動画像マルチキャスト通信に
おける統合化資源割当制御
大阪大学 大学院基礎工学研究科 情報数理系専攻
M2 宮原研究室
山下 岳人
2001 / 07 / 05
CQ研究会
1
動画像通信におけるQoS
Multimedia
Information
System Lab.
動画像
品質
動画像の
符号化
動画像の
復号化
動画像転送
サーバ
クライアント
Network
実時間符号化
実時間復号化
情報の損失率
遅延
2001 / 07 / 05
CQ研究会
2
動画像通信のためのQoS保証
 ネットワークにおけるQoS保証
Multimedia
Information
System Lab.
 帯域予約型ネットワークによる帯域割当
 エンドシステムにおけるQoS保証
 リアルタイムOSによるCPU資源割当
 利用可能な資源量は有限
 各資源間にはトレードオフが存在
2001 / 07 / 05
CQ研究会
3
公平な資源割当
Multimedia
Information
System Lab.
クライアントCPU資源量
サーバCPU資源量
CPU
余って
いる
等分
資源割当
再生
できな
い
サーバ
ボトルネックリンク
再生
できな
い
クライアント
2001 / 07 / 05
CQ研究会
4
統合化資源割当
Multimedia
Information
System Lab.
クライアントCPU資源量
サーバCPU資源量
サーバ
圧縮率を上げる→
処理負荷増大、帯域減少
圧縮率を下げる→
処理負荷軽減、帯域増大
CPU資
源量に
応じた
動画像
を再生
できる
ボトルネックリンク
クライアント
2001 / 07 / 05
CQ研究会
5
ユーザ効用の総和を最大化する
統合化資源割当制御
各クラスタの効用
U i  Benefiti / Cost i
利得(動画像品質)
Multimedia
Information
System Lab.
各割当資源にかかるコスト
maximize i Ui
k
l
free
BWi

Z
(
i
,
l
)

BW
(
l
)
i
k
i BWi  BWi free
free
Si

S
i
k
i, j Ci  Cij free
2001 / 07 / 05
CQ研究会
6
統合化資源割当制御手法の概要
Multimedia
Information
System Lab.
 クラスタリング
 共有資源の負荷軽減
 マルチキャストツリー
 利用リンク数,帯域を抑えたツリーを生成
 資源割当
 効用,利得,コスト関数の定義
 セッション単位で効用を最大化する資源割当制御
2001 / 07 / 05
CQ研究会
7
資源割当制御手順
サービス内容ブロードキャスト
Multimedia
Information
System Lab.
利用可能
資源量通知
2001 / 07 / 05
CQ研究会
8
資源割当制御手順
Multimedia
Information
System Lab.
Maximize
ΣUi
資源割当計算
クラスタリング
2001 / 07 / 05
CQ研究会
9
クラスタリング
Multimedia
Information
System Lab.
 サーバおよびネットワークの負荷を軽減す
るために,同様の資源状況にあるクライア
ントを集約
 各クライアントの利用可能なCPU資源量
を基準
 k-平均クラスタリングアルゴリズム
2001 / 07 / 05
CQ研究会
10
マルチキャストツリー生成
Multimedia
Information
System Lab.
 クラスタリングにより決定されたクラスタごとに
マルチキャストツリーを生成
 特定のノードに対するMinimum Spanning
Treeを生成 (Steiner Tree 問題)
 単純なアルゴリズムで近似解を得るLCMアルゴ
リズム
[11]
を利用
[11] A. Shaikh, S. Lu, and K. Shin, “Localized multicast routing,” in Proceedings of IEEE
GLOBECOM ’95, pp. 1352 – 1356, November 1995
2001 / 07 / 05
CQ研究会
11
効用関数の定義
Multimedia
Information
System Lab.
 各クラスタの効用
クラスタi の効用
U i  Benefiti /Cost i
得られる動画像品質
(量子化スケールQ)
で表される利得
Benefit i  Qmax
最大化
2001 / 07 / 05
各割当資源にかかるコスト
2
帯域コスト
i
Cost  {
}
2
 {サーバCPUコスト }
/Q
2
 {クライアントCPUコスト}
各資源を考慮した効率的な資源割当
CQ研究会
12
動画像と必要資源量の関係

log4
帯域 BW ( R, Q, F , G)  3.1



S  SG
R
F
640  480 30
GoP構成のみから予測可能
クライアントCPU


  F
    2  BWbase
Q Q  30

SNR解像度およびGoP構成から予測可能
サーバCPU

R
640480
Multimedia
Information
System Lab.
NP
NB 
R
F

C  BW  40   870 


N
N  640  480 30

帯域に比例,GoP構成により増減
2001 / 07 / 05
CQ研究会
13
効用を最大化する資源割当制御
Multimedia
Information
System Lab.
maximize i Ui
k
l
1.
k
 BWi  Z (i, l )  BW (l )
i
i BWi  BWi free
free
2.
3.
k
free
Si

S

i
i, j Ci  Cij free
2001 / 07 / 05
4.
サーバCPU資源を各クラスタへ
均等割当
クラスタごとに利用可能な資源
量の範囲内で資源割当を決定
余剰資源をそれによる効用の
増分の最も大きいクラスタへ追
加配分し,再び資源割当を計算
する
どのクラスタの効用も上がらなく
なるか余剰資源が生じなくなる
まで3を繰り返す
CQ研究会
14
評価ネットワーク
S
リンク数26
ノード数10
クライアント数7
25,000
Multimedia
Information
System Lab.
(2.2)
(3.4)
(2.5)
(1.7)
360
C0
(2.6)
(3.4)
(2.2)
(2.1)
350
C3
2001 / 07 / 05
(3.0)
(1.9)
(2.4)
(2.5)
(1.4)
(2.5)
(3.4)
(1.9)
(2.3)
378
(2.0) 2.49
C4
C2
(1.8)
(2.6)
C1
(2.3)
346
(1.9)
(2.0)
(2.1)
C5 199
CQ研究会
(1.5)
(3.1)
C6 234
15
資源割当結果1
S
25,000
Multimedia
Information
System Lab.
(2.2)
k=1
(3.4)
(2.5)
(1.7)
3.60
C0
(2.6)
(3.4)
(2.2)
(2.1)
3.50 C3
2001 / 07 / 05
(3.0)
(1.9)
(2.4)
(2.5)
(1.4)
(2.5)
(3.4)
(1.9)
(2.3)
(2.6)
C1
(2.3)
(2.0) 2.49
3.78 C4
3.46
(1.9)
(2.0)
(1.8)
(1.5)
(2.1)
C5 1.99
CQ研究会
C2
(3.1)
C6 2.34
16
資源割当結果2
S
25,000
Multimedia
Information
System Lab.
(2.2)
k=7
(3.4)
(2.5)
(1.7)
3.60
C0
(2.6)
(3.4)
(2.2)
(2.1)
3.50 C3
2001 / 07 / 05
(3.0)
(1.9)
(2.4)
(2.5)
(1.4)
(2.5)
(3.4)
(1.9)
(2.3)
(2.0) 2.49
3.78 C4
C2
(1.8)
(2.6)
C1
(2.3)
3.46
(1.9)
(2.0)
(2.1)
C5 1.99
CQ研究会
(1.5)
(3.1)
C6 2.34
17
評価結果
クラスタ
No.
k=1
効用 / 動画像品質 (クライアント数)
k=2
k=3
k=4
k=5
k=6
Multimedia
Information
System Lab.
k=7
1
4.36 / 40 1.83 / 40 0.87 / 40 0.51 / 40 0.22 / 40 0.16 / 40 1.14 / 40
(7)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
2
3.62 / 20 3.62 / 20 2.32 / 24 1.76 / 32 0.82 / 32 0.78 / 40
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
3
2.53 / 28 2.07 / 32 0.24 / 40 1.34 / 24
(1)
(1)
(1)
(1)
1.17 / 16 0.93 / 20 1.89 / 32
(1)
(1)
(1)
2.39 / 24 0.69 / 28
(1)
(1)
0.17 / 40
(1)
4
5
6
7
効用の
合計
4.36
5.45
7.02
6.07
5.54
5.07
0.79 / 40
(1)
0.10 / 40
(1)
0.10 / 40
(1)
0.92 / 32
(1)
1.12 / 40
(1)
4.95
18
まとめ
Multimedia
Information
System Lab.
 資源予約型の動画像マルチキャスト通信シス
テムにおいて,統合的な資源割当制御手法を
提案した.
 ユーザごとに資源環境の異なるネットワーク
モデルを用いて提案手法の評価を行い有効
性を示した.
今後の課題
 分散型資源割当制御
 複数サーバによる負荷分散
2001 / 07 / 05
CQ研究会
19
利得,コスト各関数の定義

Benefit i  Qmax / Qi  mi

帯域 2
Cost i  { }
コスト
 帯域コスト
サーバCPU 2
 { コスト }
BWi / BWi
free
Multimedia
Information
System Lab.
クライアントCPU2
{
}
コスト
 ni 100
 Si / S 100
1
free
 クライアントCPUコスト
C
/
C

100

i
ij
mi j
 サーバCPUコスト
2001 / 07 / 05
free
CQ研究会
20
ダウンロード

動画像通信における ユーザ効用最大化を実現する 資源割当制御の実装