テーマ
名古屋市の家庭から出るゴミの処
理方法を考えよう
第2班
C07006 大谷 圭
C07007 岡田一樹
C07008 岡田克彦
C07009 岡田雅大
C07010 尾形 博
調査目的
・名古屋市の家庭から出るゴミの焼却から
埋め立てまでの順序を知る。
・可燃、不燃、再資源の処理方法を調べる。
・問題点の解決策を考える。
調査方法
・おもにインターネットを使い資料集め。
・図書館などを使い関係資料を探し
資料集め。
・担当教員に疑問に思った事を聞く
調査概要
・今までの名古屋市のゴミの現状。
↓
・今までのやり方の問題点。
↓
・僕らなりの解決策。
↓
・これからの名古屋のゴミ焼却のあり方。
名古屋市のゴミの流れ
可燃ゴミの焼却の流れ
・(1)に可燃ごみ運ばれる
・巨大クレーンでごみを(3)へ移す
・移されたごみは(4)(5)(6)
で完全に燃焼させる
・燃焼されたごみは燃却灰となり、
冷却、加湿され(13)へ送られる
・最後に薬剤処理され、トラックに運ばれる
不燃ごみの流れ
ゴミの収集
↓
貯蓄ピットに貯蓄
↓
破砕処理
↓
選別機による選別
資源ごみ~プラスチック~
資源ごみ~ペットボトル~
↓
粉砕機
↓
服、ボールペン
ゴミ焼却場の種類
・バッチ炉
小型で、ゴミと燃料を入れて焼くだけの単純な炉。
・流動床
800℃に熱した砂が流動して破砕したゴミを投入し、自然
発火させる。
・ストーカー炉
格子状の床が動くことでゴミをゆっくりかくはんしてもやす。
・灰溶解炉
溶融とは、有機、無機物など固体が加熱で溶けて液体に
なることをいい、溶融温度は高温(一般に1,300℃~
1,500℃)を利用します。
ごみ減量の錯覚
・平成10年~平成11年までのゴミの減少
・容器包装リサイクル法
の改正
・重量が重い可燃ごみが
平成11年に資源ごみへ
個人個人でもできる事
・ミンミ・リ・リパックなどの
資源に優しい物の使用
・資源回収の徹底
・ゴミを増やさないという個人個人の意識の徹
底
・リサイクルできる物はリサイクルをする
まとめ
名古屋市のゴミの量を少しでも削減してくのは
一人一人の些細な意識によって
かわります。
参考資料
CITY OF NAGOYA
http://www.city.nagoya.jp/shisei/jigyoukeikaku/gomi/gomi_nagare/
名古屋市のごみ行政の問題点
http://env01.cool.ne.jp/ss04/ss322/ss3223.htm
株式会社姫野環境開発
http://www.himejikankyo.co.jp/zeroemission/recycle/plastic.html
ダイオキシン問題入門講座
http://homepage3.nifty.com/sumanoura/dxn/main.htm#gomi
ダウンロード

テーマ 名古屋市の家庭から出るゴミの量