浅間総合病院小児科の紹介
• 浅間病院小児科は、一般(病院)小児科として機能しています。
• 浅間総合病院の診療圏は、佐久市北部、北佐久郡および小諸
市の患者さんが中心です。
小児科外来患者数/入院患者数(平成21年度)
• 外来患者数は平均79.6人/日
• 一般小児科入院数は平均10.1人/日
• 新生児入院数は平均9.6人/日
• 一般小児科入院疾患:肺炎、気管支炎、胃腸炎、脱水、熱性け
いれん、川崎病、ネフローゼ症候群、髄膜炎、特発性血小板減
少性紫斑病他
• 新生児入院疾患:一過性多呼吸、初期嘔吐、GBS感染症疑い、
黄疸他 (平成21年度の分娩数は782例)
Dr重野
小児科医長
Dr澤井
診療部長(兼)
小児科医長
浅間総合病院
小児科スタッフ一同
2010年4月から
常勤3人体制です。
Dr松崎
信州大学
循環器外来主任
月曜日
循環器外来担当
Dr中沢
小児科医長
Dr竹岡
さくらこどもクリニック院長
木曜日
一カ月健診担当
-病院完結型から地域完結型医療へ佐久地域 連携ネットワーク構想(案)
地域開業医
浅間総合病院
一次時間外診療
地域小児科センター
(NICU+救急)
小児科医10~人
数年後、佐久病院基幹医療
センター開設の予定
一般(病院)小児科
4~8人
中核病院
信州大学病院、こども病院
小児科地域連携の実際
長野県立こども病院
脳炎
インフルエンザ肺炎
Hib髄膜炎
ドクターヘリ
けいれん重積
心疾患児のRS感染症
信州大学小児科
#ナッツ誤嚥
#腎不全
浅間総合病院
国立長野病院
再発ネフローゼ
佐久総合病院
ポイツ・イエーガー(Peutz-Jeghers)症候群の腸重積
ヘルニアかんとん
産科の病院連携の実際
(母体搬送 2008.1~2010.3)
長野県立こども病院
14例
信州大学
1例
浅間総合病院には
NICUはありません
長野赤十字病院
4例
在胎34週1800g未満の赤
ちゃんは、母子の安全を考え
母体搬送となっています。
佐久総合病院
3例
新生児搬送の病院連携
浅間総合病院
現在
消化管閉鎖
横隔膜ヘルニア
母児間輸血症候群
重症新生児仮死
心奇形
髄膜瘤
腸捻転
気胸、縦隔気腫
ヘルペス感染症
こども病院
NICU
将来?
佐久総合病院
基幹医療センター
NICU
ダウンロード

浅間総合病院 佐久総合病院