e-nuvo IMAGEシリーズ
リアルタイム画像認識モジュール
RoboVision
車載カメラ、ロボット等の移動体、セキュリ
ティカメラ、工場等の検査装置の搭載でき
る高性能画像認識モジュールです。CPU
ボード、ステレオカメラ一体型で、直ぐに導
入しアプリケーション開発をスタートするこ
とができます。
 画像認識アルゴリズム検証のオールインワン環境。 IMAPCARプロセッサによる高速並列処理を
高級言語(C言語)で開発可能
 ステレオカメラと、バッテリー駆動可能な自律移動システムなどに使用する上位システム(CPU
ボード/Linux)とを一体化
 レンズゆがみ補正のライブラリ/ツールを付属。ユーザーによるステレオ処理のカスタマイズ/実
装も可能
 シミュレーション環境としてGUIを備えたソースレベルデバッガを用意。各種(外部変数)パラメー
タを実時間で実行し、結果画像を見ながら調整が可能
高速・高性能
画像処理ボード
IMAPCAR搭載画像認識ボード
NECエレクトロニクス製の高速並列画像認識
チップIMAPCAR Ⓡを搭載し、ステレオカメラの同
期を取りながら入力されます。IMAPCAR Ⓡで高
速に処理された結果は、Linuxを搭載したCPU
ボードから読み出すことができます。
上位システム一体型
ステレオカメラ、CPUボード(Linux)、画像処理
ボードがセットとなったスタンドアロン画像処理装
置としてお使いいただけます。バッテリー駆動が
可能であるため、移動体や既存の検査ラインなど
への設置も容易です。
※IMAPCARはNECエレクトロニクス株式会社の日本国内における登録商標です。
※予告なく内容を変更する場合がありますので、ご了承ください。
ステレオカメラ
ステレオカメラ搭載
レンズゆがみ補正のライブラリ、ツールを付属して
おり、面倒な作業を軽減。また、ステレオ処理のサ
ンプルプログラムを参考に、お客様にてカスタマイ
ズ、実装が可能です。
ステレオ処理アルゴリズムが変更可能
お使いのステレオカメラのアルゴリズムに不満は
ありませんか。RoboVisionではステレオ処理アル
ゴリズムのカスタマイズが可能です。プログラミン
グはC言語で、サンプルプログラムもついているの
ですぐに開発に着手できます。
ソフトウェア(C言語)
による開発環境
高速並列処理をC言語で開発可能
画像認識アルゴリズム検証のオールインワン環境
です。NEC製高速並列処理プロセッサIMAPCAR
を搭載。128コアの並列処理のためのコーディン
グを、C言語とほぼ同様の高級言語で記述可能で
す。
リアルタイム画像処理へ
お手持ちの画像処理アルゴリズムを組み込みシ
ステムでのリアルタイム処理に応用してみません
か。FPGAやアセンブラを用いずに、使い慣れたC
言語により並列処理プログラミングが可能です。
13
©2009 ZMP INC. All Rights Reserved.
■ 統合開発環境(スクリーンショット)
■ 開発の流れ
Windowsで実際の画像処理結果を
確認しながら開発可能なシミュレー
ション機能を搭載。実機上でも画像
をリアルタイムに表示しながらデバッ
グが可能。
ZMP 画像認識モジュール
■ ライブラリ、チュートリアル
■ ステレオ視による距離計測の例
すぐに画像処理開発にお使い頂けるライブラリとチュートリアルが付属しています。
 ライブラリ
-レンズゆがみ補正、ステレオカメラ校正関数、転送、入力、回転、アフィン変換、二値化、フィルタ

チュートリアル
あらかじめRoboVisoinにインストールされている 画像認識処
理です。ステレオカメラからの入力画像をIMAPCARで実時間
で画像処理される 結果を、RoboVisionライブラリを通じて
Linuxアプリケーションから利用することができます。
入力画像(左右) ゆがみあり
-環境の使い方、ホストアプリの使い方、同期方法、並列プロセッサの処理
-二値化、面積、重心、ステレオ処理、ラベリング、空間フィルタ、移動、描画、harris、canny、
laplace、エッジ抽出など、多数
正規化画像 ゆがみ補正、カメラ校正後
色抽出(サンプル)
-RGBをHSIへ変換後二値化。その後、重心を求め
ボールの位置を測定
ラベリング(ライブラリ)
距離画像変換
距離画像からオブジェクト
の位置を計算
輪郭抽出(ライブラリ) -Sobelフィルタ
回転(ライブラリ)
下中央がカメラの位置で
上から見下ろした構図
-アフィン変換
■ ブロック図
距離画像変換(着色)
画像重心計算(ライブラリ)
■ キャリブレーションツール
エッジを強調
ステレオ視処理のためのキャリブレーションツールと、ライ
ブラリが付属。レンズ補正、ステレオカメラ校正後の、正規
化された画像が利用可能
■ 主な仕様
画像認識ボード
CPUボード
ステレオカメラ
■ 補足説明
画像認識LSI
NECエレクトロニクス IMAPCAR Ⓡ 100MHz
メモリ
SRAM 8MBytes
映像入力
NTSCコンポジット ×2 (カラー1ch or モノクロ 2ch)
I/O
PCI (PCI104)
電源管理、ビデオ設定用シリアル通信
CPU
AMD GeodeⓇ LX800 Processor 500MHz
メモリ
512MBytes
CF
4GB
I/O
PCI, RS-232C x4,USB x4,100 BASE-T
カメラ
NTSC出力 CCDカラーカメラ x2
RS-232Cは1本は互いの接続に使用済み。コネクタは2本付属、うち一本はコンソールとして使用。
PCI は互いの接続に使用済み。
※IMAPCARはNECエレクトロニクス株式会社の日本国内における登録商標です。
※予告なく内容を変更する場合がありますので、ご了承ください。



画像認識モジュールは、画像認識ボード,CPUボード,ステレオカメラから構成
されています。
レンズ歪み補正,距離画像計測,白線検知のプログラムが付属します。
ユーザ様のご要望により、本モジュールをベースに受託開発も承ります。
販売代理店:
製造元:
株式会社ゼットエムピー
〒112-0002 東京都文京区小石川5-41-10 住友不動産小石川ビル6F
TEL: 03-5802-6901
FAX: 03-5802-6908
URL: http://www.zmp.co.jp E-Mail: [email protected]
14
©2009 ZMP INC. All Rights Reserved.
ダウンロード

p13-14_RoboVision