とは
• インスリンの作用不足によって起こる慢性的
な高血糖
血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が基準値以上
に高い状態が続く病気
(空腹時 126mg/dl、食後 200mg/dl)
• それに伴って、全身の血管や神経が障害をう
け、様々な合併症が起こってくる病気
インスリンは、ブドウ糖からエネルギーを造ります。
血糖(mg/dl)
130
100
インスリン
朝食
昼食
ブドウ糖
ブドウ糖の利用
(肝臓・筋肉)
夕食
インスリン
ブドウ糖
エネルギーの
蓄え(脂肪)
ブドウ糖
蛋白の合成
(筋肉)
食事を摂ったあとのブドウ糖の変化
インスリンは、ブドウ糖を
取り込むカギの働きをします
体の細胞
胃
インスリン
分泌不全
すい臓
インスリン
抵抗性
腸
ブドウ糖
インスリン
血管
血糖値の日内変動
健康な人と糖尿病の人の1日の血糖値(模式図)
(mg/dL)
200
血
糖
値
糖尿病
の人
126
110
健康な
人
朝食
昼食
夕食
エンジンはガソリンを燃やして車を回します。
人体はブドウ糖を燃やします。
インスリン
ガソリン
(ブドウ糖)
燃焼
車の回転
(筋力、内臓の働き)
インスリン不足(糖尿病)
タンクは満タンなのに
ガソリン欠乏!
糖尿病では、インスリンの作用不足から、
エネルギー不足を生じます。
インスリンの不足
ブドウ糖の利用
蓄えの消費 (脂肪)
多くは無症状のままに経過し、合併症を生じる。
エネルギー不足
高血糖
脂肪の減少
疲れ易さ
多尿・口渇
体重減少
糖尿病には、2つのタイプがあります。
1型糖尿病
・膵臓インスリン分泌細胞に対する自己免疫疾患
・急激に発症するが、徐々に進行することもある。
・年齢には関係ない(小児でも、成人でもみられる)。
・治療は、インスリン療法を原則とする。
2型糖尿病
・体質と生活習慣に起因する(生活習慣病)。
・無症状で発見されることが多い。
・食事・運動療法に経口薬とインスリン療法を組み合わせる。
2型糖尿病の成り立ち(2つの要因の関係)
遺伝的素因
生活習慣
・家族に糖尿病がある。
・妊娠時に糖尿病といわれた。
・糖尿病遺伝子
インスリン分泌
の不全
・肥満、過食
・運動不足
・メンタルストレス
インスリン作用の低下
インスリン欠乏状態
(インスリン抵抗性)
糖尿病
「太ってないのに、糖尿病?」
「家族には、糖尿病がないのになぜ?」
血糖値に関する指標
• 血糖
食事の摂取、運動などで容易に変動する。朝起きてから食
事を取らずに測定した空腹時血糖と、どんなときに測っても
よい随時血糖がある。
• HbA1c
採血時から過去1~2ヶ月の平均血糖値を反映する。赤血球
寿命と関連があり、溶血のある場合は解釈に注意を要する。
• グリコアルブミン
最近2週間の平均血糖値を反映する。血漿蛋白質の半減期
が短くなる病態下では低値となる。
インスリンに関する指標
• 75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)
耐糖能障害を示す検査。ブドウ糖75gを含んだ溶液を服用
し、時間経過に従って、血糖値、血中インスリン値などを測
定する。
• 血中インスリン
インスリン抵抗性の指標。インスリン分泌能を見るためにも
血中インスリン濃度の測定は必要である。
• HOMA-IR
他のインスリン抵抗性の値と相関するといわれ、外来でも行
うことができる簡便な指標である。
HOMA-IR=空腹時インスリン値(μU/ml)×空腹時血糖値
(mg/dl)/405で計算される。2.5以上でインスリン抵抗性。
糖尿病診断基準の根拠
• 75gOGTTの2時間値が200mg/dl以上になると、網膜
症の発症率が急上昇する
• 75gOGTTの2時間値200mg/dlの患者では、空腹時
血糖値は126mg/dl程度になる
• HbA1cが6.1%以上と網膜症の発症とが関連する
糖尿病診断基準に関する調査検討委員会:糖尿病,53(6),450-467,2010(より一部改変)
糖尿病の臨床診断
糖尿病の診断については、糖尿病診断基準に関する
調査検討委員会作成のフローチャートを参照ください。
治療者向けに配布していますツールに掲載されています。
(提供:大塚製薬)
75gOGTTによる判定区分
mg/dl
空
腹
時
血
糖
値
(
静
脈
血
漿
値
)
糖尿病型
126
IFG
IFG/IGT
110
境界型
正常型
IGT
140
200
mg/dl
負荷後2時間血糖値(静脈血漿値)
IGTはWHOの診断基準に取り入れられた分類。
IFGは空腹時110~125mg/dlで、2時間値を測定した場合は140未満の群を示す。
尿糖について
血糖がある値の壁を越えると再吸収しきれなくなり、尿中に糖が
排泄されてきだします。この壁を腎臓の糖排泄「閾値(いきち)」
といい、通常170~180 mg/dlです。つまり、尿糖が出ていなけ
れば一般的に血糖値は180mg/dl以下であると言えます。
しかし閾値が低い場合には血糖値が100 mg/dl 程度でも尿に
糖が漏れます。これは尿に糖は出ていますが、糖尿病ではなく
腎性尿糖と呼ばれます。
また尿糖が出ていなくても血糖値が糖尿病診断基準値を
上回っている場合があり、やはり糖尿病の診断には血液検査が
必要となります。
糖尿病の急性合併症
• 糖尿病ケトアシドーシス(DKA)
極度のインスリン欠乏により、高血糖(250mg/dl以上)、
高ケトン血症、アシドーシスを来たした状態。
• 高浸透圧高血糖症候群
著しい高血糖(600mg/dl以上)と高度の脱水に基づく高
浸透圧血症により、循環不全を来たした状態。
• 感染症
尿路感染症、皮膚感染症など感染症にかかりやすい。
足の皮膚感染症は壊疽の原因になりうる。
糖尿病の慢性合併症
• 細い血管の障害によって起こるもの
(小血管障害)
• 糖尿病性網膜症
• 糖尿病性神経障害
• 糖尿病性腎症
• 動脈硬化症によって起こるもの(大血管障害)
• 脳梗塞
• 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
• 足の血管閉塞(閉塞性動脈硬化症)
日本人の糖尿病の特徴
もともとインスリン分泌が低下している
日本人は、軽度の肥満(小太り)でも
糖尿病になりやすく、太ると悪化しやすい。
肥満には2つのタイプがあります
皮下脂肪型肥満
「洋ナシ型肥満」
下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に
脂肪が蓄積するタイプ
内臓脂肪型肥満
「リンゴ型肥満」
内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプ
『かくれ肥満』
リンゴ型
洋ナシ型
内臓脂肪と皮下脂肪、何が違うのか?
*内臓脂肪も皮下脂肪ともに過剰なエネルギーを
備蓄する貯蔵庫
内臓脂肪
→普通預金
たまる時は早期にたまって、空腹になるとすぐに燃える。
皮下脂肪
→定期預金、積立預金
たまる時も燃える時も非常にゆっくり。
どちらが内臓脂肪型肥満でしょうか?
内臓脂肪型肥満
皮下脂肪型肥満
内臓脂肪細胞は、いろいろな物質を
分泌している
糖尿病
予備軍
インスリンの働きを悪くする物質↑
血を固まりやすく
する物質↑
心筋梗塞
脳梗塞
内臓脂肪
血圧を上げる物質↑
高血圧
善玉のホルモン
=アディポネクチン↓
統合失調症と
メタボリックシンドローム/糖尿病
精神障害患者の代謝リスクに寄与する
社会的因子
•
•
•
•
•
•
•
1.
2.
3.
4.
偏った食生活1,2
運動不足2
喫煙1,2
薬物乱用2-3
不十分なセルフケアおよび処方療法の遵守3
経済的困難4
医療制度の利用および調整に関する制限3
McCreadie RG.et el.: Br J Psychiatry,183,534-539,2003
Brown S.et al.: Psychol Med,29,697-701,1999
Goldman LS.et al.: J Clin Psychiatry,60(S21),10-15,1999
Hughes JR.et al.:Am J Psychiatry,143,993-997,1986
統合失調症と肥満
35-39.9
40≤
30-30.4
40≤
35-39.9
30-30.4
25-29.9
BMI<25
BMI<25
25-29.9
統合失調症群:81名
対照群:787名
BMI:Body mass index=体重(kg) / 身長(m)2
秀野武彦:脳の科学,25(5),461-471,2003(図1より作成)
罹患率 (%)
統合失調症患者と一般住民の
メタボリックシンドローム罹患率の比較
60
50
40
30
20
10
0
1-Tuula,H.et al.:J.Clin.Psychiatry,64,575-579,2003 2-APA 2003 3-APA 2003 4-APA 2003
5-Bipolar disorders. In press. 6-APA 2004 7-in submission 8-WPA 04
9-DALM 04 10-JAMA. 2002 11-Schizophre Res. 2005
統合失調症
(すべての平均値)
一般住民(10)
統合失調症患者における2型糖尿病の発生率
General
一般人口Population
糖尿病患者の割合(%)
20
統合失調症患者
Patients
With Schizophrenia
15
10
5
0
日本1
イタリア2
米国3,4
ドイツ5
1. Tabata,H.et al.:J Med Assoc Thai,70(S2),90-93,1987; 2. Mukherjee,S.et al.:Compr Psychiatry,37,68-73,1996;
3. Dixon,L.et al.:Schizophrenia Bulletein,26,903-912,2000; 4. CDC. National Diabetes Fact Sheet. 2003. Rev ed. Atlanta, GA;
5. Kissling,W.et al.:In press.
抗精神病薬とMetS/糖尿病
抗精神病薬治療平均3年後のMetS合併状況
5.7%
9.8%
13.1%
5.6%
27.8%
30.6%
De Hert,M.et al.:Schizophrenia Research,101(1-3),295-303,2008(一部改変)
第二世代薬1年間の平均体重変化
Casey,D.E.:Am.J.Med.,118(S2),15S-22S,2005
第二世代薬の体重増加作用の比較
第一世代薬との比較(メタ解析)
第一世代薬でも体重増加が起こることが知られていましたが
第二世代ではよりはっきりと起こることが分かりました。
Leucht,S.et al.:Lancet,373(9657),31-41,2009
体重増加作用とヒスタミンH1受容体親和性
4
Spearman P=0.72;p<0.01*
体
重 3
変
化
(
kg 2
/
10
週 1
)
0
強
H1受容体に対する親和性Ki nM
弱
*17種の薬剤による体重増加の誘発と12種の受容体に対する親和性の相関性
Kroeze,W.K.et al.:Neuropsychopharmacology,28,519-526,2003(Table1より作成)
各抗精神病薬の受容体親和性
(Ki 値:nmol/L)(in vivo)
アリピプラ
ゾール
リスペリドン
クエチアピン
オランザピン
クロザピン
D2
0.34
2.2
180
20
130
5-HT-2A
3.4
0.29
220
3.3
8.9
5-HT-2C
15
10
1,400
10
17
α1
57
1.4
15
54
40
H1
61
19
8.7
2.8
1.8
M1
>10,000
2,800
100
4.7
1.8
データはKi値 (nmol/L) で示す。低いKi値ほど高い親和性を示す。
‡データはIC50 値 (nmol/L)で示す。
菊地哲朗 ほか:臨床精神医学,34(4),461-468,2005(一部改変)
抗精神病薬内服後の血糖値の変化
Lieberman,J.A.et al.: N.Engl.J.Med.,353(12),1209-1223,2005
抗精神病薬内服後の
総コレステロール値の変化
Lieberman,J.A.et al.: N.Engl.J.Med.,353(12),1209-1223,2005
ADA コンセンサス
D:結果に一貫性がみられず/+:増大作用/-:作用無し
*:十分な長期データが得られていない新規薬剤
ジプラシドンは本邦未承認
American Diabetes Association:Diabetes Care,27 (2),596-601,2004
MetSのリスクファクター
抗精神
病薬
生活
習慣
疾患脆
弱性
糖尿病のリスクファクター
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
血縁者に糖尿病患者がいる
20代前半よりも体重が10%以上増えている
血縁者に肥満、脳卒中、心臓病(狭心症など)がいる
砂糖や脂肪分を好んで食べ、過食する
車が足がわり(運動不足)
アルコールをよく飲む
ストレスが多い(せっかち、イライラ)
喫煙20本/日以上
統合失調症患者における糖尿病発症の
メカニズム
● 統合失調症患者は糖尿病になり易い
– 共通の遺伝素因???
– 生活習慣の乱れ(過食・運動不足・体重増加)
● 抗精神病薬による作用
– 食欲亢進、体重増加、代謝異常を引き起こすものがある
– 口渇を来たし、ジュース類の大量摂取を引き起こす可能性
– 鎮静による活動性の低下
統合失調症患者の食習慣
100%
めったに摂取しない
1日1~2本
1
1日3~4本
日
1日5本以上
ソ
フ
ト
ド
リ
ン
ク
摂
取
の
割
合
100%
80%
80%
60%
60%
40%
40%
79.6%
63.0%
20%
20%
0%
0%
ソフトドリンク
ファーストフード
n=54
1
週
間
の
フ
ァ
ー
ス
ト
フ
ー
ド
摂
取
の
割
合
めったに摂取しない
週1~2日
週3~6日
ほとんど毎日
Y.Ido.et al.:AINO JOURNAL,1,29-33,2002
統合失調症患者さんへの健康管理と
心理学的アプローチ
1.標準体重を知ってもらう(BMI)
BMI、体重測定の意義を理解してもらう
2.栄養指導を行う
献立に含まれる脂肪の量、エネルギー量について
説明し、患者さんへの食生活における問題点の理解
と食事管理への取り組みを促します。
モニタリング実施状況:患者調査
あなたが診療を受けている医療施設で、どれくらい
「体重測定」「血液検査」をされていますか?
毎回おこなっている
ときどき、おこなっている
あまりおこなっていない
ほとんどおこなっていない
検査や測定をされたことがない
0%
体重測定
5.6
血液検査
2.4
20%
14.9
40%
8.5
44.0
60%
18.5
80%
100%
52.4
12.5
抗精神病薬服用患者さんにおける合併症および生活習慣、モニタリング実施状況
に関する調査: (株)エムスリー実施 2010年8月17日-20日実施(293名)
23.8
17.3
標準体重を知ってもらう
-BMI、体重測定の意義を理解してもらう-
体重測定を習慣づけていただく
ために、このようなツールの活用
も有効です。
BMI計算キット
体重測定記録カード
提供:大塚製薬株式会社
抗精神病薬を服用している患者さん
に対するモニタリング
まずは、診察毎に体重計に乗っていただく
習慣をつけましょう!
そうすることで、患者さんの食生活
や日々の運動量についての会話が
進みます。
食事療法
• カロリー管理
• バランス
標準体重1kgあたり25~35kcal
糖質60%程度、脂質25%程度、
たんぱく質15%程度
• 高血圧合併例 塩分制限7g~8g未満
• 顕性蛋白尿例 蛋白制限食(0.8g/kgIBW)
• 肝硬変例
カロリーは30kcal/kgIBW程度
統合失調症患者さんへの栄養指導
現在の食生活を振り返り、問題点を理解して
もらうために、食生活に関するチェックリストを
使用するのも効果的です。
(提供:斎藤病院)
患者さんにわかりやすく説明するための工夫
として、様々な献立の写真が掲載されている
書籍や料理カードを用いる場合もあります。
(実物大そのまんま料理カード:群羊社)
運動療法
いつでも、どこでも、1人でもできる歩行がよい
• 運動量
1日1万歩以上
• 運動強度
運動時脈拍 100~120/min
• 運動頻度
1回15~30分、1日2回以上
• 運動時間帯
食後1時間ごろが望ましい
空腹時はさける
制限あるいは禁止する必要のある場合
• 空腹時血糖250mg/dl以上
• 中等度以上のケトーシスのある場合
• 眼底出血、腎不全、心肺機能に障害のある場合
• 低血糖に注意
新規抗精神病薬処方患者のモニタリング
処 方
開始時
4
週後
8
週後
または毎回受診時
12
週後
3カ月
以降
毎回受診時
3カ月毎
糖尿病罹病歴/家族歴の聴取
糖尿病危険因子の有無:
肥満、高血圧、脂質異常症、冠動脈疾患の既往
体重(BMI)
ウエスト周囲径※2
血糖値(及びHbA1c)※1
血圧
血清脂質(空腹時)
食生活(過食)
糖質を含む清涼飲料水の多飲
※1:血糖値(及びHbA1c):空腹時が望ましいが、随時血糖値でもよい。朝食前空腹時血糖値が110~125mg/dL、あるいは随時血糖値が140~199mg/dLの
場合には糖尿病の疑いがあると考え、可能であれば次回検査時にHbA1cを測定する。
※2:ウエスト周囲径とは臍の高さで立位、呼気時に測定した腹囲。男性85cm以上、女性90cm以上では内臓脂肪型肥満とみなす。
監修:尾崎 紀夫(名古屋大学大学院医学系研究科精神医学分野 教授)/門脇 孝(東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科 教授)
河盛 隆造(順天堂大学医学部 内科学 教授)/染矢 俊幸(新潟大学大学院医歯学総合研究科精神医学分野 教授)
監修:東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 教授 宇都宮 一典先生
新潟大学大学院医歯学総合研究科 精神医学分野 教授 染矢 俊幸 先生
ダウンロード

糖尿病 - Next Challenge