測定器開発室
SiPM/MPPC
Reviewer’s comments
9月のレビューのおさらい
SiPM/MPPC開発に取組む必要性




これまではHPKがデバイスを開発し、
T2K, ILCグループがサンプルをテスト
サンプルのテストを進める中で、
ピクセルごとの性能評価の重要性を認識
HPKではピクセルごとの性能評価を行えず、
また積極的に行う状態でもない
ピクセルごとの性能を調べ、HPKの開発にフィードバック



実験プロジェクトに依存しない共通の利益
KEK測定器開発室で取組む価値がある
ただし、ロシア製SiPMに対する独自性、優位性をより明確に

日本ユーザがサポートしてHPKで開発する必要性
17年度の計画

レーザ照射装置の設置
 KEKで実際に開発に関れるマンパワーには限界
 ファシリティを開発室が用意しユーザに開放


開発室発足当初より想定されていたひとつの形態
デバイスの可用性を判断するために緊急性がある
 17年度中に装置を完成させて測定を始められることを目
指す
 パルスレーザーのノイズ対策、光量、光学設計などは
注意して設計する必要
 17年度の計画を速やかに進めることが妥当
18年度以降の計画

パッケージやマウントの方法、読み出し




実験プロジェクトの測定器設計に強く依存
SiPM/MPPC開発で開発室プロジェクトが担う部分はどこか
 今後の開発室の評価・存続にも重要
開発室プロジェクトとしてのゴールの再検討
 実装等に踏み込むのか
 デバイスの可用性が判断されればよいか
レーザ照射装置の準備とデバイステストの結果を踏まえて、
来年度以降の計画については再提案してほしい
4月11日現在でのコメント
17年度の達成度

大学でのR&Dの進展
 測定器開発室がまとめ役
 ユーザ層の拡大
(名古屋大、防衛大、ワークショップ)
 「正しい」動作モードを確認
 T2Kには使えるレベルのサンプルが供給された

KEKレーザ照射装置
 3月末に納品、調整

→ 想定内
大学でのR&D、KEKレーザ照射装置ともに
 各大学の大学院生の方の大きな貢献
18年度に期待すること

デバイスとしての理解を深める
 シミュレーションへの取り組み

どのような将来像を描くか
 パッケージ
 大面積化
 高リニアリティ

T2K用の目処がたった段階で、
デバイスへの取組みの弱体化の危惧
 R&Dの組織の強化
ダウンロード

スライド 1