1
日本行動計量学会第29回大会
於:甲子園大学 (2001/9/14-16)
公開回答・指定討論
狩野 裕
大阪大学 大学院人間科学研究科
2
FA for ipsatized data
• SEMの活用で分析可能になっている
– Chan & Bentler (1993). The covariance
structure analysis of ipsative data.
Sociological Methods and Research, 22, 214247
– 豊田(2000). 共分散構造分析[応用編].朝倉
書店
– 小笠原(2001).本大会予稿集
3
特徴と問題点
• 加算的 ipsative model


 I p  (1 / p)1 p1 p ' (μ  c j 1 p  f j  e j )
 I p  (1 / p)1 p1 p ' (μ
 f j  e j )
x (jip)  I p  (1 / p)1 p1 p ' x j
• 個人ごとのバイアスが調整される
• 因子負荷ベクトルが 1p に比例していると,因子
が消えてしまう
– essentially τ-equivalent test
4
Qs from Sayuri
A) 方法の違いが結果の違いとして現れない場合,
主成分分析でなく,因子分析を採用しなければ
ならない理由があるのか
B) 論文が採用されることを重視すると,審査者が
理解できない新しい分析法を用いるより,前例
の多い手法を採用した方が安全である
C) 先行研究で用いられた方法を使った方が比較
に都合がよい
5
A)
方法の違いが結果の違いとして現れない場合,主成
分分析でなく,因子分析を採用しなければならない
理由があるのか
• PCAが重宝がられる理由
– FAでは分析がうまく行かないから
× – FAと結果が似ているから
× – FAよりアピーリングな結果だから
○
• 理論的に,因子負荷量の値が高く出る
– FAの方がむずかしいから
× – ソフトのデフォルトがPCAだから
×
6
原理・原則を守りたい
• 主成分分析(PCA)
– 合成変数を作りたい
– 次元縮小,変数のグルーピング
• 因子分析(FA)
– 観測変数の原因となる潜在変数に興味
– 尺度化,信頼性分析
7
つづき
• 分析結果はかなり違う
– 同じであればFAを報告することに抵抗感は
ないはず
• グルーピングはあまり変わらない
– 因子負荷量から信頼性係数を計算すると
かなり違う
• α係数は近々過去の遺物になるだろう
8
論文の価値を低めるな!!
• PCAはいつもうまく行く,FAは結構うまく行かない
– FAがうまく行くためには,以下が必要
• 十分な標本,連続変数(二値変数が含まれない),
偏りや尖りのある項目がない
• データの発生機構がFAモデル
– これらを達成するため無尽の苦労をするのに,どんな
データでも分析できるPCAで報告するのは何ともった
いないことか
– PCAで報告するのは,データが dirty でFAではうまく
分析できないからではないかと勘ぐられる
9
B)
論文が採用されることを重視すると,審査者が理解
できない新しい分析法を用いるより,前例の多い手
法を採用した方が安全である
• 審査者の教育が必要
• 上記の主張は学会先進国でも通用するのだろう
か.もしそうなら,方法論の発展はなく,それを利
用する実質科学の発展も期待薄
• 日本で,このような主張がまかり通りそうなのは
なぜだろう
• 若手の研究者から,旧態依然たる学会を変革し
ていく声を上げないといけないのではないか
10
C)
先行研究で用いられた方法を使った方が比較に都合
がよい
• そのとおりである
• 新しいより洗練された方法論を用いた場合
は,比較のために古い方法でも分析しておく
• 論文にはその旨少し記述すればよい
11
Qs from Ako
• 投網とタモ網
– 探索的分析と検証的分析
– SEMは原則として検証的分析
• 結局,ぐるぐるするの
– 双方向因果モデルもあるが….
• 禁断の多母集団同時分析
– 非正規性
– 多母集団を構成する属性変数
12
「ある社会心理学者からの問い合わせ」
「中絶に対する態度の日米比較」に関する投稿論文に対
するエディターのコメントで、日本人のサンプルのほうが
アメリカ人サンプルよりもいろんなスケールでのReliability
がひくいので、それをコントロールするためにより洗練さ
れた分析方法、たとえばLISRELとかEQSとかつかえ、と
いってきました。意味が今一つよくわからないのですが、
これって、Latent Variablesを用いろということでしょうか。
それとも、重回帰や相関係数でのみ議論しているところ
を、なんとかEQSに持ちこめば、Manifest Variableを扱っ
ていても、EditorがいうようなReliabilityのコントロールとい
うことが果たせるのでしょうか。
13
信頼性の異なる母集団の比較
A国
B国
14
信頼性の異なる母集団の比較
• CFAによると「宗教」と「道徳」から「責任帰
属」への因果構造に違いはない.
– 「道徳」の測定モデル(信頼性)が異なる.
• 尺度化すると,因果構造に違いが出てしまう
A国
B国
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション