新社会
発行:新社会つくば
TEL 029-857-1154 FAX857-1254
金子 かずお気付
[email protected]
http://kanekokazuo.hakurakuryo.org/
2011年11月15日
つくば市民大学
「つくば市民大学」は、“まなぶ・つながる・
第773号
たので、一部を紹介します。
シリーズのテーマ
る、私たち自身がつくる学びの場です。大学と
原発がなくても
やっていけるのか?
いっても、正規の教育機関ではありませんし、
誰もが直面している「みんなの」問題であり
つくりだす”という 3 つのキーワードで展開す
世代や立場、組織の枠をこえて学び、交流する
ながら、情報が論者の立ち位置によって大きな
なかから、地域や社会の課題を解決するために
差異があったり、解釈に高度な専門知識が必要
私たち自身ができることを探っていく場であ
だったりして、「みんなで」考えるのが困難な
ります。 つくば市民大学は、労働金庫つくば
原子力災害とエネルギー問題です。
支店の五階で定期的に開催され、これまでにな
つくば市民大学では、今回、テーマに沿って
い形態で主催されている講座ですが、理念を以
集めた情報をもとに、率直に語り合い、聞き合
下に記してみました。
って、「みんなで」考える手がかりにしたいと
して、原発がなくてもやっていけるのか?を三
つくば市民大学には、学生・先生・職員とい
回に分けて講座が開催されました。
った固定の関係はありません。学びたい、教え
シリーズ第 1 回目
たい、支えたい…。いろいろな「あなたらしい」
建設した原発を一度も稼動
させなかった国、オーストリア
関わり方ができます。
つくば市民大学では、暮らしの中の「なんで
こうなるの?」「なんとかしたい!」を分かち
あい、ともに考えることができます。 つくば
市民大学は、興味・関心をこえて語りあえる「縁
側」です。つくば市に在住・在勤の方だけでな
く、どなたでも参加できます。
つくば市民大学は、「自分らしく働きたい」
「地域や社会に役立つ活動がしたい」という思
いを応援しあい、カタチにしていく場です。
1970 年代に巨額の資本を投資して建設され
た原発ですが、1978 年に国民投票で操業しない
ことが決定。原発の建設禁止は憲法にも明記さ
れていますが、そのオーストリアのエネルギー
事情を学びました。
国民投票(50.47%が反対)で、完成したツ
ヴェンテンドルフ原子力発電所を稼動させず、
水力と火力発電を主に 2020 年までに再生可能
エネルギーの割合を 34%に引き上げようと、バ
イオマス発電などの開発を国をあげて進めて
います。
つくば市民大学は、労組・生協・NPO・市民
日本からも、多くの研究者が視察にオースト
団体などのみなさんの「伝えたい」「広げたい」
リアを訪れるという環境先進国に長く住む日
を応援します。
本人にスカイプ(インターネットを利用し、中
央サーバーを通さずに、ユーザー同士がパソコ
つくば発の新しい試みに、参加をしてきまし
ンを直接接続して通話する仕組み)を通じてオ
つくば市民大学で学んだ感想
今回の事故の結果を見れば、「原発がなくて
もやっていけるのなら、無い方がいい」と思っ
います。しかし、「原発が無いと電力が足りな
くなる」「昔の暮らしには戻れない。大幅な節
電は無理」「日本は資源が乏しい」などの理由
から、原発を認めざるを得ないと思っている人
も少なくありません。
本当はどちらでしょう?
先入観はありま
せんか、情報を整理し、知識を高め、多方面か
ーストリアと日本のつくばで対話をして、現地
の実情について知見を深めました。
シリーズ第2回目
電力を180%
自給している葛巻町
ら検討できる力をつける必要を感じた講座で
した。
安全・安心調査特別委員会で
厚木市と戸田市を視察する
日本でも、クリーンエネルギーを風力・太陽
安全・安心調査特別委員会では、11 月 8 日と
光発電・バイオマスなどによって生み出すとと
9 日に「セーフコミュニテイ」を実施している
もに、町民あげての取組みが進められている葛
厚木市と戸田市で行なっている「防犯対策」に
巻町があります。
ついての研修を行なってきました。
岩手県の葛巻町は、省エネルギーの取り組み
また、千葉県西部防災センターに立ち寄り、
により、3,000 世帯の町内で、17,000 世帯分の
地震のメカニズムと震災時での初期対応、震度
電力を供給してきている町であります。
7の模擬地震などを学びました。
シリーズ 2 回目もスカイプ(インターネット
を利用し、中央サーバーを通さずに、ユーザー
同士がパソコンを直接接続して通話する仕組
み)を通じて町役場の職員から葛巻町の取り組
み情報をお聞きした。
シリーズ第3回目
日本は実はエネルギー
大国?地熱発電の可能性
日本の地熱発電実用化の技術は世界一とい
われていますが、一般的には知れわたっていま
せん。
火山・地震大国の日本では、世界でも珍しい
ほど熱エネルギー資源に恵まれた国だと言わ
れていますが、なぜ、どうして広がらないのか、
それらの疑問について産総研の地熱発電の専
門家にお話を伺いました。
つくば市民文化祭が開かる
例年行なわれている文化祭が今年も開催さ
れました。
会場は、これまで使用していた施設が 3・11
の東日本大震災で被害を受け、昨年より会場数
を減らして開催されました。
カピオ会場では、小・中学校の児童生徒によ
る書や絵画などが展示され、民家園や桜体育館
などでも趣味のグループを中心にした作品の
展示がありました。
つくば市議会・定例会の日程
つくば市議会の 12 月定例会は、11 月 30 日に
招集され、7 日、8 日、9 日に一般質問が予定さ
れています。インターネット中継があります。
ダウンロード

つくば市民大学 原発がなくても やっていけるのか? 建設した原発を一度