筋かいと構造上必要な軸組
・図解「建築の構造と構法」
48~51ページ
筋かいの配置
地震力・風圧
地震力・風圧
抵抗力
抵抗力
柱と壁の変形しにくさ(剛性)
壁長
変形大
変形小
地震や風圧の水平力に抵抗する要素は
柱を無視し,壁長方向の壁のみとする
筋かいの配置と記号
筋かいの接合方法
N値で
必要性
を検討
水平荷重による柱の浮き上がり
(1)独立柱
浮き上がる
押し込まれる
水平荷重による柱の浮き上がり
(2)片側筋かい付柱
押し込まれる
浮き上がる
水平荷重による柱の浮き上がり
(3)2階建の1階の筋かい付柱
2倍
浮き上がる
2倍
押し込まれる
地震力と風圧力に必要な壁量
外力の向きと抵抗する軸組
木造住宅の地震被害の例
1995年阪神大震災
地震力
木造住宅の地震被害の例
1995年阪神大震災
地震力
4分割法の説明(1)
各方向で4分割して側端部分を求め,
側端部分がそれぞれ必要壁量以上
であることを確認する
4分割法の説明(2)
①
②
③
側端部
中央部
④
側端部
梁間・桁行の両方向とも 4分割する
↓
中央部と側端部に分ける
1階平面図
1階床伏図と耐力壁配置
:たすき掛け筋交い
:片側筋交い
2階平面図
2階床伏図と耐力壁配置
:たすき掛け筋交い
:片側筋交い
耐力壁の倍率
有効壁長=壁の倍率×壁長
地震力に必要な壁量
<瓦など重い屋根(軽い屋根),2階建の場合>
• 2階に必要な壁量(有効壁長さ)
梁間方向・桁行方向とも
L2(cm) = 2階床面積(㎡)*21(15)
• 1 階に必要な壁量(有効壁長さ)
梁間方向・桁行方向とも
L1(cm) = 1階床面積(㎡)*33 (29)
・ 有効壁長さ=壁の倍率*壁長さ
2階の耐力壁配置
:たすき掛け筋交い← 壁倍率=4.0
:片側筋交い
← 壁倍率=2.0
2階の桁行方向の検討
:たすき掛け筋交い← 壁倍率=4.0
:片側筋交い
← 壁倍率=2.0
①
①
①
②
①
①
②
③
③
④
②
4分割法の検討例(1): 2階桁行方向
3箇所×91(cm)
1箇所×91 (cm)
1.82×14.56 (m)
軽い屋根の2階
1.83÷2.29
1階の梁間方向の検討
:たすき掛け筋交い← 壁倍率=4.0
:片側筋交い
← 壁倍率=2.0
①
③
④
②
①
②
③
④
⑤
4分割法の検討例(2): 1階梁間方向
0箇所×91(cm)
4箇所×91 (cm)
3.64×7.28 (m)
軽い屋根の1階
1.89÷2.37
風圧力に必要な壁量
風圧力の検討(1)
2.79m
3.0m
2.02m
GL:0.67+1.35
=GL+2.02(m)
風圧力の検討(2)
18.445×54 (cm)
(45.824+47.168)×50 (cm)
ダウンロード

壁量計算と4分割法