連続セミナー 「企業報告の新潮流 」
第2回 統合報告に向けて今、何を準備すべきか
~発行企業の事例と、長期投資家の声から考える~
財務情報だけではなく、非財務情報も含めて企業価値を判断するという社会・投資家の要請が強ま
る中で、企業報告も転換期を迎えています。欧州では「非財務情報の開示と多様性情報開示」につい
てのEU会社法改正案が出され、国際統合報告委員会(IIRC)からは国際的フレームワークの草案が
発表されました。
このような状況を受けて統合報告を検討する企業が増えている一方、以下のようなご質問をいただ
く機会も増えています。
・統合報告を始めるにあたって必要な条件/そのための準備とは何か
・統合報告書は今すぐ発行すべきなのか
・統合報告の目的をどこに設定すべきか
・どのような活用を想定すればよいのか
・先進事例はどこか
本セミナーは「そもそも統合報告に何が求められているのか」「今、何を準備すべきか」を主題に
上記疑問に答えるべく、①統合報告書発行企業のご担当者様による事例報告と、②想定読者である投
資家による講演、③各ご登壇者が参加して「企業報告に求められること、企業が準備すべきこと」に
ついて意見交換するパネルディスカッションを実施します。
事例報告では先行企業である武田薬品工業と、今年度初めて統合報告書を発行される川崎重工業の
両ご担当者様を、市場関係者からは長期保有の視点に立った運用を行うコモンズ投信の渋澤氏と朝日
ライフアセットの速水氏のお二人をお迎えすることで、統合報告書の検討だけに限らず、今後の中長
期的な企業報告戦略全般の検討に価値あるセミナーになっています。
開催概要
■テーマ: 統合報告に向けて今、何を準備すべきか
■日 時: 2013年9月26日(木)13:30~17:00(13:00 受付開始)
■対 象: CSR・IR・経営企画担当の皆様
■定 員: 80名様(先着順/1社3名様まで/同業他社の方のご参加に
つきましては、誠に恐縮ながらご遠慮願います)
■参加費 : 無 料
■会 場 : 株式会社QUICK「QUICK Square(クイック スクエア)」
(詳細は別紙をご参照下さい)
■主 催 : 株式会社クレアン
■協 力 : 株式会社QUICK
■ プログラム内容 (プログラム内容は予告無く、変更になる場合がございます)
13:30~
開会のご挨拶
13:35~
【導入】 統合報告の動向とポイント
(30分)
㈱クレアン 伊藤雅和
・ 統合報告に関する国際的潮流の整理
・ 統合報告書の動向と先進事例 ~ IIRCフレームワークに基づく評価から
・ 統合報告を進める上でのチェックポイント
14:05~
(60分)
【事例報告】 統合報告実施の狙いとプロセス
① コミュニケーション戦略と統合報告の考え方
武田薬品工業㈱ コーポレート・コミュニケーション部 シニアマネジャー 金田晃一氏
② 統合報告書の狙いと位置付け
川崎重工業㈱ CSR部または財務部 レポート制作ご担当者
休憩時間 (10分)
15:15~
(50分)
【解説】 長期投資家から見た企業報告
① 個人投資家とのコミュニケーションと統合報告 (仮)
コモンズ投信㈱ 取締役会長 渋澤健氏
② ファンドマネジャーは何を見て、どのように評価するのか (仮)
朝日ライフアセットマネジメント㈱ 資産運用部 リサーチ運用グループ
チーフファンドマネジャー 速水禎氏
16:05~
(50分)
【パネルディスカッション】 今、企業報告に求められること
ご登壇者 : 金田氏、渋澤氏、速水氏、川崎重工業㈱から1名
進行役 : ㈱クレアン 町田寛典
テーマ : 何のために開示を行うのか
統合報告に求められること、企業が準備すべきこと
16:55~
統合報告支援に関するクレアンサービスメニューご紹介
閉会のご挨拶
※ 閉会後、名刺交換などのお時間をとっております
◆お問合せ、お申込先: 株式会社クレアン セミナー担当事務局
TEL:03-5423-6920
FAX:03-5423-6921
mail: [email protected]
ー 会場地図・アクセスマップ ー
株式会社QUICK「QUICK Square(クイック スクエア)」
〒103-8317
東京都中央区日本橋室町2-1-1日本橋三井タワー14階
三越前駅
新日本橋駅
銀座線
A7・A8番出口
1分
半蔵門線
(直結)
4分
JR総武本線
地下通路直結
3分
ー お申込書 ー
9月10日(火) 迄にご返信下さい。
メールの場合、以下の必要事項をメール上に明記下さい。尚、定員になり次第、締め切りと致します。
※大変お手数ですが、下記お申込用紙にご記入の上、メールまたはFAXにて
お申込書
貴社名
お名前
お申込をされる方 ①
ご所属
ご職位
お名前
お申込をされる方 ②
ご所属
ご職位
お名前
お申込をされる方 ③
ご所属
ご職位
-
お申込代表者様のお電話番号
@
お申込代表者様のE-mailアドレス
セミナーに対する事前の質問事
項があればお書き下さい。
(可能な範囲でご登壇される方にお応え戴きます)
◆お申込先:
株式会社クレアン
セミナー申込専用アドレス: [email protected] または、
FAX:03-5423-6921
まで、お願いいたします。
ダウンロード

富士通グループ 社会・環境報告書2011 企画ご提案