3.写真・CAD図面について
成果品のファイル形式

委託業務
委託業務
管理ファイル
成果品
ファイル形式
業務管理ファイル
XML
各フォルダ管理ファイル
XML
文書ファイル等
図面ファイル
オリジナル形式
doc・jtd・xls等
pdf形式
pdf
オリジナル形式
dxf・dwg等
sxf形式
p21又はsfc
写真ファイル

jpg形式
工事
工事
管理ファイル
成果品
ファイル形式
工事管理ファイル
XML
各フォルダ管理ファイル
XML
文書ファイル等
オリジナル形式
doc・jtd・xls等
図面ファイル
オリジナル形式
dxf・dwg等
sxf形式
p21又はsfc
写真ファイル
jpg形式等
2
3-1.写真ファイルについて
写真ファイルの留意事項 1/2

写真編集等
写真の編集については改ざんをしないよう、「デジ
タル写真管理情報基準(案)」により、以下のように
編集を認めないこととなっています。
写真の信憑性を考慮し、写真編集は認めない。
デジタル写真管理情報基準(案) 平成18 年1月 国土交通省より
4
写真ファイルの留意事項 2/2

有効画素数
有効画素数は100万画素程度。
300万画素や400万画素等の高画素数のデジタ
ルカメラを使用し、高画質で写真を撮影した場合、
写真ファイル容量が大きくなり、電子媒体が複数枚
になるとともに、操作性も低くなるので、黒板の文字
及び撮影対象が確認できる100 万画素程度で撮影
して下さい。
5
3-2.CAD図面のファイル形式について
ここではCAD図面のファイル形式(SXF
形式)について説明します。
SXFの概要 (1/2)

SXF仕様とは
 SXFとは,Scadec data eXchange Formatの略で,「C
ADデータ交換標準開発コンソーシアム(SCADEC)」で開
発された,異なるCADソフト間でのデータ交換を実現する
標準フォーマットです
 国際規格であるISO/STEP/AP202に準拠しています
 2002年度改訂版の国土交通省CAD製図基準(案)でCA
Dデータ交換標準フォーマットと明記されました

レベル1~4に分けて開発されてきた
【レベル1】
画面(紙媒体)上で、図面表示が正確に再現できる
【レベル2】
2次元CADデータの要求を十分満たし、再利用時における使い勝手が確保され
ている
【レベル3】
レベル4の仕様策定過程で必要な幾何部分の仕様が策定されている
【レベル4】
ISO10303-202(STEP/AP202)の製図機能だけでなく、建設分野特有の情報も
付け加えた、3次元も対象とするプロダクトデータの利用が出来る
7
SXFの概要 (2/2)

性能はフィーチャで表現されます
 フィーチャとは,SXF仕様で規定する図面データ構造を構
成する要素のことをいい,データの交換はこのフィーチャ
単位で行われます

SXFのファイル形式は2種類
 P21形式
国際標準であるISO規格に準拠しています
 SFC形式
簡易な形式で、国際規格に準拠していません
P21形式よりもファイル容量が小さくなります
8
SXFの導入意義

SXF開発の背景
 公共事業の電子納品には、特定のCADに依存しない中
間ファイル形式が必要
 CADデータの電子納品には、さまざまなCAD間でのデー
タ交換が行えることが必要
 WTO協定により、国際規格に準拠したデータ形式の利用
が必要

SXFの必要性
 公共事業における受発注者間の図面データ交換は、特
定のCADソフトウェアに依存しないファイル形式で行う必
要がある
 長期保存できる
 正確なデータ再現ができる
9

CAD図面の作成の際の留意事項等については
次回の講座(第4回講座)にて説明いたします。
10
ダウンロード

3. 国土交通省策定の電子納品に関する基準の説明と県の電子納品運用