登記情報提供システム更新 骨子案
平成22年6月30日
登記情報提供システム更新 骨子案
1 システムの状況と課題
(1) 利用件数の大幅な増加
登記情報提供システムは,平成12年9月からサービスを開始したが,インターネットの普及や平成19
年4月からの登記情報提供利用料の減額等により大幅に利用件数が増加しており,今後も更なる利用
の増加が見込まれます。
(利用件数:平成13年度 約200万件 ⇒ 平成21年度 約5,900万件 )
(2) 現行システム稼動後の技術の進歩と利用者の要望
現行の提供システムは,できるだけ負担の少ない画面とするためテキストベースの画面とするなど,
サービス開始当時の利用者環境・インターネット環境を踏まえて設計されていることから,利用者から
様々な機能追加又は改修の要望を頂き機能改善を行うにしても技術的な限界があり,要望を踏まえた機
能改善が困難な状況となっています。
1
2 システム利用者からの意見募集(平成22年2月実施)結果の概要
二重課金
の防止
効率性
利用者の操作誤りにより登記情報が表示された画面を閉じてしまい,同一の登記情報に対し複数回請求・課金する事例が発生
していることから,複数回課金を抑止する方策を求める意見が寄せられました。
請求
1件ごとに地番入力等の請求操作を行うことに不便を感じており,複数の登記情報の一括請求,同一土地につい
ての登記簿情報と地図情報の同時請求等,請求手続の効率性の向上を求める意見が寄せられました。
操作
利用者の操作誤りの防止,利便性の向上を図るための直感的な画面レイアウトや操作性を有したユーザインター
フェースの実装を求める意見が寄せられました。
情報の
利活用
利用時間
の延長
請求した登記情報の電子ファイル取得や利用環境に制限が少ない仕組みの提供を求める意見が寄せられました。
利用時間の延長を望む意見が多く寄せられ,延長によって回答者の6割以上が現在より利用が増えるとの回答でした。
2
3 更新の考え方
登記情報提供システムの更新に際しては,現行システムの課題に対応し,利用者からの意見募集結果を踏まえたシステム更新を
実施します。
登記情報提供システム更新
システムの状況と課題
利用者からの意見募集
(平成22年2月)結果
二重課金の防止
利用件数増への対応
効率性
標準技術の採用
利用時間の延長
その他
3
4 更新によって実現する主な機能
(1) 利用者の請求履歴の有効活用を図る「マイページ(仮称)」機能
システム更新により,マイページ(仮称)の機能を実現します。これにより,利用者において請求履歴等を管理し,これを利用して登
記情報の請求が可能となるなど,利便性が大幅に向上します。
現行
請求情報は1件ごと入力する必要があり,
同一登記情報を再度請求するときでも再度申
請情報の入力が必要
更新後
1 請求情報等をマイページに登録し,一定期
間履歴として保存することが可能
2 マイページに保存した過去の請求情報等を
利用して,再度の登記情報の請求が可能
マイページで実現する主な機能
①
過去4か月間の請求履歴を保存し,一覧表示をすることが可能となります。また,絞り込みや検索機能を利用することにより,
容易に情報(物件等)検索が可能となります。
② 請求履歴から選択することにより,最新の登記情報の請求が可能となります。
③ マイページ(仮称)の利用可能時間の拡大を検討します(※2)。
50%
【利用者からの意見募集結果】(平成22年2月意見募集)
Q:今後新機能として追
加してほしい機能は?
Q:どのような時間帯の
サービス提供を希望しま
すか?
50%
過去請求情報の活用
31%
※1 記載している期間等は変更の可能性があります。
※2 登記情報の請求可能な時間帯は,現在(平日の8:30~21:00)と同じです。
4
土曜
75%
日曜
61%
祝日
58%
深夜
54%
早朝
48%
(2) 複数の登記情報の一括請求機能等
システム更新により,請求事項の複数選択,一括請求,マイページからの一括請求が可能となり,利用者の請求情報入力作業が
大幅に効率化されます。
現行
1 1つの登記記録において複数事項を請求す
る場合,請求する事項数の物件情報の入力が
必要
2 複数物件を請求する場合,1件ずつ物件情
報の入力が必要
更新後
1 複数の登記事項の一括請求が可能
2 複数物件の一括請求が可能
実現される機能
【不動産請求】
① 同一物件で複数の事項(不動産全部事項+地図 等)を選択し,同時に請求することが可能になります。
② 同一地番区域同一種別においては,複数の物件の請求が可能になります(件数上限あり。)。
【商業請求,動産・債権概要記録事項請求】
③ 同一会社・法人で複数の事項(動産概要記録事項+債権概要記録事項 等)を選択し,同時に請求することが可能になります。
④ 検索結果一覧で,複数の会社・法人の請求が可能になります (件数上限あり。)。
【不動産請求+商業請求+動産・債権概要記録事項請求】
⑤ マイページからの一括請求が可能になります(件数上限あり。)。
【利用者からの意見募集結果】(平成22年2月意見募集)
Q:今後新機能として追加
してほしい機能は?
複数一括請求
その他要望:取得物件の一覧表示,明細等の保存期間の延長,
50%
71%
5
見易さの向上
(3) 利用者パソコンへの登記情報等の保存機能
システム更新により,利用者パソコンへ登記情報等の電子ファイルの保存が可能となります。これにより,同一登記情報等の複数
回の画面表示及び印刷が可能となるなど,利便性が大幅に向上します。
現行
1 登記情報が表示された画面を閉じると,同一
情報を再度表示又は印刷したい場合であって
も再度請求することが必要(料金が発生)
2 画面表示に際しては,アプリケーションを動作
させるためにJRE(※)の導入・更新が必要
更新後
1 請求した登記情報等を,提供システムから
ダウンロードし,利用者のパソコンに保存する
ことが可能
2 登記情報等を画像イメージで提供すること
により,JREが不要
※JRE:Javaアプリケーションを利用するために必要となるソフトウェア
実現する主な機能
① 登記情報をPDF形式の電子ファイルで提供することから,これをダウンロードすることにより,利用者のパソコンに登記情報を
保存することが可能となり,いつでも画面表示・印刷をすることができます。
② 登記情報をPDF形式の電子ファイルで提供することから,JREのインストールを不要とし,主要なOS,ブラウザで利用可能と
するなど,利用者の環境設定の負担を軽減することができます。
【利用者からの意見募集結果】(平成22年2月意見募集)
Q:今後新機能として追加
してほしい機能は?
パソコンへの保存
Q:JRE利用に不便を感じ
ていますか?
50%
77%
不便を感じる
6
50%
69%
(4) 登記情報提供システムでの登記情報等の保存機能
利用者が請求した登記情報等を登記情報提供システム内に一定期間(2~3日間※)保存します。利用者は保存されている登記情
報等を一定期間内であれば,追加料金なしで,何回でも画面表示や印刷のほか,利用者のパソコンへの保存が可能になり,利便性
が大幅に向上します。
利用者
(1) 請求
登記情報
提供システム
(提供センター)
(5) 登記情報等の
画像生成
(6) データ保存
登記情報等を画面表示又は保存
登記情報システム
地図情報システム
(2) 編集依頼
(3) 登記情報等編集
(4) 登記情報等
提供
データ保存
(7) ダウンロード
(2~3日間を予定)
・登記情報
・地図情報
※ 記載している期間等は変更の可能性があります。
7
(4) 更新で実施予定の主な機能
システム更新によって実施する主な機能は,以下のとおりです。
機能
現行システム
システム更新後
一括請求機能
マイページ
請求(課金)確認メッセージ
法人管理者による利用者登録数
不可(一回限り表示可能。更新ボタンをク 可能。一定の期間内(2~3日間を予
リックすると再度課金される。)
定)においては何回でも表示可能
可能。一定の期間内(2~3日間を予
不可
定)においては何回でも保存可能
なし
あり
なし
あり
なし
あり
最大100名
最大200名
利用者ごとの利用環境設定の変更
不可
可能(初期画面表示の設定や都道府
県選択の初期値設定など)
3Dセキュア(クレジットカード決済に
おける不正利用の防止対策)
未対応
対応
依存する。
JREを利用する。利用者PCにインストール
し,バージョン管理を行うことが必要
利用者環境のフォントの字形に依存
依存しない。
IE/Firefox等のWebブラウザ及びPDF
閲覧ソフトのみで表示可能
登記事項証明書と同じ字形で出力
取得した登記情報の再表示
登記情報の(利用者PCへの)保存
利用者PCの環境に依存しない
サービス提供
文字
※記載している機能については開発中のため,変更の可能性があります。
8
ダウンロード

登記情報提供システム更新骨子案(PPT版)