付属資料2.ミニッツ(西文)
−74−
−75−
−76−
−77−
−78−
−79−
−80−
−81−
−82−
−83−
−84−
−85−
−86−
−87−
−88−
−89−
−90−
−91−
−92−
−93−
−94−
−95−
−96−
−97−
−98−
−99−
−100−
−101−
−102−
−103−
−104−
−105−
−106−
−107−
−108−
−109−
−110−
−111−
−112−
−113−
−114−
−115−
−116−
−117−
−118−
−119−
−120−
−121−
−122−
−123−
−124−
−125−
−126−
付属資料3.質問表
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (JAPANESE EXPERT & COORDINATION TEAM)
VERIFICATION OF PROJECT ACHIEVEMENTS AND IMPLEMENTATION PROCESSES
1.
How far do you think the Project Purpose, namely “Teachers’ guidebook (Guidebook) and
students’ workbook (Workbook) for Grade 1-6 in mathematics in primary level perfected”, has
been achieved so far?
Do you think it possible to achieve the Project Purpose during the rest of
the Project period, and why?
Are there any specific document and/or indices to prove the
achievements of Project Purpose?
2.
How far do you think the Overall Goal of the Project, namely “Teaching in Mathematics in primary
level improved”, has been achieved so far?
a few years after Project completion?
Overall Goal, and why?
Do you think it possible to achieve the Overall Goal
How far do you think the Project contribute to achieve the
Are there any specific document and/or indices to prove the
achievements of Project Purpose?
3.
Do you think the capacity of the Core Group regarding mathematics teaching strengthened
through the Project implementation?
Do you think the Core Group can revise the Students’
Workbook and Instructors’ Guidebook on their own in accordance with the curriculum by the end
of the Project, and why?
4.
Please tell me the progress of developing the verification Version of Guidebook and Workbook
for Grade 1-6 in mathematics in primary level.
Do you think it possible to complete it by the end
of the Project, and why?
5.
Please tell me the name, fields of expertise, background, periods of their current assignment,
and work contents for each member in the Coordination Team?
What will be their most likely
work treatment and work conditions after Project completion?
6.
What kinds of assistance has there been for the Project from PROMETAM?
contents, periods, and duration.
7.
Please tell us their
Were they helpful for the Project implementation and why?
Please tell me the name, fields of expertise, background, periods of their current assignment,
and work contents for each member of the Core Group?
implementation structure diagram if any.
Also, please give current Project
What will be their most likely work treatment and work
conditions after Project completion?
−127−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (JAPANESE EXPERT & COORDINATION TEAM)
8.
Is their work room for Japanese Expert and Coordination Team?
Has there been any problem
regarding the room?
9.
Please tell me the local Project cost disbursement from Guatemalan side for each year. What
has been the usage of local cost?
Were they enough for Project implementation?
Also,
please tell me if there are any inputs from Guatemalan side other than budget.
10. Please tell me the current progress of the following Project Activities.
initially scheduled?
If not, please give me the reasons.
Did they proceed as
Upon conducting the following
activities, how do you think are the degree of information sharing, cooperation, and demarcation
among Japanese Expert, Core Group, and Coordination Team?
Also, have the abilities of
these people been strengthened through the implementation of these Project Activities, and
why?
A) Progress of elaboration of the activity plan
B) Frequency of participation to trainings organized by the Regional Project.
C) Degree of sharing of information and experiences with the core groups of other countries
involved in the Regional Project framework through the network of communication
D) Frequency of publications of the progress of the Project
E)
Progress of curriculum analysis
F)
Degree of analysis of the content of the texts of PROMETAM
G) Progress of elaborating validation versions Guidebook and Workbook, reflecting Guatemalan
context
H) Progress of elaboration of the validation plan
I)
Progress of trainings on the use of Guidebook and Workbook to the teachers in the selected
schools for validation
J)
Frequency of mathematics classes utilizing Guidebook and Workbook produced by core group
by the teachers of schools selected for validation
K)
Progress of study in the selected schools for validation (Class observation, Interview, etc.)
L)
Progress of analysis of the results obtained by the study in the selected schools
M) Progress of revision of the contents of Guidebook and Workbook utilizing the results of the
analysis
11. Do you think the Project currently has strong implementation structure?
−128−
How do you evaluate
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (JAPANESE EXPERT & COORDINATION TEAM)
the degree of communication and cooperation among Japanese Expert, Core Group, and
JOCV?
What are the issues to be solved in future regarding implementation structure?
Please suggest me the improvement method and other points you think are important, if any.
12. Please tell me constraining and promoting factors during Project implementation, if any.
RELEVANCE
1.
Does the Project Purpose, namely “Teachers’ guidebook (Guidebook) and students’ workbook
(Workbook) for Grade 1-6 in mathematics in primary level perfected”, meet with needs of Core
Group ?
Please give me the reason.
2.
Was the selection of the target group (i.e. Core Group) adequate, and why?
3.
Are the Project activities appropriate in order to solve the current issues in math education, and
why?
4.
Compared to other donors, are their technical advantage for Japan in Project implementation,
and why?
5.
Are there demarcation and cooperation with other donor’s similar activities?
What are the
issues for the future?
6.
Did the Project took into consideration gender and racial aspects?
If the answer is yes, how?
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
−129−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (JAPANESE EXPERT & COORDINATION TEAM)
EFFECTIVENESS
1.
Did the math instruction method and ability to develop material improve for Core Group?
Please tell me constraining and promoting factors during Project implementation.
What are the
issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
2.
Are Teachers’ Guidebook and Students’ Workbook consistent with the educational situation in
Guatemala ?
How did you make effort to make sure the consistency? What are the issues for
the future? Do you think the improvement is necessary?
3.
How far do you think the Project Purpose in PDM, namely “Teachers’ guidebook (Guidebook)
and students’ workbook (Workbook) for Grade 1-6 in mathematics in primary level perfected”,
has been achieved through the implementation of two Outputs, and why?
These two Outputs
are: (1) Capacity of the core group regarding mathematics teaching strengthened; and (2)
Version for Validation of Guidebook and Workbook for Grade 1-6 in mathematics in primary level
elaborated and completed.
4.
Please tell me the constraining and promoting factors in achieving the Project Purpose of PDM,
namely
“Teachers’ guidebook (Guidebook) and students’ workbook (Workbook) for Grade 1-6
in mathematics in primary level perfected. What are the issues for the future? Do you think the
improvement is necessary?
EFFICIENCY
1.
Are the number, expertise, and timing of dispached Japanese Experts appropriate, and why ?
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
2.
Are the number, expertise, and timing of Coordination Team appropriate, and why ?
What are
the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
3.
Are the type, quantity, and timing of provided equipment appropriate, and why ?
What are the
issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
4.
Do you think tue timing, training contents, and duration of C/P training in Japan appropriate, and
why ?
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
−130−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (JAPANESE EXPERT & COORDINATION TEAM)
5.
Do you think tue timing, training contents, and duration of C/P training in Honduras appropriate,
and why ?
6.
Do you think the budget for the activities in Guatemala appropriate for the Project implementation
and why ?
7.
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
Do you think the number, expertise, capacity, and period of assignment for the Core Group
appropriate, and why ?
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is
necessary?
8.
How frequente did the Project apply the contents of materials developed in PROMETAM ?
What are the issues for the future?
9.
Do you think the improvement is necessary?
How did you cooperate with JOCV?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
10. Please tell the contents of assistance and cooperation by PROMETAM.
the future?
What are the issues for
Do you think the improvement is necessary?
11. Was the timing and advice from JCC appropriate ?
12. Is there cooperation among universities and instructors training school ? Please tell me the
contents, if any.
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is
necessary?
13. Do you think the Project budget size, both Japanese and Guatemala, appropriate in terms of
conducting the Project, and why?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
14. Please tell me the factors affecting efficiency of Project implementation, if any.
issues for the future?
What are the
Do you think the improvement is necessary?
IMPACT
1.
Do you think ”Teaching in Mathematics in primary level improve” a few years after the Project
−131−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (JAPANESE EXPERT & COORDINATION TEAM)
completion?
Does the Project contribute to its achievement?
contribution?
2.
If so, what is the degree of
Is there any Factor which affects achievement of this Goal?
Please tell me the degree of usage of materials developed in the Project by schools other than
those selected for validation.
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
3.
Are there any unexpected positive and/or negative impacts by the Project
SUSTAINABILITY
1.
Are the materials developed in Guatematica be officially approved by Guatemalan Govenment,
and why ?
2.
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is necessary?
Is it likely Guatemalan Government diffuse the materials developed in the Project after Project
completion, and why ?
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is
necessary?
3.
Is there any possiblity that organizational restructuring by MINEDUC affect the governmental
policy to support the Project , and why?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
4.
Is it likely governmental budget for material development, printing, and diffusion continue after
Project completion, and why ?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
5.
Is it likely Core Group who acquired skills and knowledge keep working and posted after Project
completion, and why ?.
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is
necessary?
6.
Is it likely that the Core Group acquire enough skill to revise the materials and conduct instructor
training by themselves after Project completion, and why ?
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is necessary?
7.
Is there any factor which affect sustainability of the Project ?
−132−
What are the issues for the future?
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (JAPANESE EXPERT & COORDINATION TEAM)
Do you think the improvement is necessary?
Instructor Training
1.
Please tell me the actual and planned instructors training system (both incumbent and
newcomer) in Guatemala.
2.
If it is still in a preparation stage, when will it be completed ?
Please tell me the name of organizations, schools, and/or universities who give instructors’
training course, the contents of training, target, and training methods.
of instructors in whole Guatemala have received training ?
About what percentage
Also, please tell me the number of
teachers who received the training and plan for the future.
3.
Please tell me the governmental strategy, plan, and budget regarding instructors training (both
incumbent and newcomer)
4.
Please tell me the contents, target, and duration of instructors training by other donors, if any.
5.
How many instructors’ training schools are there in Guatemala ?
Please give me the names of
these schools, targets, duration, achievements (contents and number of trainees), number of
math instuctors in these schools, background of math instructors, and budget.
What
percentage of the graduates of these instructors’ training schools will actually become teachers ?
6.
What kind of cooperation do you think is possible by GUATEMATICA regarding instructors’
training ?
Is there any possiblity to cooperate with instructors’ training organizations (or
schools/universities).
If the answer is yes, which organization ?
cooperate with other donors conducting instructors’ training ?
−133−
Also is there any possiblity to
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (Core Group)
VERIFICATION OF PROJECT ACHIEVEMENTS AND IMPLEMENTATION PROCESSES
1.
How far do you think the Project Purpose, namely “Teachers’ guidebook (Guidebook) and
students’ workbook (Workbook) for Grade 1-6 in mathematics in primary level perfected”, has
been achieved so far?
Do you think it possible to achieve the Project Purpose during the rest of
the Project period, and why?
Are there any specific document and/or indices to prove the
achievements of Project Purpose?
2.
How far do you think the Overall Goal of the Project, namely “Teaching in Mathematics in primary
level improved”, has been achieved so far?
a few years after Project completion?
Overall Goal, and why?
Do you think it possible to achieve the Overall Goal
How far do you think the Project contribute to achieve the
Are there any specific document and/or indices to prove the
achievements of Project Purpose?
3.
Do you think the capacity of the Core Group regarding mathematics teaching strengthened
through the Project implementation?
Do you think you can revise the Students’ Workbook and
Instructors’ Guidebook on their own in accordance with the curriculum by the end of the Project,
and why?
4.
Please tell me the progress of developing the verification Version of Guidebook and Workbook
for Grade 1-6 in mathematics in primary level.
Do you think it possible to complete it by the end
of the Project, and why?
5.
What kinds of assistance has there been for the Project from PROMETAM?
contents, periods, and duration.
6.
Please tell us their
Were they helpful for the Project implementation and why?
Please tell me the name, fields of expertise, background, periods of current assignment, and
work contents for each member of the Core Group?
implementation structure diagram if any.
Also, please give current Project
What will be their most likely work treatment and work
conditions after Project completion?
7.
Please tell me the local Project cost disbursement from Guatemalan side for each year. What
has been the usage of local cost?
Were they enough for Project implementation?
please tell me if there are any inputs from Guatemalan side other than budget.
−134−
Also,
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (Core Group)
8.
Please tell me the current progress of the following Project Activities.
initially scheduled?
If not, please give me the reasons.
Did they proceed as
Upon conducting the following
activities, how do you think are the degree of information sharing, cooperation, and demarcation
among Japanese Expert, Core Group, and Coordination Team?
Also, have the abilities of
these people been strengthened through the implementation of these Project Activities, and
why?
A) Progress of elaboration of the activity plan
B) Frequency of participation to trainings organized by the Regional Project.
C) Degree of sharing of information and experiences with the core groups of other countries
involved in the Regional Project framework through the network of communication
D) Frequency of publications of the progress of the Project
E)
Progress of curriculum analysis
F)
Degree of analysis of the content of the texts of PROMETAM
G) Progress of elaborating validation versions Guidebook and Workbook, reflecting Guatemalan
context
H) Progress of elaboration of the validation plan
I)
Progress of trainings on the use of Guidebook and Workbook to the teachers in the selected
schools for validation
J)
Frequency of mathematics classes utilizing Guidebook and Workbook produced by core group
by the teachers of schools selected for validation
K)
Progress of study in the selected schools for validation (Class observation, Interview, etc.)
L)
Progress of analysis of the results obtained by the study in the selected schools
M) Progress of revision of the contents of Guidebook and Workbook utilizing the results of the
analysis
9.
Do you think the Project currently has strong implementation structure?
How do you evaluate
the degree of communication and cooperation among Japanese Expert, Core Group, and
JOCV?
What are the issues to be solved in future regarding implementation structure?
Please suggest me the improvement method and other points you think are important, if any.
10. Please tell me constraining and promoting factors during Project implementation, if any.
RELEVANCE
−135−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (Core Group)
1.
Does the Project Purpose, namely “Teachers’ guidebook (Guidebook) and students’ workbook
(Workbook) for Grade 1-6 in mathematics in primary level perfected”, meet with needs of Core
Group ?
Please give me the reason.
2.
Was the selection of the target group (i.e. Core Group) adequate, and why?
3.
Are the Project activities appropriate in order to solve the current issues in math education, and
why?
4.
Compared to other donors, are their technical advantage for Japan in Project implementation,
and why?
5.
Are there demarcation and cooperation with other donor’s similar activities?
What are the
issues for the future?
6.
Did the Project took into consideration gender and racial aspects?
If the answer is yes, how?
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
EFFECTIVENESS
1.
Did the math instruction method and ability to develop material improve for Core Group?
Please tell me constraining and promoting factors during Project implementation.
What are the
issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
2.
Are Teachers’ Guidebook and Students’ Workbook consistent with the educational situation in
Guatemala ?
How did you make effort to make sure the consistency? What are the issues for
the future? Do you think the improvement is necessary?
3.
How far do you think the Project Purpose in PDM, namely “Teachers’ guidebook (Guidebook)
and students’ workbook (Workbook) for Grade 1-6 in mathematics in primary level perfected”,
has been achieved through the implementation of two Outputs, and why?
These two Outputs
are: (1) Capacity of the core group regarding mathematics teaching strengthened; and (2)
Version for Validation of Guidebook and Workbook for Grade 1-6 in mathematics in primary level
elaborated and completed.
−136−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (Core Group)
4.
Please tell me the constraining and promoting factors in achieving the Project Purpose of PDM,
namely
“Teachers’ guidebook (Guidebook) and students’ workbook (Workbook) for Grade 1-6
in mathematics in primary level perfected. What are the issues for the future? Do you think the
improvement is necessary?
EFFICIENCY
1.
Are the number, expertise, and timing of dispached Japanese Experts appropriate, and why ?
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
2.
Are the number, expertise, and timing of Coordination Team appropriate, and why ?
What are
the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
3.
Are the type, quantity, and timing of provided equipment appropriate, and why ?
What are the
issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
4.
Do you think the timing, training contents, and duration of C/P training in Japan appropriate, and
why ?
5.
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
Do you think tue timing, training contents, and duration of C/P training in Honduras appropriate,
and why ?
6.
Do you think the budget for the activities in Guatemala appropriate for the Project implementation
and why ?
7.
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
Do you think the number, expertise, capacity, and period of assignment for the Core Group
appropriate, and why ?
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is
necessary?
8.
How frequente did the Project apply the contents of materials developed in PROMETAM ?
What are the issues for the future?
9.
Do you think the improvement is necessary?
How did you cooperate with JOCV?
What are the issues for the future?
improvement is necessary?
−137−
Do you think the
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (Core Group)
10. Please tell the contents of assistance and cooperation by PROMETAM.
the future?
What are the issues for
Do you think the improvement is necessary?
11. Was the timing and advice from JCC appropriate ?
12. Is there cooperation among universities and instructors training school ? Please tell me the
contents, if any.
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is
necessary?
13. Do you think the Project budget size, both Japanese and Guatemala, appropriate in terms of
conducting the Project, and why?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
14. Please tell me the factors affecting efficiency of Project implementation, if any.
issues for the future?
What are the
Do you think the improvement is necessary?
IMPACT
1.
Do you think ”Teaching in Mathematics in primary level improve” a few years after the Project
completion?
Does the Project contribute to its achievement?
contribution?
2.
If so, what is the degree of
Is there any factor which affects achievement of this Goal?
Please tell me the degree of usage of materials developed in the Project by schools other than
those selected for validation.
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
3.
Are there any unexpected positive and/or negative impacts by the Project?
SUSTAINABILITY
1.
Are the materials developed in Guatematica be officially approved by Guatemalan Govenment,
and why ?
2.
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is necessary?
Is it likely Guatemalan Government diffuse the materials developed in the Project after Project
completion, and why ?
What are the issues for the future?
necessary?
−138−
Do you think the improvement is
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (Core Group)
3.
Is there any possiblity that organizational restructuring by MINEDUC affect the governmental
policy to support the Project , and why?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
4.
Is it likely governmental budget for material development, printing, and diffusion continue after
Project completion, and why ?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
5.
Is it likely Core Group who acquired skills and knowledge keep working and posted after Project
completion, and why ?.
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is
necessary?
6.
Is it likely that the Core Group acquire enough skill to revise the materials and conduct instructor
training by themselves after Project completion, and why ?
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is necessary?
7.
Is there any factor which affect sustainability of the Project ?
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is necessary?
Instructor Training
1.
Please tell me the actual and planned instructors training system (both incumbent and
newcomer) in Guatemala.
2.
If it is still in a preparation stage, when will it be completed ?
Please tell me the name of organizations, schools, and/or universities who give instructors’
training course, the contents of training, target, and training methods.
of instructors in whole Guatemala have received training ?
About what percentage
Also, please tell me the number of
teachers who received the training and plan for the future.
3.
Please tell me the governmental strategy, plan, and budget regarding instructors training (both
incumbent and newcomer)
4.
Please tell me the contents, target, and duration of instructors training by other donors, if any.
−139−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (Core Group)
5.
How many instructors’ training schools are there in Guatemala ?
Please give me the names of
these schools, targets, duration, achievements (contents and number of trainees), number of
math instuctors in these schools, background of math instructors, and budget.
What
percentage of the graduates of these instructors’ training schools will actually become teachers ?
6.
What kind of cooperation do you think is possible by GUATEMATICA regarding instructors’
training ?
Is there any possiblity to cooperate with instructors’ training organizations (or
schools/universities).
If the answer is yes, which organization ?
cooperate with other donors conducting instructors’ training ?
−140−
Also is there any possiblity to
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (MINEDUC)
VERIFICATION OF PROJECT ACHIEVEMENTS AND IMPLEMENTATION PROCESSES
1.
How far do you think the Project Purpose, namely “Teachers’ guidebook (Guidebook) and
students’ workbook (Workbook) for Grade 1-6 in mathematics in primary level perfected”, has
been achieved so far?
Do you think it possible to achieve the Project Purpose during the rest of
the Project period, and why?
2.
How far do you think the Overall Goal of the Project, namely “Teaching in Mathematics in primary
level improved”, has been achieved so far?
a few years after Project completion?
Do you think it possible to achieve the Overall Goal
How far do you think the Project contribute to achieve the
Overall Goal, and why?
3.
Do you think the capacity of the Core Group regarding mathematics teaching strengthened
through the Project implementation?
Do you think you can revise the Students’ Workbook and
Instructors’ Guidebook on their own in accordance with the curriculum by the end of the Project,
and why?
4.
Please tell me the progress of developing the verification Version of Guidebook and Workbook
for Grade 1-6 in mathematics in primary level.
Do you think it possible to complete it by the end
of the Project, and why?
5.
Please tell me the local Project cost disbursement from Guatemalan side for each year. What
has been the usage of local cost?
Were they enough for Project implementation?
Also,
please tell me if there are any inputs from Guatemalan side other than budget
6.
Do you think the Project currently has strong implementation structure?
be solved in future regarding implementation structure?
What are the issues to
Please suggest me the improvement
method and other points you think are important, if any.
7.
Please tell me constraining and promoting factors during Project implementation, if any.
RELEVANCE
1.
Does the Project Purpose, namely “Teachers’ guidebook (Guidebook) and students’ workbook
(Workbook) for Grade 1-6 in mathematics in primary level perfected”, meet with needs of Core
Group ?
Please give me the reason.
141
−141−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (MINEDUC)
2.
Was the selection of the target group (i.e. Core Group) adequate, and why?
3.
Are the Project activities appropriate in order to solve the current issues in math education, and
why?
4.
Compared to other donors, are their technical advantage for Japan in Project implementation,
and why?
5.
Are there demarcation and cooperation with other donor’s similar activities?
What are the
issues for the future?
6.
Did the Project took into consideration gender and racial aspects?
If the answer is yes, how?
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
EFFECTIVENESS
1.
Did the math instruction method and ability to develop material improve for Core Group?
Please tell me constraining and promoting factors during Project implementation.
What are the
issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
2.
Are Teachers’ Guidebook and Students’ Workbook consistent with the educational situation in
Guatemala ?
3.
What are the issues for the future? Do you think the improvement is necessary?
How far do you think the Project Purpose in PDM, namely “Teachers’ guidebook (Guidebook)
and students’ workbook (Workbook) for Grade 1-6 in mathematics in primary level perfected”,
has been achieved through the implementation of two Outputs, and why?
These two Outputs
are: (1) Capacity of the core group regarding mathematics teaching strengthened; and (2)
Version for Validation of Guidebook and Workbook for Grade 1-6 in mathematics in primary level
elaborated and completed.
4.
Please tell me the constraining and promoting factors in achieving the Project Purpose of PDM,
namely
“Teachers’ guidebook (Guidebook) and students’ workbook (Workbook) for Grade 1-6
in mathematics in primary level perfected. What are the issues for the future? Do you think the
improvement is necessary?
142
−142−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (MINEDUC)
EFFICIENCY
1.
Do you think the Project budget size, both Japanese and Guatemala, appropriate in terms of
conducting the Project, and why?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
IMPACT
1.
Do you think ”Teaching in Mathematics in primary level improve” a few years after the Project
completion?
Does the Project contribute to its achievement?
contribution?
2.
If so, what is the degree of
Is there any Factor which affects achievement of this Goal?
Please tell me the degree of usage of materials developed in the Project by schools other than
those selected for validation.
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
3.
Are there any unexpected positive and/or negative impacts by the Project?
SUSTAINABILITY
1.
Are the materials developed in Guatematica be officially approved by Guatemalan Govenment,
and why ?
2.
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is necessary?
Is it likely Guatemalan Government diffuse the materials developed in the Project after Project
completion, and why ?
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is
necessary?
3.
Is there any possiblity that organizational restructuring by MINEDUC affect the governmental
policy to support the Project , and why?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
4.
Is it likely governmental budget for material development, printing, and diffusion continue after
Project completion, and why ?
What are the issues for the future?
Do you think the
improvement is necessary?
5.
Is it likely Core Group who acquired skills and knowledge keep working and posted after Project
143
−143−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (MINEDUC)
completion, and why ?.
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is
necessary?
6.
Is there any factor which affect sustainability of the Project ?
What are the issues for the future?
Do you think the improvement is necessary?
Instructor Training
1.
Please tell me the actual and planned instructors training system (both incumbent and
newcomer) in Guatemala.
2.
If it is still in a preparation stage, when will it be completed ?
Please tell me the name of organizations, schools, and/or universities who give instructors’
training course, the contents of training, target, and training methods.
of instructors in whole Guatemala have received training ?
About what percentage
Also, please tell me the number of
teachers who received the training and plan for the future.
3.
Please tell me the governmental strategy, plan, and budget regarding instructors training (both
incumbent and newcomer)
4.
Please tell me the contents, target, and duration of instructors training by other donors, if any.
5.
How many instructors’ training schools are there in Guatemala ?
Please give me the names of
these schools, targets, duration, achievements (contents and number of trainees), number of
math instuctors in these schools, background of math instructors, and budget.
What
percentage of the graduates of these instructors’ training schools will actually become teachers ?
6.
What kind of cooperation do you think is possible by GUATEMATICA regarding instructors’
training ?
Is there any possiblity to cooperate with instructors’ training organizations (or
schools/universities).
If the answer is yes, which organization ?
cooperate with other donors conducting instructors’ training ?
144
−144−
Also is there any possiblity to
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (Teachers of the schools selected for validation)
1.
Do you think ”Teaching in Mathematics in primary level improve” a few years after the Project
completion?
Does the Project contribute to its achievement?
If so, what is the degree of
contribution and why?
2.
Are the activities conducted in GUATEMATICA appropriate in order to solve the current issues in
math education, and why?
3.
Do you think the methods, frequency, and contents of the instructors’ training held by Core
Group appropriate?
Is it useful, and why?
What are the issues for the future? Do you think the
improvement is necessary?
4.
How do you utilize the results of the instructors’ training organized by Core Group in your class,
and why?
5.
Do you want to recommend the instructors’ training organized by Core Group to teachers other
than schools selected for validation, and why?
6.
How do you evaluate the Instructors’ Guidebook and Students’ Workbook developed by
Guatematica compared to other materials?
Are they consistent with the current situation in
Guatemala? What are the issues for the future? Do you have any request ?
7.
Do you think the Guidebook and Workbook developed in Guatemaka take into consideration
gender and racial aspects?
8.
What are the issues for the future? Do you have any request ?
Did your attitude to hold class change after using the Guidebook developed in GUATEMATICA,
and how?
9.
Did the attitude of your students (i.e. attitude to participate class, grades, test results, willingness
to study, etc) change after using the Workbook developed in GUATEMATICA, and how?
10. How frequent do you utilize Guidebook and Workbook developed in GUATEMATICA, and why?
11. Do you want to recommend Guidebook and Workbook to teachers from the schools other than
those selected for validation, and why?
145
−145−
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS
TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
QUESTIONNAIRE (Teachers of the schools selected for validation)
12. Generally speaking, do you think that the Guidebook and Workbook developed in
GUATEMATICA known in Guatemala ?
To become well-known, what do you think are the
methods ?
13. Have you ever attended instructors training which take place in Guatemala ?
yes, what is the frequency of attendance ?
Which organization (or schopls/universities) give
you training in the past few years and what were the contents and duration ?
your lecture in the classroom ?
If the answer is
Was it helpful in
What are the issues for the future? Do you have any request ?
146
−146−
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
質問表(JOCV)
1.
あなたはプロジェクト終了後数年でグアテマラの初等教育教員の算数指導力は向上すると思い
ますか。本プロジェクトは、その達成にどの程度貢献していると考えますか。それはなぜですか。
2.
プロジェクトは、グアテマラにおける算数教育分野の開発課題に対応する活動として適切だと思
いますか。それはなぜですか。
3.
本プロジェクトで開発された指導書と作業帳の使い心地は、従来の教材に比べていかがですか。
これらはグアテマラの現状に即した内容になっていると思いますか。今後の課題や改善の要望が
あれば教えてください
4.
本プロジェクトで開発された指導書と作業帳は、ジェンダーや民族に配慮して作成されています
か。今後の課題や改善の要望があれば教えてください
5.
本プロジェクトで開発された指導書と作業帳は、どのくらいの頻度で授業に使われていますか。
それはなぜですか。
6.
本プロジェクトで開発された指導書の使用前と使用後で、教員の授業実施態度に何か変化は見ら
れましたか。
7.
本プロジェクトで開発された作業帳の使用前と使用後で、生徒の反応(授業を受ける態度、成績、
学習意欲など)に何か変化は見られましたか。
8.
プロジェクト実施にあたり、専門家と JOCV とのコミュニケーションや協力関係、連携方法はい
かがでしたか。改善方法やその他お気づきの点があれば教えてください。
9.
グアテマラにおいて、プロジェクトで開発された教材や指導書はよく知られていますか。認知度
を高めるためにはどうしたらよいと思われますか。
10. 現在グアテマラで行われている、もしくは計画中の現職・新人教員研修制度の仕組みを教えてく
ださい。
147
−147−
11. 教員研修実施機関(実施校)、研修内容、対象者、研修手法を教えてください
12. 他のドナーによる教員研修に対する支援があれば、内容、対象者、期間を教えてください。
13. グアテマラには教員養成校が何校ありますか。これらの養成校の名前、対象者、養成期間、養成
実績(内容・数)、算数指導教員数、指導員の経歴などがわかれば教えてください。これらの学
校の卒業生の何割が実際教員になっていますか。
14. 教員研修について、GUATEMATICA はどのような協力が可能と考えますか。研修実施機関(実
施校)との連携の可能性はありますか。あるとすればどの機関ですか。教員研修を実施するドナ
ーとの連携の可能性はいかがでしょうか。
以上
148
−148−
投入実績の
確認(日本
側)
計画達成度
実績
評価項目
−149−
日本人専門家、調整チーム
日本人専門家、調整チーム
調整チーム人員配置実績
研修員受入実績(研修期間・研修
科目含め)
機材供与実績(利用管理状況も含
め)
現地業務費支出実績一覧
調整チームの配置
研修員受入
本邦研修・第 3 国研修
機材供与
活動費
教材費・印刷費など
日本人専門家、調整チーム
日本人専門家、調整チーム
・ 専門家派遣実績(派遣期間・
指導科目も含め)
専門家の派遣
日本人専門家、調整チーム
MINEDUC、日本人専門家、調整
チーム、コアグループ
教員用指導書
児童用作業帳
バリデーション進捗状況
・
・
・
2 初等教育算数科第 1-6 学年の教員用指導書と児童用
作業帳のバリデーション版作成、完了
・
MINEDUC、日本人専門家、調整
チーム、コアグループ、バリデー
ション校教員
C/P 能力向上を具体的に証明
する資料(あれば)
関係者意見
・
資料レビュー
資料レビュー
資料レビュー
資料レビュー
インタビュー
資料レビュー
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
インタビュー
資料レビュー
質問表
MINEDUC, 日本人専門家、調整チ
ーム、コアグループ
プロジェクト資料(PO など)
・ MINEDUC による確認
・ プロジェクト資料
・ 関係者意見
プロジェクト目標:初等教育算数第 1 学年から第 6 学年
までの教員用指導書と児童用作業帳が完成する
成果:
1 コアグループの算数教育に関する能力強化
資料レビュー
インタビュー
データ収集方法
MINEDUC、専門家、JOCV
調整チーム、コアグループ、対象
校教員
情報源
上位目標:初等教育において算数指導力が向上する
・
判断基準(指標)
実績・実施プロセスの確認
Results of lesson analysis of
mathematics (方法については
PROMETAM で開発)
・ 指導力向上が確認できるテス
ト結果などの資料(あれば)
・ 児童の全国学 力テスト結果
(算数)など学力向上が確認
できる資料(あれば)
調査項目
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
付属資料4.評価グリッド(和文)
−150−
その他の投入実績(あれば)
実施プロセ
スの確認
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
広域対象諸国との交流実績
関係者意見
・
・
・ プロジェクトに関する広報資
料(教材の知名度を示すアン
ケート調査・ヒアリング調査
結果などを含む)
・ 関係者意見
1-4 プロジェクト進捗状況についての定期的な広報・
発表
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
1-3 コミュニケーションネットワークを通した広域対
象諸国コアグループとの知識・経験の共有
活動計画(PO など)
関係者意見
1-2 広域プロジェクトが実施する各種研修参加
・
・
・
MINEDUC
コアグループ
日本人専門家、調整チーム
MINEDUC、コアグループ、日本
人専門家、調整チーム
日本人専門家、調整チーム
コアグループ、日本人専門家、調
整チーム
第 3 国研修参加実績、具体的
成果(C/P 能力向上を証明す
るテスト結果など)
・ 関係者意見
活動:
1-1 活動計画の作成
その他の投入実績(あれば)
投入予算実績
執務室の有無
JICA 調整チームの執務室(教育省内)
プロジェクト実施に必要な経費
C/P 配置一覧(配置時期、専任・
兼任も含め)
コアグループの配置
情報源
プロジェクト資料(年度ごと) 日本人専門家、調整チーム、コア
関係者意見
グループ
判断基準(指標)
・
・
調査項目
実績・実施プロセスの確認
PROMETAM からの支援
専門家の巡回指導など
実施プロセス
投入実績の
確認(グ側)
評価項目
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
資料レビュー
資料レビュー
インタビュー
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
データ収集方法
−151−
評価項目
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
資料レビュー
専門家、調整チーム、コアグルー
プ、JOCV
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
・ 最新の教員用指導書、児童用
作業帳、その他プロジェクト
作成教材、及び教材としての
適切さや完成度を証明する資
料
・ 関係者意見
・バリデーション計画(PO など)
・ バリデーション協力校での研
修実績、具体的成果
・ 関係者意見
・授業実施状況
・ バリデーション協力校におけ
る調査資料(授業観察やイン
タビューなど)と分析資料
・ 関係者意見
・ 調査結果分析状況
・ 関係者意見
・ 指導書と作業帳の内容改訂状
況
・ 関係者意見
2-3 グアテマラの状況に合わせ、バリデーション用の
指導書と作業帳作成
2-4 バリデーションの計画作成
2-5 バリデーション協力校の教員による指導書と作業
帳を使用した研修の実施
2-6 バリデーション協力校の教員による指導書と作業
帳を使用した授業の実施
2-7 バリデーション協力校における調査(授業観察・
インタビューなど)
2-8 バリデーション協力校における調査結果の分析
2-9 調査結果に基づいた指導書と作業帳の内容改訂
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
・関係者意見
2-2 PROMETAM 教材の内容分析
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
プロジェクト資料(四半期報告書
など)、バリデーション校教員
専門家、調整チーム、コアグルー
プ、バリデーション校教員、JOCV
プロジェクト資料(四半期報告書
など)
専門家、調整チーム、コアグルー
プ、バリデーション校教員
プロジェクト資料(四半期報告書
など)
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
プロジェクト資料(四半期報告書
など)
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
プロジェクト資料(四半期報告書
など)
インタビュー
質問表
資料レビュー
専門家、調整チーム、コアグルー
プ
・ 最新カリキュラムとカリキュ
ラム分析資料
・ 関係者意見
2-1 カリキュラム分析
データ収集方法
情報源
実績・実施プロセスの確認
判断基準(指標)
調査項目
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
−152−
実施プロセ
スの適切性
についての
検証
評価項目
プロジェクト実施上の貢献要因と阻害要因(外部条件の
発現含む)
専門家、コアグループ、JOCV とのコミュニケーション
や協力関係
PDM、PO に沿ったプロジェクト活動。計画は C/P にも
きちんと認識されていたか
プロジェクト実施体制の適切性
調査項目
プロジェクト組織図
関係者意見
JCC やその他ミーティング開
催実績
関係者意見
・ プロジェクト進捗に貢献した
要因と阻害要因
・ 外部条件の発現状況
・
・
データ収集方法
インタビュー
質問表
資料レビュー
MINEDUC, 専門家、調整チーム、 インタビュー
コアグループ
質問表
専門家、調整チーム、コアグルー
プ、JOCV
MINEDUC、専門家、調整チーム、 インタビュー
コアグループ
質問表
プロジェクト資料
資料レビュー
インタビュー
MINEDUC、専門家、調整チーム、
質問表
コアグループ
資料レビュー
情報源
実績・実施プロセスの確認
PDM、PO(PO のバーチャー
トと実際の進捗状況を並べて
記入)
・ 関係者意見
・
・
・
判断基準(指標)
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
−153−
有効性
妥当性
5 項目
成果の達成状況
方法の適切性
優先度
必要性
大項目
小項目
・
・
・
成果達成についての促進、阻害
要因はあるか
・
コアグループの算数指導方法、
教材開発能力は向上したか
指導書と作業帳はグアテマラの
現状に即した内容となっている
か
・
・
関係者意見
プロジェクト資料
関係者意見
関係者意見
各成果の達成状況の記録
関係者意見
当該援助分野のほかドナ
ーの動向・活動実績
関係者意見
・
・
関係者意見
関係者意見
・
・
各成果の指標の現状
ジェンダーや民族に対する配慮
はあったか
他のドナーとの協力関係やデマ
ケーションはあるか
日本の技術の優位性はあるか
国の開発政策・計画
・
日本の ODA 政策
関係者意見
・
・
国の開発政策・計画
関係者意見
・
・
情報源
外務省ホームページ
JICA 国別実施計画
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家、
JOCV、バリデーション校教員
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家、他
ドナー(USAID など)
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家、バ
リデーション校教員
プロジェクト資料
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家、
バリデーション校教員
プロジェクト資料
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家、
バリデーション校教員
プロジェクト資料
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
グ国の開発政策・計画
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
評価グリッド
必要な情報・データ
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
プロジェクト目標とグアテマラ
のターゲットグループのニーズ
は一致しているか
ターゲットグループの設定は妥
当か
上位目標とグアテマラ国家開発
政策との整合性
日本の援助政策、JICA 国別事業
実施計画との整合性
プロジェクトは、グアテマラに
おける算数教育分野の開発課題
に対応する活動として適切か
評価設問
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
資料レビュー
資料レビュー
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
データ収集方法
−154−
効率性
5 項目
他のリソースとの連携
達成されたアウトプットから見
て、投入の質、量、タイミング
は適切か
プロジェクト目標の達成状況
大項目
小項目
・
・
・
・
・
専門家派遣人数、専門分野、派
遣時期は適切か
調整チームの配置人数、専門分
野、配置時期は適切か
供与機材の種類、量、設置時期
は適切か
関係者意見
プロジェクト資料
・
・
・
・
・
・
プロジェクトの現地活動費の額
は適切か
グアテマラ側の C/P 配置、予算
規模は適切か
PROMETAM で開発された教材
の活用度
協力隊との連携方法は適切か
PROMETAM からの支援や連携
は適切か
JCC の時期とアドバイスは適切
か
大学や教員養成校との連携はあ
るか
関係者意見
プロジェクト資料
第 3 国研修のタイミング、内容、 ・
期間は適切か
・
関係者意見
関係者意見
関係者意見
・
・
・
関係者意見
関係者意見
関係者意見
プロジェクト資料
関係者意見
プロジェクト資料
関係者意見
プロジェクト資料
関係者意見
関係者意見
プロジェクト資料
関係者意見
プロジェクト資料
関係者意見
プロジェクト資料
・
・
本邦研修のタイミング、内容、
期間は適切か
・
・
プロジェクト目標達成の促進、
阻害要因はあるか
・
・
情報源
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
評価グリッド
必要な情報・データ
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
プロジェクト目標は、各アウト
プットの結果どの程度達成され
たか
評価設問
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
データ収集方法
−155−
自立発
展性
インパ
クト
5 項目
プロジェクト目標の達成による
プロジェクトの効果は援助終了
後も維持される見込みはあるか
正負のインパクト
波及効果
上位目標の達成に影響を与える
要因
政治・制度的側面
MINEDUC の組織改編により同
国政府のプロジェクト支援体制
に影響が出る可能性はあるか
財務的側面
教材の開発・印刷・普及に関し
MINEDUC の予算は継続される
見込みか
政治・制度的側面
同国政府は教材を普及させる意
思はあるか
その他予想されなかった正負の
インパクトはあるか
外部条件の発現は、プロジェク
ト目標または上位目標達成に影
響を及ぼしそうか
政治・制度的側面
教材がグアテマラ政府により国
定教材として承認される見込み
バリデーション協力校以外での
教材使用状況
プロジェクト終了後数年に上位
目標が達成される見込みはある
か
関係者の意見
同国政府の政策
新組織の組織図案
関係者の意見
同国政府の政策
・
・
・
・
・
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
関係者意見
MINEDUC 教材配布実績と MINEDUC、コアグループ、
配布/活用計画(将来的な予 調整チーム、日本人専門家
算計画、改定計画を含む)
・
・
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
関係者意見
グアテマラ政府の政策
関係者意見
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
・
・
・
・
関係者意見
バリデーション協力校以
外での教材使用状況に関
する調査資料と分析資料
関係者意見
・
・
関係者意見
関係者意見
・
・
関係者意見
プロジェクト資料
・
・
プロジェクト実施の効率性に影
響を与えた要因
プロジェクト目標の結果として
の上位目標達成の見込み
関係者意見
情報源
MINEDUC, コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
プロジェクト資料
評価グリッド
必要な情報・データ
・
小項目
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
プロジェクト予算の規模の適切
性
大項目
評価設問
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
資料レビュー
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
資料レビュー
データ収集方法
−156−
5 項目
プロジェクト終了後の上位目標
達成の見通し
プロジェクトの自立発展性に影
響を与える要因
大項目
小項目
関係者意見
同国政府の政策
関係者意見
関係者意見
同国政府の政策
関係者意見
・
・
・
・
・
・
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
インタビュー
質問表
コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
データ収集方法
インタビュー
質問表
情報源
MINEDUC、コアグループ、
調整チーム、日本人専門家
評価グリッド
必要な情報・データ
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
技術的側面
C/P は継続して勤務し、配置され
る見込みはあるか
技術的側面
C/P 独自で教材を更新し研修を
実施できるようになる見込みは
あるか
評価設問
−157−
Confirmation Items
Record of training in Japan and in
Honduras (including duration and fields
of training)
Training in Japan and Honduras
Record of dispatch of experts
(including duration and fields of
guidance)
・
Number and timing for the placement of
Coordination Team
Teachers’ Guidebook
Students’ Workbook
Progress of validation
Documents
which
prove
the
improvement of C/Ps ability (if any)
Opinions of personnel concerned
Verification by MINEDUC
Project related documents
Opinions of personnel concerned
・
・
・
・
・
・
・
・
Results of lesson analysis of
mathematics (Method will be
developed in PROMETAM)
Documents
which
prove
the
improvement in instruction method
of math teachers such as test
results (if any)
Documents
which
prove
the
improvement in students’ scholastic
ability in math such as nationwide
test results (if any)
Coordination Team
Dispatch of Experts
2-1. Version for Validation of Guidebook and
Workbook for Grade 1-6 in mathematics in
primary level elaborated.
2-2.Validation of the "Output 2-1." completed.
Outputs:
1
Capacity of the core group regarding
mathematics teaching strengthened.
Project Purpose : Teachers’ guidebook
(Guidebook) and students’ workbook (Workbook)
for Grade 1-6 in mathematics in primary level
perfected.
・
・
・
Information / Data Required
Japanese Expert
Coordination Team
Japanese Expert
Coordination Team
・
・
Japanese Expert
Coordination Team
・
・
・
&
&
&
MINEDUC, Core Group,
Japanese Expert, &
Coordination Team,
MINEDUC, Core Group,
Coordination Team, &
Japanese Expert,
Project
related
documents(PO, etc)
MINEDUC, Core Group
Japanese
Expert,
Coordination Team, &
instructors from schools
selected for validation
・
・
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
Coordination
Team,
JOCV, & instructors
from schools selected
for validation
・
Information Source
PROJECT ACHIEVEMENTS & IMPLEMENTATION PROCESS
Overall Goal : Teaching in Mathematics in
primary level improved.
Achievements
Evaluation
Items
Degree of Achievement of the Plan
Confirmation
of Achievement of
Inputs(Japan)
Review of related documents
Interview
Review of related documents
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Review of related documents
Information Collection
Methods
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
付属資料5.評価グリッド(英文)
−158−
Evaluation
Items
Confirmation
of Achievement of Inputs
(Guatemala)
・
・
C/P placement record (including timing,
full time/ part time status)
Assistance from PROMETAM
Guidance by Experts in Honduras, etc
Placement of Core Group
Work room for JICA Coordination Team
Record of Guatemalan budget invested
Other achievement of inputs (if any)
Work room for JICA Coordination Team (within
MINEDUC)
Budget for Project implementation
Other achievement of inputs (if any)
Project related documents
Opinions of personnel concerned
Record of local cost disbursement
Local Cost Disbursement
Cost for material development and printing, etc.
of
&
Record
of
provision
equipment(including
operation
maintenance)
Information / Data Required
Provision of equipment
Confirmation Items
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese Expert, &
Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese Expert, &
Coordination Team
・
・
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
・
・
Japanese Expert Core
Group, & Coordination
Team
・
&
&
Japanese Expert
Coordination Team
Japanese Expert
Coordination Team
・
・
Information Source
PROJECT ACHIEVEMENTS & IMPLEMENTATION PROCESS
Review of related documents
Review of related documents
Interview
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Review of related documents
Review of related documents
Information Collection
Methods
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
−159−
Confirmation Items
To conduct curriculum analysis
2-3
To produce version for validation of
Guidebook and Workbook, adapting them to
Guatemalan context.
2-2
To analyze the content of the texts of
PROMETAM.
2-1
1-4 To carry out periodically publications of the
progress of the Project.
1-3 To share information and experiences with
the core groups of other countries involved in the
framework of the Regional Project through the
network of communication.
1-2 To participate in trainings organized by the
Regional Project
・
・
・
・
Latest Teachers’ Guidebook and
Students’ Workbook.
Other materials developed in
Project
Documents which prove the
adequacy
and
degree
of
completeness
of
developed
materials
Opinions of personnel concerned
Opinions of personnel concerned
・
・
・
・
・
Latest curriculum and documents
concerning curriculum analysis
Opinions of personnel concerned
Training record in Honduras and
concrete outputs from training (Test
results to prove the improved
competency of C/Ps)
Opinions of personnel concerned
Record of communication among
member countries in the Regional
Projects
Opinions of personnel concerned
Information concerning Project
publications (including survey and
interview to investigate how much
materials
developed
by
GUATEMATICA known by public.)
Opinions of personnel concerned
・
・
・
Project activity plan (PO, etc.)
Opinions of personnel concerned
・
・
Information / Data Required
Core Group, Japanese
Expert,
Coordination
Team, & JOCV
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
・
・
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
・
・
・
・
・
Information Source
PROJECT ACHIEVEMENTS & IMPLEMENTATION PROCESS
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Information Collection
Methods
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
Activities:
1-1 To make plan for trainings.
Process of Activities
Evaluation
Items
Confirmation of implementation process
−160−
Evaluation
Items
To make plan for validation process.
2-8
To analyze the results obtained by the
study in the selected schools.
2-7 To carry out study in the selected schools
for validation (Class observation, Interview, etc.)
2-6
Teachers conduct classes utilizing
Guidebook and Workbook produced by core
group.
2-5
To provide trainings on the use of
Guidebook and Workbook to the teachers in the
selected schools for validation.
2-4
Confirmation Items
Training record and concrete
outputs of training in the selected
schools for vilification
Opinions of personnel concerned
Analysis of the study results
Opinions of personnel concerned
・
・
・
Study
and
analysis
reports
concerning selected schools for
validation
(Class
observation,
interview, etc.)
Opinions of personnel concerned
・
Degree of utilization of Guidebook and
Workbook within class room
・
・
Validation plan(PO, etc)
Information / Data Required
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
Core Group, Japanese
Expert,
Coordination
Team, & instructors from
schools selected for
validation
・ Project
related
documents
(Quarterly
reports, etc.),
・ Core Group, Japanese
Expert,
Coordination
Team, & instructors from
schools selected for
validation, JOCV
・ Project
related
documents
(Quarterly
reports, etc.)
・ Core Group, Japanese
Expert,
Coordination
Team, & instructors from
schools selected for
validation
・ Project
related
documents
(Quarterly
reports, etc.)
・ Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
・ Project
related
documents
(Quarterly
reports, etc.)
・
・
Information Source
PROJECT ACHIEVEMENTS & IMPLEMENTATION PROCESS
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Review of related documents
Information Collection
Methods
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
−161−
Evaluation
Items
of
Verification of appropriateness
implementation process
Constraining and promoting factors during Project
implementation
(including
occurrence
of
Important Assumption)
Communication and cooperation among Experts,
Core Group, and JOCV
Project activity consistent with PDM & PO.
Were those information precisely shared by
C/Ps?
Adequacy of Project implementation structure
2-9 To improve the contents of Guidebook and
Workbook utilizing the results of the analysis.
Confirmation Items
Project organizational chart
Opinions of personnel concerned
PDM & PO (Progress of current
activities compared to original plan)
Opinions of personnel concerned
・
・
・
Constraining and promoting factors
during Project implementation
Occurrence
of
Important
Assumptions
・
・
Record of JCC and other meetings
Opinions of personnel concerned
・
・
・
・
Status of guidebook and Workbook
content revision
Opinions of personnel concerned
・
Information / Data Required
MINEDUC, Core Group,
Japanese Expert, &
Coordination Team
Project
related
documents
Core Group, Japanese
Expert,
JOCV,
&
Coordination Team
・
・
・
・
MINEDUC, Core Group,
Japanese Expert, &
Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese Expert, &
Coordination Team
・
・
Core Group, Japanese
Expert, & Coordination
Team
Project
related
documents
(Quarterly
reports, etc.)
・
Information Source
PROJECT ACHIEVEMENTS & IMPLEMENTATION PROCESS
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Interview
Questionnaire
Review of related documents
Information Collection
Methods
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
−162−
Relevance
Evaluation
Criteria
Appropriateness
methods
Priority
Necessity
of
and cooperation
donor’s
similar
Did the Project took into
consideration gender and racial
aspects?
Demarcation
with
other
actitivies
Japan’s technological advantage
compared to other countries
Appropriateness
of
project
approach as activities to solve the
problem in math education in
Guatemala
Relevance to Japanese ODA
Policy and
JICA’s
country
assistance plan
Conformity of Overall Goal to the
Guatemalan
National
development policy
Was the selection of the target
group adequate ?
Do the Project Purpose meet with
needs of the target group ?
Activities
and
achievements of other
donors in educational
sector in Guatemala
Opinions of personnel
concerned
・
・
Opinions of personnel
concerned
Opinions of personnel
concerned
・
・
Opinions of personnel
concerned
Japanese ODA policy
・
・
・
Guatemalan
national
development policy
Opinions of personnel
concerned
・
・
Guatemalan
national
development policy
Opinions of personnel
concerned
・
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
Coordination
Team,
instructors from validation
schools
Project related Documents
・
・
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
Coordination Team, & Other
donor countries (USAID, etc)
Homepage of Japanese
Ministry of Foreign Affairs
JICA’s country assistance
plan
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
Coordination Team, JOCV, &
instuctors
in
validation
schools
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
・
・
・
・
・
national
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
・
・ Guatemalan
development policy
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
・
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
EVALUATION GRID
Evaluation Questions
Information / Data
Information Source
Required
Main Questions
Sub Questions
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
related
related
related
related
Information Collection
Methods
−163−
Efficiency
Effectiveness
Evaluation
Criteria
of
of
Adequacy of inputs in
terms
of
quality,
quantity, timing as for
the achievement of
outputs
Achievement
Project Purpose
Achievement
Outputs
Appropriateness
of
number,
specialty,
and
timing
of
Coordination Team
Appropriateness
of
number,
specialty, and timing of dispached
Japanese Experts
Promoting
and
constraining
factors
to
achieve
Project
Purpose
Contribution of Project Outputs to
achieve Project Purpose
Promoting
and
constraining
factors to achieve Project Outputs
Are Teachers’ Guidebook and
Students’ Workbook consistent
with the educational situation in
Guatemala ?
Did the math instruction method
and ability to develop material
improve for Core Group?
Current status of the indicators of
the outputs
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
related
personnel
related
personnel
related
personnel
related
personnel
Opinions of personnel
concerned
Opinions of
concerned
Project
documents
Opinions of
concerned
Project
documents
Opinions of
concerned
Project
documents
Opinions of
concerned
Project
documents
Opinions of personnel
concerned
Opinions of personnel
concerned
Record of achievement
of outputs
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
Coordination
Team
&
instructors from the schools
selected for validation
Project related documents
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
Coordination
Team
&
instructors from the schools
selected for validation
Project related documents
・
・
・
・
・
・
・
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Project related Documents
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
Project related Documents
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
Project related Documents
・
・
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Project related Documents
・
・
・
・
・
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Project related Documents
・
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
EVALUATION GRID
Evaluation Questions
Information / Data
Information Source
Required
Main Questions
Sub Questions
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
related
related
related
related
related
related
related
Information Collection
Methods
−164−
Evaluation
Criteria
with
Appropriateness
of
budget size of the
Project
Cooperation
other resources
Frequency of application of
materials
developed
in
PROMETAM
Was the cooperation with JOCV
appropriate ?
Were assistance and cooperation
by PROMETAM appropriate ?
Was the timing and advice of JCC
appropriate ?
Is there cooperation among
universities
and
instructors
training school ?
Appropriateness of number and
capacity of C/Ps, and budget size
by Guatemala
Appropriateness of budget size of
the Project
Appropriateness
of
timing,
training contents, and duration of
C/P training in Third Country
Appropriateness
of
timing,
training contents, and duration of
C/P training in Japan
Appropriateness of type, quantity,
and timing of provided equipment
Opinions of personnel
concerned
・
・
・
Opinions of personnel
concerned
Opinions of personnel
concerned
Opinions of personnel
concerned
Opinions of personnel
concerned
・
・
Opinions of personnel
concerned
related
personnel
related
personnel
related
personnel
related
personnel
related
personnel
・
Opinions of
concerned
・ Project
documents
・ Opinions of
concerned
・ Project
documents
・ Opinions of
concerned
・ Project
documents
・ Opinions of
concerned
・ Project
documents
・ Opinions of
concerned
・ Project
documents
・
Interview
Questionnaire
MINEDUC,
Core
Group,
Japanese Expert, & Coordination
Team
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Project related Documents
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Project related Documents
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Project related Documents
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Project related Documents
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Project related Documents
related
related
related
related
related
Information Collection
Methods
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
EVALUATION GRID
Evaluation Questions
Information / Data
Information Source
Required
Main Questions
Sub Questions
−165−
Sustainability
Impact
Evaluation
Criteria
Prospect of Overall
Goal
achevement
after
project
completion
Other positive and
negative impacts
Ripple effect
Prospect of Overall
Goal achievement as
a result of Project
Purpose
Factors which affect
achievement
of
Overall Goal
Factors
affecting
efficiency of Project
implementation
Do Important Assumptions likely
to affect the achievements of
Project Purpose and/or Overall
Goal ?
Polical and Organizational
Aspects
Possiblity of materials developed
in Guatematica be officially
approved
by
Guatemalan
Govenment.
Are there any other unexpected
positive or negative impacts ?
Degree of usage of materials
developed in the Project by
schools other than those selected
for validation
Will the Overall Goal be achieved
within several years after the
completion of the Project ?
Opinions of personnel
concerned
Study results concerning
use
of
materials
developed
by
GUATEMATICA
other
than schools selected
for validation
Opinions of personnel
concerned
Opinions of personnel
concerned
・
・
・
Opinions of personnel
concerned
Guatemalan
Governmental Policy
・
・
Opinions of personnel
concerned
・
・
Opinions of personnel
concerned
Opinions of personnel
concerned
Project
related
documents
・
・
・
・
・
・
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
・
・
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
Project related Documents
・
・
・
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
EVALUATION GRID
Evaluation Questions
Information / Data
Information Source
Required
Main Questions
Sub Questions
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
related
related
Information Collection
Methods
−166−
Evaluation
Criteria
Prospect of Overall
Goal
achievement
after
Project
completion
Financial Aspects
Prospect
of
continuity
of
governmental budget for material
development,
printing,
and
diffusion after Project completion.
Technical Aspects
Prospect of C/Ps who acquired
skills and knowledge keep
working and posted.
Technical Aspects
Prospect of C/Ps acquire enough
skill to revise the materials and
conduct instructor training by
themselves
after
Project
completion
Polical and Organizational
Aspects
Is there any possiblity that
organizational restructuring by
MINEDUC
affect
the
governmental policy to support
the Project ?
Polical and Organizational
Aspects
Prospect
of
Guatemalan
Government diffuse the materials
developed in the Project after
Project completion
Opinions of personnel
concerned
Guatemalan
Governmental Policy
Opinions of personnel
concerned
Opinions of personnel
concerned
Guatemalan
Governmental Policy
・
・
・
・
・
・
Opinions of personnel
concerned
Guatemalan
Governmental Policy
・
Opinions of personnel
concerned
・ Record
of
material
distribution
by
MINEDUC and its future
distribution & application
plan (including budget
plan & revision plan)
・ Opinions of personnel
concerned
・ Guatemalan
Governmental Policy
・ Draft of organizational
chart
after
organizational
restructuring
・
・
・
・
・
・
・
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
Core
Group,
Japanese
Expert, & Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
EVALUATION GRID
Evaluation Questions
Information / Data
Information Source
Required
Main Questions
Sub Questions
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
Interview
Questionnaire
Review
of
documents
related
related
Information Collection
Methods
−167−
Evaluation
Criteria
Factors which affect
sustainability of the
Project
・
Opinions of personnel
concerned
・
MINEDUC, Core Group,
Japanese
Expert,
&
Coordination Team
PROJECT FOR THE IMPROVEMENT OF MATHEMATICS TEACHING IN GUATEMALA (GUATEMATICA)
EVALUATION GRID
Evaluation Questions
Information / Data
Information Source
Required
Main Questions
Sub Questions
Interview
Questionnaire
Information Collection
Methods
−168−
Resultado de
insumo (parte
de Japón)
Nivel de
cumplimiento
Resultado
Componente
a evaluar
la
・
Listado de envío de expertos
(período, TR) (prepara por el
Proyecto)
・
Experto,
equipo
coordinación
Experto,
equipo
coordinación
Lista de recepción de capacitados
(periodo, contenido) (prepara por el
proyrecto)
recepción de capacitados
Capacitación en japón y en tercer país
Experto,
equipo
coordinación
de
de
de
MINEDUC 、 Experto equipo
de coordinación, grupo núcleo
MINEDUC 、 experto euqipo
de coordinación, grupo núcleo
y docnetes de escuelas piloto
Experto,
equipo
de
coordinación documentso del
proyecto (PO etc)
MINEDUC 、 experto, equipo
de coordinación grupo núcelo,
docnetes de escuelas piloto
Fuene
Colocación de integrantes del equipo de
coordinación
・
Guía para docnetes
Libros para alumnos
Avance de la validación
)
Documento que evidencie la mejora
de competencia de los grupo núcleo
(si hay)
Opinión de los involucrados
・
・
・
・
・
Confirmación por MINEDUC
Documentos del Proyecto
Opinión de los involucrados
Results of lesson analysis of
mathematics
(la
manera
se
estableció en PROMETAM
Documentos
con
que
pueda
confirmar le mejora de enseñanza
(si hay)
Resultado de prueba a nivel
nacional
(matemática)con
que
pueda
confirmer
mejora
del
rendimiento de los alumnos
Criterio (indicador)
Colocación de equipo de coordinación
2-1 Versión para la validación de la Guía y el
Cuaderno en el àrea de matemàtica de
primero a sexto grado del nivel primario
elaborada.
2-2 Validaciòn del resultado 2-1 completado.
Envió de expertos
incluyendo a los contratados para el
Proyecto (la Coordinadora y consultoro
matemático etc)
Resultado esperado
1. La competencia del grupo núcleo acerca
de la didáctica de matemática fortalecida.
・
・
・
de
Objetivo específico:Perfeccionar la guía
para maestros(Guía)y el cuaderno de
trabajo para los niños y niñas (Cuaderno)
de primero a sexto grado del nivel
primario.
enseñanza
・
la
・
matemática en el nivel primario
Mejorar
Objetivo general:
componente a investigar
Revisión de documento
2 2-2 2(2-1)
2. 2-1 2(1-1),
Consultar
guías
fisicamente .
Conbsolidado de validación
Encuesta de opinión
Informe de Japón en
cuanto a punteos. 2 2(1-2),
2(2-3)
Informe del MINEDUC:
3 3 (3-3)
4. 4-1 4(1-1),
4. 4-1 4(1-2)
4. 4-1 4(1-3)
4. 4-6 4(6-2).
4. 4-6 4(6-1).
4. 4-6 4(6-4)
Documento sugerido
Plan de la confirmación del proceso de ejección de evaluación intermedia del Proyecto de Mejoramiento de la Enseñanza de la Matemática
付属資料6.評価グリッド(西文)
−169−
Confirmación
del proceso
de ejección
-
1.
Planificación
capacitaciones
1
de
Plan de actividad
・
las ・ Opinión de los involucrados
・
otras inversiones (prepara ´por el
proyecto
・
Otras inversiones (si hay)
del
Lista de resultado de intervención
ejección
・
para
Inversión
Proyecto
necesaria
Existencia de la oficina
Oficina para equipo de coordinación de
JICA(Proyecto)
Documento del proyecto
Opinión de los involucrados
Colocación de grupo núcleo
・
・
y
y
y
y
de
de
de
experto
y
equipo
de
coordinación y grupo núcleo
MINEDUC
Grupo núcleo, experto
equipo de coordinación
Grupo núcleo, experto
equipo de coordinación
Grupo núcleo, experto
equipo de coordinación
Grupo núcleo, experto
equipo de coordinación
Experto,
equipo
coordinación
Experto,
equipo
coordinación
Lista de inversión (prepara por
proyecto)
el
Experto,
equipo
coordinación
Fuene
Lista de donación del equipo (incluyendo
circunstancia del uso, y administración)
(prepara por el proyecto)
Criterio (indicador)
Lista de colocación de contraparte
(fecha de asignación, tiempo completo o
asumen otros cargos) (prepara por el
Proyecto
Asistencia de PROMETAM
Envío de expertos de PROMETAM
Inversión para ejección, costo de impresión
etc.
Donación de equipo
componente a investigar
Proceso de ejección
Actividades:
Resultado de
inversión(insu
mo de parte
de
Guatemala)
Componente
a evaluar
4. 4-5 4(5-1) Y 4(5-2)
3. 3-3 3(3-1)
3. 3-2
Verificar local
3. 3-1 Y 3-2
2. 2-1 2(1-1) Y 2(1-2)
3-3 3(3-2)
NO HAY EJECUCIÓN
POR AHORA
Documento sugerido
Plan de la confirmación del proceso de ejección de evaluación intermedia del Proyecto de Mejoramiento de la Enseñanza de la Matemática
−170−
Componente
a evaluar
-
2.
・
・
・
Proyecto Regional por medio de la red
・
・
・
・
・
・
・
guatemalteco
・
Cuaderno adecuándolos al contexto ・
validación tanto de la Guía como del
2-3. Elaboración de la versión para
textos de PROMETAM
2 - 2. Análisis del contenido de los
2-1. Análisis del currículum
los avances del proyecto
1 - 4. Publicaciones periódicas sobre
・
・
involucrados dentro del marco del ・
grupos núcleo de los otros países
experiencias del Proyecto con los
de comunicación
Criterio (indicador)
Documentos que evidencie nivel de
adecuación
y
perfección
de
materiales del proyecto
Opinión de los involucrados
Opinión de los involucrados
Documentos
de
análisis
de
curriculum más reciente y sí mismo.
Opinión de los involucrados
Documentos para publicidad del
proyecto (incluyendo encuesta o
entrevista para sabser nivel de ser
conocido)
Opinión de los involucrados
Lista de comunicación con los
miemnbros
de
los
países
involucrados
Opinión de los involucrados
evidencie mejora de competencia)
Opinión de los involucrados
Fuene
experto
y
equipo
de
coordinación y grupo núcleo,
JOCV
experto
y
equipo
de
coordinación y grupo núcleo
experto
y
equipo
de
coordinación y grupo núcleo
experto
y
equipo
de
coordinación y grupo núcleo
experto
y
equipo
de
coordinación y grupo núcleo
y
equipo
de
coordinación y grupo núcleo
de capacitación en tercer
las ・ Resultado
país,
(resultado
concreto(documentos
que experto
por el
en
1-3. Socialización de la información y
Proyecto Regional*
organizadas
Participación
capacitaciones
1
componente a investigar
2(2-3)
4. 4-2 4(2-1)
4. 4-2 4(2-2) y 4(2-3)
4 4-3 4 (3-1)
4-3 4(3-1), 4(3-2)
Boletines 4-8 y todas sus
carpetas
4-4
4(4-1) 4(4-1-4) Y
FÍSICAMENTE
2. 2-2
Documento sugerido
Plan de la confirmación del proceso de ejección de evaluación intermedia del Proyecto de Mejoramiento de la Enseñanza de la Matemática
−171−
Componente
a evaluar
de
las
・
・
Capacitación en las escuelas piloto
y resultado concreto
Opinión de los involucrados
Plan de validación
Criterio (indicador)
Experto,
equipo
de
coordinación grupo núcleo,
documentos del proyecto
(informe semestral) doncetes
de escuela piloto
Experto,
equipo
de
coordinación grupo núcleo,
documentos del proyecto
(informe semestral) doncetes
de escuela piloto
experto
y
equipo
de
coordinación y grupo núcleo
Fuene
4. 4-2 4(2-3)
4. 4-6 4(6-2).
4. 4-6 4(6-1).
4. 4-5 4(5-1) , 4(5-2), 4(53)
4. 4-6 4(6-3), 4. 4-2 4(24) 4 (2-4-1)
Documento sugerido
・
・
Opinión de los involucrados
(informe semestral) doncetes
de escuela piloto
)
・
・
Opinión de los involucrados
Opinión de los involucrados
Experto,
equipo
(informe semestral)
de
los resultados del análisis
・
・
de escuela piloto
)
2-9. Adecuación de los contenidos de ・ Circunstancia de validación de coordinación grupo núcleo,
documentos del proyecto
4. 4-2 4(2-3)
los ,materiales
la Guía y el Cuaderno aprovechando
(informe semestral) doncetes
en las escuelas seleccionadas
-
2 - 8. Análisis de los resultados ・ Situación de análisis de resultado Experto,
equipo
de
4. 4-6 4(6-2)
coordinación grupo núcleo,
4. 4-6 4(6-1)
de
investigación
obtenidos a través de la investigación
documentos del proyecto
clases, Entrevistas, etc.)
equipo
de
2 - 7. Investigación en las escuelas ・ Documentos de investigación en las Experto,
coordinación grupo núcleo, 4. 4-6 4(6-2).
esculeas (observación de la clase o
documentos del proyecto 4. 4-6 4(6-1).
seleccionadas (Observación de las
entrevista)
grupo núcleo
Guía y el Cuaderno elaborados por el ・ Situación de la impartición de clase
2-6. Utilización por los docentes de la
・
escuelas ・
seleccionadas para la validación
docentes
de la Guía y el Cuaderno a los
2-5. Capacitación en el uso y manejo
validación
2 - 4. Planificación del proceso de
componente a investigar
Plan de la confirmación del proceso de ejección de evaluación intermedia del Proyecto de Mejoramiento de la Enseñanza de la Matemática
−172−
Investigación
de
la
pertinecia del
proceso
de
ejección del
proyecto
Componente
a evaluar
Factores positivo y negativo en la ejección del
proyecto (incluyendo si surgió hipótesis)
Comunicaicón entre experto, grupo núcleo
JOCV y relacción de asistencia
Actividades de acuerdo con el PDM y PO,
Si plan operativo estaban socializado con los
contrapartes
Pertinencia de régimen del proyecto
componente a investigar
del
・
・
・ Factores positivo y negativo que
contribuyeron
al
avance
del
proyecto
・ Circunstancia de hirótesis (si surjió)
Resultado de JCCy otras reuniones
(preparer por el proyecto
Opinión de los involucrados
Comparación de avance
proyecto con PDM y PO
Opinión de los involucrados
・
・
・
・
Organigrama del proyecto
Opinión de los involucrados
・
・
・
Criterio (indicador)
1. 1-2 2(1-1) y 2(1-2)
5. 5-2
6. 6-1
Experto,
equipo
de
coordinación grupo núcleo,
4. 4-1 4(1-1), 4(1-2), 4(13),
6. 6-1
1 1-1 1(11), 1(1-2)
Documento sugerido
Experto,
equipo
de
coordinación grupo núcleo,
MINEDUC 、 Experto, equipo
de coordinación grupo núcleo,
documentos del proyecto
(informe semestral) doncetes
de escuela piloto
)
MINEDUC 、 Experto, equipo
de coordinación grupo núcleo,
documentos del proyecto
(informe semestral)
Fuene
Plan de la confirmación del proceso de ejección de evaluación intermedia del Proyecto de Mejoramiento de la Enseñanza de la Matemática
−173−
Pertinecia
Orelevancia
Pertinencia de medio
Prioridad
Necesidades
¿Existe relación de asistencia
mutua con otro donate y
coordinación del área de
asistencia ?
¿Ofrece ventajas la técnica
japonesa?
¿Es
congruente
objetivo
general del proyecto con
política de desarrollo nacional
de Guatemala ?
¿Es congruente el Proyecto
con la política de asistencia de
Japón
y
plan
de
implementación
de
JICA
Guatemala
¿Es adecuado el proyecto
como
estrategia
producir
efectos en los temas de
desarrollo en el área de
enseñanza de la matemática
de Guatemala?
¿Es pertinente selección de
grupo meta ?
¿Concuerdan
objetivo
del
Proyecto con las necesidades
de grupo meta ?
Movimiento(lineamiento
de otros donantes en el
sector educativo y lo
implementado
Opinión de involucrados
・
・
Opinión de involucrados
los
de
・
Opinión
de
involucrados
・
AOD
Política
Japón
de
Política y plan de
desarrollo de Guatemala
Opinión de involucrados
Política y plan de
desarrollo del país
Opinión de involucrados
・
・
・
・
・
de
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
grupo núcleo, comisión de
evaluación, docentes, equipo
de coordinación y experto
grupo núcleo, equipo de
coordinación y experto, otros
donantes
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
MINEDUC,
grupo
núcleo,
equipo de coordinación y
experto,
comisión
de
evaluación, docentes
Página Web de ministerio de
relaciones exteriores de Japón
Plan de implementación de
JICA Guatemala
Política y plan de desarrollo de
Guatemala
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo de coordinación y
experto
grupo núcleo, equipo
coordinación y experto
Plan de cuadro de evaluación de evaluación intermedia del Proyecto de mejoramiento de la enseñanza de la matemáticaen Guatemala
preguntas de evaluación
dato básico y información
5 criterios
Fuentes
Método de recolección
necesaria
generales
específicas
−174−
Efectividad
Circunstancia de nivel
de cumplimiento de
objetivo del Proyecto
Circunstancia de nivel
de cumplimiento de
resultado esperado
¿Existen algunos factores
externos de obstáculos o
favorables para cumplimiento
de resultados ?
¿En qué nivel está el nivel de
cuimplimiento de objetivo del
Proyecto mediante resultado
de output ?
¿Está adecuado al contexto de
Guatemala la guía para
docente y libro para alumnos ?
¿Se
han
fortalecido
la
competencia de grupo núcelo
en cuanto a enseñanza de
matemática y habilidad de
desarrollo de los materiales?
Situación actual de indicadores
de cada resultado esperado
¿Se tomó en cuenta equidad
de género y grupo étnico ?
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
・
・
Opinión de involucrados
・
・
・
Opinión de involucrados
Registro de nivel de
cumplimiento de cada
resultado
・
・
Opinión de involucrados
・
de
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
de
grupo núcleo, equipo de
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
Docentes de las escuelas
piloto
Informe MINEDUC
grupo núcleo, equipo de
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
Docentes de las escuelas
piloto
grupo núcleo, equipo de
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
grupo núcleo, equipo de
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
Registro de información del
Proyecto y los informes
semestrales de avance
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Plan de cuadro de evaluación de evaluación intermedia del Proyecto de mejoramiento de la enseñanza de la matemáticaen Guatemala
preguntas de evaluación
dato básico y información
5 criterios
Fuentes
Método de recolección
necesaria
generales
específicas
−175−
Eficiencia
¿Es
adecuado
calidad, dimensión y
oportudad de insumo
desde punto de vista
de output obtenido?
hasta
llegar
al
¿Es adecuado prespuesto para
implementación
local
del
proyecto ?
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
・
・
・
・
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
・
・
¿Es
adecuado
contenido,
oportunidad, y momento de
capacitación en Japón ?
¿Es
adecuado
contenido,
oportunidad, y momento de
capacitación en Japón ?
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
Opinión de involucrados
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
・
・
・
・
・
・
・
¿Es adecuado tipo, cantidad y
oportunidad de donación de
equipo ?
¿es adecuado número, área y
opoirtunidad de colocación
de integrantes del equipo de
coordinación ?
¿es adecuado número, área y
oportunidad de envío de
expertos ?
y negativo)
objetivo del proyecto? (positivo
externas
¿Han influido las condiciones
de
de
de
de
de
de
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
Omitir GN
grupo núcleo, equipo de
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
Omitir GN, No se han hecho
donaciones aún.
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Plan de cuadro de evaluación de evaluación intermedia del Proyecto de mejoramiento de la enseñanza de la matemáticaen Guatemala
preguntas de evaluación
dato básico y información
5 criterios
Fuentes
Método de recolección
necesaria
generales
específicas
−176−
con
Pertinencia
de
dimensión
de
prespuesto
del
Proyecto
Factores que se han
influido
a
la
efectividad
de
implementación
del
Proyecto
Cooperación
otros recursos
¿Existe alguna cooperación
con universidad y escuelas
normales ?
¿Es adecuado oportunidad y
consejo de JCC ?
¿Es adecuado asistencia y
cooperación de PROMETAM ?
Nivel
de
utilización
de
materiales
elaborado
por
PROMETAM
¿Es adecuado manera de
cooperación
con
los
voluntarios ?
¿Es adecuado cantidad de
prespuesto y colocación de
contraparte ?
Opinión de involucrados
・
Opinión de involucrados
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
・
・
Opinión de involucrados
・
・
Opinión de involucrados
Opinión de involucrados
・
・
Opinión de involucrados
Opinión de involucrados
Documentos
del
Proyecto
・
・
・
de
coordinación,
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
de
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto, USAC, UVG
equipo
experto
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto, UCONIME
de
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
de
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto
de
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Documentos del Proyecto
Plan de cuadro de evaluación de evaluación intermedia del Proyecto de mejoramiento de la enseñanza de la matemáticaen Guatemala
preguntas de evaluación
dato básico y información
5 criterios
Fuentes
Método de recolección
necesaria
generales
específicas
−177−
Sostenibilidad
Impacto
y
¿Hay perspectiva de
seguimiento de efecto
producido
por
el
cumplimiento
de
objetivo del proyecto
Impacto positivo
negativo
Efecto de expansión
Factores que influyen
en el cumplimiento
del objetivo general
Perspectiva de lograr
objetivo general como
resultado
de
cumplimiento
de
objetivos del Proyecto
¿hay factores
externas(hipótesis) surgidos a
cumplimiento del objetivo del
proyecto y general ?
Aspecto
político
e
institucional
Perspectiva de aprobación de
los materiales como material
nacional por gobierno de
Guatemala
¿Hay algún impacto positivo o
negativo inesperados ?
Situación del uso de materiales
en las escuelas no piloto
¿Hay perspectiva de lograr
objetivos generales unos años
después
del
cierre
del
Proyecto ?
Opinión de involucrados
・
・
・
・
Opinión de involucrados
Política de gobierno de
Guatemala
Opinión de involucrados
Documentos
de
investigación y análisis
sobre situación del uso
de materiales en las
escuelas no piloto
Opinión de involucrados
・
・
Opinión de involucrados
Opinión de involucrados
・
・
de
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto, incluir comisión de
evaluación
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto, donantes
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
Plan de cuadro de evaluación de evaluación intermedia del Proyecto de mejoramiento de la enseñanza de la matemáticaen Guatemala
preguntas de evaluación
dato básico y información
5 criterios
Fuentes
Método de recolección
necesaria
generales
específicas
−178−
Perspectiva
de
cumplimiento
de
objetivo
general
después de terminar
el Proyecto
después
de
que
termine el Proyecto ?
e
Aspecto técnico
¿Hay perspectiva de que tenga
habilidad de renovar los
materiales y ejecutar las
capacitaciones sin que haya
asistencia?
¿Hay
probabilidad
de
influencia a la régimen de la
asistencia al proyecto tras
haber reestructuración del
Ministerio ?
Aspecto finaciero
¿Es perspectiva seguimiento
de desarrollo, impresión y
difunsión de materiales ?
Aspecto técnico
¿Hay
perspectiva
de
segumiento de colocación de
contraparte ?
Aspecto
político
institucional
Aspecto
político
e
institucional
¿Tiene intención de difusión de
los materiales ?
・
・
Opinión de involucrados
Política de gobierno de
Guatemala
Opinión de involucrados
Opinión de involucrados
Política de gobierno de
Guatemala
・
・
・
Opinión de involucrados
Política de gobierno de
Guatemala
Política de gobierno de
Guatemala
Esquema de nueva
estructura del Ministerio
Opinión de involucrados
Opinión de involucrados
Lista de distribución de
materiales
de
MINEDUC, plan de
distribución y utilización,
(incluyendo plan de
prespuesto y validación
en el futuro)
・
・
・
・
・
・
・
・
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto
de
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto
grupo núcleo, equipo
coordinación, experto
Entrevista
Lista de preguntas
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
Entrevista
Lista de preguntas
Revisión de documentos
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto,
comisión
de
evaluación
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto
Plan de cuadro de evaluación de evaluación intermedia del Proyecto de mejoramiento de la enseñanza de la matemáticaen Guatemala
preguntas de evaluación
dato básico y información
5 criterios
Fuentes
Método de recolección
necesaria
generales
específicas
−179−
Facotres externos que
influye
a
sostenibilidad
del
Proyecto
・
Opinión de involucrados
MINEDUC 、 grupo núcleo,
equipo
de
coordinación,
experto
Entrevista
Lista de preguntas
Plan de cuadro de evaluación de evaluación intermedia del Proyecto de mejoramiento de la enseñanza de la matemáticaen Guatemala
preguntas de evaluación
dato básico y información
5 criterios
Fuentes
Método de recolección
necesaria
generales
específicas
計画達成度
実績
評価項目
−180−
成果:
1 コアグループの
算数教育に関する
能力強化
プロジェクト目
標:初等教育算数第
1 学年から第 6 学年
までの教師用指導
書と児童用作業帳
が完成する
上位目標:初等教育
において算数指導
力が向上する
調査項目
・
・
・
・
・
・
・
・
教師用指導書と児童用作業帳作成の進捗状況については、2007 年7月時点で 1、4 年生については改
訂用の教材が終了し、2 年生は改訂中、5 年生まで改訂用のバリデーション版教材を作成したところ
であり、6 年生のバリデーション版教材を現在作成中である。3 年生についても 2009 年 3 月までには
改訂作業を終了する予定であり、プロジェクト終了時までの教材完成は十分可能である。
能力向上を、算数に関する知識、教材を開発する能力、研修能力に分けるとすると、算数能力に関し
ては在外研修等で向上した。たとえば在外広域研修では、算数の基本知識と指導法について研修前と
研修後で試験を行っているが、研修後については試験結果の平均点が向上した。
教材開発能力については、常勤コアグループについては少なくとも強化されたといえる。2007 年度に
は、教材改訂マニュアルについても作成しており、それが完成すれば独自で教材を改訂できるように
なると考えられる。また、2007 年 6 月より1名教材開発・改訂担当の専従人物が配置され、コアグル
ープと同様教材開発・改訂作業に従事することとなった。
また、研修能力についてもインタビュー結果によると、研修担当者の 2 名については向上し、プロジ
ェクト終了までに独自で研修を実施する研修技法が身につくと考えられる。ただし 1 名のコアグルー
プについては技術移転というよりはむしろ教育省とプロジェクトをつなぐ調整役、そして地域や学校
とプロジェクトをつなぐファシリテーターとしての役割を担った。
C/P 能力向上を具体的
に証明する資料(あれ
ば)
関係者意見
上位目標の達成について測定するのは時期尚早である。しかしながら、GUATEMATICA のバリデー
ション協力校と非対象校(コントロール校)における生徒の算数学力比較テスト結果によると、バリ
デーション協力校が全学年について高い得点となった。さらに JOCV チーム派遣時のパイロット校に
おいて、2004 年における学力テスト結果と 2006 年の同一試験結果によると、(2006 年について比較す
ることのできる 1-3 年生について)2006 年の平均点が向上しており、教材の完成度が貢献していると
考えられる。また、2006 年に Valle 大学が GUATEMATICA 教材使用校と非使用校の 1、2 年生につい
て算数の学力テストをしたところ、どちらの学年においても使用校のほうが学力が高い結果となっ
た。
また、指導力向上の結果は 2006 年 9 月に実施されたバリデーション協力校 4 校 18 クラスとそれ以外
のコントロール校 6 クラスの授業分析結果について、すべての項目においてバリデーション協力校に
おいて肯定的な観察結果が見られた。1 年から 4 年生までの GUATEMATICA 作成の教材、及び教育
省が GUATEMATICA 教材をもとに作成した 5、6 年生教材は国定教材として、2007 年全国配布され
た。このため、GUATEMATICA 教材の評価は教育省でも高く、上位目標が達成される見込みはある
と考えられる。
結果
実績・実施プロセスの確認評価結果
教育省による確認
プロジェクト資料
関係者意見
Results
of
lesson
analysis of mathematics
(方法については
PROMETAM で開発)
指導力向上が確認で
きるテスト結果など
の資料(あれば)
児童の全国学力テス
ト結果(算数)など学
力向上が確認できる
資料(あれば)
判断基準(指標)
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
付属資料7.評価グリッド調査結果(和文)
−181−
投入実績の
確認(日本
側)
評価項目
調整チームの配置
専門家の派遣
2 初等教育算数科
第 1-6 学年の教師用
指導書と児童用作
業帳のバリデーシ
ョン版作成、完了
調査項目
専門家派遣実績(派遣
期間・指導科目も含
め)
教師用指導書
児童用作業帳
バリデーション進捗
状況
・ 調整チーム人員配置実
績
・
・
・
・
判断基準(指標)
結果
実績・実施プロセスの確認評価結果
2006 年 11 月完成
2006 年 10 月完成
同左
同左
同左
2006 年 11 月改訂版完成
同左
実績
5名
プロジェクトコーディネーター
算数コンサルタント
プロジェクトコーディネーター
補助
秘書
IT 技術者
調整チームの配置実績
実績
2006.8-
同左
同左
同左
2006.4-2007.3(非常勤)
2007.5-(常勤)
予定
2006.42006.42006.42006.42006.4-(非常勤)
※1 年生と 4 年生については、教材の全国配布決定に伴い教材スケジュールが早められた。
当初専門家の派遣予定はなく日本人専門家による投入は PROMETAM からの巡回指導のみに限られ
ていたが、PROMETAM に 2 名配置されるはずの算数教育専門家のうち 1 名が補充されなかったこと、
カリキュラム分析作業が当初考えられていたよりも重労働であったこと、2006 年に急遽教育省による
教材の全国配布が決定し、多忙になったことなどの理由から短期の算数教育専門家と長期の算数教育
/業務調整各 1 名の算数教育専門家が派遣された。
バリデーション版の進捗状況
計画
1 年生
JOCV チーム派遣で教材作成済み改訂作業の計画:
2007 年 12 月改訂版完成
2 年生
同上
改訂作業の計画:2007 年 12 月改訂版完成予定
3 年生
同上
改訂作業の計画:2009 年 3 月改訂版完成予定
4 年生
2007 年 12 月
5 年生
2006 年 12 月完成
改訂作業の計画:2007 年 12 月改訂版完成予定
6 年生
2007 年 11 月完成予定
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
−182−
評価項目
・
プロジェクト資料(年
度ごと)
関係者意見
・ PROMETAM 関連予算
と実績
在外事業強化費
(PROMETAM 関連
予算)
・
・ 機材供与実績(利用管
理状況も含め)
PROMETAM か ら
の支援等
PROMETAM と日本
からの専門家巡回
指導
PROMETAM 関連プ
ロジェクトのコア
グループの交流
本邦研修
2006 年度
計画
実績
3 名(すべてコアグループ)
算数教育
同上
2006.6-7
2006.6.11-7.6
結果
実績・実施プロセスの確認評価結果
実績
巡回指導
同上
同上
実績
巡回指導
2007 年度:
予算 22,183 千円
2006 年度(3 回)
計画
巡回指導 2006.9
同上
2006.11
同上
2007.03
2007 年度(2007.7 時点)
計画
巡回指導 2007.5
2007.05.16-05.18
2006.11.8-11.10
2006.11.27-11.30
2007.01.21-01.26
備考
PROMETAM から巡回指導
備考
PROMETAM から巡回指導
同上
同上
約 11,057 千円)
3 名(その他、参加者 4 名:短期専門家 1 名、教育省 2 名、調整チーム 1 名)
研修計画/授業改善
2007.4-5
同上
2007.4.22-5.5、及び
2007.4.22-4.29
2006 年度
予算 1,120 千円 実績 なし
2007 年度
予算 1,575 千円 実績 なし
2006 年度:
予算 17,773 千円 実績 682,000Q(2006 年 3 月 31 日時
2007 年度
計画
実績
広域研修
2006 年度 3 名(その他参加者 3 名:シニア隊員(現長期専門家)1 名、調整チーム1名、プロジェ
・ 研修員受入実績(研修 クトコーディネーター候補(現プロジェクトコーディネーター)1名)
計画
研修計画/授業改善
2006.4-5
期間・研修科目含め)
実績
同上
2006.4.23-5.6、及び
2006.4.30-5.6
判断基準(指標)
機材供与
研修員受入
本邦研修・広域研修
調査項目
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
−183−
実施プロセ
スの確認
実施プロセス
投入実績の
確認(グ側)
評価項目
PO の計画と実績に
ついては M/M の別
添
IV
Mid-term
Evaluation
Report
Annex 2 を参照のこ
と
その他の投入実績
(あれば)
プロジェクト実施
に必要な経費
JICA 調整チームの
執務室(教育省内)
コアグループの配
置
調査項目
コアグループの配置(3 名)
結果
実績・実施プロセスの確認評価結果
投入予算実績
執務室の有無
1-3 コミュニケーション
ネットワークを通した広
域対象諸国コアグループ
との知識・経験の共有
1-4 プロジェクト進捗状
況についての定期的な広
報・発表
1-2 広域プロジェクトが
実施する各種研修参加
活動:
1-1 活動計画の作成
GUATEMATICA 教材に対する教員研修
Q16,735,759
2007 年 7 月時点で、これまでに 3 度プロジェクトの実施と進捗について広報誌が発行されており、計
画通り進捗している。広報促進グッズ(シャツ、スティッカー、カバンなど)も作成している。
広域研修や本邦研修の際に、他国のコアグループと知見や経験を共有しているものの、恒常的なコミ
ュニケーションネットワークは利用されていない状況にある。
2 度の広域研修には 3 人コアグループがすべて参加し、予定通り進捗している(詳細についてはミニ
ッツの別添 IV Mid-term Evaluation Report Annex 4-5 参照)。
予定通り進捗していることを確認した。
2007 年
GUATEMATICA 教材全国配布費
Q15,607,079.38
※このほか、コアグループと同様の活動をする人物が 2007 年 6 月よりフルタイムで配置されている。
教育省内に専門家と調整チームの執務室をプロジェクト開始時より準備されている。
また、プロジェクトが JCC などで教育省に要請したことにより、より広い執務室が提供された。
ただし MINEDU による電気代不払いよる停電やインターネット代の不払いによる接続不可が頻繁に
あり業務に支障をきたすことがあり、改善が求められる。
2006 年
C/P の給与
家賃・光熱費・水道代・
インターネット
Q16,393.00
Q 90,000
教育開発副局長(パートタイム) 1 名(2006.4-)
C/P 配置一覧(配置時
算数教育(フルタイム) 1 名(2006.4-)
期、専任・兼任も含め)
算数科研修(パートタイム) 1 名(2006.4-)
・ その他の投入実績(あ
れば)
・
・
・
判断基準(指標)
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
−184−
評価項目
調査項目
当初の PO ではプロジェクト開始時に 1 回のみ見直すことになっていたが、スタンダードの発表が
2007 年 1 月にあったのに加え、年間指導計画についても最新版が近々発表される予定であり、2008
年度についてもカリキュラム分析を行うこととした。
予定通り進捗し終了したことを確認した。GUATEMATICA では教材についてカリキュラムとの整合
性を優先して開発され、PROMETAM 教材については参考程度にとどめるのみになっている。
予定通り進捗していることを確認した。
予定通り進捗していることを確認した。
バリデーション協力校 4 校 18 人の教員
2006 年
計画 20 回
実績 同上
2007 年(2007 年 7 月時点)
計画 24 回
実績 同上
バリデーション協力校教員へのインタビュー結果によると、プロジェクトで開発した教材をすべての
バリデーション校が日常的に授業で使用している。使用中の児童用教材を確認したが、日常的に使用
されていることがみてとれた。
2-2 PROMETAM 教材の
内容分析
2-3 グアテマラの状況に
合わせ、バリデーション用
の指導書と作業帳作成
2-4 バリデーションの計
画作成
2-5 バリデーション協力
校の教員に対する指導書
と作業帳を使用した研修
の実施
2-6 バリデーション協力
校の教員による指導書と
作業帳を使用した授業の
実施
結果
実績・実施プロセスの確認評価結果
2-1 カリキュラム分析
判断基準(指標)
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
−185−
実施プロセ
スの適切性
についての
検証
評価項目
PDM、PO(PO のバー
チャートと実際の進
捗状況を並べて記入)
・ 関係者意見
JCC やその他ミーティ
ング開催実績
関係者意見
PDM、PO に沿った
プロジェクト活動。
計画は C/P にもきち
んと認識されてい
たか。
プロジェクト関係
者間のコミュニケ
ーションや協力関
係
・
・
・
・
・
プロジェクト関係者間のコミュニケーションやデマケーション、情報共有は当初問題があったものの
現在は円滑である。専門家についてはスペイン語が堪能であり、日常的なコアグループや調整グルー
プとのコミュニケーションには全く困らなかった。また、当プロジェクトは必要な書類についてはす
べてファイリングしプロジェクト内の関係者が誰でも閲覧できるようにするなど、情報共有を重視し
ている点は特筆に価する。
GUATEMATICA 教材の地方でのバリデーションを展開している JOCV とコアグループ間についての
コミュニケーションはほぼ常に専門家が仲介しており、今後の円滑性が課題である。
プロジェクト活動は PDM と PO に沿って実施され、計画についても専門家、コアグループ、調整グ
ループ間で情報共有されていた。
プロジェクトの実施体制については、コアグループ同様の活動をするフルタイムの教材開発担当者が
2007 年 6 月より配置された。実施体制強化の発現についての測定は時期尚早であるが、教材開発能力
を習得中であり、今後の改善が期待される(プロジェクト組織図についてはミニッツの別添 III 参照)。
1,4 年生については教育省の教材配布の決定に伴い、早まった。
2-9 調査結果に基づいた
指導書と作業帳の内容改
訂
プロジェクト組織図
関係者意見
1,4 年生については教育省の教材配布の決定に伴い、早まった。
意見交換(バリデーション協力校教員 18 人)
2006 年
計画 4 回
実績 5 回
2007 年(2007 年 7 月時点)
計画 8 回
実績 6 回
2007 年(2007 年 7 月時)
計画 44 回
実績 43 回
授業観察(バリデーション協力校 4 校 18 人の教員)
2006 年
計画 53 回
実績 44 回
結果
実績・実施プロセスの確認評価結果
2-8 バリデーション協力
校における調査結果の分
析
2-7 バリデーション協力
校における調査(授業観
察・意見交換)
判断基準(指標)
プロジェクト実施
体制の適切性
調査項目
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
−186−
評価項目
プロジェクト実施
上の貢献要因と阻
害要因(外部条件の
発現含む)
調査項目
・
・
プロジェクト進捗に
貢献した要因と阻害
要因
外部条件の発現状況
判断基準(指標)
結果
実績・実施プロセスの確認評価結果
2006 年 GUATEMATICA の教材が全国配布されることが教育省により決定し、1、4 年生については教
材開発を前倒しした。
2006 年については学校の行事などにより、授業観察が計画通りに実施できなかった。2007 年につい
てはその教訓に基づき実施計画が立てられ、順調に進捗している。
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価
−187−
妥当性
5 項目
方法の適切性
優先度
必要性
大項目
小項目
PROMETAM で開発
された教材の活用
はなされたか
他のドナーとの協
力関係やデマケー
ションはあるか
日本の技術の優位
性はあるか
日本の援助政策、
JICA 国別事業実施
計画との整合性
プロジェクトは、グ
アテマラにおける
算数教育分野の開
発課題に対応する
活動として適切か
上位目標とグアテ
マラ国家開発政策
との整合性
・
関係者意見
当該援助分野
のほかドナー
の動向・活動実
績
関係者意見
・
・
関係者意見
関係者意見
日本の ODA 政
策
・
・
・
・
国 の 開 発 政
策・計画
関係者意見
・
・
国 の 開 発 政
策・計画
関係者意見
・
必要な情報・データ
結果
評価グリッド
あくまでもグアテマラのカリキュラムを優先させバリデーションを経て教材を作成しつつ、
PROMETAM 教材で流用できる点は活用している。
国際試験においても算数分野で日本は上位であり、算数教育に関する日本の技術の優位性は
高い。
同国においてプロジェクト開始以前に、協力隊派遣により、すでに 1-3 年生の算数教材を開
発しており、教材開発のノウハウが蓄積されていた。
プロジェクトではプロジェクトコーディネーターが中心となって、教育分野のドナーとの意
見交換を行っており、他ドナーの動向や連携・デマケーションには常に注意が払われてきた。
教材分野のドナーの支援は資金援助が中心であり、とくに算数分野の教材を開発しているド
ナーは日本以外にはおらず、デマケーションはできているといえる。また CIDA の資金によ
り GUATEMATICA 教材が印刷・配布され研修が行われていた。一方 2007 年になり USAID
の協力で開発されたスタンダード(期待される学力到達目標)が発表されたが、今後
GUATEMATICA 教材との内容の整合性が必要であり、同機関との情報交換や連携が求められ
る。
効果的な算数の教科書や指導書が存在しないなか、授業を行う効果的なツールとして教師用
指導書と児童用作業帳を作成するのは適切である。中間評価の質問表やインタビュー結果に
よると、GUATEMATICA 教材を使った授業方法は先生から生徒へ一方通行だった授業に生徒
が活発に参加するようになったなどの変化をもたらしている。
基礎教育の拡充による人材育成は、ODA 大綱や日本の援助政策と合致している。JICA の対
グアテマラへの援助方針においても、基礎教育の改善が開発課題の一つとなっている。
教育省のなかでも教材開発担当官と研修担当官をコアグループとして設定したことは、プロ
ジェクトを実施するうえで適切だったといえる。
教育省の教育政策を示した Diseño de Reforma Educativa(教育改革デザイン)では、教育改革
の重点課題として教育の質の向上をうたっており、そのなかで教材と教員の質の向上を重点
項目として掲げている。この意味でプロジェクトの上位目標はグアテマラの国家政策の内容
と合致しているといえる。
プロジェクト目標はターゲットグループのニーズに合致している。グアテマラでは算数分野
について系統性のある効果的な教科書や指導書が存在していなかったことが算数の学力が
低い原因の一つとなっており、教材作成を通じてコアグループの能力を高めることはコアグ
ループのニーズのみならず、算数分野の教育の向上にもつながると考えられる。
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価調査結果
プロジェクト目標
とグアテマラのタ
ーゲットグループ
のニーズは一致し
ているか
ターゲットグルー
プの設定は妥当か
評価設問
−188−
有効性
5 項目
プロジェクト目
標の達成状況
成果の達成状況
大項目
小項目
プロジェクト目標
達成の促進、阻害要
因はあるか
プロジェクト目標
は、各アウトプット
の結果どの程度達
成されたか
成果達成について
の促進、阻害要因は
あるか
指導書と作業帳は
グアテマラの現状
に即した内容とな
っているか
コアグループの算
数指導方法、教材開
発能力は向上した
か
関係者意見
プロジェクト
資料
関係者意見
プロジェクト
資料
・
・
関係者意見
プロジェクト
資料
関係者意見
・
・
・
・
・
関係者意見
各成果の達成
状況の記録
・
・
関係者意見
・
必要な情報・データ
結果
評価グリッド
バリデーション校選定の際に高い基準を設けて選定した結果、バリデーション対象校の校長
や教員によるバリデーションへの理解と協力が非常に高かった。
2007 年になりスタンダードが発表されたが、算数教育の短期専門家を派遣し、教材との整合
性の見直しを行うことで対応した。
コアグループの少なくとも 1 名は教材開発能力を修得し、現在はこの人物中心に教材が改訂
されている。バリデーション版の作成についても順調に進捗しており、プロジェクト終了ま
でにプロジェクト目標達成は十分可能と考えられる。
教材は、イラストに様々な民族衣装の子どもを登場させたり、男女の比を半々にしたり、男
女のステレオタイプ的な役割分担を助長しないよう留意するなど、他民族やジェンダーに配
慮して開発された。
プロジェクトは、PDM と PO に従い順調に進捗しており、プロジェクト終了時までにプロジ
ェクト目標を達成する可能性は極めて高いといえる。
教材開発能力についてはフルタイムで教材開発に携わってきた 1 名の C/P については少なく
とも向上したといえる。現在は同 C/P が中心となり、教材を改訂中である。プロジェクト終
了時までには自らカリキュラムに従って教材を改訂することができる見通しである。算数指
導方法についても担当者 2 名については研修実施に必要で十分な技術を身につけたと考えら
れる。ただし 1 名のコアグループについては技術移転というよりはむしろ MINEDUC とプロ
ジェクトをつなぐ調整役、そして地域や学校とプロジェクトをつなぐファシリテーターとし
ての役割を担った。
指導書と作業帳は PROMETAM の教材を参考にしつつも、グアテマラのカリキュラムに配慮
しつつ作成された。作成された教材についてはプロジェクト対象のパイロット校や JOCV が
支援している地方のパイロット校にてバリデーションを通じて、その内容の適切性について
検証され、作成・改訂されているので、現状に即した内容が開発されたといえる。
一部のコアグループは主に調整役としてプロジェクトにかかわっていたため教材開発能力
や研修能力について部分的にしか修得されていない。
教材開発について、コアグループ同様の活動をするフルタイムの教材開発担当者が 2007 年 6
月より配置され、今後の実施体制強化が期待される。
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価調査結果
ジェンダーや民族
に対する配慮はあ
ったか
各成果の指標の現
状
評価設問
−189−
効率性
5 項目
小項目
関係者意見
プロジェクト
資料
関係者の意見
プロジクト資
料
・
・
・
・
プロジェクトの現
地活動費の額は適
切か
・
・
広域在外研修のタ
イミング、内容、期
間は適切か
関係者意見
関係者意見
プロジェクト
資料
関係者意見
プロジェクト
資料
・
関係者意見
プロジェクト
資料
・
・
供与機材の種類、
量、設置時期は適切
か
本邦研修のタイミ
ング、内容、期間は
適切か
調整チームの配置
人数、専門分野、配
置時期は適切か
・
・
必要な情報・データ
結果
評価グリッド
中間評価の質問表・インタビュー結果から、現地活動費はプロジェクトを実施するうえで十
分であったと判断される。
本邦研修に比べ経費・移動時間・使用言語などの多様な側面においてはるかに効率的にホン
ジュラスでの研修を実施することができた。
同研修で日本人講師の助言を活用しつつ他国のコアグループとの算数教育に関する知見を
共有したことはプロジェクトの成果を達成するうえで適切であった。
これまでコアグループ 3 名が本邦研修を受けた。中間評価の質問表・インタビュー調査から
は、研修内容や期間は教材開発を実施する素地を養った点で適切であった。
当初専門家の派遣予定はなかったが、PROMETAM のプロジェクトで 2 名派遣予定だった算
数教育専門家の 1 名が派遣されずグアテマラへの支援に支障をきたし、教材の印刷・全国配
布に伴い教材作成スケジュールが多忙になったなどの理由から、短期・長期各 1 名の算数教
育専門家が派遣されることとなった。日本人専門家が着任する以前、当時のシニア隊員(現
長期専門家)がプロジェクトの教材作成と調整業務をボランティア的に行うことになり、シ
ニア隊員としての本来業務に支障をきたした。
しかしながら中間評価の質問表・インタビュー調査からは、長期専門家はシニア隊員として
プロジェクト開始前も GUATEMATICA の教材作成に携わっており、専門性や資質・プロジ
ェクトや当該国についての経験がプロジェクト成果達成に寄与するために十分かつ極めて
優れていたと評価される。
調整チームはグアテマラ人のプロジェクトコーディネーターを中心に専門家やコアグルー
プと連携しながら機能している。日本側の投入をローカルスタッフ中心としたことは、プロ
ジェクト費用を削減し効率的な成果達成に寄与している。中間評価の質問表・インタビュー
調査からは、とくに同プロジェクトコーディネーターの資質の高さがプロジェクト成果達成
に寄与するために十分かつ極めて優れていたと評価される。
しかしながらプロジェクト開始時にプロジェクトコーディネーターの配置が遅れ、その間の
ドナーをはじめとする関連機関からの情報収集が行われずスタンダードについての情報入
手が遅れるなど、その後のプロジェクトの活動に影響を及ぼすことになった。
中間評価調査時には供与機材は報告されていない。
プロジェクト開始前、JOCV による協力のみが行われていた際に購入した機材を使用してお
り、効率性を高めている。
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価調査結果
達成されたアウ
ト プ ッ ト か ら 見 専門家派遣人数、専
て、投入の質、量、 門分野、派遣時期は
タ イ ミ ン グ は 適 適切か
切か
大項目
評価設問
−190−
イ ン パ
クト
5 項目
上位目標の達成
に影響を与える
要因
プロジェクト目
標の結果として
の上位目標達成
の見込み
プロジェクト実
施の効率性に影
響を与えた要因
プロジェクト予
算の規模の適切
性
既存のリソース
との連携
大項目
小項目
プロジェクト終了
後数年に上位目標
が達成される見込
みはあるか
・
・
・
・
関係者意見
関係者意見
関係者意見
プロジェクト
資料
関係者意見
関係者意見
・
・
関係者意見
関係者の見
関係者意見
関係者意見
プロジェクト
資料
・
・
PROMETAM からの
支援の頻度・方法の
適切性
JCC の時期とアドバ
イスは適切か
大学や教員養成校
との連携はあるか
・
日本のリソースの
活用度
・
・
必要な情報・データ
結果
評価グリッド
PROMETAM のリソース(教材、専門家、コアグループ)の活用、ローカルスタッフの登用、
JOCV 時代の機材利用、JOCV との連携など既存リソースを最大限活かしてプロジェクトを
効率的に進行させていることは特筆に価し、今後の技術協力プロジェクトの参考になると考
えられる。
GUATEMATICA 教材を使った指導力向上の結果は 2006 年 9 月に実施されたパイロット校と
それ以外のコントロール校の授業分析結果に見て取れる。すべての評価項目においてパイロ
ット校が高い結果となっている。GUATEMATICA 教材は国定教材として 2007 年印刷・全国
配布され、教育省独自の予算で GUATEMATICA 教材の使用についての教員研修も実施され
ている。このため上位目標が達成される見込みはあると考えられる。
GUATEMATICA 教材の印刷・全国配布と教員研修は 2008 年度については予算化されている
が、その後は不透明である。また、政権交代により教育政策が大幅に変更され、教科書が使
用されない可能性がある。
教育省が独自に実施する教員研修は 4 段階のカスケード方式であり、研修内容の質向上が今
後の課題である。
日本側・グアテマラ側についても予算規模が適切であることが、中間評価の質問表・インタ
ビューでは確認された。
コアグループについてはプロジェクト開始時より、R/D で決定された 3 名が配置された。し
かしながらフルタイムで技術移転を受け教材開発や研修を実施できる人物については人数
が足りなかったことは否めない。2007 年 6 月に教育省により 1 名追加で教材開発担当者が配
置されたが、遅れて配置されたため他のコアグループとの能力の差は否めず、算数の能力向
上が必要である。
予算については適切に支出された。ただし電気・インターネット代の支払い遅延がプロジェ
クト業務実施に支障をきたすことがあり、改善が求められる。
それ以外の支出として GUATEMATICA 教材の印刷・配布決定に伴い、教育省は教材の印刷・
全国配布費と教員研修費についても負担している。
JOCV による授業観察結果やバリデーションに関する提言は随時技プロ側に報告され、教材
にも反映されている。
GUATEMATICA で は 、 PROMETAM 教 材 で 流 用 可 能 な 個 所 を 活 用 し て い る 。 ま た 、
PROMETAM からの専門家の巡回指導やコアグループ同士の交流の頻度・方法はプロジェク
トの成果を高めるために貢献していることが中間評価の質問表・インタビュー調査により確
認された。
2 回の JCC が開催されたが、執務室の拡充やコアグループへの教員開発担当者の追加配置が
決定されるなど、プロジェクトの成果を達成するのに大いに貢献している。
直接的な連携はない。しかしながら GUATEMATICA 開発教材についての教員研修が、CIDA
が支援する Valle 大学ならびにサン・カルロス大学、NGO などを通じて実施されている。
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価調査結果
グ側の C/P 配置、予
算規模は適切か
評価設問
−191−
自 立 発
展性
5 項目
正負のインパク
ト
政治・制度的側面
教育省の組織改編
によりグアテマラ
政府のプロジェク
ト支援体制に影響
が出る可能性はあ
るか
政治・制度的側面
グアテマラ政府は
教材を普及させる
意思はあるか
政治・制度的側面
教材がグアテマラ
政府により国定教
材として承認され
る見込み
その他予想されな
かった正負のイン
パクトはあるか
外部条件の発現は、
プロジェクト目標
または上位目標達
成に影響を及ぼし
そうか
プロジェクト目
標の達成による
プロジェクトの
効果は援助終了
後も維持される
見込みはあるか
バリデーション協
力校以外での教材
使用状況
小項目
・
関係者意見
グアテマラ政
府の政策
新組織の組織
図案
関係者意見
教育省教材配
布 実 績と 配布 /
活用計画(将来
的な予算計画、
改定計画を含
む)
・
・
・
・
関係者意見
グアテマラ政
府の政策
関係者意見
関係者意見
バリデーショ
ン協力校以外
での教材使用
状況に関する
調査資料と分
析資料
関係者意見
・
・
・
・
・
・
必要な情報・データ
結果
評価グリッド
中間評価のコアグループに対する質問表・インタビュー結果によると、組織改編後もコアグ
ループが継続してプロジェクト活動に従事することが確認された。
同上。
GUATEMATICA 教材は国定教材として承認された。2006 年印刷・全国配布が決定し(5、6
年生については教育省が GUATEMATICA 教材をもとに独自に作業帳のみ作成)、2007 年に印
刷・配布が実現した。さらに、教育省は同教材を使った研修についても独自で実施している。
2008 年についても同様に教材印刷・配布や研修予算が確保されている。2008 年の 5、6 年生
については教育省がグアテマラ教材を再版するのではなく、指導書を含む GUATEMATICA
作成教材を印刷・配布することが今後のさらなる自立発展性を確保するための課題である。
DICADE 局長との対話によると、2009 年については予算を手続き中である。
2007 年の大統領選挙により政権が代わり教育政策が変更された場合、教科書が使用されない
可能性がある。
上記のとおり正のインパクトは大きい。負のインパクトは報告されていない。
教育省は 2007 年度に GUATEMATICA 教材を国定教材として印刷・全国配布し、同教材の使
用についての教員研修も独自に実施することとし、2008 年度についても同様に予算化してい
る。最終的に 2007 年は学校数 14,428 校、教師 29,338 人に対する研修が行われた。このほか
2006 年については CIDA の資金にて Valle 大学や NGO が、2007 年については NGO が学校に
対 し 配 布 ・ 使 用 ・ 研 修 し て お り 、 波 及 効 果 は 大 き い 。 大 学 、 NGO 、 民 間 セ ク タ ー の
GUATEMATICA を使った研修は学校数 816 校、ファシリテーター53 人の養成が行われた。
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価調査結果
波及効果
大項目
評価設問
−192−
5 項目
プロジェクト終
了後の上位目標
達成の見通し
プロジェクトの
自立発展性に影
響を与える要因
大項目
小項目
関係者意見
・
関係者意見
・
関係者意見
グ側政府の政
策
関係者意見
グアテマラ政
府の政策
・
・
・
・
関係者意見
グアテマラ政
府の政策
・
・
必要な情報・データ
結果
評価グリッド
2007 年実施される大統領選挙により、プロジェクトの自立発展性に影響が出ることが懸念さ
れる。
上位目標はプロジェクトの効果が継続すれば達成するものと見込まれる。
中間評価のコアグループに対する質問表・インタビュー結果によると、組織改編後もコアグ
ループが継続してプロジェクト活動に従事することが確認された。しかし 2007 年の大統領
選挙で政権交代した場合については C/P の一部については配置換えが行われる可能性があ
る。
中間評価の質問表・インタビュー結果によると、教材改訂は現在コアグループが中心になっ
て行っており、教材改訂マニュアルについても作成された。プロジェクト終了時までには少
なくとも一部の C/P についてはカリキュラムに従って独自に教材を改訂し研修を実施する能
力を身に付けつつある。ただし教材開発や研修を実施できるコアグループ人材については人
数が少なく、さらなる自立発展性を確保するためにはその改善が必要である。
2008 年度については教材の印刷・配布と研修の予算は確保されている。しかしながら 2009
年度については不確定要素が強い。政府の政権交代が教育政策に影響を及ぼす可能性はあ
る。
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト中間評価調査結果
財務的側面
教材の開発・印刷・
普 及 に 関 し
MINEDUC の予算は
継続される見込み
か
技術的側面
C/P は継続して勤務
し、配置される見込
みはあるか
技術的側面
C/P 独自で教材を更
新し研修を実施で
きるようになる見
込みはあるか
評価設問
付属資料8.現地報告書
グアテマラ国算数指導力向上プロジェクト(GUATEMATICA)
中間評価調査
現地報告
「グアテマラ算数指導力向上プロジェクト」中間評価調査団は、7 月 17 日から 31 日まで現
地調査を行い、調査結果に基づいて評価を実施した。評価結果の概要を以下のとおり報告する。
1.プロジェクトの進捗状況と評価結果
(1) 進捗状況全般
プロジェクトは、開始から 1 年 4 カ月が経過した現在、当初計画よりも早く進捗しており、
実施期間における目標と成果の達成の可能性は高い。コアグループの能力向上に関しては、
メンバー間で差異はあるものの、全般的に向上がみられる。
(2)
評価結果
投入実績、実施プロセス、成果・プロジェクト目標の達成状況に関する確認・調査を行い、
DAC5 項目に基づいて評価を実施した。
①プロジェクト目標の達成状況
・ 成果1の達成指標である研修レポートに基づき、コアグループの能力向上の度合いを確
認したところ、毎回広域研修の開始時と終了時に実施される算数力テストの結果(平均
点)の比較から、コアグループの算数教育に関する能力は全般的に向上していることが
判明した。特に、専従で教材開発に従事しているメンバーのテスト結果の伸び率は著し
く、教材作成を通じた能力向上が今後も期待される。また、直接教材開発に携わってい
ないメンバーも算数に関する全般的な能力や研修能力を向上させている。広域研修の算
数力テストの結果(平均点)は以下のとおり1である。
2006 年
2007 年
グアテマラコアグループ
テスト平均点(事前)
35 点
47.7 点
グアテマラコアグループ
テスト平均点(事後)
42.3 点
69 点
・ 成果2の達成指標である教師用指導書と児童用作業帳を確認したところ、バリデーショ
ン版教材の作成とバリデーションの実施ともに順調に進んでおり、計画と照らし合わせ
た現況は以下のとおりである。
1
2006 年事前テスト、2006 年事後テスト、2007 年事前テストは、カウンターパート 3 名の平均点。2007 年事
後テストのみ、カウンターパート 2 名の平均点である。
193
−193−
教材
1 年生
2 年生
3 年生
4 年生
5 年生
6 年生
計画
JOCV チーム派遣で教材作成済み
改訂作業の計画:2007 年 12 月改訂版完成
同上
改訂作業の計画:2007 年 12 月改訂版完成予定
同上
改訂作業の計画:2009 年 3 月改訂版完成予定
2006 年 5 月完成
改訂作業の計画:2007 年 12 月改訂版完成予定
2006 年 12 月完成
改訂作業の計画:2007 年 12 月改訂版完成予定
2007 年 11 月完成予定
改訂作業の計画:2009 年 3 月改訂版完成予定
実績
2006 年 11 月改訂版完成
同左
同左
2006 年 11 月完成
2006 年 10 月完成
同左
同左
以上より、プロジェクトは目標達成に向けて順調に進捗しており、目標達成の可能性は高
いといえる。そして、現在作成中の 5・6 年生の教師用指導書と児童用作業帳が、将来的に
教育省の予算により印刷・配布されることが重要である。
②5 項目評価の結果
妥当性・有効性・効率性・インパクト・自立発展性の 5 項目につき、高い(High)、比較的
高い(Relatively high)、普通(Average)、比較的低い(Relatively Low)、低い(Low)の 5 段
階で評価を実施した。結果は以下のとおりである。
評価項目
評価結果
判断基準(根拠)
○コアグループおよび教員・児童のニーズに合致している。
妥当性
High
○グアテマラ政府の教育政策・戦略とも合致している。
○既存のリソース(PROMETAM、JOCV 等)の活用は方法とし
て適切である。
○コアグループの能力が強化された。
有効性
High
○バリデーションプロセスは適切であった。
○バリデーション校の理解・協力はプロジェクト目標達成の貢
献要因である。
○既存のリソース(広域本体の専門人材、現地の人材、供与済
みの機材)を効果的に活用している。
効率性
Relatively
High
▲プロジェクトコーディネーターと日本人専門家の投入時期
が遅れた。
▲新しく選出されたコアグループ・メンバーの算数能力向上が
必要である。
194
−194−
○教育省予算により、1-4 年生 GUATEMATICA 教材が印刷・配
布された。
High
インパクト
○教育省予算により、GUATEMATICA 教材の使用法に関する現
職教員研修が実施されている(国立サンカルロス大学への委
託)。
○教材開発・改訂作業を実施できる人材が育成されつつある。
自立発展性
Relatively
High
○2008 年の教材配布関連予算が確保されている。
▲政権交代に伴い、教育開発戦略とプロジェクト実施体制に変
更の可能性がある。
▲コアグループの人数が限られている。
2.提言
対プロジェクト
(1) 5・6 年生の教師用指導書と児童用作業帳を迅速に完成させる。
(2) PDM を変更し、それに伴い PO、実施体制図も変更する。PDM の主な変更点は以下の
とおりである。
・日本人専門家(長期専門家/短期専門家)の派遣を日本側投入として明記する。
・新しく選出されたコアグループをグアテマラ側の投入として明記する。
・プロジェクト目標の外部条件として「教育省による教師用指導書と児童用作業帳の印
刷・配布」を明記する。
・成果1(コアグループの算数能力向上)の指標をより明確にする。
・コアグループから教育省算数技官(GUATEMATICA 研修講師育成担当技官)に対する
研修を新たな活動として明記する。
(3) 新しく選出されたコアグループ・メンバーの算数力向上と併せて、コアグループ全員の
能力向上をさらに促進する。
(4) 上記 PDM 変更の提案により、コアグループによる教育省算数技官(GUATEMATICA 研
修講師育成担当技官)に対しての研修強化が新しく活動として位置づけられた。
対教育省
(1) 1 年生から 6 年生までの教師用指導書と児童用作業帳を印刷し、全国配布する。
(2) 新しいコアグループ・メンバーを正式にプロジェクトの専従として任命する。
(3) 教師用指導書と児童用作業帳が確実に全国配布され、教室レベルでのインパクトが発現
するよう現職教員に対して GUATEMATICA 教材使用に関する国レベル研修を実施する。
(4) 県レベルでも教師用指導書と児童用作業帳が有効に活用されるよう、教育省による継続
的な技術支援(フォローアップ)が必要である。
195
−195−
3.
教材評価
本来国定教材は教育省カリキュラムの具現化を図るために教材化されたものである。ゆえ
に国定教材評価は国家の教育政策、実際の現場教師、児童の学習到達度などから総合的に教
育省自身が実施し改訂作業がなされるべきものである。そのため教育省以外がグアテマラ国
定教材評価を上記のように総合的に評価することは困難である。
しかし、広域「算数大好き」プロジェクトとして 5 カ国で実施されている技プロの主要成
果物が算数科の教師用指導書と児童用作業帳であることから、技術移転を実施したドナー側
として成果である教材評価を試みることは必要であると考える(詳細については添付2「教
材評価(案)-グアテマラ-」を参照)。
<児童用作業帳の検討事項>
(1) 児童の書き込みを前提としている作業帳は学力向上に資することが確認されたが、グア
テマラの経済状況を考えると毎年印刷し配布することは可能かどうか。もし現実的でな
いのならば将来的に、書き込みをしない教科書と書き込みをして毎年試用する練習帳を
組み合わせるなどの可能性はあるか。
(2) 児童の学習意欲を喚起させるという観点を考えると白黒印刷の作業帳でよいか。
(3) 作業帳に書き込みするうえで 150~165 ページ(標準値)は妥当か。作業帳を開いたと
きにとじた部分が山形になるため児童にとって書き込みにくいのではないか。
(4) 作業帳の習熟段階の問題数は従来教科書よりも増加したが、問題量は適切か。
(5) 1 授業当たりの学習内容量は 1 授業時間 45 分間として妥当か。
(6) カリキュラム、スタンダードなどとの整合性をフォローする必要がある。
<教師用指導書の検討事項>
(1) 見開き 2 ページの特に右側ページの使い方はこれでよいか(ページにより左右の情報が
ほとんど同じことがある)。
(2) 各時間の評価に「general(目標)」と「indicador de logro(到達指標)」があり、複数の
「indicador(指標)」それぞれにABCの評価ランクがある。全体の児童の何パーセン
トが各指標を達成したかを毎時間しかも複数回評価するのは可能なのか。
4.教訓
(1) シンプルなプロジェクト・デザインを心がける。
本プロジェクトは教師用指導書と児童用作業帳の教材開発とコアグループの能力開発をコン
ポーネントとする-非常にシンプルなプロジェクト・デザインになっている。そのため、関係者
の意思統一が比較的容易であり、一方向に向かう推進力も高い。加えて、教材開発以外の活動
(教材の印刷・配布、教材普及に必要な教員研修など)について、教育省の高いコミットメン
トと強いオーナーシップを引き出すことに成功している。さらに、教育協力における他ドナー
196
−196−
とのデマケーションも明確であり、効果的なドナー協調が実践されている。以上より、プロジ
ェクト・デザインを可能な限りシンプルにし、質の高い成果品をできるだけ早期に提示するこ
とで、プロジェクト周辺に存在する様々な要素を効果的に活用しつつ、プロジェクトのインパ
クトを高めることが可能である。
(2) 十分な実施体制を構築する。
当初のプロジェクト・デザインによれば、長期専門家を配置せず、ホンジュラスに駐在する
広域の長期専門家による出張ベースの技術指導と現地コンサルタントによるマネジメントと技
術支援により、プロジェクトを実施することになっていた。しかし、現実には JOCV シニア隊
員が長期専門家の役割を担って技術指導とマネジメントの一部を行わなければならず、技術指
導にかかる広域専門家の負担も増大する一方であったため、JICA 事務所主導で二国間協力実施
体制の整備が行われた。現在はプロジェクトを統括するプロジェクトコーディネーター、算数
教育を指導する長期専門家と現地コンサルタント、教材編集を担当する IT 技術者、会計・コー
ディネーター補助・秘書業務を行うアシスタント、これにカウンターパート 4 名(うち専従 2
名)を加えた現地 10 名体制となっている。これに広域本体と JICA 事務所による強力な支援が
加わって初めてプロジェクトの実施が可能になっている。
こうした実施体制が組まれたことにより、順調な教材作成と教育省やドナー協調による教材
普及が効果的に実施されるようになったといえよう。特に教育省の主要な地位を経験し、国内
の教育関係者に幅広いネットワークを持つプロジェクトコーディネーターの存在は大きく、教
材普及に向けた教育省・他ドナー・現地 NGO との各種交渉やプロジェクトを取り巻く問題解
決に向けて関係機関との調整を行うといった本来業務にとどまらず、ドナー会議の議長を担う
などグアテマラにおける JICA のプレゼンスの向上に大きく貢献している。そのため、長期専
門家はカウンターパートの技術指導に多くの労力を割くことが可能になり、広域専門家の負担
を軽減すると同時に教材開発が順調に進捗するようになってきている。
専門人材の不足に対応しつつ、最少の投入で最大の効果を得るべく開始された広域協力では
あるが、同国の経験からは各国でも独自に技術協力が実施できる体制を構築していく必要性と
重要性が明らかになった。なお、プロジェクトで働く主要な現地コンサルタントは、これまで
JICA の教育協力に何らかの形でかかわってきた人材であり、実施体制が極めて戦略的に組まれ
てきたことは特筆に価する。
(3) 有識者による専門的かつ客観的な教材評価を実施する。
今回、中間評価の一環としてプロジェクトで開発された教師用指導書と児童用作業帳の評価
を試みた。しかし、内容については算数教育の専門性を持つ人材にしか評価できず、調査団に
参団した広域専門家による自己評価とならざるを得なかった。しかも、評価項目の判断基準を
グアテマラの以前の算数教科書や PROMETAM 教材に置かざるを得ず、その特徴を明らかにす
るとともに今後の改訂への提言をまとめることは可能であるものの、算数科教材としての完成
度測定が極めて難しいことが判明した。教材評価基準は将来的に広域協力対象国で作成された
197
−197−
教材を比較することが可能になるよう、様々な考察を加えて精緻化の過程にある。
しかし、開発教材が国定教材として普及している現状を勘案すれば、やはりラテンアメリカ
地域の算数教育有識者による専門的・客観的な教材評価の必要性は高いのではないだろうか。
少なくとも同国のみならず広域協力対象国のプロジェクトの終了時評価までには、何らかの形
でこうした教材評価がなされることが望ましく、JICA として一括して教材評価を実施できるよ
う、何らかの方策を検討する必要があるのではないだろうか。
5.その他
本中間評価の枠組みには明確に位置づけられるものではないが、引き続きプロジェクト運営
に重要な影響を及ぼす事項につき、関係者に対する簡単なインタビュー調査を試みた。以下に
その結果を簡潔に記述する。
(1)算数教育分野のサブプログラム(技術協力プロジェクトと JOCV との連携)
グアテマラに対する算数教育協力は、援助重点分野「農村開発」のなかで「地方生活の改善」
を目指した「基礎教育強化」プログラムに位置づけられており、技プロ「算数指導力向上プロ
ジェクト」と JOCV 算数教育隊員派遣との連携を中心にサブプログラムを形成している。そこ
で、今回の技プロの中間評価にあたり、関係者に技プロと JOCV との連携を中心にサブプログ
ラムとしての評価に関するヒヤリングを試みた。以下はその結果である。
・ 本技プロは 2002~2005 年に実施された JOCV チーム派遣「初等教育算数科学力向上プロジ
ェクト」を基に形成された。そのため、同協力の成果として開発された、小学校 1-3 年生
の教師用指導書と児童用作業帳の改訂と新たな小学校 4-6 年生の教師用指導書と児童用作
業帳の開発が技プロの主な内容となっている。当時、JOCV のパイロット事業が教育省によ
って高く評価されたものの、教材内容の高度化と精緻化、教材開発作業の困難さと複雑さ
により、これ以上の対応は JOCV では難しいとの判断から技プロで対応することとなった
経緯がある。そのため、時系列的にみた場合の技プロと JOCV との連携については非常に
うまくいったのではないか。
・ 技プロにとっては、JOCV の成果をベースにすることで教材開発が比較的容易になり、JOCV
による教材作成に協力した現地コンサルタント(算数教育)にも経験やノウハウが蓄積さ
れていたため、技プロへの移行が比較的スムーズに行われた。加えて、JOCV の成果が教育
省に高く評価されていたことから、開始当初より技プロへの認知度が高く、成果に対する
期待度も非常に大きいものであった。
・ 現在は技プロが教材開発を行い、JOCV がこれを現場で使用して結果を技プロにフィードバ
ックするという、バリデーションを中心とする連携が実施されており、これも順調に進捗
している。これには、歴代の JOCV シニア隊員(2 名)が果たした役割が大きく、しかも、
それらの人材が現在まで短期・長期の専門家として技プロにかかわってきたため、全体と
して技プロと JOCV との連携が成功しているように思える。
198
−198−
・ しかし、このような協力もサブプログラムとしての形が限界であり、教育セクター全体を
視野に入れたプログラムレベルの協力を行うことは非常に困難である。その主な理由は、
現行の日本の協力スキーム(技プロ、JOCV、各種研修、人間の安全保障・草の根無償など)
と投入量で期待される教育指標の向上を達成することはハードルが高く、実効性に欠ける
といわざるをえないためである。
・ むしろ、ドナー協調を積極的に進め、お互いの比較優位を活かした形での総合的な支援の
ほうが現実的であろう。
・ 算数教育分野のサブプログラムとしては、2009 年度をもって終了する見込みであり、今後
明確な協力の出口戦略を策定し、実施していく必要がある。
(2)中米・カリブ広域算数協力
技プロ「算数指導力向上プロジェクト」は中米・カリブ広域算数協力の一環として実施され
ている。そこで、今回の技プロの中間評価にあたり、関係者に広域協力のあり方と成果を中心
にヒヤリングを試みた。以下はその結果である。
・ 広域協力のメリットとしては、①広域協力対象国間での中核人材の交流や知見の共有が柔
軟に行えること、②本邦研修や短期専門家派遣などに関して、国別に行うよりも容易に交
渉できること、などが挙げられる。これは広域本体のみならず、人間開発部基礎教育 G の
オペレーションも効果的に機能しているためであり、これまでの広域協力の経験を活かし
た各種の先進的なマネジメント・ツールの開発と活用など、その努力を高く評価したい。
今後、このような経験やノウハウが他の課題部や地域部にも共有されることを期待する。
・ しかし、広域協力のデメリットも存在しており、①広域本体に配置された長期専門家の負
担が極めて大きく、さらなる支援を要請し難い、②広域協力のオペレーションには関係者
に膨大な労力がかかる、③専門家不在の場合には、米国国際開発庁(USAID)開発の「ス
タンダード」の公式化にみられるような不測の事態への対応がどうしても遅れがちになる、
などの問題点がみられた。そのため、グアテマラにおいては、それらの問題に対処すべく、
二国間協力体制の整備を進めて現在に至っている。
・ 広域協力実施に際しては、十分な実施体制の構築、専門家の業務量と派遣量のバランスの
確保、情報・知見・経験の共有などが不可欠であり、これらに関する各国 JICA 事務所の役
割は大きいものと思われる。
・ なお、このほかに気づいたこととして各国 JICA 事務所間の連絡は比較的少ないことが挙げ
られる。
199
−199−
6.所感
今回の中間評価調査を通じて感じた事柄を以下に記す。
(1) 評価の受け入れ体制・準備が評価作業の効率化を促す。
中間評価が比較的スムーズに進捗した最大の理由は、JICA 事務所・プロジェクト・教育省に
おいて、中間評価調査受け入れの準備がかなり前から計画的に行われてきたことが挙げられる。
その経緯はプロジェクトが作成したレポートに詳しいが、特に以下の点が評価作業を行ううえ
で極めて効果的であった。
① 評価に必要なすべての文書の電子化と一括管理により、調査団到着時に全資料が手交さ
れた。
② 前回のプロジェクト合同調整委員会の決定に基づき、教育省が合同評価委員会を設置し、
評価作業への積極的な協力(評価委員の選出、独自の評価調査、調査団受け入れに関す
る各種調整など)を行った。
③ プロジェクトと教育省との共催により、教師用指導書と児童用作業帳を試用している他
ドナー、NGO、大学などを集めた活動報告会が開催された。
④ 主要なプロジェクトメンバー(プロジェクトコーディネーター、算数教育専門家)が各
種評価調査へ同行し、必要に応じて説明や解説を求めることが可能であった。
(2) むしろ評価される側の人間が評価を行う矛盾。
中間評価調査団は 4 名から成るが、コンサルタントを除く 3 名は案件形成段階から深くプロ
ジェクトにかかわっている人間である。すなわち、評価をする側ではなく、むしろ評価される
側の人間である。そのため、今回の中間評価の多くはコンサルタントが実施し、残りの 3 名が
これを可能な限り客観的に検証して補足説明を加えたり、教育省への説明や各種交渉を担当し
たりするなどの形で業務が進められてきた。3 名はそれぞれに評価の実施体制に対する疑問を
抱えつつも、無事に評価調査を終了したが、このような評価調査団のあり方について、一度関
係者で議論する必要があるように思われる。
(3) スペイン語圏で英語のドキュメントは本当に必要か。
中間評価の作業で最も困難であったのは 3 言語にわたる文書の作成と管理であった。調査団
員の多大な努力とグアテマラでの協議事項の少なさによって無事に評価調査業務を終了するこ
とができたが、その作業手順は以下のように非常に複雑であった。
① 日本語と英語で評価グリッドを作成して調査結果を記入する。
② これに基づいて評価結果を取りまとめ、日本語と英語で評価グリッドを仕上げる。
③ ②の英語版を現地の通訳がスペイン語に訳し、調査団内で英語とスペイン語の評価結
200
−200−
果を比較しながら意見集約と文書修正を行う。
④ スペイン語版を使用して教育省の合同評価委員会にて意見交換を行い、結果をスペイ
ン語版に反映させる。
⑤ スペイン語版の修正結果を英語版に反映させる。
⑥ 新たに判明した評価結果を英語版に付け加えていく。
⑦ ②~⑥を評価調査プロセスに即して数度繰り返す。
⑧ 合同調整委員会用の英語プレゼン資料を作成し、スペイン語に翻訳する。
⑨ 英語とスペイン語のミニッツ本文を作成する。
⑩ 日本語にて事務所報告と中間調査報告書を作成する。
以上の過程を見る限り、英語のドキュメントの必要性は低く、その取り扱いを見直す必要が
あるように思える。英語のドキュメント作成に必要な時間と労力を、今後のプロジェクト運営
に関する各種交渉・調整に向けた方が生産的であり、費用対効果も高いのではないだろうか。
このような意見は調査団内からだけでなく、JICA 事務所からもあがっており、今後に向けて改
善が必要とあろう。なお、既に他分野の評価調査団では日本語とスペイン語でのみ文書作成・
管理を行っている事例が存在するとの情報を JICA 事務所より得ている。
また、今回は英-西の通訳が訳した文書の完成度が高くなかったため、スペイン語文書を再度
団内で確認し、それをさらにプロジェクトコーディネーターがチェックするという手間がかか
った。英-西通訳にしろ、日-西通訳にしろ、ある程度質の担保された通訳を傭上することが重
要となる。
(4) やはり広域協力は各国での二国間協力のうえに構築されるべき。
グアテマラの算数指導力向上プロジェクトは、中米・カリブ地域の 5 カ国で展開されている
広域算数協力の一環として実施されている協力である。ホンジュラスで開発された教師用指導
書と児童用作業帳の他国での有効活用と日本側の算数教育専門人材の共有を主なアプローチと
して開始された広域協力であるが、グアテマラでは独自の実施体制構築に力が注がれてきた。
その主な理由は、以下の 3 点にある。
① JOCV チーム派遣の成果を基にプロジェクトを開始し、過去の協力で培ってきた人的
ネットワークを有効に利用した活動展開が可能であったこと(グアテマラ特有の事
情)。
② 指導書と作業帳の開発に伴う専門的知見に対する要望の増大と広域専門家の過大な負
担の軽減を両立させること。
③ 指導書と作業帳の全国配布という(大統領選挙に伴う)政治的プレッシャーに一定程
度対応することで、成果普及に関する教育省のコミットメントを最大限に引き出すこ
と。
201
−201−
プロジェクトは現在 10 名で実施されており、各自の特性を生かした分業体制が敷かれ、無理
のない協力活動が展開されている。加えて、広域専門家の負担も軽減され、必要に応じた指導
内容の水準も高いレベルに設定されているように感じた。このように、グアテマラの事例は、
まず協力対象国内で二国間協力体制を構築し、そのうえで広域協力をより専門的なものに設定
することの有効性を示しており、今後の広域協力実施体制構築に際して示唆に富むものといえ
る。
(5) 広域協力により教育開発は促進されるのか、事業効率は向上するのか。
前述のように中米・カリブ広域算数協力は、主に日本側投入の限界を克服する措置として開
始された経緯がある。しかし、協力対象国間の対話の促進、知見の共有、経験の交流に伴う域
内ダイナミズムを生起させることで、各国の教育開発を推進するという本来的な広域協力の目
的は未だ達成されていない。つまり、広域専門家から各国プロジェクトに対する個別指導、各
国のプロジェクト関係者が知見を得るための研修機会は存在するが、各国が独自に交流する段
階には至っていない。今回、プロジェクト関係者からも同様の認識が示されており、今後広域
協力として、各国間のネットワークの強化と各国の発意に根ざした交流の促進に一層力を入れ
ていくことが求められている。
なお、このような知見や経験の共有は、各国間のみならず、各国の JICA 事務所間でも行わ
れておらず、事務所間の情報交換の必要性・重要性と具体的な実施ノウハウ(契約関係書類や
各種 TOR の作成方法など)の共有による事業の効率化について、今回 JICA 事務所より積極的
な提言がなされた。本件も広域協力のあり方を検討する一環として、関係者間で議論していく
ことが望まれる。
(6) 政権交代の影響を最小限にする。
2007 年 9 月の大統領選挙の結果次第ではあるが、既にグアテマラ国内では政権交代の可能性
が叫ばれている。一部の社会主義国を除く、ラテンアメリカ諸国一般にみられるプロジェクト
の外部条件ではあるが、現在のプロジェクト・マネジメントから、政権交代の影響を最小限に
抑えるため、以下のような工夫が散見される。今後、これらの試みをより戦略的に実現するこ
とで、政権交代に伴う協力の継続性に対する不安が解消されることを期待したい。
① 個人から個人への知見・経験・ノウハウの継承にとどまらず、それらを文書化して(暗
黙知の形式知化)、組織への内在化を促進し、教育省のキャパシティ・ディベロップメ
ントを一層進める。プロジェクトではスペイン語による知見・経験・ノウハウの文書
化が進んでおり、これを教育省に適時かつ適切に移転することで、一定程度協力の継
続性を担保することが可能になると考えている。
② プロジェクトは、指導書と作業帳の試用を中心として、他ドナー、NGO、大学などの
機関と緊密なネットワークを形成している。そして、各機関による多面的な検証の結
果、指導書と作業帳の有効性が証明されたり、改善点が明らかになったりしている。
202
−202−
このような第三者による客観的な検証は様々な政治的思惑を超える可能性を秘めてお
り、加えて、各機関による教育省への指導書と作業帳の継続使用についての積極的な
働きかけも期待できる。
③ グアテマラの教育分野への技術協力は 1996 年に始まる。そのため 70 名を超える帰国
研修員を中心に、日本の協力に対する理解者が国内の教育分野に数多く存在する。今
回も、プロジェクト内外に多くの理解者が存在し、様々な形で協力活動を実施・支援
してくれている。政権交代後も教育省上層部に帰国研修員が何らかの形で配置される
可能性が高いと予想されており、JICA 事務所は過去の協力経験を活かしてプロジェク
トを取り巻く環境を維持・発展させるべく様々な検討を開始している。たとえば、帰
国研修員ネットワークの再構築、政権交代後の算数教育関係イベントの実施、同国教
育分野にネットワークを持つ国際協力専門員の政権交代後の立ち寄りなどである。
④ 教育省内部にて、政権交代後も教育省として指導書と作業帳を継続使用させるべく、
日本との間で何らかの覚書が交わせないか検討されている。その実効性については疑
問が残るものの、このような事項が教育省内部で検討されていること自体、極めてま
れな事象であり、注目に値する。何らかの対応策が実現されることを期待したい。
203
−203−
付属資料9.教材評価
教材評価
―グアテマラ―
1. はじめに
本来国定教材は教育省カリキュラムの具現化を図るために教材化されたものである。ゆえに国定
教材評価は国家の教育政策、実際の現場教師、児童の学習到達度などから総合的に教育省自身が実
施し改訂作業がなされるべきものである。そのため教育省以外がグアテマラ国定教材評価を上記の
ように総合的に評価することは困難である。
しかし、広域「算数大好き」プロジェクト 5 カ国で実施されている技プロの主要成果物が算数科
の教師用指導書と児童用作業帳であることから、技術移転を実施したドナー側として成果である教
材評価を試みることは必要であると考える。
2. 目的
・ 開発された教材を算数内容や体裁の観点から確認するため
・ 今後の改訂作業にフィードバックするため
・ 算数教材に不可欠な項目を評価基準として設定し、将来的に広域 5 カ国で開発された教材
のレビューを行い、教材開発に関する知見を共有するため
3. グアテマラ国定教科書印刷配布の経緯
グアテマラで全国配布された算数科教科書は系統学習をベースとした 1990 年代後半に出版された
“Serie Camino a la Excelencia”、その後 2002 年に総合学習をベースとした “Módulo de Aprendizaje”がある。
4. 評価手法
本報告書では従来教育現場で使用された国定教科書とプロジェクトが開発した児童用作業帳の比較を
通して主に教材構成の面から同教材の特徴を浮き彫りにする。本プロジェクトの開発教材は系統学習を
ベースとしているため “Serie Camino a la Excelencia” との比較を試みたい。また、本プロジェクト開発
教材プロセスで参考として使用されたホンジュラス PROMETAM 教材も合わせて記載し比較することと
したい。
次に、従来グアテマラでは教師用指導書は開発・配布されていなかったため、本プロジェクトで開発
した教師用指導書には比較対象可能な教材がない。ゆえに、同指導書自体の特徴をレビューすることと
する。最後に、指導書と作業帳の今後の改訂作業をするうえで参考となるよう検討事項を列記する。
204
−204−
5. 従来の国定教科書と児童用作業帳の相違点
児
童
用
作
業
帳 グアテマラ従来の教科書 児童用作業帳 PROMETAM
GUATEMÄTICA(1-4 年 Serie
生)2007 年
Camino
a
la (ホンジュラス)2005 年
Excelencia、1996、1997 年 CIDA 資金で印刷された第
1版
取り扱い学習内 正確。
所々数学的な間違いがあ 正確。
容の正確さ
る。
例:分数の図解(1 年)
系統性
グアテマラ教育省カリキ 所々系統性を重視しない ホンジュラス教育省カリキ
ュラム自体の系統性の不 学習内容の取り扱いが見 ュラム自体の系統性の不足
足という問題はあるもの られる。
という問題はあるものの、
の、カリキュラムに沿って 例:1 桁同士の繰り上がり カリキュラムに沿って可能
可能な限り系統性を重視 のある足し算が繰り上が な限り系統性を重視した学
した学習内容の取り扱い りのない足し算と同等に 習内容の取り扱いとなって
となっている。
扱われている(1 年生)。
いる。
教材内での素材 児童の実生活場面から学 児童の実生活場面の記載 児童の実生活場面から学習
の取り扱い
習課題をとらえられるよ はわずかであり、多くが半 課題をとらえられるような
うな場面を絵、テキスト等 具体物等での導入を採用 場面を絵、テキスト等で記
で記載している。
学習過程
している。
載している。
作業帳には記載がないが、 ページ脇に「学ぶ」
「練習」 学習過程プロセスを記載し
基本的に「導入」「展開」 「答えあわせをしよう」の ていないが、問題解決型の
「習熟」という(指導書に 3 段階の学習過程を絵と 学習プロセスを重視してい
記載)の 3 段階で 1 時間の 言葉でページ脇色帯(ベー る。
授業を構成した問題解決 ジュ)に記載。「導入」段
型の学習プロセスを採用 階がないため知識伝達型
している。実線で学習過程 の学習プロセスとなって
解答の記載
を区切っている。
いる。
指導書に赤刷りで記載。
各単元の最後に縮小版赤 指導書に赤刷りで記載。
刷りで答えを掲載(児童自
身が答えあわせをするこ
とを期待したものか)。
評価
各ページに 3 段階の児童 単元の最後に「評価」1~2 ―
の自己評価欄(笑った顔、 ページを掲載(答えは記載
普通の顔、口をへの字に曲 されていない)。
げている顔)を掲載。
205
−205−
文化・ジェンダ 登場人物の記載回数にエ 児童の実生活場面の記載 ホンジュラスの農村風景、
ー配慮
スニック、男女比が配慮さ は わ ず か で あ る た め 文 農産物など日常的に目にす
れている。エスニックの民 化・人物の登場はわずか。 る機会の多い素材を使用し
族衣装、肌の色などにも配 あまり配慮されていない。 ている。登場人物のジェン
慮がみられる。ページも算 例:人物の髪の色は黒、肌 ダーには配慮している。
用数字とマヤ数字で記載。 の色は同じ肌色。
学習具(準備物) 巻末に数カード、計算カー なし。
巻末に数カード、計算カー
への配慮
ド、定規、展開図、三角定
ド、定規、展開図、三角定
規などを切り取って使え
規などを切り取って使える
るように掲載。
ように掲載。
表記
数字のフォントが統一さ 若干記載数字に差異がみ 若干記載数字に差異がみら
れている。
ページ数(1-4 158.5 ページ
られる(印刷の問題か)
。
れる(印刷の問題か)。
217.5 ページ
127.5 ページ
年生平均)*巻
末教材を除く
使用している用 コピー用紙のような材質 コピー用紙か薄い画用紙 コピー用紙のような材質で
紙
で厚い。
のような材質で厚い。
若干後ろのページが透けて
見える。
表紙
全学年ピンク色で統一さ マヤ数字。色は全学年茶色 ホンジュラスの著名な画家
れ中央にグアテマラ人画 の同色。
の絵。学年で色を変えてい
家の絵を掲載。学年は算用
る(教育省デザイン)。
数字とマヤ数字で記載(教
育省デザイン)。
記載されている JICA 現地算数コンサル、 記載なし。
著者
教育省国立実践研究所所
シニア隊員氏名、JOCV(4
長、教育省プロジェクト担
年生のみ C/P 名記載)。*
当官氏名列記。
JOCV チーム派遣時の教
育省からの C/P はなし。
JICA 協 力 に 関 「JICA、CIDA の支援によ ―
する記載
プロジェクト名、専門家名、
り開発された」の記載が 4
プロジェクト現地スタッフ
ページ目にある(目次の前
氏名、JOCV 名記載。
頁)。
広域本体の教材 記載なし。
―
―
使用への謝辞
206
−206−
JICA マーク
掲載なし。
―
裏 表 紙 に
EFA-FTI 、
PROMETAM フェーズ 1、
ODA、JICA、SIDA マーク
を掲載。
ISBN
99922-874-2-X(3-8,4-6)
99926-34-25-1,3,5,7
記載なし。
先方政府要人の 教育大臣のメッセージ 1 大統領、副大統領、教育大 大統領、教育大臣写真入メ
メッセージ、写 ページ。
臣のメッセージ計 2 ペー ッセージ計 2 ページ、カラ
真など
ジ、白黒印刷。
ー印刷で掲載(2005 年度
CIDA 版)。
6. 教師用指導書の特徴
教師用指導書 GUATEMÄTICA(1-4 教師用指導書 PROMETAM(ホンジュラ
ス)2005 年度 CIDA 資金での配布版
年生)2007 年
第
1版
目次
記載あり。
記載あり。
カリキュラムとの関 記載あり。
Instructivo の初めにカリキュラム準拠で
係
あることが記載。カリキュラムの内容は
「関連と発展」に記載。すべての単元の
目標はカリキュラム同様。
指導書の使い方
・ 作業帳の具体的なページを縮小 ・ 作業帳の具体的なページを縮小し
して掲載し、使い方を図示。そ
て掲載し、使い方を図示。その後、
の後、一つ一つの意味について
一つ一つの意味について解説を加
解説を加える。
える。
・ 指導書で使用される授業、算数 ・ 指導書で使用される授業、算数に関
に関するタームの解説。
基礎的な指導技術
するタームの解説。
評価や学習過程、練習問題のさせ方 評価や学習過程、練習問題のさせ方など
などの指導技術に関する情報が記 の指導技術に関する情報が記載。
載。
授業展開例
「導入」「習熟」の 2 段階の学習過程の
記載なし。
授業を、授業準備しないときとしたとき
に分けて授業展開例を記載。
年間指導計画
月、単元名、時数、指導書・作業帳 月、単元名、時数、単元目標、主な学習
内容、算数 4 領域に色分けて記載。
のページ。
207
−207−
単元名
記載あり。
記載あり。
単元目標
記載あり。
記載あり。
学習内容系統表
記載なし。
前学年と次の学年との学習内容のつな
がりについて図で記載。
単元学習計画
記載なし。
単元構成しているブロック名、配当時
間、学習内容。
単元のポイント
記載あり。
単元構成しているブロック名ごとに記
載あり。
本時目標
到達度目標として記載あり。
使用教材学習具(準備 教師、児童用記載あり。
目標として記載あり。
教師、児童用記載あり。
物)への配慮
例:切り取りのページ
や、手作り教材の紹介
など
縮小版作業帳の記載
記載あり。
記載あり。
授業展開案
「導入」「展開」「練習」の 3 つの学 授業内での主要な児童の学習活動ごと
習過程を基に本時案は見開き 2 ペー に教師の活動・児童の活動主要発問・留
ジで 1 時間の網羅する紙面構成。左 意点を記載。
ページが縮小された対応する作業帳
ページに対して吹き出し方式で前述
の 3 段階の学習過程に沿って教師の
活動が要約して記載されている。右
ページには 3 段階の学習過程に対し
て教師の「教師の活動」
「重要事項」
が詳述されている。プロジェクトに
よれば最低限教師は左ページを参考
に授業を展開できるように開発され
ており、より深く授業準備をしたい
教師のために詳述された授業展開案
を右ページに掲載したとのこと。
教師の活動
教師の活動・発問などを記載。
児童の活動
特別記載はないが教師の活動のなか 児童の予想される反応、児童の学習活動
で児童の活動が読み取れる。
評価
教師の活動・発問などを記載。
を記載。
到達指標を教師が 3 段階でチェッ 評価の観点を記載。作業帳チェックをす
208
−208−
留意点
ク。
ることにより形成的評価を実施。
詳細な授業展開案内で記載。
「ノート」としてページの下に記載し、
本時指導上の留意点や学習内容の関連
情報、追加練習問題などを幅広く使って
いる。
作業帳解答
赤刷りで記載あり。
赤刷りで記載あり。
7. 児童用作業帳の検討事項
(1) 児童の書き込みを前提としている作業帳は学力向上に資することが確認されたが、グアテマラ
の経済状況を考えると毎年印刷し配布することは可能かどうか。もし現実的でないのならば将
来的に書き込みをしない教科書と書き込みをして毎年試用する練習帳を組み合わせるなどの可
能性はあるか。
(2) 児童の学習意欲喚起の観点を考えると白黒印刷の作業帳でよいか。
(3) 作業帳に書き込みするうえで 150~165 ページは妥当か。作業帳を開いたときにとじた部分が山
形になるため児童にとって書き込みにくいのではないか。
(4) 作業帳の習熟段階の問題数は従来教科書よりも増加したが、問題量は適切か。
(5) 1 授業当たりの学習内容量は 1 授業時間 45 分間として妥当か。
(6) カリキュラム、スタンダードなどとの整合性をフォローする必要がある。
8. 教師用指導書の検討事項
(1) 見開き 2 ページの特に右側ページの使い方はこれでよいか(ページにより左右の情報がほとんど
同じことがある)。
(2) 各時間の評価に「general(目標)」と「indicador de logro(到達指標)」があり、複数の「indicador
(指標)」それぞれにABCの評価ランクがある。全体の児童の何パーセントが各指標を達成し
たかを毎時間しかも複数回評価するのは可能なのか。
209
−209−
付属資料10.教員研修現状調査
グアテマラ算数指導中間評価
教員研修現状調査
現職・新人教員研修について
・ 教員研修は算数分野について、4 段階のカスケード形式で実施されている。とくに現職と新人
教員の研修は区別していない(新人研修については着任時期が皆違うので制度化は難しいとの
こと)。研修予算については教育省(MINEDUC)が出している。これ以外にも 2006 年には
CIDA や NGO が、2007 年には NGO「Fundación Novela」が教材を配布、教室で使用、教員研
修を行った。
・ 研修時のカスケードの順序は次のとおりである。(1)コアグループが教育開発局(DICADE)
の研修チームに研修する、(2)DICADE 研修チーム 8 名(コアグループ 2 名含む)が研修を
委託されている San Carlos 大学と NGO の 50 人の研修担当官を訓練する、(3)San Carlos 大
学と NGO の研修担当官が全国 9 地域の大学支部にて 1,498 名(San Carlos 大指導員のみで 1,357
名)の指導員を訓練する、(4)1,498 名の指導員が全国 45,000 名を訓練する。
・ 教員研修は 2007 年 2 回企画され、うち 1 回を 4 月に行った。上記(1)から(3)はその際
の数字であり、(4)の 45,000 名(San Carlos 大の研修のみでは 40,902 名)の教員数は計画段
階の全国教員数であり、実際の参加者数についてはまだ MINEDUC に San Carlos 大学からあが
ってきていない。実際にはストライキなどで参加できなかった人が多いとのこと。
・ 算数分野の教員研修の予算は 2007 年度で約 16,735,759 ケツアルであり、2008 年にも同様の予
算が確保されている。
・ 算数分野の研修内容は、Guatematica の教材使用に関してである。カスケードの最下層の教員
研修は 1、2 年生までが 3 日間(スタンダードの内容説明+Guatematica)、3 年生から 6 年生
は 2 日間(Guatematica のみ)とのこと。
・ 教員へのインタビュー結果によると、MINEUC による教員研修は実施数が少ないうえに子ども
の目線に立っていない、教員からの意見に耳をかさない、指導法にそれほど触れられず理論に
偏っているなど、否定的な意見が目立っている。
・ MINEDUC は今後新たな研修を企画中とのことである。これらは、
①新人研修②現職教員研修③現職教員の専門性強化(奨学金)
の 3 つである。ただし予算や詳細は決まっていない。
教員養成校について
・ 教員になるためには中学を卒業後、教員養成校を卒業する必要がある。
・ 教員養成校はこれまで 3 年で卒業できたが、2007 年からは政府の教員育成強化の方針により 4
年になった。これについて養成校学生から猛反発され、ストライキが行われた。
210
−210−
・ 教員養成校は体育、初等教育、家政、音楽、異文化、幼稚園の 6 分野にわかれており、国立の
場合、養成校全体で 82 校、初等教育養成校については 42 校ある。
・ 初等教育養成校は前述のとおり国立で 42 校だが、私立を入れると 294 校あり、その他自治体
運営や組合運営のものを含めると 393 校存在する。
・ 教員養成校を統括する学校は存在しないとのこと。
参考資料
現職・新人教員研修について
別添 1
DICADE から USAC への研修指導員数
別添 2 指導員数と教員数
教員養成校について
別添 3 国立教員養成校リスト(分野別)
別添 4 全国教員養成校数(県別)
211
−211−
ANEXO 1
Capacitación en Matemáticas
Nivel central
Sede: ciudad capital (departamentos Nor-oriente)
Participantes: especialistas de USAC, UDEs y JEDEBIs
Participantes
No.
Departamento
Especialistas
Matemáticas
USAC
UDEs/JEDEBis
1
2
3
Guatemala
El Progreso
Alta Verapaz
9
Edín Alexis Monge Rosales, Violeta de Mota
y Elio Vaquín
1
Iris Arriaza
3
Yanuario Catun y Mario Sebastián Caal
4
Baja Verapaz
1
5
Izabal
2
6
Petén
2
7
8
9
10
11
12
13
Chiquimula
Zacapa
Jalapa
Jutiapa
Santa Rosa
Chimaltenango
Sacatepéquez
2
Gloria Catalán y Rosendo Chub
Emma Girón de Sagastume y Teodoro Ramí
rez Rosa
1
Letty Robles
1
Reyna López
1
Mildred de Florián
1
Nely Normilda Lima Lima
2
Gloria Batzín y Carlos Enrique Xocop
1
Marvin Ayala y Paulina Jiatz de Chuy
Fernando Ramos y Roberto Cuxum Gonzá
lez
Arnaldo Neftalí Norman y Greoría Vera Berm
údez
Capacitación en Matemáticas
Nivel central
Sede: Quetzaltenango (departamentos Sur-occidente)
Participantes: especialistas de USAC, UDEs y JEDEBIs
Participantes
No.
Departamento
Especialistas
Matemáticas
USAC
UDEs/JEDEBis
1
Escuintla
1
Aura Marina Chinchilla
2
Suchitepéquez
1
Ángel Cardona
3
4
Retalhuleu
Quetzaltenango
1
Eduardo Quiñonez
4
Silvio Morales y Catalina Chay
5
6
7
8
9
Totonicapán
San Marcos
Quiché
Sololá
Huehuetenango
2
4
4
3
3
Francisco Pablo y Juán Basilio Tahay.
Alba Orozco y Santos Bladimiro de León
Benito Calel y Miguel Santos Zapeta
Juan Carlos Villatoro y Salvador Petzey
Leonora Méndez y Samuel Días Sales.
versión 22 enero 2007
−212−
−213−
Alta Verapaz
Baja Verapaz
Izabal
Petén
Chiquimula
Zacapa
Jalapa
Jutiapa
Santa Rosa
Chimaltenango
Escuintla
Suchitepéquez
Retalhuleu
Sacatepéquez
Quetzaltenango
San Marcos
Totonicapán
Huehuetenango
Quiché
Sololá
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
versión 20 enero 2,007
Fuente: DDE.
Guatemala
El Progreso
1
Departamento
2
No.
273
8887
7154
408
670
360
331
553
602
191
373
158
126
143
283
309
358
206
444
113
1526
Docent
es
234
16
20
14
9
19
18
7
12
5
4
5
9
9
12
8
15
4
48
Capaci
tadores
2o.
Total docentes de 1o a 4o grado
16
26
14
10
23
24
7
15
7
5
5
13
13
12
10
18
4
51
439
929
396
374
711
766
208
458
204
167
168
432
432
380
277
617
149
1780
Docent Capaci
es
tadores
1o.
29338
6421
375
642
332
284
482
554
171
347
179
111
127
237
265
250
166
366
92
1441
Docentes
3o.
209
14
19
13
8
18
18
6
11
6
4
5
7
8
8
6
11
4
43
Capaci
tadores
229
13
17
13
7
18
15
5
7
10
12
10
4
7
4
4
8
8
8
5
9
3
42
5955
310
326
244
224
404
458
136
199
258
314
237
128
147
178
103
119
201
184
102
217
90
1376
945
204
12
13
11
6
15
14
5
6
8
10
9
5
5
5
3
5
7
7
4
8
3
43
Capaci
tadores
5o.
Capacitadores 1o a 4o
6876
339
521
316
242
432
500
157
233
285
367
311
166
178
104
111
223
251
215
146
298
86
1395
Docent Capaci Docent
es
tadores
es
4o.
Docentes y capacitadores por grado
5609
292
465
237
223
353
371
131
207
215
279
230
139
147
178
93
111
180
165
115
198
81
1199
Docent
es
199
11
14
11
7
15
12
5
6
7
10
9
5
5
5
3
5
6
7
4
8
2
42
Capaci
tadores
6o.
40902
2163
3553
1885
1678
2935
3251
994
639
758
960
1956
433
1013
864
745
1405
1638
1552
1012
2140
611
8717
Total
docentes
MINISTERIO DE EDUCACION
DICADE-DIGEBI
CONSOLIDADO DOCENTES, CAPACITADORES, ESPECIALISTAS Y COORDINADORES DE USAC
CAPACITACIÓN EN MATEMÁTICAS, 2,007.
1348
82
109
76
47
108
101
35
19
25
32
66
14
35
27
25
47
51
54
37
69
20
269
Total
capacita
dores
-USAC-
50
3
4
3
2
4
4
1
1
1
1
2
1
1
1
1
2
2
2
1
3
1
9
46
3
4
3
2
3
3
1
1
1
1
2
1
1
1
1
2
2
2
1
2
1
8
Coordinad
Especiali
ores
stas
- departame
USAC- ntales USAC-
−214−
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
No.
Chiquimula
Chiquimula
Chiquimula
Chiquimula
Chimaltenango
Chimaltenango
Chimaltenango
Baja Verapaz
Baja Verapaz
Baja Verapaz
Alta Verapaz
Alta Verapaz
Alta Verapaz
Departamento
May-06
Actualizado abril 07
Doble
N
M
Instituto Normal para
Varones de Oriente
M
Doble
Doble
M
Escuela Normal de
Maestros de Educación
Musical
E N de Maestros de
Educación Física de
Quetzaltepeque
José Luis
Soberanis Gálvez
Jorge Augusto
Hernàndez Ruiz
Onofre Barrios
Salam
31
Amelia América
De la Cruz
Delgado
20
Mirna Elizabeth
Quiroa López de
Pinto
Jeleman García
José Vicente
Reyes Solís
9
9
21
8
Jorge Machán
Atz
Sergio Ausuto
Villela Ramìrez
7
38
Rosa María
Azurdia Garavito
Agustín Ordoñez
Sipac
8
9
19
2
12
# de
docentes
Nombre de
director (a)
Jornada Unica Marcos Corazòn
Doble
M
Instituto Normal para Señ
oritas de Oriente
Escuela Normal de
Educación Física de
Chimaltenango
Escuela Normal Bilingüe
Intercultural San Martín
Jilotepeque
Escuela Normal Rural
"Dr. Pedro Molina"
Escuela Normal de
Educación Física de
Salamá
Escuela Normal Infantil y
Primaria Bilingüe
Intercultural, Rabinal
Escuela Normal Rural No.
4 Dr. Elizardo Urízar Leal
Doble
Doble
Vespertina
Instituto Normal Mixto del
Norte Emilio Rosales
Escuela Normal de
Educación Física de Alta
Verapaz
Escuela Normal Infantil
Bilingüe Intercultural,
Chisec
Jornada
Escuela Normal
47
37
350
439
166
130
889
205
47
635
63
158
972
# de alumnos
9521468
Teléfono
9400455 9402003
78391365
2da. Calle entre 11 y
12av. Zona 1, Chiquimula
6av. 4-10 zona 1,
Chiquimula
8150375
6955512 sec.
9410031-9426193
9421434
9420425
3av. "A" 2-00 zona 1,
5175460cel.
Tejar Chimaltenango
8494979casa 8490360
Barrio el Guite, Sn. Martin
Fax 8830163 Esc.
Jilotepeque (Instalaciones
8830164
Cooperativa Flor
4a. Calle 6-00 zona 1,
9420228
Chiquimula
Finca la Alameda,
Chimaltenango
2a. Av. 6-89 zona 1, Barrio 9401356 9400275
esc. 9157841cel.
Agua Caliente, Salama,
9401984 casa
B.V.
Aldea Pachalun, Rabinal Esc. 6113342 Fax Sup.
B.V.
940 2009
13 av. 7-41 zona 2
Calzada Rabina Ajau zona 9514324 9516202
11 (INJAB)
2053035 (cel.director)
Sup. 514 5597
Chisec, A.V.
5332320 muni 491
1212
3av. 6-23 zona 11, A.V.
Direcciónes
Listado de Escuelas e Institutos Normales, por departamento, directora, cantidades y teléfonos
−215−
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
No.
Escuintla
El Progreso
El Progreso
El Quiché
El Quiché
El Quiché
El Quiché
El Quiché
El Petén
El Petén
El Petén
Chiquimula
Chiquimula
Departamento
Doble
Escuela Normal de
Educación Física de
Escuintla
Mayra Lucrecia
Sollís
María Magdalena
López
Lucrecia Solís
Doble
Doble
5
Hilario Godínez
Godínez
Doble
Escuela Normal Infantil
Intercultural, Guastatoya
6
Pedro Faustino
de Paz Cobo
Doble
6
3
6
13
Lorenzo Zapeta
Itzep
Doble
23
7
Alba Luz Reinoso
Cano de Carvajal
18
Abel Arnoldo
Meza Pérez
Doble
Escuela Normal Bilingüe
Intercultural "Dr. Demetrio
Cojtí Cuxil" Sayaxché
Armando Guillén
Moro
7
Doble
Doble
E N Rural No. 5 Prof. Julio
Edmundo Rosado Pinelo
Joaquin Barrios
Sión
10
25
Doble
Escuela Normal de
Educación Física del Peté
n
Licda. Yuliza
Miranda
4
# de
docentes
David Roberto
Rivera Mota
Doble
Escuela Normal Infantil
Intercultural, Chiquimula
Juliàn Ramìrez
de Rosa
Nombre de
director (a)
Vespertina
Doble
Escuela Normal Infantil
Bilingüe Intercultural
Camotán, Chiquimula
Instituto Normal Mixto Del
Norte Juan de León
Escuela Normal de
Educación Física de El
Quiché
Escuela Normal Bilingüe
Intercultural Santa Cruz,
El Quiché
Escuela Normal Infantil
Bilingüe Intercultural,
Nebaj
Escuela Normal Infantil
Bilingüe Intercultural,
Ixcan
Escuela Normal de
Educación Física de
Guastatoya
Jornada
Escuela Normal
61
52
79
37
122
270
87
612
502
505
58
165
178
# de alumnos
9260549
Esc.779 0461 Fax
muni 755 0810
7151218 5145597
7145510 Fax Deptal.
8611995 8632094
8612003 Fax Deptal
54180676
6a. Calle 3-33 zona 5,
Santa Cruz del Quiché
Cantón Xolacul, Nebaj,
Quiché
Parcelamiento Xalbal, Ixcá
n, Quiché
Cementerio Viejo, Barrio
Las Joyas Guastatoya
Km. 54 carret. Al pacífico
en el Complejo Deportivo
8880150 8896892/93
6027726
9450361casaDra.
7181698cel. Fax
Deptal
6184884cel.
7551982casa
1a. Ave. 12-408, zona 5,
Santa Cruz del Quiche
Barrio el Golfo,
Guastatoya el Progreso
7551966 7553814
12 calle 0-36 zona 5
6187660 (Cel.Dra.)
Barrio el Centro, Sayaxch
6929615esc. Fax muni
é, Peten.
928 6301
Santa Elena, Flores Peten
(frente a Farmacia Sn.
Carlos)
79420373
10av. 3-73 zona 1,
Chiquimula
7142673cel.
5149793casa
79427427
Teléfono
Barrio el Cementerio,
Camotán Chiquimula
Direcciónes
−216−
34
35
36
37
38
39
1
1
1
1
1
1
31
1
33
30
1
1
29
1
32
28
1
1
27
1
No.
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Escuintla
Departamento
Matutina
Vespertina
Matutina
Matutina
Instituto Normal para Señ
oritas Centro América (M)
Instituto Normal para Señ
oritas Centro América (V)
Escuela Normal para Señ
oritas Belén
Instituto Normal Mixto
"Rafael Aqueche"(M)
Escuela Normal Infantil
Intercultural, Mixco
30
Virginia Mercedes
López Maldonado
Doble
9
26
Jorge Luis
Zamora Prado
Doble
Bianca Celada
8
Jorge Mateo
Mendoza Rivas
Intermedia
Matutina
16
21
16
25
10
29
37
21
5
# de
docentes
Axel Adolfo
Aceituno López
Fernando
Mauricio Ruano
Marroquín
Josefina Palacios
Castañeda de
Pur
Eva Angelina
Ramìrez de Ramì
rez
Ana Margarita
Toledo
Carlos Esaú
Chacón
Adelita Quiñónez
Sandoval de
Castillo
Emma Lidia Cruz
Ana Francisca
Cruz
Nombre de
director (a)
Matutina
Matutina
Matutina
Vespertina
Doble
Escuela Normal Infantil
Intercultural
Instituto Normal Mixto
"Rafael Aqueche" (V)
Escuela Normal Central
para Varones
E. N. para maestras de P
árvulos Alfredo Carrillo
Ramírez
E N de Maestros de Educ
Musical "Jesús Ma.
Alvarado" (M)
E N de Maestros de Educ
Musical "Jesús Ma.
Alvarado" (I)
Escuela Normal de
Maestros de Educación Fí
sica
E N para Maestras de
Educ para el Hogar
Marion G Bock
Jornada
Escuela Normal
218
450
240
65
118
413
274
160
150
447
888
397
170
# de alumnos
4720173
4330847 y 48 esc.
6199018 cel.
5a. Calle entre 4 y 4Av.
col. El castaño zona 3
mixco.
2324493
2324881
5a. Calle 6-12 zona 13
10av. 2.24 zona 1
2516651 2539022
23695249
Boulevard Vista Hermosa
16-25 zona 15
10av. 2.24 zona 1
24720491
2533274
2326422
2329609
4434315 2518431
5a. Calle 8-06 zona 13
9a. Calle 2-36 zona 1
9a. Calle 2-36 zona 1
11av. 12-20 zona 1
19 calle 2-64 zona 1
2326422 2323414
Colonia la Popular, zona
2, Escuintla
19 calle 2-64 zona 1
Teléfono
8896892esc.
6009089dra.
5958278sec. Fax
Deptal
Direcciónes
−217−
48
49
50
51
52
1
1
1
1
45
1
1
44
1
47
43
1
1
42
1
46
41
1
1
40
1
No.
Jutiapa
Jutiapa
Jalapa
Jalapa
Jalapa
Jalapa
Izabal
Izabal
Huehuetenango
Huehuetenango
Huehuetenango
Huehuetenango
Guatemala
Departamento
Doble
Doble
Matutina
Doble
Doble
Doble
Doble
Vespertina
Escuela Normal de
Educación Física de
Izabal
Escuela Normal Bilingüe
Intercultural Oxib Kej, El
Estor
Instituto Normal para Señ
oritas Centroamericano
Instituto Normal para
Varones Centroamericano
E N Regional de Oriente
Lic. Clemente Marroquín
Rojas
Escuela Normal de
Educación Física de
Jalapa
Escuela Normal de
Educación Física de
Jutiapa
Escuela Normal
Intercultural Moyuta,
Jutiapa
Miriam Lili Ixcó
Asencio
Alfonso Godoy
Najarro
Carlos Anibal
Cameros Ventura
Nery Alfredo
Portillo Martínez
Manuel Israel
Cardona
Iris Janeth
Aguirre Contreras
Gilberto Xol Chub
Miguel Salazar P
érez
4
7
9
15
33
22
8
6
8
Elfego Felipe
Osorio Monjaraz
6
Doble
Marco Tulio
Domingo Macario
13
20
Doble
Escuela Normal Infantil
Bilingüe Intercultural
Antulio Samayoa
11
# de
docentes
Everildo de Jesús
Linares Franco
Vespertina
Instituto Normal de Nor
Occidente
Oscar Dìaz
Nombre de
director (a)
Vespertina
Doble
Escuela Normal Infantil
Intercultural, Amatitlán
Instituto Normal Mixto
Alejandro Córdova
Escuela Normal de
Educación Física de
Huehuetenango
Jornada
Escuela Normal
94
104
48
156
647
615
108
78
107
753
68
444
150
# de alumnos
5102638esc.
3158441cel.
9223238casa
6102636sec.
Barrio Latino, a un
5997165cel.dir
costado de la Contraloría
4947847 6127974
gral. De cuentas
Casa 846 7027
Barrio la Reforma, Inst.
Nac. De Educación Básica Cel.Dra. 6930847 Fax
Sup. 846 7137
Moyuta, Jutiapa
Complejo Deportico,
Romeo Lucas García
5364313 8115363
4916267
9224131 6954863cel.
Calle Tránsito Rojas
Barrio Sn Francisco zona
2 Jalapa
Aldea la Campana,
Municipio Monjas, Jalapa
4163664cel. 9224268
Esc. 949 7643 Fax
Sup. 949 7484
9484943
9453475
4953875cel. 7641970
7641157 7649716
Cel.dir.801 6053 Esc.
764 1333
Telefax 7802138
6330716esc.
3089317cel. Fax sup.
633 4649
Teléfono
Av. Chipilapa 1-65 zona 2
Complejo Deportivo,
rumbo a Aldea Sto.
Tomas de Castilla
Inst. Nac. De Educación B
ásica Lic. José Guillermo
Morales Silva
Saculeu Zona 10
6av. 10-59 zona 1
Villa de Barillas,
Huehuetenango
5av. "A" Col. El Centro,
debajo de la Dirección
Deptal
2av. 7-35 amatitlán
anitguo palacio nacional
Direcciónes
−218−
64
65
66
67
68
1
1
1
1
60
1
1
59
1
63
58
1
1
57
1
62
56
1
1
55
1
61
54
1
1
53
1
No.
Santa Rosa
San Marcos
San Marcos
San Marcos
Sacatepéquez
Sacatepéquez
Sacatepéquez
Quetzaltenango
Quetzaltenango
Quetzaltenango
Quetzaltenango
Quetzaltenango
Quetzaltenango
Retalhuleu
Retalhuleu
Retalhuleu
Departamento
Vespertina
Vespertina
Doble
Doble
I N Mixto de Occidente
"Justo Rufino Barrios"
Instituto Normal Mixto
Malacatán
Escuela Normal de
Educación Física de San
Marcos
Escuela Normal de
Educación Física de
Guazacapán
Doble
Escuela Normal Infantil y
primaria bilingüe
intercultural
Doble
Vespertina
E N para Maestras de
Educación para el Hogar
Escuela Normal de
Educación Física de
Jocotenango
Matutina
Escuela Normal de
Maestros de Educación Fí
sica
Vespertina
Vespertina
Instituto Normal para Señ
oritas de Occidente
Instituto Normal para
Varones "Antonio Larrazá
bal"
Doble
Instituto Normal para
Varones de Occidente
Matutina
Doble
Escuela Normal Infantil
Intercultural, Nuevo San
Carlos
Instituto Normal para Señ
oritas "Olimpia Leal"
Doble
Escuela Normal de
Educación Física de
Retalhuleu
Doble
Matutina
Instituto Normal Mixto
"Carlos Dubón"
Escuela Normal Bilingüe
Intercultural San Juan
Ostuncalco
Jornada
Escuela Normal
Mario Roberto
Castro
Elfego
Mardoqueo Godí
nez Velásquez
Natalia López de
Chang
Hector Usbelì Vel
àsquez Gonzàlez
Jorge Darwid
Marroquín
Azurdia
6
7
17
22
8
23
27
Miriam
Sagastume de
Sosa
Walter Orlando
Monje
20
Ana Patricia
Rosales Vásquez
26
16
Rosa María
Fuentes de
Silvestre
María Salomé
Huinac Xiloj
20
27
50
5
16
34
# de
docentes
Humberto
Miranda Fuentes
Julia Aracely
Oliveros Terrosil
Eduardo Gerardí
n Sosa Tobar
Ericka Gricelda
Cordova de León
Everardo Napolé
on Villatoro
Ochoa
Carlos Conrado
Siquiná
Mazariegos
Nombre de
director (a)
77
95
652
1145
96
432
694
315
480
253
212
995
800
89
180
694
# de alumnos
Guazacapan, Santa Rosa
Col. El Maestro, Malacatá
n, Sn. Marcos
2av. Y 11 calle zona 1,
San Marcos Escuela
Oficial urbana para Niñas
Tipo Federación " Dr.
Ulices Rojas"
8749242esc.
5399180cel.
9130315casa
2132983cel.
5154431casa
7769726
77601385
8311405
4943213sect.
1a. Ave. 1a. Calle zona 3,
tope al cementerio de la
localidad, Jocotenango
10av. 8-27 zona3, San
Marcos
8320244
8325679
8320440 8323391
Esc. 294 9012- 813
5225 Fax Sup. 763
6268
Casa 768 5158 511
2501 694 7288 Fax
Sup. 763 8641
Km. 2 Carret. Sta. Ma. De
Jesús, Finca Primavera
5a. Calle Oriente # 15,
Antigua Guatemala
Barrio el Rosario zona
4,(la regional) San Juan
Ostuncalco
5a. Calle 12-60 zona 3
7650423
7650422
7650423/24esc.
7612168cel.
7636179casa
2da. 14-51 zona3,
Democracia
Quetzaltenango
0
7614615 7612303sec.
7614543
Esc. 294 1985 Fax
Sup. 771 0349
6037821 4079042cel.
7710726
Teléfono
14av. "A" 0-36 zona 1
Escuela Normal
Intercultural, Nuevo San
Carlos
Calle Rodolfo Roble 12-20
Zona 3
6a. Calle 4-30 zona 1,
Reu
3a. Calle 6-49 zona 4
Direcciónes
−219−
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
Doble
Doble
Escuela Normal Infantil
Bilingüe Intercultural,
Santa Lucia Utatlán
Escuela Normal de
Educación Física de Solol
á
Doble
Matutina
Vespertina
Doble
Matutina
Matutina
Doble
Escuela Normal de
Educación Física de
Mazatenango
Escuela Normal Rural No.
2
Escuela Normal Rural de
Occidente No. 2
E N de Educación Física
de Totonicapán
Escuela Normal de
Educación Física de
Zacapa
I N de Nor Oriente Para el
Desarrollo Ambiental
Escuela Normal Infantil
Intercultural
Matutina
Matutina
Matutina
Escuela Normal Infantil
Intercultural
Escuela Normal Infantil y
Primaria Bilingüe
Intercultural, Santiago Atitl
án
Instituto Normal "Rafael
Landívar"
Jornada
Escuela Normal
82
1
3
2
40
22
14
1222
7
9
Wenceslao de
Jesús Méndez
Casasola
Ruth Abigail Alvar
éz
13
9
14
24
Rosa Jordán
Otto Gilberto
Amado Tello
Roberto
Victoriano Pech P
érez
Pedro Nicolás
Alvarez Ixcaquic
7
26
Roel Napoleón
Rodas Díaz
Luis Alfonso Pela
éz Argueta
5
8
30
5
# de
docentes
José Manuel Pop
Tziná
Juana Nicolasá
Tzorín Ordónez
Enrique Rafael
Chiyal Tó
Solanje Marisol
Leiva
Nombre de
director (a)
Total de docentes y estudiantes en las Escuelas Normales Oficiales
Zacapa
Zacapa
Zacapa
Totonicapán
Totonicapán
Totonicapán
Suchitepéquez
Suchitepéquez
Sololá
Sololá
Sololá
Santa Rosa
Departamento
Normales de Educación Física
Normales Infantil Intercultural
Normales Educación Primaria
Normales de Párvulos
Normales Formación Musical
Normales Educ. para el Hogar
TOTAL ESCUELAS NORMALES
OFICIALES
69
1
No.
23900
79
216
143
77
290
542
123
630
77
85
173
28
# de alumnos
79414187
5107788 5140357
5a. Calle entre 16 y 17av.
Zona 1, Zacapa
Col. Banvi zona 2, Zacapa
Instituto Experimental "Jos
é Rodríguez Cerna",
9412453esc.
5085860cel.
9414262casa
6103295cel
Final zona 2, Paraje
parramon, Toto
5a. Calle 11-20 zona 1,
Zacapa
7664615
8022973director
9156602docente
5909879 Renaldo Pé
rez
Esc. 7661258 Fax
7664609
8725695
Esc. 7217357 Cel.Dir.
697 8849 Fax 721
7107
2195257 / 5988802
Fax muni 762 7070
762 7079 deptal 762
3866
7623202esc.
6129989cel.
7624774casa
78204243
Teléfono
Paraje Parramón, Zona 5,
Toto
Paraje Parramón, zona 5
Totonicapan
Campo de la Fería, Sn.
Antonio, Suchitep.
Cantón Pachichaj,
Santiago Atitlán, Sololá
Turicentro la Montaña,
Barrio San Antonio, Sololá
Lotificación Bella Vista,
Barrio el Calvario, Cuilapa
Santa Rosa
Parcelamiento El Molino
San Pedro, Cantón
Chuchexic, Sta. Lucia
Utatlán
Direcciónes
Diciembre, 2003
Listado de Escuelas e Institutos Normales, por departamento,
No.
Departamento
Escuela
Normal
5
Instituto
Normal Mixto
del Norte
Alta Verapaz Emilio Rosales
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de Alta
Alta Verapaz Verapaz
Escuela
Normal Rural
No. 4 Dr.
Elizardo Urízar
Baja Verapaz Leal
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de Salam
Baja Verapaz á
Escuela
Normal Rural
"Dr. Pedro
Chimaltenango Molina"
6
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de
Chimaltenango Chimaltenango
1
2
3
4
7
8
9
10
Escuela
Normal Bilingü
e Intercultural
San Martín
Chimaltenango Jilotepeque
Instituto
Normal para
Señoritas de
Chiquimula
Oriente
Instituto
Normal para
Varones de
Chiquimula
Oriente
Escuela
Normal de
Maestros de
Educación
Chiquimula
Musical
Jornada
Nombre de
director (a)
Vespertina
Amelia Amé
rica De la Cruz
Delgado
40
981
9521468
Doble
Luis Jacobo
Caballeros Sá
nchez
11
59
9504100
M/V
Aura Judith
Martínez de
Milián
19
334
9400455
Doble
Mario Efraín
Ampérez
Leonardo
7
25
9401356
Doble
Abraham
Coloma Flores
41
651
8391365
Doble
Rosa María
Azurdia
Garavito
10
45
M
Jorge Machán
Atz
8
33
8830163
M
Margoth Bení
tez López de
Monroy
38
313
9420228
M
Raúl Antonio
Aguirre Aguilar
37
223
9420425
N
José Vicente
Reyes Solís
9
37
−220−
# de
# de docentes alumnos
Teléfono
94100319426193
11
12
13
14
15
Chiquimula
E N de
Maestros de
Educación Fí
sica de
Quetzaltepequ
e
Doble
Julio David
Medrano
Acevedo
9
46
0
Doble
Teodoro Ramí
rez De La
Rosa
8
99
9465508
Doble
Sara
Magdalena
Alvarado Chay
10
59
6024997
7
58
9261015
Chiquimula
Escuela
Normal Bilingü
e Intercultural
Camotán,
Chiquimula
Escuela
Normal
Intercultural,
Chiquimula
El Petén
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica del Petén
Doble
Pedro Narciso
Castellanos Vá
squez
El Petén
E N Rural No.
5 Prof. Julio
Edmundo
Rosado Pinelo
Doble
Armando Guill
én Moro
14
394
9260549
Doble
Alba Luz
Reinoso Cano
de Carvajal
7
155
6926929
Vespertina
David Roberto
Rivera Mota
39
900
7551966
Abel Arnoldo
Meza Pérez
9
56
0
Juliana
Morales
Alvarez
7
84
4932258
Mario Raúl Juá
rez Vásquez
7
35
Chiquimula
16
El Petén
8
El Quiché
18
El Quiché
19
El Quiché
20
El Progreso
Escuela
Normal Bilingü
e Intercultural
"Dr. Demetrio
Cojtí Cuxil"
Sayaxché
Instituto
Normal Mixto
Del Norte Juan
de León
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de El
Quiché
Escuela
Normal Bilingü
e Intercultural
Santa Cruz, El
Quiché
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de
Guastatoya
Doble
M
Doble
−221−
25
Guatemala
26
Guatemala
27
Guatemala
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de
Escuintla
Escuela
Normal
Intercultural
Instituto
Normal para
Señoritas
Centro Amé
rica (M)
Instituto
Normal para
Señoritas
Centro Amé
rica (V)
Escuela
Normal para
Señoritas Belé
n
Instituto
Normal Mixto
"Rafael
Aqueche"(M)
Instituto
Normal Mixto
"Rafael
Aqueche" (V)
Guatemala
Escuela
Normal Central
para Varones
21
Escuintla
22
Escuintla
23
24
28
29
30
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
31
Guatemala
32
Guatemala
E. N. para
maestras de P
árvulos Alfredo
Carrillo Ramí
rez
E N de
Maestros de
Educ Musical
"Jesús Ma.
Alvarado" (M)
E N de
Maestros de
Educ Musical
"Jesús Ma.
Alvarado" (I)
Escuela
Normal de
Maestros de
Educación Fí
sica
Doble
Doble
Lucrecia Solís
Brenda Iliana
Reyes Liano
de Véliz
M
María Eugenia
Hidalgo de
Torres
21
397
2326422
Fernando
Mauricio
Ruano
Marroquín
37
888
4434315
Matutina
Josefina
Palacios Casta
ñeda de Pur
24
480
2329609
Matutina
Juan Francisco
Cruz Herrera
13
250
2326422
Vespertina
Julio Roldán
Martínez
25
160
2533274
Matutina
Arnulfo Baten
Raymundo
43
165
4720491
Matutina
Adelita Quiñó
nez Sandoval
de Castillo
21
413
3692417
Matutina
Axel Adolfo
Aceituno Ló
pez
16
118
2516651
Intermedia
Jorge Mateo
Mendoza
Rivas
8
65
2324881
Jorge Luis
Zamora Prado
26
240
2324493
Vespertina
Doble
−222−
8
48
8880150
7
42
0
E N para
Maestras de
Educ para el
Hogar Marion
G Bock
33
Guatemala
34
Instituto
Normal de Nor
HuehuetenangoOccidente
35
36
37
38
Escuela
Normal Infantil
Bilingüe
HuehuetenangoIntercultural
Instituto
Normal Mixto
Alejandro Có
Huehuetenangordova
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de
Huehuetenang
Huehuetenangoo
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de Izabal
Izabal
Matutina
Virginia
Mercedes Ló
pez Maldonado
30
450
4720173
Vespertina
Modesto de
Jesús Noriega
Ávila
28
271
7802138
Doble
William
Florencio Ramí
rez Recinos
13
22
7690082
Doble
Everildo
Linares
23
504
9
40
Doble
Aura Marina
De Paz Herná
ndez
6
45
9483413
Doble
Gilberto Xol
Chub
7
83
9497643
Matutina
Miriam
Consuelo Carí
as de Cardona
17
267
9224268
Doble
Manuel Israel
Cardona
17
155
26
136
10
35
Doble
40
Jalapa
41
Jalapa
Escuela
Normal Bilingü
e Intercultural
Oxib Kej, El
Estor
Instituto
Normal para
Señoritas
Centroamerica
no
Instituto
Normal para
Varones
Centroamerica
no
Jalapa
E N Regional
de Oriente Lic.
Clemente
Marroquín
Rojas
Doble
Nery Alfredo
Portillo Martí
nez
Jalapa
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de Jalapa
Doble
Olga Nineth
Orellana
39
42
43
Izabal
−223−
44
Jutiapa
45
Jutiapa
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de Jutiapa
Escuela
Normal
Intercultural
Moyuta,
Jutiapa
Doble
47
Matutina
37
477
Doble
Gloria Maritza
Gordillo
Estrada
8
40
10
548
7614543
34
710
7614615
Matutina
Humberto
Miranda
Fuentes
20
154
7612168
Matutina
Rosa María
Fuentes de
Silvestre
18
258
7650421
Doble
Francisco
Violeta Sam
Colop de Chuc
7
162
Ana Patricia
Rosales Vá
squez
5
56
7685158
Miriam de
Sosa
22
463
8320440
52
Escuela
Normal Bilingü
Quetzaltenangoe Intercultural
53
Escuela
Normal Bilingü
e Intercultural
San Juan
QuetzaltenangoOstuncalco
Doble
54
Instituto
Normal para
Señoritas
Sacatepéquez "Olimpia Leal"
Matutina
48
49
50
45
3
51
47
9
Miriam Lili Ixcó
Asencio
Everardo
Napoléon
Villatoro
Ochoa
Doble
Instituto
Normal Mixto
Retalhuleu
"Carlos Dubón"
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de
Retalhuleu
Retalhuleu
Instituto
Normal para
Varones de
QuetzaltenangoOccidente
Escuela
Normal para
Señoritas de
QuetzaltenangoOccidente
Escuela
Normal de
Maestros de
Educación Fí
Quetzaltenangosica
E N para
Maestras de
Educación
Quetzaltenangopara el Hogar
46
Esperanza
Barrera de
Flores
Doble
Vespertina
Eduardo
Gerardín Sosa
Tobar
Rosalba G.
Vda. De Chá
vez y César
Ovalle
−224−
81240383794141
7710726
29490128135225
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
Instituto
Normal para
Varones
"Antonio
Sacatepéquez Larrazábal"
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de
Sacatepéquez Jocotenango
I N Mixto de
Occidente
"Justo Rufino
Barrios"
San Marcos
Instituto
Normal Mixto
San Marcos
Malacatán
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de San
Marcos
San Marcos
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de
Guazacapán
Santa Rosa
Vespertina
Raúl Nájera
25
257
Doble
Jorge David
Marroquín
Azurdia
8
40
Matutina
Héctor Alfonso
López
25
776
Matutina
Natalia López
13
776
Doble
Elfego
Mardoqueo
Godínez Velá
squez
8
65
9
40
8320244
Doble
Etelinda
Ventura Cortez
de Ramírez
Sololá
Escuela
Normal
Regional de
Occidente
Santa Lucía
Utatlán
Doble
Enrique Rafael
Chiyal Tó
46
330
2195257
Sololá
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de Sololá
Doble
José Sicay
Pacay
7
25
7623866
Sololá
Escuela
Normal Bilingü
e Intercultural
Santiago Atitlá
n
Matutina
José Miguel
Pop Tziná
4
28
7104332
Matutina
Roel Napoleón
Rodas Díaz
28
72
8725695
Angela
Lucrecia
Letona Motta
9
50
Instituto
Normal "Rafael
Suchitepéquez Landívar"
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de
Suchitepéquez Mazatenango
Doble
−225−
66
67
68
69
Totonicapán
Totonicapán
Totonicapán
Zacapa
70
Zacapa
71
Zacapa
Escuela
Normal Rural
No. 2
Escuela
Normal Rural
de Occidente
No. 2
E N de
Educación Fí
sica de
Totonicapán
Escuela
Normal de
Educación Fí
sica de Zacapa
I N de Nor
Oriente Para el
Desarrollo
Ambiental
Escuela
Normal
Intercultural
Matutina
Otto Gilberto
Amado Tello
18
487
7661258
Vespertina
Roberto
Victoriano
Pech Pérez
16
173
7664615
Doble
Einar Rolando
Amézquita
Hernández
9
40
7661332
Doble
Carlos Leonel
Paz Vargas
13
115
0
9
180
9414187
7
31
5107788
1199
16306
Matutina
Doble
Wenceslao de
Jesús Méndez
Casasola
Edna Lisbeth
Torres
Perdomo
centes en las Escuelas Normales Oficiales
−226−
−227−
Chiquimula
Chiquimula
El Petén
El Petén
El Quiché
El Quiché
Guatemala
8
9
10
11
12
13
14
Chimaltenango
5
Chiquimula
Baja Verapaz
4
7
Alta Verapaz
3
Chimaltenango
Alta Verapaz
2
6
Alta Verapaz
Departamento
1
No.
Vespertina
Instituto Normal Mixto Del Norte
Juan de León
Matutina
Doble
Doble
Escuela Normal Bilingüe Intercultural
"Dr. Demetrio Cojtí Cuxil" Sayaxché
Escuela Normal Bilingüe
Intercultural Santa Cruz, El Quiché
Instituto Normal para Señoritas
Centro América (M)
Doble
N
M
M
M
Doble
M
Doble
Doble
Vespertina
Jornada
E N Rural No. 5 Prof. Julio
Edmundo Rosado Pinelo
Escuela Normal Bilingüe
Intercultural San Martín Jilotepeque
Instituto Normal para Señoritas de
Oriente
Instituto Normal para Varones de
Oriente
Escuela Normal de Maestros de
Educación Musical
Escuela Normal Infantil Bilingüe
Intercultural, Chisec
Escuela Normal Rural No. 4 Dr.
Elizardo Urízar Leal
Escuela Normal Rural "Dr. Pedro
Molina"
Instituto Normal Mixto del Norte
Emilio Rosales
Escuela Normal de Educación Fí
sica de Alta Verapaz
Escuela Normal
Emma Lidia Cruz
Lorenzo Zapeta Itzep
21
13
25
23
Alba Luz Reinoso Cano de
Carvajal
David Roberto Rivera Mota
18
9
21
20
8
38
19
2
12
31
# de
docentes
Armando Guillén Moro
José Vicente Reyes Solís
Jorge Machán Atz
Mirna Elizabeth Quiroa López
de Pinto
Sergio Ausuto Villela Ramì
rez
Agustín Ordoñez Sipac
Onofre Barrios Salam
Jorge Augusto Hernàndez
Ruiz
Amelia América De la Cruz
Delgado
Nombre de director (a)
397
270
612
502
505
37
350
439
166
889
635
63
158
972
# de
alumnos
7551966 7553814
19 calle 2-64 zona 1
2326422 2323414
6a. Calle 3-33 zona 5, Santa Esc.779 0461 Fax muni
Cruz del Quiché
755 0810
12 calle 0-36 zona 5
Barrio el Centro, Sayaxché,
Peten.
9260549
Santa Elena, Flores Peten
(frente a Farmacia Sn.
Carlos)
6187660 (Cel.Dra.)
6929615esc. Fax muni
928 6301
9420425
9410031-9426193
9421434
9420228
Fax 8830163 Esc.
8830164
78391365
9400455 9402003
Sup. 514 5597 5332320
muni 491 1212
9521468
9514324 9516202
2053035 (cel.director)
Teléfono
6av. 4-10 zona 1, Chiquimula
2da. Calle entre 11 y 12av.
Zona 1, Chiquimula
Barrio el Guite, Sn. Martin
Jilotepeque (Instalaciones
Cooperativa Flor
Chimalteca).
4a. Calle 6-00 zona 1,
Chiquimula
13 av. 7-41 zona 2
Finca la Alameda,
Chimaltenango
Chisec, A.V.
3av. 6-23 zona 11, A.V.
Calzada Rabina Ajau zona
11 (INJAB)
Direcciónes
Listado de Escuelas e Institutos Normales, por departamento, directora, cantidades y teléfonos
May-06
−228−
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Guatemala
Huehuetenango
Huehuetenango
Izabal
Jalapa
Jalapa
Jalapa
Retalhuleu
Quetzaltenango
Quetzaltenango
Quetzaltenango
Quetzaltenango
Sacatepéquez
Sacatepéquez
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
Matutina
Escuela Normal de Maestros de
Educación Física
Escuela Normal Bilingüe
Intercultural San Juan Ostuncalco
Instituto Normal para Señoritas
"Olimpia Leal"
Instituto Normal para Varones
"Antonio Larrazábal"
Vespertina
Vespertina
Matutina
Doble
Doble
Matutina
Doble
Doble
Matutina
Doble
Vespertina
Vespertina
Matutina
Vespertina
Matutina
Matutina
Vespertina
Instituto Normal para Varones
Centroamericano
E N Regional de Oriente Lic.
Clemente Marroquín Rojas
Instituto Normal Mixto "Carlos Dubó
n"
Instituto Normal para Varones de
Occidente
Instituto Normal para Señoritas de
Occidente
Escuela Normal Bilingüe
Intercultural Oxib Kej, El Estor
Instituto Normal para Señoritas
Centroamericano
Instituto Normal de Nor Occidente
Instituto Normal Mixto Alejandro Có
rdova
Instituto Normal para Señoritas
Centro América (V)
Escuela Normal para Señoritas Bel
én
Instituto Normal Mixto "Rafael
Aqueche"(M)
Instituto Normal Mixto "Rafael
Aqueche" (V)
Escuela Normal Central para
Varones
Walter Orlando Monje
Miriam Sagastume de Sosa
Ana Patricia Rosales Vá
squez
Humberto Miranda Fuentes
Julia Aracely Oliveros Terrosil
Nery Alfredo Portillo Martínez
Everardo Napoléon Villatoro
Ochoa
Eduardo Gerardín Sosa
Tobar
Manuel Israel Cardona
Iris Janeth Aguirre Contreras
Gilberto Xol Chub
Antulio Samayoa
Everildo de Jesús Linares
Franco
Carlos Esaú Chacón
Ana Margarita Toledo
Fernando Mauricio Ruano
Marroquín
Josefina Palacios Castañeda
de Pur
Eva Angelina Ramìrez de
Ramìrez
23
27
20
20
27
50
34
15
33
22
8
20
13
16
25
10
29
37
432
694
315
212
995
800
694
156
647
615
108
753
444
274
160
150
447
888
Barrio el Rosario zona 4,(la
regional) San Juan
Ostuncalco
5a. Calle Oriente # 15,
Antigua Guatemala
Km. 2 Carret. Sta. Ma. De
Jesús, Finca Primavera
2da. 14-51 zona3,
Democracia Quetzaltenango
14av. "A" 0-36 zona 1
3a. Calle 6-49 zona 4
Calle Rodolfo Roble 12-20
Zona 3
Calle Tránsito Rojas Barrio
Sn Francisco zona 2 Jalapa
Aldea la Campana, Municipio
Monjas, Jalapa
8320440 8323391
8320244
8325679
Casa 768 5158 511
2501 694 7288 Fax
Sup. 763 8641
7650423/24esc.
7612168cel.
7636179casa
7614615 7612303sec.
7614543
7710726
9224131 6954863cel.
5364313 8115363
4916267
4163664cel. 9224268
Esc. 949 7643 Fax Sup.
949 7484
Av. Chipilapa 1-65 zona 2
7641157 7649716
6av. 10-59 zona 1
Telefax 7802138
24720491
2533274
2326422
2329609
4434315 2518431
Inst. Nac. De Educación Bá
sica Lic. José Guillermo
Morales Silva
5a. Calle 8-06 zona 13
Villa de Barillas,
Huehuetenango
9a. Calle 2-36 zona 1
9a. Calle 2-36 zona 1
11av. 12-20 zona 1
19 calle 2-64 zona 1
−229−
San Marcos
Sololá
Suchitepéquez
Totonicapán
Totonicapán
Zacapa
34
35
36
37
38
39
Escuela Normal Rural No. 2
Escuela Normal Rural de
Occidente No. 2
I N de Nor Oriente Para el
Desarrollo Ambiental
Matutina
Vespertina
Matutina
Matutina
Doble
Escuela Normal Infantil Bilingüe
Intercultural, Santa Lucia Utatlán
Instituto Normal "Rafael Landívar"
Vespertina
Vespertina
Instituto Normal Mixto Malacatán
I N Mixto de Occidente "Justo
Rufino Barrios"
Otto Gilberto Amado Tello
Roberto Victoriano Pech Pé
rez
Wenceslao de Jesús Méndez
Casasola
Roel Napoleón Rodas Díaz
Enrique Rafael Chiyal Tó
Natalia López de Chang
Hector Usbelì Velàsquez
Gonzàlez
Total de docentes y estudiantes en las Escuelas Normales Oficiales
San Marcos
33
831
9
14
24
26
30
17
22
18427
216
290
542
630
173
652
1145
7769726
77601385
Paraje Parramón, zona 5
Totonicapan
Paraje Parramón, Zona 5,
Toto
5a. Calle entre 16 y 17av.
Zona 1, Zacapa
79414187
7664615
8725695
Esc. 7661258 Fax
7664609
Parcelamiento El Molino San 2195257 / 5988802 Fax
Pedro, Cantón Chuchexic,
muni 762 7070 762
Sta. Lucia Utatlán
7079 deptal 762 3866
10av. 8-27 zona3, San
Marcos
Col. El Maestro, Malacatán,
Sn. Marcos
MINISTERIO DE EDUCACION
DICADE
Establecimientos que imparten la carrera de
Magisterio de Educación Primaria
No. Departamento
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
Alta Verapaz
Baja Verapaz
Chimaltenango
Chiquimula
El Progreso
El Quiché
Escuintla
Guatemala
Huehuetenango
Izabal
Jalapa
Jutiapa
Petén
Quetzaltenango
Retalhuleu
Sacatepéquez
San Marcos
Sololá
Sta. Rosa
Suchitepéquez
Totonicapan
Zacapa
TOTAL
Oficiales
Privados
1
3
3
2
17
6
5
5
2
16
15
74
22
8
5
24
14
19
2
6
16
9
10
15
2
2
294
4
7
2
3
2
4
1
2
2
1
1
3
1
42
−230−
Por
Municipales cooperativa
2
2
2
5
3
2
1
1
1
1
8
1
1
3
6
4
10
2
4
2
1
3
49
TOTAL
20
9
8
9
7
25
17
82
25
9
11
31
21
23
3
8
29
12
14
18
6
6
393
MINISTERIO DE EDUCACION
DICADE
CUADRO RESUMEN
ANEXO 1
PEI APROBADOS CON ENMIENDAS LISTA DEFINITIVA
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
Departamento
Guatemala
El Progreso
Sacatepéquez
Chimaltenango
Escuintla
Sta. Rosa
Sololá
Totonicapan
Quetzaltenango
Suchitepéquez
Retalhuleu
San Marcos
Huehuetenango
El Quiché
Baja Verapaz
Alta Verapaz
Petén
Izabal
Zacapa
Chiquimula
Jalapa
Jutiapa
Oficiales
Privados
7
Municipales
43
1
3
5
11
6
7
1
14
12
2
9
20
12
4
10
12
5
2
4
1
15
199
2
2
1
2
4
1
1
2
2
3
2
1
2
1
2
3
38
Por cooperativa
0
0
5
2
2
1
2
1
7
2
3
2
1
2
1
3
2
1
6
37
1
7
TOTAL ANEXO 1
50
6
5
7
13
8
8
4
18
15
3
19
22
20
6
13
17
6
6
8
5
22
281
MINISTERIO DE EDUCACION
DICADE
CUADRO RESUMEN
ANEXO 2
ESTABLECIMIENTOS QUE NO RECIBIERON PEI
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
Departamento
Guatemala
El Progreso
Sacatepéquez
Chimaltenango
Escuintla
Sta. Rosa
Sololá
Totonicapan
Quetzaltenango
Suchitepéquez
Oficiales
Privados
Municipales
Por cooperativa
TOTAL ANEXO 2
1
1
2
2
1
1
−231−
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
Retalhuleu
San Marcos
Huehuetenango
El Quiché
Baja Verapaz
Alta Verapaz
Petén
Izabal
Zacapa
Chiquimula
Jalapa
Jutiapa
1
1
1
1
1
1
7
−232−
MINISTERIO DE EDUCACION
DICADE
CUADRO RESUMEN
ANEXO 3
ESTABLECIMIENTOS QUE NO PRESENTARON PEI Y TIENEN APROBADO MAGISTERIO
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
Departamento
Guatemala
El Progreso
Sacatepéquez
Chimaltenango
Escuintla
Sta. Rosa
Sololá
Totonicapan
Quetzaltenango
Suchitepéquez
Retalhuleu
San Marcos
Huehuetenango
El Quiché
Baja Verapaz
Alta Verapaz
Petén
Izabal
Zacapa
Chiquimula
Jalapa
Jutiapa
Oficiales
Privados
Municipales
22
1
3
1
1
1
4
2
2
1
3
2
5
1
1
2
7
2
1
4
5
−233−
Por cooperativTOTAL ANEXO 3
23
1
3
1
4
2
4
1
3
2
3
2
2
2
3
8
1
1
3
7
2
1
0
0
1
2
7
5
83
1
MINISTERIO DE EDUCACION
DICADE
CUADRO RESUMEN
ANEXO 5
ESTABLECIMIENTOS QUE PRESENTARON PROYECTO, NO RECOGIERON
Y NO TIENEN AUTORIZADA LA CARRERA
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
Departamento
Guatemala
El Progreso
Sacatepéquez
Chimaltenango
Escuintla
Sta. Rosa
Sololá
Totonicapan
Quetzaltenango
Suchitepéquez
Retalhuleu
San Marcos
Huehuetenango
El Quiché
Baja Verapaz
Alta Verapaz
Petén
Izabal
Zacapa
Chiquimula
Jalapa
Jutiapa
Oficiales
Privados
Municipales
Por cooperativa TOTAL ANEXO 4
1
1
1
1
1
1
1
1
4
−234−
MINISTERIO DE EDUCACION
DICADE
CUADRO RESUMEN
ANEXO 6
NUMERO DE ESTABLECIMIENTOS POR DEPARTAMENTO
JORNADAS INTERMEDIA Y NOCTURNA
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
Departamento
Guatemala
El Progreso
Sacatepéquez
Chimaltenango
Escuintla
Sta. Rosa
Sololá
Totonicapan
Quetzaltenango
Suchitepéquez
Retalhuleu
San Marcos
Huehuetenango
El Quiché
Baja Verapaz
Alta Verapaz
Petén
Izabal
Zacapa
Chiquimula
Jalapa
Jutiapa
Oficiales
Privados
Municipales
Por cooperativa TOTAL ANEXO 4
1
1
2
1
2
1
4
−235−
付属資料11.議事録
グアテマラ算数指導力向上プロジェクト(GUATEMATICA)
La Metodología de GUATEMATICA y Sus Impactos
議事録
日時:2007 年 7 月 26 日(木)11:00-14:00
場所:Holiday Inn Hotel
参加機関:CIDA, Fundación Novela, SEPREDI, FUNCAFE, USAC, USAID, UVG & SEGEPLAN
1. Fundación Novela (Novela 財団):
・ GUATEMATICA 教材を使い始めてから1年になる。幼稚園から 3 年生の子どもまで同教材を
使用している。また、教員のトレーニングも行っている。197 校で 460 人の教員のトレーニン
グを行い、14,500 人の児童に対し教材を配布した。教員のスキル向上のために年間 8 日、8 時
間/日の訓練を行っている(すべて GUATEMATICA 以外の教材配布やトレーニングも含んだ
数字)。
・ 87%の教員がトレーニングによって態度に変容が見られるようになった。
・ 地方の教員は読解力がないという問題があるため、教員と児童両方のために読解力向上のため
の時間も設けている。
2. SEPREDI (NGO: CIDA による支援):
・ CIDA からの委託で、チキムラ県において算数分野の学力向上のための活動を行っており、
その一環として GUATEMATICA の教材を使用している。
・ 1-3 年生と幼稚園の教員に対して指導書を、また、児童に対しては作業帳を配布している。
・ 366 人の小学校教員と 119 人の幼稚園教諭に対して指導方法についての訓練を施した。
・ プロジェクトの効果として、対象校以外からも教材利用について教員からの要望があったこ
と、訓練を受けた教員が科学的な思考ができるようになったことが挙げられる。
・ しかしながらこの方法の限界としては、教員たちの算数の学力そのものが低いことが挙げら
れる。
3.FUNCAFE (NGO: CIDA による支援):
・ GUATEMATICA の教材について地方の 72 校に配布した。対象は幼稚園 3 園、1-3 年生まで
である。
・ 教員や教員のサークルに対しても訓練を施した。
4.USAC (サンカルロス大学):
・ 小学校教員に対して直接トレーニングを行っている。これまで 16,000 人に対して実施した。
・ これまで公立校に対してだけトレーニングを実施してきたが、私立校からもリクエストがあ
る。
236
−236−
GUATEMATICA の長所:
・ 系統だっており、毎日の学習計画が明確である。達成目標、評価方法、児童自身による自己
評価方法が示してある。
・ これまでグアテマラではほぼ忘れ去られていた幾何学についてもすべての学年について含ま
れている。マヤ算数を含んでいる点も評価できる。
・ 教員や子どもたちが、授業に積極的に参加するようになった。
・ 他民族的な国民性を考慮している。
・ 教材にブロックなどを使うことで子どもが楽しみながら覚えることができる。
GUATEMATICA の短所:
・ 算数の歴史について触れられていない。
・ スタンダードと整合性がとれていない部分がある(例えば確率が抜けている)。
・ 先生に算数力がなく、指導書についていけない。
・ 教材にミスプリントが多い。
リスク:
・ 学校の校長が、GUATEMATICA がスタンダード等と必ずしも整合性がとれていないため、
積極的に採用しない可能性がある。
・ 参加型の授業形態はともすると授業中に求められる規律にそぐわないものであるとの誤解
が生まれる可能性がある。
5.UVG (バジェ大学):
・ UVG はソロラ県において、ジェンダーと民族の平等を目指すプロジェクトを実施している。
その一環として教員訓練、教員・児童に対する教材配布、校長に対するワークショップ、保
護者への啓発活動を実施している。
・ 技師が対象校を訪問し、これらの活動を行っている。各教員は技師により、5 回ずつ訪問を
受ける。
・ GUATEMATICA の教材を使用した学校とそうでない学校とで算数と国語の学力試験を実施
したところ、国語では差がなかったのに算数については GUATEMATICA 使用校のほうが高
かった。
・ GUATEMATICA の教材使用後、子どもたちが授業に積極的に参加するようになった。教員
たちの算数の授業への意欲が向上した。
6.USAID (米国国際開発庁):
・ USAID は教育省に対し、スタンダードの策定支援を行っている。GUATEMATICA をスタン
ダードやカリキュラムの変更の際の参考にしている。
・ スタンダードやカリキュラムの策定の際には、“Curriculum designer”というソフトウェアを使
用している。トピックごとに、トピックの目的、所要時間、順序、GUATEMATICA を含む
参考資料が表示される。
・ プロジェクトに対する提言として、カリキュラムやスタンダードにはあるのに、
GUATEMATICA にはない科目や、分数など異なった学年の教科書に掲載されている科目が
237
−237−
あるので、より整合性をとる必要があることが挙げられる。
7.SEGEPLAN (大統領府企画庁):
GUATEMATICA の長所:
・ プロジェクト外へのプロジェクト効果の普及や他の機関との連携という点で、教育省に大き
なインパクトをもたらした。
・ 児童のニーズに合致した指導法である。
・ 他民族性に配慮している。
・ 国定教材となった。
・ 結果として、教員や児童の意欲にプラスの変化がみられた。
GUATEMATICA の短所:
・ 短所というよりも、教員の学力の問題がある。教員は指導法について理解していない。
・ カリキュラムに合致していない内容がある。
・ 教材内容にミスが多い。
・ 教員自身の評価も考慮されていなければならない。
238
−238−
ダウンロード

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4 Page 5 Page 6 Page 7 ANEX。 ーV ー