平成25年
9
20
No.1063
2
可燃ごみ減量を目指して!
6
2
f-Biz egg(エフビズエッグ)オープン
7
2
公立・私立保育園の入園申込
2
8
富士市環境報告書を公表します
2
9
地球温暖化防止
/市民福祉まつり・富士市福祉展
2
10
緑と花の百科展
/まちなかニューズレター
2
11
8 月のできごと
12
暮らしのたより
16 10月のカレンダー
9 月 5 日 「新聞紙のお部屋」であそんでみよう
(地域子育て支援センター トライアングル)
目標1人1日77グラム 減
可燃ごみ減量を目指して!
市は、「フジスマートプラン21(富士市ごみ処理基本計
画)」
に沿ってごみの減量・資源化を進めています。
しかし、市のごみ焼却量は、近年ほぼ横ばいで推移してい
て、可燃ごみが減少していないのが現状です。
そこで、今回は可燃ごみの減量方法について紹介します。
(トン)
10万
市のごみ処理総量と焼却量の推移
焼却量
9万 9万4,577
ごみ処理総量
ごみ処理総量
9万2,859
8万
7万 7万2,932
7万2,270
6万
0
み
が
必
要
で
す
。
8万9,472 8万7,724
8万7,344 8万5,118
6万7,138 6万7,486 6万8,488 6万7,829
19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度
(平成)
d
★
減 1 目 量 人 標 1 / 日 6
77 4
グ 0
ラ グ
ム ラ
の ム
の 当 平
可
現 実 た 成 燃
状 績 り 24 ご
の 年
/
可 度 み
7
燃 市 減
1
ご 民 量
7
み 1 の
グ
排 人
ラ
出 1 目
ム
量 日 標
達
成
に
向
け
て
、
さ
ら
な
る
減
量
の
取
り
組
平
成
26
年
度
の
目
標
値
の
6
4
0
グ
ラ
ム
ま
せ
ん
で
し
た
︵
下
グ
ラ
フ
参
照
︶
。
値
の
6
8
0
グ
ラ
ム
を
下
回
る
こ
と
が
で
き
ご
み
の
焼
却
量
は
7
1
7
グ
ラ
ム
で
、
目
標
ま
た
、
昨
年
度
市
民
1
人
1
日
当
た
り
の
フ
参
照
︶
。
に
つ
な
が
っ
て
い
な
い
状
況
で
す
︵
左
グ
ラ
は
、
近
年
横
ば
い
で
推
移
し
て
い
て
、
減
少
し
か
し
、
ご
み
の
焼
却
量
︵
可
燃
ご
み
︶
総
量
は
年
々
減
少
し
て
い
ま
す
。
取
り
組
み
を
進
め
て
い
て
、
市
の
ご
み
処
理
市
は
、
ご
み
減
量
の
た
め
の
さ
ま
ざ
ま
な
■
市
の
可
燃
ご
み
焼
却
量
の
推
移
減
ら
な
い
可
燃
ご
み
の
焼
却
量
1人1日当たりの焼却量の目標値と実績値
(グラム)
850 816
810
目標値
800
730
750
700
650
600
0
727
703
705
682
707
実績値
718
710
717
680
660
640
19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度
(平成)
広報ふじ 2013年 9 月20日号
2
特集 可燃ごみ減量を目指して!
︻
資
源
物
の
混
4 平 入
率
・ 成 ︼
21
9
% 年
度
ご
布
古 み
プ ラ の
容
種
類 器 紙 類
可燃ごみに混入し
ていたプラスチッ
ク製容器包装
を
処
理
し
き
れ
な
く
な
っ
て
し
ま
い
ま
す
。
で
き
る
か
、
一
緒
に
考
え
て
い
き
ま
し
ょ
う
!
可
燃
ご
み
の
減
量
が
進
ま
な
い
と
、
ご
み
で
は
、
ど
の
よ
う
に
す
れ
ば
可
燃
ご
み
が
減
量
ト
ン
に
縮
小
さ
れ
る
予
定
で
す
。
め
、
現
在
の
日
量
3
0
0
ト
ン
か
ら
2
5
0
目
標
値
を
基
準
と
し
た
規
模
の
焼
却
炉
の
た
ー
ト
プ
ラ
ン
21
﹂
で
定
め
た
可
燃
ご
み
量
の
う
こ
と
が
で
き
ま
す
。
境
に
や
さ
し
い
ま
ち
づ
く
り
の
た
め
に
使
み
処
理
や
リ
サ
イ
ク
ル
の
推
進
な
ど
、
環
い
ま
す
。
こ
の
焼
却
施
設
は
、
﹁
フ
ジ
ス
マ
②
有
料
化
に
よ
っ
て
得
ら
れ
た
収
入
は
、
ご
焼
却
施
設
の
建
設
に
向
け
た
準
備
を
進
め
て
平
成
30
年
度
の
完
成
を
目
指
し
て
新
し
い
減
量
が
期
待
で
き
ま
す
。
よ
う
と
す
る
意
識
が
働
く
た
め
、
ご
み
の
能
力
は
今
よ
り
も
小
規
模
に
①
ご
み
排
出
に
か
か
る
経
済
的
負
担
を
抑
え
②
新
し
い
環
境
ク
リ
ー
ン
セ
ン
タ
ー
の
焼
却
◎
期
待
さ
れ
る
効
果
税
金
を
使
う
こ
と
が
で
き
ま
す
。
減
ら
す
こ
と
が
で
き
れ
ば
、
よ
り
効
果
的
に
可
燃
ご
み
を
減
ら
し
、
ご
み
処
理
費
用
を
のキ 緑
葉ャ 茶
ベ の
ツ 殻
の ︵
一 4
番 杯
分
外 ︶
広報ふじ 2013年 9 月20日号
60
35
悩
む
中
、
ご
み
処
理
に
は
多
く
の
税
金
が
使
1
・
7
%
8
・
8
%
3
・
6
%
近
年
、
景
気
低
迷
が
続
き
、
税
収
が
伸
び
価
格
は
45
リ
ッ
ト
ル
1
袋
8
円
程
度
で
す
。
可
燃
ご
み
の
減
量
は
な
ぜ
必
要
?
①
処
理
に
多
く
の
税
金
を
投
入
※
現
在
市
内
で
販
売
さ
れ
て
い
る
指
定
袋
の
平
成
24
年
度
7
・
5
%
︵
S
サ
イ
ズ
1
本
︶
バ
ナ
ナ
の
皮
40
︵
左
右
1
組
︶
ス T 靴 1 A
ニ シ 下 枚 4
ー ャ ︵
コ
カ ツ 左
ピ
ー
右
ー
1
用
組
紙
︶
1
5
0
70
そ
の
結
果
、
昨
年
度
は
可
燃
ご
み
の
中
に
組
成
分
析
調
査
を
実
施
し
て
い
ま
す
。
市
は
、
常
葉
大
学
と
協
働
で
家
庭
ご
み
の
が
挙
げ
ら
れ
ま
す
。
い
て
、
そ
の
混
入
率
が
増
加
し
て
い
る
こ
と
ッ
ク
製
容
器
包
装
、
布
類
が
多
く
混
入
し
て
み
の
中
に
、
再
生
で
き
る
古
紙
、
プ
ラ
ス
チ
可
燃
ご
み
が
減
ら
な
い
理
由
は
、
可
燃
ご
■
可
燃
ご
み
の
中
に
多
く
の
混
入
物
●
● ︻
り ト 袋 で す
方 り 用 る ご の
目 も
異 ル 制 す る 指 法 ま を こ み 量 現 的 し
な 1 を 。 方 定
す 負 と 処 に 在
も
り 袋 導 県 法 袋
。 担 で 理 か は
有
ま 9 入 内 ︵ の
し 、 を か 、
料
す ∼ し で 有 価
て ご 行 わ 家
化
。 1 て は 料 格
い み っ ら 庭
さ
た の て ず か
5 い 、 指 に
れ
だ 排 い 料 ら
た
0 て 16 定 処
き 出 ま 金 排
ら
円 、 市 袋 理
、 量 す を 出
︼
と 金 町 制 料
公 に 。 徴 さ
自 額 が ︶ 金
平 応 有 収 れ
治 は 有 が を
化 じ 料 せ る
体 45 料 一 上
を た 化 ず ご
に リ 指 般 乗
図 費 す に み
よ ッ 定 的 せ
類
7
0
0
約
7
5
0
0
ト
ン
の
分
別
ご
み
が
混
入
さ
れ
4
可
燃
ご
み
は
な
ぜ
減
ら
な
い
?
現在の環境クリーンセンター
布
ご
み
わ
れ
て
い
ま
す
。
︵
例
な 円 当 1 ︶
り の た か 1
ま 負 り 月 袋
す 担 3 1 当
。 増 4 世 た
に 0 帯 り
50
円
に
な
っ
た
と
す
る
と
、
生
よ
3
可燃ごみを種類別に
仕分けする作業
3
・
5
%
て
い
る
こ
と
が
わ
か
り
ま
し
た
。
︵
長
3
封
筒
入
り
︶
紙そ
の
他
の
容ップ
器クラ
包製ス
装 チ
ダ のチ ーテ プ ス コ
イ 箱ョ のィ リ ナ ン
レ
コ 空ッ ン ッ ビ
ク
レ 箱シ の ク ニ
ト
ー
ュ 容 菓 弁
メ
ト
ペ 器 子 当
ー
の 容
な
ー
ル
袋 器
ど
パ
40
10
35
14
8
30
種
類
品
目
︵
グ
ラ
ム
︶
重
さ
ご
み
処
理
有
料
化
も
検
討
?
★
77
グ
ラ
ム
の
減
ど 量
の っ
く て
ら
い
?
①プラスチック製容器包装(プラ)の分別のコツ
け
た
★ 汚れを落とす目安ってどのくらい?
ご
み
汚れているものは、必ず洗って乾かしてから出してくだ
箱
さい。汚れの目安は、指定袋に入れたときにほかのものに
に
入
汚れが移らない程度であればプラとして出してください。
れ
※油汚れがついているもの、チューブ類などは可燃ごみ。
て
分
スナック菓子 ○中の食べ残しを払い落としてプラへ
別
の袋
《ポイント》ほかのプラを汚さないくらいの油分であ を
れば中身を払う程度でOK。水や洗剤を 徹
使う必要はありません
底
し
弁当やカップ ○食べ残しやスープなどの汚れを水で落とし、乾かし て
めんの容器
てからプラへ
い
《ポイント》水で汚れが落ちれば洗剤などを使う必要
ま
はありません
す
。
②「その他の紙」の分別を徹底 容
器
な
ど
は
き
れ
い
に
汚
れ
を
落
と
し
、
種
類
別
に
分
我
が
家
で
は
、
プ
ラ
ス
チ
ッ
ク
製
容
器
包
装
の
袋
や
ス
チ
ッ
ク
製
品
が
混
入
さ
れ
て
い
る
こ
と
が
あ
り
ま
す
。
て
い
ま
す
。
プ
ラ
ス
チ
ッ
ク
製
容
器
包
装
の
中
に
プ
内
の
ご
み
集
積
所
を
回
り
、
ご
み
の
分
別
を
お
願
い
ラ し
私
は
、
7
年
前
か
ら
﹁
ご
み
マ
イ
ス
タ
ー
﹂
と
し
て
町
★「その他の紙」として出せる紙
食品や製品の空箱、はがき、コピー用紙など、
紙でできているものは一部の例外を除き全て「そ
の他の紙」です。
紙ひもでしばるか、紙袋に入れて月1回の「古
紙の日」に資源物集積所に出してください。
×「その他の紙」として出せない紙
汚れた紙、シール、写真、感熱紙、カーボン紙、内側がアルミはくの紙、
においの強い紙
★「その他の紙」専用のごみ箱を置こう!
家庭のごみ箱は、燃えるごみとプラスチック製容器包装の 2 種
類が多いのではないでしょうか?
でも、日常の生活を見直してみると、ティッシュ箱や菓子箱、
チラシ、はがきなど「その他の紙」は意外と多いことに気づくは
ず…。
「その他の紙」専用のゴミ箱を
そ
燃
置いて古紙の分別を進めていきま
の
え
プ
他
る
しょう!
ラ
の
紙
ご
み
③布類(古着など)は衣類等回収ボックスへ
ごみマイスター
(鈴川東町)
山﨑 俊明さん
山﨑さん宅では種類別にご
み箱を分けています
衣類等回収ボックスは、各地区まちづくりセン
ターに設置しています。汚れが残っていたり、す
り切れや虫食いで穴が開いていたりしても、洗濯
してあればOK。
気軽に回収ボックスに入れてください。
対象品目 ※衣類は洗って出してください。
シャツなど フリース・ スーツ・制服・
綿素材のもの セーター類
ジーンズなど
上記以外で回収できるもの
革製品
き
れ
い
と
評
判
で
す
よ
。
市
内
で
回
収
し
た
古
着
は
と
し
て
再
利
用
し
て
い
ま
す
。
便
で
輸
出
し
、
中
古
衣
料
品
圧
縮
し
て
東
南
ア
ジ
ア
に
船
4
0
5
ト
ン
回
収
し
ま
し
た
。
回
収
を
は
じ
め
、
昨
年
度
は
地
域
の
要
望
か
ら
古
着
の
靴類は左右そろ
っているものを
別の袋に入れる
じんべい
革衣類、スカーフ、甚平、下着・肌着、ジャケット、ドレス、パジャマ、
オーバーコート、手袋、マフラー、ウインドブレーカー、スエットパンツ、
ダウンジャケット、靴下、着物、帯、ハンカチ、ニットキャップ、スポーツウェア、 ショートパンツ、ストッキング、ネクタイ、浴衣、水着、ぬいぐるみ
×対象ではない品目 ※可燃ごみで出してください。
汚れているもの、においがついているもの、ぬれているもの、布団・枕・ク
ッション・カーテン・カーペットなど、長靴・サンダル・ブーツ・安全ぐつ
古着を回収しているや す ひ ろ
安藤紙業(株)
杉山 泰広さん
プ可
燃
ラご
スみ
を
チ減
ッ量
す
クる
製方
法
容 器そ
の
包 ①
装 ﹁ち
、 りも積
そ もれ
の ば山
他 ﹂。一
の 人一
紙 人が分
、 別を
布 徹底
類 すれ
の ば、
分 市全体
別 では
を 大きな
徹 減量
底 効果
に
し なり
よ ます
う。
!
広報ふじ 2013年 9 月20日号
4
な
る
の
で
ぜ
ひ
使
っ
て
み
て
く
だ
さ
い
。
生
ご
み
が
減
っ
て
、
家
庭
菜
園
の
肥
料
に
も
か
し
の
製
造
・
販
売
も
し
て
い
ま
し
た
。
た
、
障
害
者
就
労
支
援
施
設
に
勤
め
て
E
M
ぼ
け
て
か
ら
E
M
ぼ
か
し
を
使
っ
て
い
ま
す
。
ま
私
は
、
15
年
程
前
に
地
区
で
講
習
会
を
受
EMぼかしを使っ
た堆肥化の手順
天
日
に
干
し
、
水
分
を
抜
く
①生ごみの水切り
②生ごみを密閉型
バケツに入れる
③EMぼかしを生ご
みにふりかける
を
混
合
し
、
発
酵
・
乾
燥
さ
せ
た
も
の
④ふたを押して密閉型
バケツの空気を抜く
生ごみの水切りを徹底し、
1∼ 2 週間(冬場は少
EM ぼかしを使っている
し長めに)直射日光
富士市のごみを考える会
の当たらない場所に
くまがい
よし こ
熊谷 良子さん(大淵) 置き、発酵したら成功
●
問
い
合
わ
せ
廃
棄
物
対
策
課
E
[email protected]
1
︵
55
︶
2
7
6
9
5
︵
51
︶
0
5
2
2
5
も
行
っ
て
い
ま
す
。
幅27㎝、奥行き40㎝、
高さ37㎝で台所にも置
ける大きさです。
※母材、母材ネット、
防虫カバー入り。
バナナなど果物の皮や
野菜くず、三角コーナ
ーや排水口にたまった
残飯もそのまま入れて
混ぜるだけ。
約1週間でほぼ完全に
消滅します。
廃棄物対策課長
稲葉 愼一
広報ふじ 2013年 9 月20日号
れ
い
な
ま
ち
ふ
じ
﹂
を
目
指
し
、
可
燃
21
﹂
の
基
本
理
念
﹁
富
士
山
が
映
え
る
き
録
さ
れ
ま
し
た
。
﹁
フ
ジ
ス
マ
ー
ト
プ
ラ
ン
6
月
に
富
士
山
が
世
界
文
化
遺
産
に
登
十
グ
ラ
ム
を
減
ら
す
こ
と
が
で
き
ま
す
。
も
み
が
ら
に
E
M
︵
有
用
微
生
物
群
︶
と
糖
蜜
「だっくす食ん太くんNEO」の使用方法
ご
み
減
量
へ
の
ご
協
力
を
お
願
い
し
ま
す
。
○ 生
○ ※
○
○ 生
水 1 ぼ ト 三 ご 飯 料 く 生 ご
分 回 る を 角 み を 理 さ も み
が 15
利 コ の 出 は ら の を
多 グ
用 ー 約 さ 食 せ ︵ 出
い ラ
し ナ 8 な べ な 食 さ
ス ム
ー
ら
、
ご や 割 い れ い 品 な
イ の
が
︶ い
み 排
カ 減
る
水
は こ
に 水
や 量
量
分
必 と
出 口
メ
だ
!
が
要 が
ロ
す に
け
な 一
ン 可
前 は
を
能
量 番
の
に 水
つ
だ 大
皮 で
水 切
く
け 事
な す
分 り
り
買 !
ど 。
を ネ
、
い
は
残
し ッ
、
、
識
し
て
い
た
だ
く
だ
け
で
、
1
日
1
人
数
力
が
不
可
欠
で
す
。
一
人
一
人
が
少
し
意
発
酵
合
成
型
有
機
肥
料
の
こ
と
。
米
ぬ
か
・
※
各
地
区
ま
ち
づ
く
り
セ
ン
タ
ー
で
予
約
販
売
を
減
ら
す
に
は
、
市
民
の
皆
さ
ん
の
ご
協
★
E
M
ぼ
か
し
と
は
?
ラ
ム
1
0
0
円
で
販
売
中
援
施
設
な
ど
の
公
共
施
設
で
1
袋
3
0
0
グ
ッ
ト
富
士
店
・
新
富
士
駅
南
店
、
ポ
テ
ト
広
見
店
士
西
店
、
市
内
の
フ
ァ
ミ
リ
ー
マ
ー
ト
、
エ
ス
ポ
を
減
ら
す
こ
と
が
で
き
ま
す
。
可
燃
ご
み
立
て
、
収
集
運
搬
な
ど
の
環
境
へ
の
影
響
販
売
店
/
ジ
ャ
ン
ボ
エ
ン
チ
ョ
ー
富
士
店
・
富
可
燃
ご
み
を
減
ら
せ
ば
、
焼
却
や
埋
め
○
E
M
ぼ
か
し
は
、
市
役
所
や
障
害
者
就
労
支
○
9
8
0
円
で
販
売
中
め
﹂
と
い
う
意
識
が
必
要
で
す
。
物
対
策
課
で
無
料
配
布
中
○
に
お
い
が
な
く
、
家
の
中
に
置
け
る
自
分
や
家
族
、
ひ
い
て
は
地
球
環
境
の
た
○
密
閉
型
バ
ケ
ツ
一
世
帯
当
た
り
2
個
を
廃
棄
安
全
安
心
な
農
産
物
が
で
き
る
ぜ
込
む
だ
け
で
、
生
ご
み
が
消
滅
し
手
間
で
す
が
、
﹁
ご
み
を
減
ら
す
こ
と
は
れ
る
と
、
良
質
な
肥
料
に
な
り
、
お
い
し
く
て
E
M
ぼ
か
し
で
処
理
し
た
生
ご
み
を
畑
に
入
○ 分 ー
解 ル
酵 コ
素 ン
が ポ
含 ス
ま ト
れ
た
母
材
に
生
ご
み
を
混
●
﹁
紙
の
ま
ち
富
士
市
﹂
オ
リ
ジ
ナ
ル
の
段
ボ
分
別
の
徹
底
や
生
ご
み
の
減
量
化
は
少
ド
現
象
﹂
も
多
く
確
認
さ
れ
て
い
ま
す
。
水
切
り
を
徹
底
す
る
①
無
駄
な
も
の
は
排
除
し
、
堆
肥
化
す
る
②
E
M
ぼ
か
し
を
使
っ
て
、
特集 可燃ごみ減量を目指して!
の
量
が
年
々
増
加
し
て
い
く
﹁
リ
バ
ウ
ン
す
。
し
か
し
、
有
料
化
で
一
度
減
っ
た
ご
み
生可
燃
ごご
みみ
を
を減
減量
す
量る
し方
法
よ うそ
の
!②
イ
ー
エ
ム
大 3 炉 き 0 に生
な 0 負ご
減∼担み
量 5 がは
効 0 か可
果 0 か燃
がグりご
あラまみ
りム
の
ま程す 3
す度。∼
家
4
で
庭
割
す
。かを
生ら占
ご出め
みる、
は生水
一ご分
手みが
間の多
か量く
けは、
れ1焼
ば日却
③
﹁
だ 段
っ ボ
く ー
す ル
食く
ん コ
太 ン
く ポ
ん ス
Nネ
E ト
Oオ
﹂
を
使
う
ほ
か
の
自
治
体
の
例
を
見
れ
ば
明
ら
か
で
理
有
料
化
が
有
力
な
手
段
で
あ
る
こ
と
は
、
を
考
え
て
仕
事
を
し
て
い
ま
す
。
ご
み
処
た
ら
い
い
か
﹂
私
た
ち
は
、
毎
日
こ
の
こ
と
﹁
可
燃
ご
み
を
減
ら
す
た
め
に
は
ど
う
し
ふ
じ
﹂
を
目
指
し
て
﹁
富
士
山
が
映
え
る
き
れ
い
な
ま
ち
利
用
者
が
事
業
を
軌
道
に
乗
せ
て
い
く
た
め
ま
た
、
ミ
ニ
セ
ミ
ナ
ー
を
開
催
す
る
な
ど
、
使
っ
た
開
業
準
備
が
で
き
ま
す
。
[email protected]
http://www.f-biz.jp
問
B A ☎ い 年
︵
30 合 始
わ
︶
6 せ
3 /
6 富
3 士
5
︵
30
︶
6
3
6
4
市
産
業
支
援
セ
ン
タ
ー
相
談
を
受
け
な
が
ら
、
パ
ソ
コ
ン
な
ど
を
で
き
る
よ
う
に
な
っ
て
い
ま
す
。
そ
の
場
で
施
設
の
一
部
は
、
利
用
者
が
自
由
に
使
用
②
多
目
的
ワ
ー
ク
ス
ペ
ー
ス
の
提
供
休 利 相
館 用 談 相
日 時 料 談
/ 間 / 内
土 / 無 容
・ 月 料 ・
日 ∼ ︵ 日
曜 金 コ 時
日 曜 ピ を
、 日
ー ご
祝
は 連
休 9 有 絡
日 ∼ 料 く
、 17 ︶ だ
年 時
さ
末
い
ス
プ
ラ
ン
づ
く
り
、
資
金
調
達
や
販
路
の
開
起
業
に
必
要
な
段
階
に
応
じ
て
、
ビ
ジ
ネ
﹁
や
る
気
﹂
を
形
に
す
る
主
な
支
援
内
容
①
起
業
相
談
相
談
方
法
/
予
約
制
。
事
前
に
、
電
話
で
利
用
案
内
の
挑
戦
を
待
っ
て
い
ま
す
。
題
に
対
す
る
最
善
の
解
決
策
を
提
供
し
ま
す
。
で
も
気
軽
に
ご
連
絡
く
だ
さ
い
。
皆
さ
ん
紹
介
し
、
起
業
に
向
け
た
有
益
な
情
報
や
課
を
抱
え
て
い
る
人
も
大
歓
迎
で
す
。
い
つ
適
し
た
産
業
支
援
機
関
や
経
済
団
体
な
ど
を
い
な
い
と
い
う
人
、
起
業
に
対
し
て
不
安
相
談
内
容
に
よ
っ
て
、
よ
り
事
業
内
容
に
ま
だ
ア
イ
デ
ア
段
階
で
何
も
決
ま
っ
て
決
や
集
中
的
な
支
援
を
行
い
ま
す
。
⑤
各
種
支
援
機
関
と
の
調
整
・
連
携
事
業
化
を
目
指
し
て
い
き
ま
す
。
が
で
き
る
こ
と
か
ら
、
よ
り
短
時
間
で
の
ど
、
多
彩
な
内
容
を
実
施
し
ま
す
。
で
、
相
談
を
受
け
た
そ
の
場
で
開
業
準
備
B
i
z
の
機
能
を
強
化
し
、
迅
速
な
課
題
解
能
力
を
身
に
つ
け
る
、
起
業
力
を
高
め
る
な
目
的
ワ
ー
ク
ス
ペ
ー
ス
を
活
用
す
る
こ
と
た
め
の
起
業
支
援
施
設
で
す
。
既
存
の
f
や
る
気
を
高
め
る
、
実
践
的
な
ビ
ジ
ネ
ス
指
す
人
を
支
援
し
ま
す
。
あ
わ
せ
て
、
多
し
、
市
の
産
業
活
力
の
担
い
手
を
育
成
す
る
④
起
業
セ
ミ
ナ
ー
生
か
し
、
さ
ま
ざ
ま
な
業
種
で
起
業
を
目
の
一
環
で
、
創
業
を
目
指
す
起
業
家
を
支
援
バ
イ
ス
を
し
ま
す
。
の
専
門
家
が
そ
れ
ぞ
れ
の
分
野
の
能
力
を
ン
ス
ト
ッ
プ
セ
ン
タ
ー
、
富
士
市
る
﹁
チ
ャ
レ
ン
ジ
ャ
ー
応
援
プ
ロ
ジ
ェ
ク
ト
﹂
掲
げ
る
、
新
し
い
企
業
の
育
成
・
誘
致
を
図
ザ
ー
と
し
て
招
き
、
体
験
談
を
交
え
た
ア
ド
﹁
f
B
i
z
e
g
g
﹂
で
は
、
7
人
ん の 8
挑 月
戦 29
を 日
応 、
援 起
す 業
る を
、 目
創 指
業 す
の 皆
ワ さ
躍
し
て
い
る
起
業
家
を
、
ゲ
ス
ト
ア
ド
バ
イ
7
件
が
起
業
し
て
い
ま
す
。
﹁
富
士
市
都
市
活
力
再
生
ビ
ジ
ョ
ン
﹂
に
実
際
に
起
業
し
、
さ
ま
ざ
ま
な
分
野
で
活
べ
3
倍
に
な
り
ま
し
た
。
今
年
度
は
既
に
日本一大きな、
夢 た ま ご。
[エフビズ エッグ]
f
B
i
z
e
g
g
オ
ー
プ
ン
エ
フ
﹁
f
B
i
z
e
g
g
﹂
と
は
ビ
ズ
エ
ッ
グ
③
先
輩
起
業
家
に
よ
る
ア
ド
バ
イ
ス
超
え
、
中
で
も
起
業
相
談
は
昨
年
度
に
比
も
、
5
年
前
の
オ
ー
プ
ン
以
来
1
万
件
を
と
感
じ
ま
す
。
f
B
i
z
へ
の
相
談
件
数
-
あきひと
青木 哲人さん[左]、
浦川 拓也さん
拓
、
宣
伝
・
販
売
促
進
の
方
法
ま
で
、
専
門
産
業
支
援
セ
ン
タ
ー
﹁
f
B
i
z
-
創業を支援する
インキュベートマネージャー
家
が
相
談
に
乗
り
ま
す
。
-
に
必
要
な
情
報
を
収
集
す
る
場
と
し
て
も
活
用
で
き
ま
す
。
e
g
g
﹂
が
中
央
図
書
館
分
館
2
階
-
◀施設入り口
に
オ
ー
プ
ン
し
ま
し
た
。
-
短 縮 皆
を さ
図 ん
っ の
て 起
い 業
き 実
ま 現
す ま
。 で
の
時
間
-
▼「f-Biz egg」多目的ワークスペース
う
チ
ャ
レ
ン
ジ
精
神
を
持
っ
た
人
が
多
い
市
に
比
べ
、
﹁
何
か
を
始
め
た
い
﹂
と
い
富
士
市
に
は
、
県
内
の
ほ
か
の
主
要
都
起
業
し
た
い
あ
な
た
を
全
力
で
サ
ポ
ー
ト
し
ま
す
!
一
緒
に
チ
ャ
レ
ン
ジ
し
ま
し
ょ
う
!
広報ふじ 2013年 9 月20日号
6
公立・私立保育園の入園申込
平成
26年度
10月1日(火)∼12日(土)
受 付 期 間 受付時間・場所 月∼金曜日 8:30∼16:30 各保育園、市役所 4 階こども保育課
土曜日 8:30∼12:30 各保育園
公立・私立保育園の一覧 ◆は私立
地区
保育園名
所在地
電話番号 定員(人)受け入れ年齢
第 一 保 育 園 中央町3-2-16 52-1707
第 二 保 育 園 今泉4-3-11
52-2314
第 三 保 育 園 原田1150-1
52-2236
柏 原 保 育 園 沼田新田147-3 33-1234
120
90
70
60 産休明けから
杉 の 木 保 育 園 伝法2837
51-0285
120
広 見 保 育 園 大淵36-10
36-2670
120
吉
中 野 保 育 園 大淵2814
◆ 伝 法 保 育 園 伝法1707-6
原
◆ 松 の 実 保 育 園 伝法1964-1
35-0189
52-1317
70
250 5 か月から
55-0880
90
◆ 緑 ヶ 丘 保 育 園 今泉2147-1
52-3195
90 産休明けから
◆ ひ な 保 育 園 比奈1547
34-0531
90
◆ 中 里 保 育 園 中里1760-22
34-2471
120 3 か月から
38-0768
120
あい せい
◆ 愛 生 保 育 園 境655
◆ 富士見台リズム保育園 比奈2490
21-0814
260
蓼 原 保 育 園 蓼原868-7
61-0683
100
南
保
育
園 横割1-9-28
61-2193
130
浜
保
育
園 鮫島592-10
61-0200
90
産休明けから
なかじま保育園 中島268-2
61-1420
120
岩 本 保 育 園 岩本581-33
61-8882
90
富
森 島 保 育 園 森島160-1
◆ 富士さくら保育園 蓼原113-14
士 ◆ え の き 保 育 園 青葉町566
63-0925
80
64-3033
30 産休明けから
30 年少未満
61-0064
◆ 岩 松 保 育 園 松岡834
63-5406
60
◆ みどりご保育園 岩本2035
61-2381
120
◆ 松 岡 保 育 園 松岡1524-3
63-1324
150
◆ わかくさ保育園 五貫島704-221 63-5596
90
鷹 岡 保 育 園 久沢256-1
90
鷹
厚 原 保 育 園 厚原754-1
浅 間 保 育 園 入山瀬4-9-3
岡 て ん ま 保 育 園 天間63
71-3639
71-1577
150 3 か月から
140 産休明けから
71-3940
90
71-7839
60
71-7716
90
松 千 代 保 育 園 南松野2595-1 85-2336
90
岩 淵 保 育 園 岩淵58-16
60
◆ 富士わかば保育園 天間1598-1
富
士
川
61-8003
◆ 富 士 保 育 園 八幡町3-4
81-1008
認定こども園(保育園部)※全て私立。
地区
施設名
所在地
電話番号 定員(人)受け入れ年齢
吉 認定こども園わかば 大淵3
原 みのる認定こども園 原田1742-1
21-0115
70
21-4115
40
富
士
鷹
岡
すみれ認定こども園 平垣141
63-8632
75 産休明けから
認定こども園たかおか 厚原1385
71-3085
45 5 か月から
5 か月から
※認定こども園たかおかは平成26年 4 月開園予定です。
問い合わせ/
こども保育課 155-2762 551-0247
※認定こども園については各園へ。
7
広報ふじ 2013年 9 月20日号
場
合
に
は
、
改
め
て
申
し
込
ん
で
く
だ
さ
い
。
あ
る
人
が
い
て
、
保
護
者
が
そ
の
看
護
・
介
護
に
あ
わ
せ
て
地
域
の
子
育
て
支
援
を
行
う
施
設
で
す
。
な
い
児
童
で
、
平
成
26
年
度
も
入
園
を
希
望
す
る
⑤
家
庭
に
、
長
期
に
わ
た
る
病
人
や
心
身
に
障
害
が
★
認
定
こ
ど
も
園
と
は
、
幼
児
教
育
と
保
育
を
提
供
し
、
※
本
年
度
入
園
を
申
し
込
み
、
ま
だ
入
園
で
き
て
い
④
保
護
者
が
病
気
、
ま
た
は
心
身
に
障
害
が
あ
る
限
り
第
3
希
望
ま
で
記
入
し
て
く
だ
さ
い
。
③
母
親
が
出
産
の
前
後
3
か
月
で
あ
る
前
年
度
市
民
税
に
よ
り
決
定
し
ま
す
。
園
に
入
園
で
き
な
い
場
合
が
あ
り
ま
す
。
で
き
る
月
1
万
5
0
0
0
円
以
上
の
収
入
が
あ
る
︶
計
維
持
者
で
あ
る
祖
父
母
な
ど
の
前
年
分
の
所
得
税
、
※
定
員
に
余
裕
が
な
い
と
き
は
、
第
1
希
望
の
保
育
庭
で
家
事
以
外
の
仕
事
を
し
て
い
る
︵
内
職
で
は
保
育
料
は
、
父
母
ま
た
は
そ
の
世
帯
の
主
た
る
生
ど
も
園
に
申
し
込
ん
で
く
だ
さ
い
。
②
保
護
者
及
び
同
居
の
60
歳
未
満
の
人
が
昼
間
、
家
※
認
定
こ
ど
も
園
へ
の
入
所
は
、
直
接
、
各
認
定
こ
も
保
育
課
に
お
申
し
込
み
く
だ
さ
い
。
日
4
時
間
以
上
の
勤
務
︶
宅
外
で
仕
事
を
し
て
い
る
︵
月
16
日
以
上
で
、
1
保
育
料
を
す
る
こ
と
が
で
き
な
か
っ
た
場
合
は
、
直
接
こ
ど
①
保
護
者
及
び
同
居
の
60
歳
未
満
の
人
が
昼
間
、
自
に
な
っ
た
場
合
は
、
退
園
し
て
い
た
だ
き
ま
す
。
な
お
、
や
む
を
得
ず
10
月
12
日
ま
で
に
申
し
込
み
入
所
申
込
書
な
ど
は
、
各
園
、
こ
ど
も
保
育
課
で
配
布
︶
。
ど
も
保
育
課
に
提
出
し
て
く
だ
さ
い
︵
入
園
案
内
及
び
入
園
基
準
※
入
園
期
間
中
で
も
、
家
庭
で
保
育
が
で
き
る
状
態
で
き
な
い
と
市
長
が
判
断
し
た
場
合
公
立
・
私
立
と
も
、
入
所
申
込
書
を
各
園
ま
た
は
こ
も
あ
り
ま
す
。
同
時
に
申
し
込
み
が
で
き
ま
す
。
⑦
①
∼
⑥
以
外
に
、
明
ら
か
に
そ
の
児
童
の
保
育
が
た
っ
て
い
る
申
し
込
み
け
た
人
が
自
宅
で
保
育
す
る
﹁
保
育
マ
マ
制
度
﹂
⑥
火
災
・
風
水
害
な
ど
で
被
害
を
受
け
、
復
旧
に
当
※
3
歳
未
満
の
児
童
に
つ
い
て
は
、
市
の
認
定
を
受
当
た
っ
て
い
る
す
る
取
り
組
み
を
報
告
す
る
も
の
で
す
。
が
実
施
す
る
環
境
の
保
全
及
び
創
造
に
関
に
基
づ
く
取
り
組
み
な
ど
、
総
合
的
に
市
ン
購
入
基
本
方
針
︵
﹂
と
も
に
9
ペ
ー
ジ
上
︶
︵
事
務
事
業
編
︶
﹂
及
び
﹁
富
士
市
グ
リ
ー
る
﹁
富
士
市
地
球
温
暖
化
対
策
実
行
計
画
の
進
捗
状
況
の
報
告
や
、
計
画
に
関
連
す
い
る
5
つ
の
基
本
目
標
ご
と
の
取
り
組
み
﹁
富
士
市
環
境
基
本
計
画
﹂
に
挙
げ
て
﹁
富
士
市
環
境
報
告
書
﹂
と
は
○
古 ん
着 太
類 く
の ん
拠 ﹂
点 の
回 普
収 及
事
業
を
開
始
○
段 舗
ボ 装
ー の
ル 採
コ 用
ン
ポ
ス
ト
﹁
だ
っ
く
す
食く
○
自 行
動 為
車 ・
の 土
騒 地
音 利
低 用
減 事
の 業
た な
め ど
の へ
排 の
水 指
性 導
○
静 テ
か ィ
な ・
環 マ
境 ネ
を ジ
維 メ
持 ン
す ト
る 事
た 業
め
、
開
発
○
小 開
規 催
模
店
舗
の
省
エ
ネ
ル
ギ
ー
診
断
○
ム 事 Dデ 県
の 業 A の
取 所 Yイ ﹁
得 の s ズふ
を 環 ﹂ じ
促 境 に の
進 マ 参 く
さ ネ 加 に
エ
せ ジ
コ
る メ
チ
セ ン
ャ
ミ ト
レ
ナ シ
ン
ー ス
ジ
を テ
○
市 度
内 の
の 設
各 置
町 、
内 公
会 共
連 施
合 設
会 へ
と の
協 率
働 先
し 導
、 入
境
審
議
会
に
報
告
し
ま
す
。
★
い
た
だ
い
た
ご
意
見
は
、
富
士
市
環
く
り
セ
ン
タ
ー
で
も
受
け
付
け
ま
す
。
- ※
持 課 8
参 へ 6
の
0
場
1
合
の
富
み
士
、
市
各
役
地
所
区
環
ま
境
ち
総
づ
務
○
自
動
車
利
用
の
抑
制
の
た
め
の
モ
ビ
リ
○
再
生
可
能
エ
ネ
ル
ギ
ー
の
各
種
補
助
制
○
大
気
環
境
の
常
時
監
視
取
り
組
み
の
一
部
を
お
知
ら
せ
し
ま
す
。
目標
2
安 環
心 境
で へ
健 の
全 負
な 荷
ま の
ち 少
づ な
く い
り
目標
4
地 次
球 世
に 代
や に
さ 継
し 承
い す
ま る
ち
づ
く
り
フ 意 ウ の に 10
、 月
ァ 見 ン 意 ﹁
ク を ロ 見 富 21
ス 記 ー 書 士 日
︵
︵
、 入 ド ﹂
E し 可 市 市 月
メ 、 ︶ ウ 環 ︶
の
ー 直 に ェ 境 17
報
ル 接 、 ブ
時
で ま 必 サ 告 ︵
書
必
、 た 要 イ
に 着
〒
は
ト
事
4
つ ︶
1 郵 項 で い ま
7 送 と ダ て で
、
基 本 今
目 回
標 は
ご 、
と 計
、 画
昨 で
年 挙
度 げ
に ら
実 れ
施 て
し い
た る
を
進
め
て
い
ま
す
。
富
士
市
環
境
報
告
書
富 士 市
市 は
環 、
境 平
基 成
本 23
計 年
画 度
﹂ か
の ら
取 ﹁
り 第
組 二
み 次
○ ○
農 農 採
林 地 用
水 の
産 確
フ 保
や
ェ エ
ア コ
フ
ァ
ー
マ
ー
へ
の
支
援
○
ナ よ 富 屋
ー る 士 市
向 撮 山 を
上 影 百 含
の エ 景 む
た リ サ 市
め ア ポ 内
の の ー 外
啓 環 タ 6
発 境 ー か
活 保 ズ 所
動 全 ク で
や ラ 開
、 ブ 催
マ に
○
地 質
下 の
水 監
維 視
持
の
た
め
の
透
水
性
舗
装
の
○
地 推
下 進
水
・
河
川
・
海
域
の
定
期
的
な
水
○ ○ ○
富 防 バ 助
士 災 ス 金
山 講 路 を
百 座 線 交
景 を 再 付
写 開 編
真 催 計
展
画
を
の
東
策
京
定
都
・
名
古
○
市 配
民 布
・
事
業
者
の
生
け
垣
づ
く
り
に
補
︻ 提 を報
出 募告
方 集書
法 しに
︼ ま対
すす
る
皆
さ
ん
の
意
見
サ
イ
ト
な
ど
で
ご
ら
ん
に
な
れ
ま
す
。
ま
ち
づ
く
り
セ
ン
タ
ー
、
市
ウ
ェ
ブ
﹁
富
士
市
環
境
報
告
書
﹂
は
、
各
地
区
○
市
有
林
の
適
正
管
理
と
民
有
林
の
間
伐
○
ブ
ナ
林
創
造
事
業
に
よ
る
植
樹
目標
1
守 富
り 士
活い山
か が
す 育
ま む
ち 豊
づ か
く な
り 自
然
を
○
地
域
花
壇
を
管
理
す
る
団
体
へ
の
花
苗
○
幹
線
道
路
へ
の
植
樹
帯
の
設
置
○
市 の 友 ド
内 政 好 バ
製 府 都 イ
紙 友 市 ザ
工 好 で ー
場 訪 あ を
の 問 る 派
視 団 中 遣
察 ・ 国
な 商 浙せっ
ど 務 江こう
代 省
表 嘉か
団 興こう
の 市
実基
施本
し目
た標
取別
り平
組成
み 24
年
度
に
を
公
表
し
ま
す
目標
3
暮 自
ら 然
し や
や 風
す 土
い に
ま 配
ち 慮
づ し
く た
り
○
環 パ
境 ト
教 ロ
育 ー
に ル
延 調
べ 査
2
3
9
人
の
環
境
ア
○
各 開
地 催
域
の
公
害
防
止
組
織
に
よ
る
工
場
○
環
境
エ
ネ
ル
ギ
ー
展
と
環
境
フ
ェ
ア
を
目標
5
環 パ
境 ー
と ト
調 ナ
和 ー
す シ
る ッ
ま プ
ち で
づ 進
く め
り る
広報ふじ 2013年 9 月 20 日号
8
区分別温室効果ガス排出量(t-CO2)
排出量(t-CO2)
区 分
H21
(基準年度)
H24
削減量
削減率
(%)
(t-CO2) H24
H27
目標値
市役所独自に取
り組むことので 35,662.3 36,072.6
きる排出量
410.3
1.2
- 5.9
一般廃棄物焼却
28,391.4 28,316.5
に伴う排出量
- 74.9
- 0.3
- 15
下水・し尿処理
に伴う排出量
1,794.2
1,805.2
11
0.6
10.7
車両の使用に伴
う排出量
785.3
768.3
- 16.9
- 2.2
0
笑気ガスの使用
に伴う排出量
334.8
148.8
- 186 - 55.6 - 66.7
66,967.9
67,111.4
合 計
143.5
削
減
す
る
こ
と
を
目
標
に
掲
げ
て
い
ま
す
。
0.2
- 9.5
※四捨五入しているため、数値が一致しない場合があります。
低
公
害
車
を
7
台
導
入
し
ま
し
た
。
︵
紙
製
︶
、
附
箋
紙
な
ど
で
す
。
ま
た
、
公
用
車
は
、
も
の
は
、
ト
イ
レ
ッ
ト
ペ
ー
パ
ー
、
事
務
用
封
筒
す だ る
平 。 け 前
成
小 に
24
さ 必
年
い 要
度
製 性
で
品 を
グ
を 熟
リ
優 考
ー
先 し
ン
し 、
購
て 環
入
購 境
率
入 負
の
す 荷
高
る が
か
こ で
っ
と き
た
で る
グ
リ
ー
ン
購
入
と
は
、
消
耗
品
な
ど
を
購
入
す
富
士
市
グ
リ
ー
平ン
成購
24 入
年基
度本
購方
入針
結
果
ル
ギ
ー
使
用
量
の
削
減
に
努
め
て
い
き
ま
す
。
新
の
際
に
は
省
エ
ネ
タ
イ
プ
に
す
る
な
ど
、
エ
ネ
省
エ
ネ
行
動
を
推
進
す
る
と
と
も
に
、
施
設
の
更
で
あ
る
平
成
21
年
度
に
対
し
、
全
体
で
9
・
5
%
ス
排
出
量
を
、
平
成
27
年
度
ま
で
に
、
基
準
年
度
今
後
も
引
き
続
き
、
職
員
の
エ
コ
意
識
を
高
め
、
笑
気
ガ
ス
使
用
量
の
削
減
所
の
事
務
事
業
に
お
い
て
発
生
す
る
温
室
効
果
ガ
④
中
央
病
院
に
お
け
る
麻
酔
方
法
の
変
更
に
よ
る
こ
の
計
画
で
は
、
5
つ
の
区
分
に
分
け
、
市
役
平
成
23
年
度
か
ら
取
り
組
ん
で
い
ま
す
。
︵
事
務
事
業
編
︶
﹂
を
第
三
次
計
画
と
し
て
策
定
し
、
市
は
、
﹁
富
士
市
地
球
温
暖
化
対
策
実
行
計
画
富
士
市
地
球
温
暖
化
対
策
実
行
計
画
ストッ
プ
地球温 !!
暖
ン し め 員
化
、
身
近
な
こ
と
か
ら
省
エ
ネ
行
動
・
グ
リ
ー
皆
さ
ん
も
、
職
場
や
家
庭
で
の
生
活
を
見
直
③
② ①
自 少 一
※ よ 電 エ
動
般 す C 1 り 力 ネ
車
廃 値 O2 キ 排 会 ル
燃
棄 。 ︵ ロ 出 社 ギ
二 ワ 量 の ー
料
物
酸 ッ が 排 使
に
中
化 ト 増 出 用
お
の
炭 の 加 係 量
け
廃
素 電
る
プ
数 は
︵ 5
︶
軽
ラ
が 力
※ ・
油
ス
排 使
︶
使
チ
が 5
出 用
用
ッ
ふ %
さ で
量
ク
え 減
れ ど
の
割
た 少
る れ
削
合
こ し
か だ
減
の
と た
を け
減
に が
示 の
、
︿
主
な
増
減
要
因
﹀
︵
事
務
事
業
編
︶
購
入
へ
の
取
り
組
み
を
お
願
い
し
ま
す
。
て
い
ま
す
。
一
丸
と
な
っ
て
環
境
に
や
さ
し
い
行
動
に
努
市
は
、
市
内
の
事
業
所
の
一
つ
と
し
て
、
職
度
と
比
較
し
、
全
体
で
0
・
2
%
増
加
し
ま
し
た
。
平
成
24
年
度
は
、
基
準
年
度
で
あ
る
平
成
21
年
﹁
富
士
市
グ
リ
ー
ン
購
入
基
本
方
針
﹂
平
成
24
年
度
の
取
り
組
み
結
果
﹁
富
士
市
地
球
温
暖
化
対
策
実
行
計
画
︵
事
務
事
業
編
︶
﹂
、
「富士市環境報告書」「富士市地球温暖化対策実行計画」などについての
問い合わせ 環境総務課 環境政策担当
[email protected]p
わ
か
ち
あ
い
昨年の福祉展
☎
内 入
︵ 問
い
写
場
55
真
合
容
料
︶
2 わ な / /
8 せ ど 絵 無
4 約 画 料
0
福 2 、
5 手
5
︵ 祉 0 芸
52 総 0 品
務
︶
2 課 点 、
を 書
2
展 道
9
示 、
0
9
広報ふじ 2013年9 月20日号
と
と て 的
こ 9 つ 障
ろ ∼ き く 害
/ 17 / っ ︵
児
ロ 時 10 た
ゼ ︵ 月 作 者
シ 20 16 品 ︶
な
ア 日 ∼ を ど
タ
ー は 20 発 が
1 16 日 表 、
し 丹
階 時
ま 精
展 ま
す 込
示 で
室 ︶
。
め
高
齢
者
、
身
体
障
害
児
︵
者
︶
、
知
第
43
回
富
士
市
福
祉
展
市民福祉まつり ステージ 福祉体験
☎ 問 ※
内
︵
64 い く ま ト が 高 ー 祉 ※
︶ 合 だ す ボ 必 齢 、 体 容 小
6 わ さ の ラ 要 者 親 験 / 雨
6 せ い で ン な や 子 、 ス 決
0 。 、 テ 人 障 の 啓 テ 行
0 社
安 ィ は 害 ふ 発 ー 。
会
心 ア 、 の れ コ ジ
5
︵ 福
し が 来 あ あ ー 発
64 祉
て お 場 る い ナ 表
︶ 協
お 手 者 人 な ー 、
6
出 伝 サ で ど 、 各
5 議
か い ポ 介
バ 種
6 会
7
け し ー 助
ザ 福
と
こ
ろ
/
中
央
公
園
イ
ベ
ン
ト
広
場
と
9 時 き
30 /
分 10
∼ 月
15 20
時 日
︵
日
︶
ふ で
れ あ
あ い
い
第
33
回
市
民
福
祉
ま
つ
り
ご
協
力
を
お
願
い
し
ま
す
。
☎
︵
55
︶
2
8
0
0
9
∼
10
月
は
緑
の
募
金
月
間
で
す
。
※
詳
し
く
は
上
下
水
道
総
務
課
へ
。
問
い
合
わ
せ
/
商
業
労
政
課
1
︵
55
︶
2
9
0
7
5
︵
51
︶
1
9
9
7
①
11
時
∼
②
13
時
30
分
∼
各
2
0
0
袋
︵
先
着
順
︶
①
9
時
20
分
∼
②
11
時
∼
ン
ジ
ェ
ル
﹂
に
よ
る
ダ
ン
ス
●
コ
ン
ポ
ス
ト
︵
肥
料
︶
の
配
布
見る
●
●
キ 11 チ
ッ 時 ェ
ズ ∼ ー
ダ 12 ン
ン 時 ソ
ス 30 ー
チ 分 ア
ー
ー
ト
ム
﹁
ド
リ
ー
ム
・
エ
無料
寄
せ
植
え
に
挑
戦
!
※
出
店
者
の
募
集
は
、
広
報
ふ
じ
9
月
5
も
出
品
し
ま
す
。
※
車 土
吉 ・
原 日
駅
︵ 曜
日
☎
︵ 、
33
祝
︶ 休
0
5 日
1 は
0 、
︶ 岳
へ 南
。 電
日
号
に
掲
載
済
み
。
☎
︵
53
︶
5
1
1
1
会
場
内
で
購
入
し
た
花
苗
や
鉢
を
使
っ
て
で
な
く
、
雑
貨
や
食
品
問
い
合
わ
せ
/
岳
南
電
車
︵
株
︶
本
町
﹁
軽
ト
ラ
市
﹂
●
平
成
25
年
度
花
壇
コ
ン
ク
ー
ル
パ
ネ
ル
展
●
ガ
ー
デ
ニ
ン
グ
コ
ン
テ
ス
ト
市
民
投
票
載
済
み
︶
。
※
事
前
予
約
︵
広
報
ふ
じ
9
月
5
日
号
に
掲
● ● ●
フ※ コ※ 緑
ラ ン の
ワ テ 相
ー ナ 談
ア ガ コ
レ ー ー
ン デ ナ
ジ ン ー
メ 講
ン 習
ト 会
講
習
会
●
グ
リ
ー
ン
ツ
ア
ー
︵
自
然
観
察
会
︶
●
モ
デ
ル
ガ
ー
デ
ン
展
示
●
お
し
ば
な
教
室
●
自
然
の
素
材
で
遊
ぼ
う
央
公
園
間
を
シ
ャ
ト
ル
バ
ス
が
走
り
ま
す
。
●
バ
ラ
の
育
て
方
講
② 習
12 会
時 30
分
∼
①
9
時
30
分
∼
買う
︵
土
が
な
く
な
り
次
第
終
了
︶
市
で
す
。
農
作
物
だ
け
学ぶ
●
そ
の
場
で
寄
せ
植
え
コ
ー
ナ
ー
※
ア
ン
ケ
ー
ト
に
ご
協
力
く
だ
さ
8 い
時 。
∼
を
店
舗
に
見
立
て
た
朝
コ
ー
ス
/
岳
鉄
﹁
吉
原
本
町
駅
﹂
↓
富
士
軽
ト
ラ
ッ
ク
の
荷
台
※
雨
天
中
止
。
●
対 ① 苗 市
象 9 木 民
/ 時 無 の
市 ∼
︵ 料 花
内 3 配 ﹁
在 0 布 バ
住 0 ︵ ラ
・ 株
︵
在 ︶ 先
四
着
勤 ②
の 12 順 季
人 時 ︶ 咲
き
︵ ∼
大
1 ︵
2
人 0
輪
1 0
︶
﹂
株 株
の
︶ ︶
﹁
軽
ト
ラ
市
﹂
と
は
と
岳
鉄
き わ
/ く
10 わ
月 く
26 ウ
日
︵ オ
土 ー
︶ キ
8 ン
時 グ
受 ︵
付 無
開 料
始 ︶
●
富
士
ブ
ラ
ン
ド
販
売
と と
こ ろ き
/ /
富 ※ 10
士 雨 月
本 天 26
町 決 日
︵
商 行 土
店 。 ︶
街 9
∼
12
時
し
ま
す
。
ぐ
る
み
が
初
登
場
﹁
ロ
ペ
テ
ィ
﹂
の
着
街
の
ゆ
る
キ
ャ
ラ
●
花
木
オ
ー
ク
シ
ョ
ン
買
い
上
げ
ご
と
に
1
回
14 抽
時 せ
∼ ん
1
店
舗
当
た
り
花
木
1
0
0
0
円
以
上
お
い
て
買
い
物
を
し
て
み
ま
せ
ん
か
?
﹁
★
ロ
富 ペ 同
士 テ 時
本 ィ 開
町 ﹂ 催
商 お イ
店 披 ベ
ン
露 ト
目
に
会
話
を
楽
し
み
な
が
ら
、
商
店
街
を
歩
●
抽
せ
ん
会
●
即
売
会
︵
庭
木
・
観
葉
植
物
・
園
芸
用
品
な
ど
つ
く
っ
た
人
と
顔
を
合
わ
せ
、
お
互
い
開
催
し
ま
す
。
※
車
で
お
越
し
の
場
合
は
、
中
央
公
園
駐
車
場
や
市
役
所
駐
車
場
、
ユ
ニ
プ
レ
ス
第84回
とと
こ ろき
//
中 10
央月
公 13
園日
イ︵
ベ日
ン︶
ト 8
広∼
場 15
︵時
ロ︵
ゼ雨
シ天
ア決
タ行
ー︶
北
側
︶
緑
と
花
の
百
科
展
(事務局:みどりの課)
☎55-2793 553-2772
歩 行 富
者 士
天 本
国 町
に 商
し 店
て 街
4
、
﹁ 5
軽 0
ト メ
ラ ー
市 ト
﹂ ル
を を
富
士
本
町
﹁
軽
ト
ラ
市
﹂
開
催
交
通
規
制
区
域
駐
車
場
を
ご
利
用
く
だ
さ
い
。
【問い合わせ】
みどりいっぱい富士市民の会
︶
※
同
日
開
催
す
る
富
士
市
技
能
フ
ェ
ス
テ
ィ
バ
ル
会
場
の
ふ
じ
さ
ん
め
っ
せ
∼
中
富士第一小
税務署
富士市
交流プラザ
JR富士駅
の
で
ご
協
力
を
お
願
い
し
ま
す
。
軽
ト
ラ
80
台
大
集
合
!
※
8
∼
13
時
ま
で
交
通
規
制
を
行
い
ま
す
ニま
ュち
ーな
ズか
レ
タ
ー
第2回
専
門
的
な
知
識
を
紹
介
し
ま
す
。
商
店
街
の
イ
ベ
ン
ト
や
商
店
主
の
か
の
魅
力
を
知
っ
て
も
ら
う
た
め
、
こ
の
コ
ー
ナ
ー
で
は
、
ま
ち
な
広報ふじ 2013 年 9 月20日号 10
8 月のできごと
富士山の魅力を再発見!
▲湧水公園の川に入り、水の冷たさを肌に感じた子ど
もたち
も
し
ろ
か
っ
た
﹂
と
話
し
て
い
ま
し
た
。
﹁
富
士
山
の
こ
と
が
よ
く
わ
か
っ
て
お
り
す
る
な
ど
富
士
山
の
魅
力
を
学
び
、
り
、
常
葉
大
学
で
生
き
物
観
察
を
し
た
入
り
、
湧
き
水
の
冷
た
さ
を
体
感
し
た
子
ど
も
た
ち
は
、
湧
水
公
園
で
川
に
富
士
塚
を
め
ぐ
り
ま
し
た
。
水
公
園
や
常
葉
大
学
、
市
立
博
物
館
、
そ
の
保
護
者
9
組
21
人
が
参
加
し
、
湧
だ
内
容
で
行
わ
れ
ま
し
た
。
小
学
生
と
産
登
録
を
記
念
し
、
富
士
山
に
ち
な
ん
室
。
こ
と
し
は
、
富
士
山
世
界
文
化
遺
て
学
ぶ
夏
休
み
恒
例
の
子
ど
も
市
政
教
見
学
会
に
、
市
内
の
小
学
生
と
そ
の
保
夏
休
み
の
特
別
企
画
と
し
て
開
催
し
た
公
共
施
設
を
見
学
し
、
市
政
に
つ
い
子
ど
も
市
政
8 教
月 室
9
日
市
内
各
所
田子の浦港の役割を学ぶ
い
ま
し
た
。
▲ 30 分に及ぶ乗船体験で港内を見学する参加者
の
田
子
の
浦
港
を
楽
し
そ
う
に
眺
め
て
ま
り
見
る
こ
と
の
で
き
な
い
船
上
か
ら
見
学
。
子
ど
も
も
大
人
も
、
ふ
だ
ん
あ
船
上
か
ら
港
や
港
内
で
働
く
船
な
ど
を
ま
た
、
実
際
に
釣
り
船
に
乗
船
し
て
、
ら
説
明
を
受
け
ま
し
た
。
ラ
ス
漁
に
つ
い
て
、
パ
ネ
ル
を
見
な
が
の
浦
港
の
役
割
や
重
要
性
、
そ
し
て
シ
参
加
者
は
、
田
子
の
浦
漁
協
で
田
子
護
者
21
組
51
人
が
参
加
し
ま
し
た
。
国
土
交
通
省
清
水
港
湾
事
務
所
が
、
8
月
20
日
田
子
の
浦
港
田
子
の
浦
港
親
子
見
学
会
地元農園のブルーベリーを知る
し ル に 子
た ー よ ど
。 ベ っ も
リ て た
ー 味 ち
の が は
味 違 、
﹁
を う 甘
楽 ﹂ 酸
し な っ
ん ど
だ 、 ぱ
よ 生 い
う の ﹂
﹁
▲たくさん実ったブルーベリーを丁寧に摘み取っている
で ブ 木
子どもたち
11 広報ふじ 2013年 9 月20日号
た
ブ
ル
ー
ベ
リ
ー
を
そ
の
場
で
食
べ
た
づ
く
り
を
体
験
し
ま
し
た
。
摘
み
取
っ
び
、
実
際
に
、
農
園
で
収
穫
や
挿
し
木
宮
の
ブ
ル
ー
ベ
リ
ー
栽
培
に
つ
い
て
学
子
ど
も
た
ち
は
、
農
園
主
か
ら
、
今
年
生
23
人
が
参
加
し
ま
し
た
。
小
学
校
と
富
士
見
台
小
学
校
の
4
∼
6
ブ
ル
ー
ベ
リ
ー
農
園
で
行
わ
れ
、
神
戸
タ
ー
合
同
少
年
教
育
事
業
が
、
今
宮
の
神
戸
・
富
士
見
台
ま
ち
づ
く
り
セ
ン
8
月
20
日
富
士
ベ
リ
ー
フ
ァ
ー
ム
ブ
ル
ー
ベ
リ
ー
農
園
へ
行
こ
う
!
暮 らしのたより
富士山世界文化遺産登録記念テーマ展
とうせんいん
富士山東泉院と富士山信仰
市立博物館 121-3380
と き/10月12日∼12月22日 9:00
∼17:00 (11月 1 日f以降は16:30
まで)
ところ/市立博物館特別展示室
内 容/今泉に存在した真言密教の
寺院「富士山東泉院」に伝わる富
士山関連の資料や神事・祭礼・行
事の記録を中心に紹介
入館料/大人100円、小・中学生50円
(20人以上の団体料金は、大人60
円、小・中学生30円)
10月
移動図書館車ふじ号の巡回日程
中央図書館 151-4946
日
場所と貸し出し開始時刻
1 日c
ハックドラッグ川成島店第 2 駐車場(14:00)
JA富士市竪堀支店駐車場(15:00)
2・16日d
3・17日e
4・18日f
駿河台団地( 2 日の14:15のみ)
富士見台市営住宅集会所前(15:00)
滝戸団地内(14:00)
岩本山団地集会所前(15:00)
セブン-イレブン中里店駐車場(10:00)
マックスバリュ富士江尾店駐車場(11:00)
加島の郷( 4 日の14:15のみ)
四丁河原南公会堂駐車場(15:00)
鈴川中町フードランド前(10:00)
5・19日g
松野まちづくりセンター(19日の14:00のみ)
10・24日e 歴史民俗資料館駐車場(15:00)
富士信用金庫中丸支店駐車場(10:00)
12・26日g ききょうの郷駐車場(12日の14:00のみ)
富士南まちづくりセンター(15:00)
休館日/7・15・21・25・28日
※都合により中止・変更する場合があります。
募 集
バドミントン大会参加者
りぷす富士(市立富士川体育館) 181-2111
と き/12月 1 日a
ところ/市立富士川体育館
部 門/ミックスダブルス
上級(12
組)
・中級(18組)
・初級者(18組)
・初心者(12組)(各先着順)
参加料/ 1 組1,500円
申し込み/10月12日gの9:30から受
け付けます。申込用紙(市立富士
川体育館・市立富士体育館・温水
プールなどで配布)に必要事項を
記入し、直接またはFAXで市立富
士川体育館へ
581-2301
一般求職者向け合同企業面接会
お知らせ
商業労政課 155-2778
と き/10月30日d 13:00∼16:00
ところ/ふじさんめっせ
参加予定企業/約40社
対 象/市内在住の求職者
内 容/企業ごとの面談ブースで、
採用担当者との個別面談
申し込み/受付票(商業労政課・各
地区まちづくりセンターで配布、
市ウェブサイトでダウンロード可)
に必要事項を記入し、当日直接会
場へ
※受付票は、面接会当日に記入する
こともできます。
※複数の企業との面談ができます。
履歴書を複数枚持参してください。
富士市不妊治療費助成事業
∼不妊治療費の一部を助成します∼
健康対策課 164-8994
内 容/一般不妊治療及び特定不妊治
療に要する費用の一部を助成(治療の
一環として実施される検査も含む)
対 象/夫または妻が、市内に 1 年
以上住所を有し、不妊治療を受けて
いる戸籍上の夫婦で、子どもがいな
い、または 1 人しかいない夫婦
※ほかの同種の補助(静岡県特定不
妊治療費補助金は除く)を受けて
いないこと。
補助金額/治療に要した額から保険
適用額及び静岡県特定不妊治療費
補助金を受けた場合は、その額を
差し引いた金額の 2 分の 1 で、上
限15万円( 1 年度当たり 1 回、通
算 5 回まで)
※詳しくは、健康対策課にお問い合
わせください。
赤い羽根共同募金に
ご協力お願いします
10月 1 日∼12月31日
自衛隊採用制度説明会
市民課 155-2746
と き/①10月13日a10:00∼15:00
ところ/富士駅南まちづくりセンター
申し込み/当日直接会場へ
問い合わせ/自衛隊富士地域事務所
151-1719
里親月間記念事業・新規里親相談会
∼10月は里親月間です∼
子育て支援課 155-2763
「ふじ虹の会」による里親月間の
記念事業と新規里親相談会を開催し
ます。
と き/10月27日a 9:30∼16:30
ところ/富士宮市総合福祉会館
※記念事業への出席は、事前に予約が
必要です。電話で子育て支援課へ。
※里親の申請は、子育て支援課で随
時受け付けています。
献血にご協力を
福祉総務課 155-2757
10月の献血
日
場 所
3 日e
市役所駐車場
13日a
時 間
9:30∼16:00
(昼休み12:00∼13:15)
ふじさんめっせ
9:30∼15:00
(昼休み11:30∼12:30)
ジャンボエンチョー
9:30∼16:00
富士店駐車場
(昼休み12:00∼13:15)
17日e 市役所駐車場
中央公園
20日a
9:30∼15:00
(福祉まつり)
自死遺族のための個別相談会
すみれ相談会
健康対策課 164-8993
と き
ところ
10月16日d 御殿場健康福祉センター
10550-82-1222
11月20日d 東部健康福祉センター
(沼津市)1055-920-2087
12月18日d
じぶんの町を良くするしくみ。
事務局:富士市共同募金委員会
(富士市社会福祉協議会内)
164-6600
富士健康福祉センター
(本市場) 165-2155
対 象/大切な人を自死で亡くした人
申し込み/予約が必要です。事前に
電話で各会場へ
問い合わせ/静岡県精神保健福祉協
会
1・5054-202-1220
広報ふじ 2013年 9 月20日号 12
平成 25 年 9 月 20 日号
「スポーツ感動の写真展」作品
スポーツ振興課 153-6045
募集作品/スポーツを主題とした感
動あふれる写真で未発表のもの
※平成24年10月∼平成25年10月に撮影し
た作品で、一人で複数枚応募できます。
規 格/四つ切り版または、A 4 版
対 象/市内在住・在勤の人
応募方法/10月 5 日g(必着)まで
に、住所、氏名、撮影日、題名、
コメントを記入したものを裏面に
貼りつけ、直接または郵送で、〒
417-8601 富士市役所内富士市体
育協会事務局へ(返却不可)
※優秀作品は、表彰・展示します。
秋の丸火自然公園で
オリエンテーリングを楽しもう
少年自然の家 135-1697
と き/10月27日a 8:30∼12:00
※雨天決行、荒天中止。
対 象/小学生、親子、一般
参加費/500円(地図代ほか)
持ち物/筆記用具、雨具、昼食など
申し込み/10月 1 ∼10日( 7 日bは
除く)に、電話で少年自然の家へ
第 4 回 富士市アマチュア
ゴルフ選手権大会
スポーツ振興課 153-6045
と き/11月21日e
ところ/南富士カントリークラブ
出場資格/市内在住(学生は本籍が
あれば可)で、ハンデキャップ15以
下またはスコア平均85以内の人
定 員/100人(先着順)
参加費/3,000円
にちぶにマナぶ!
申し込み/10月21日bまでに、直接ま
日本舞踊ワークショップ(無料)
たは電話で、市内練習場・ゴルフ場へ
ロゼシアター 160-2500
問い合わせ/富士市ゴルフ連盟
と き/11月10日a 13:00∼
136-0101
ところ/ロゼシアターリハーサル室
ファミリー・サポート・センター
講 師/日本舞踊家集団「弧の会」
地区別交流会
対 象/小学生(初心者可)
子育て支援課ファミリーサポートセンター 166-4128
定 員/30人(先着順)
申し込み/10月11日fの10:00から受
会員同士で一時的に子どもの預か
け付けます。直接ロゼシアターへ
りを行うファミリー・サポート・セン
ターの地区別交流会に参加しませんか。
マンション管理のノウハウセミナー
と き/10月24日e 10:00∼11:30
∼建物の管理について∼
ところ/伝法まちづくりセンター
住宅政策課 155-2817
内 容/活動事例紹介、折り紙遊び、
季節の工作、室内ゲームなど
と き/10月19日g 13:30∼16:00
対 象/会員及び事業に興味のある
ところ/市役所 6 階第一会議室
人(子ども連れ歓迎)
内 容/個別相談会、セミナー
講 師/後藤唯夫さん(マンション 申し込み/当日直接会場へ
※当日その場で会員登録できます。
管理士)
対 象/分譲マンション管理組合関
世界遺産登録記念 2013 全日本大学女子
係者、区分所有者、管理業者など
選抜駅伝競走開催記念
※一般の人も参加できます。
チームQランニングクリニック(観覧)
参加費/無料
企画課 155-2718
申し込み/事前に、参加申込書(住
と き/10月14日b 体育の日
宅政策課で配布、市ウェブサイト
13:00∼16:00
でダウンロード可)に必要事項を
※雨天時は観覧中止。
記入し、直接またはFAXで住宅政
ところ/富士総合運動公園陸上競技場
策課へ
557-2828
講 師/高橋尚子さん(シドニーオ
リンピック女子マラソン金メダリスト)
日曜・夜間納税相談
内 容/市内の中学生を対象に行
10月 6 日A
9:00∼16:00
われる教室をスタンドから観覧
10月15日C
17:15∼19:00
申し込み/当日直接会場へ
収納課 155-2730
講座・教室
13 広報ふじ 2013年 9 月20日号
動物愛護ボランティア意見交換会
環境総務課 155-2768
と き/10月11日f 13:30∼15:30
ところ/県富士総合庁舎 2 階201会議室
内 容/県動物愛護管理推進計画の
説明、ボランティア活動の紹介
申し込み/ 9 月24日∼10月 7 日に、
直接または電話で環境総務課へ
問い合わせ/
県富士保健所衛生薬務課 165-2154
県健康福祉部衛生課 1054-221-2448
平成26年度採用
社会福祉協議会事務局職員
社会福祉協議会 164-6600
業務内容/一般事務(福祉事業全般)
対 象/昭和58年 4 月 2 日以降に生
まれ、短期大学・専門学校卒業以
上(見込み含む)で、普通運転免
許(取得見込み含む)を有する人
定 員/ 1 人
試験日/10月27日a(第一次選考:
筆記試験・小論文)
申し込み/10月 4 ∼18日
(消印有効)
に、受験申込書(社会福祉協議会
で配布(郵送も可)、社会福祉協
議会ウェブサイトでダウンロード
可)に必要事項を記入し、直接ま
たは郵送で、〒416-8558 本市場
432-1
富士市社会福祉協議会へ
Bhttp://www.fujishishakyo.com
個人参加公共施設
見学参加者(無料)
広報広聴課 155-2736
コース
市役所→環境クリーンセンター→ふ
れあいショップあゆみ(障害者就労
支援施設)→道の駅富士川楽座(昼
食)→市立富士川体育館→地域交流
センターみんなの家→市役所
と き/10月29日c 9:30∼14:50
対 象/市内在住・在勤の人
定 員/20人(応募者多数の場合、
初めての人を優先し、抽せん)
申し込み/10月 7 日bの19:00
(必着)
までに、電話またはFAXに参加す
る人の住所、氏名、年齢、電話番
号( 1 回につき 2 人まで申し込み
可)、今までの参加有無、
「10月29
日見学希望」を記入し、おしえて
コールふじ「公共施設見学」係へ
153-1111 551-0623
暮 らしのたより
松野まちづくりセンター成人講座
「松野の歴史探訪」
松野まちづくりセンター 156-1055
とき・内容/①11月 8 日f、②12月
6 日f、③平成26年 1 月17日f・
④25日g、
⑤ 2 月21日f、⑥ 3 月 8
日g ①∼③⑤は19:00∼21:00(講
義)
、④⑥は9:00∼12:00(フィール
ドワーク)
計 6 回 ところ/松野まちづくりセンターほか
対 象/市内在住・在学・在勤の成人
定 員/30人(応募者多数の場合抽せん)
受講料/300円
申し込み/ 9 月24日∼10月11日(必
着)に、市ウェブサイト・モバイ
ルサイトで電子申請するか、はが
きを持参または往復はがきに住所、
氏名、年齢、性別、電話番号、勤
務先
(市外在住の人)、講座名を記
入し、
〒421-3303 南松野1792-2 松野まちづくりセンターへ
ご近所の高齢者向けの
体操教室指導者養成(無料)
講座・教室
高齢者介護支援課 155-2951
と き/11月18日b、12月16日b、
平成26年 2 月27日e、3 月20日e
各10:00∼11:30 計 4 回
ところ/消防防災庁舎、フィランセ西館
内 容/介護予防についての講義、
体操教室開催に向けての実技など
対 象/体操の指導に関心のある市
内在住の人(資格不要)
定 員/40人程度(応募者多数の場
合抽せん)
申し込み/11月15日f
(土・日曜日、
祝休日は除く)までに、電話で高
齢者介護支援課へ
ようさい
が
葉彩画入門
市立博物館 121-3380
と き/10月25日、11月 1 ・15日の
各金曜日 9:30∼11:30 計 3 回
ところ/市立博物館染色室
内 容/落ち葉を使った絵の作成
対 象/18歳以上で 3 回とも出席で
きる人
定 員/15人(先着順)
参加費/1,000円
持ち物/筆記用具、汚れてもよいエ
プロン、タオル
がい こく じん し みん む
たの
に ほん ご きょう しつ
外国人市民向け「楽しい日本語教室 1 」 申し込み/10月17日eの9:00から受
け付けます。直接または電話で市
た ぶん か
だんじょきょうどうさんかく か こくさいこうりゅうしつ
立博物館へ
多文化・男女 共 同参画課国際交 流 室 155-2704
と き/10月 6 日∼12月22日の毎週
日曜日(11月 3 日と12月 8 日は除
みそづくり教室
く)14:30∼16:00 計
10回
岩松まちづくりセンター成人講座
福祉総務課 155-2840
ところ/富士市交流プラザ 2 階会議
岩松まちづくりセンター 163-5210
室 2 ほか
と き/①10月21日b ②10月22日
c 各10:00∼12:00
内 容/生活の中で使う日本語の会
①かりがね堤deガーデニング
ところ/地域交流センターみんなの
と き/11月14・21日、12月12日、 平
話を勉強する(初級レベル)
家
成26年 1 月 9 日、 2 月13日、 3 月13 対 象/日本語を勉強したい外国人
日の各木曜日 13:30∼15:30 計 6 回 定 員/15人(応募者多数の場合抽せん) 対 象/市内在住の人
ところ/岩松まちづくりセンターほか 受講料/2,500円(テキスト代含む) 定 員/各15人(先着順)
内 容/ガーデニングに関する知識 申し込み・問い合わせ/10月 5 日g 材料費/各4,200円(みそ 9 キログラ
ム、容器が必要な人は別途600円)
と技術の学習
までに、直接または電話で国際交
定 員/20人(応募者多数の場合抽せん)
流ラウンジFILS(富士市交流プラ 持ち物/エプロン・三角巾・ふきん
ザ内)へ
受講料/500円(材料費含む)
164-6400 申し込み/10月 4 ∼ 8 日(日曜日を
除く)の9:00∼16:00に、直接また
②おとなの電子工作入門
難聴者への文字通訳
は電話で地域交流センターみんな
と き/12月 9 ・16日、平成26年 1
∼要約筆記初めて講座(無料)∼
の家(156-1502)へ
月20・27日、2 月 3 ・10日の各月
障害福祉課 155-2911
曜日 19:00∼21:00 計 6 回
せんてい
ところ/岩松まちづくりセンター
と き/①11月 9 ・16・30日の各土
樹木剪定教室
内 容/電子部品や回路の仕組みの
曜日 ②11月14・21・28日の各木
学習、工作
曜日 ①②とも13:00∼15:00 各 りぷす富士(公園事業課) 155-3553
定 員/10人(応募者多数の場合抽せん)
計3回
と き/10月26日g 10:00∼11:30
ところ/①フィランセ東館 2 階福祉 ところ/富士西公園
受講料/3,300円(材料費含む)
体験学習室ほか②富士駅南まちづ 対 象/一般
・・・①②ともに・・・
くりセンター
定 員/20人(応募者多数の場合抽
対 象/市内在住・在勤の18歳以上
対 象/市内在住・在勤の人
せん。当選者のみに通知します)
の人(高校生は除く)
申し込み/10月18日f(必着)まで ※聴覚障害のある人やその家族も参 受講料/100円
加できます。
申し込み/10月 7 ∼14日(必着)に、
に、市ウェブサイト・モバイルサ
イトで電子申請するか、はがきを 定 員/各20人(応募者多数の場合
はがきまたはFAX・Eメールに郵
抽せん)
持参または往復はがきに住所、氏
便番号、住所、氏名、年齢、電話
番号を記入し、〒417-0055 永田
名、年齢、性別、電話番号、勤務 申し込み/10月31日eまでに、電話
またはFAXに住所、氏名、電話番
町2-112
りぷす富士公園事業課へ
先(市外在住の人)、講座名を記入
号、希望日(①・②)を記入し、
し、 〒416-0909 松 岡837-7 岩
557-0180 [email protected]
障害福祉課へ
松まちづくりセンターへ
553-0151 ※道具は貸し出します。
広報ふじ 2013年 9 月20日号 14
平成 25 年 9 月 20 日号
市民れんらく版
●還暦フェスティバルvol.4
「富士の麓deおとなまつり」
と き/10月27日a 9:30∼14:30
ところ/常葉大学富士キャンパス
内 容/セカンドライフをテーマ
にした講演会、ミニセミナー、
各種ブース、音楽会など
対 象/中高年世代とその家族
参加費/500円(お昼の学食代含む)
申し込み・問い合わせ/10月21日
bまでに、
電話で、還暦フェステ
ィバル実行委員会事務局(一社)
まちの遊民社へ
151-1112
●秋の富士地区囲碁大会
と き/10月27日a 9:00∼
ところ/社会福祉センター田子浦
荘(川成新町)
参加費/1,000円(昼食代含む)
申し込み/10月17日eまでに、電
話で富士年金受給者協会富士支
部囲碁担当 平井 方 へ
162-0319
10月の市役所休日開庁日
開庁日/10月 6日a 9:00∼16:00
開庁窓口/★市民課(155-2747)
★収納課(155-2730)
★国保年金課(155-2751)
10 月 の 納 期
10月15∼31日
市・県民税 第 3 期
国民健康保険税 第 4 期
外国人に教えるための
「日本語ボランティアステップアップ講座」
多文化・男女共同参画課国際交流室 155-2704
と き/10月 9 日∼11月27日の毎週
水曜日 19:00∼20:30 計 8 回
ところ/富士市交流プラザ会議室 2
内 容/日本語の教え方、情報交換など
対 象/日本語ボランティアの経験
者及び入門講座修了者(ほかで実
施した講座でも可)
定 員/20人(応募者多数の場合抽せん)
受講料/2,000円
申し込み・問い合わせ/10月 5 日g
までに、直接国際交流ラウンジ
FILS(富士市交流プラザ内)へ
164-6400
やらなきゃ!きかなきゃ!ソンソン塾
後期高齢者医療保険料 第 3 期
事件情報
全刑法犯罪
忍び込み
空き巣
自転車盗
事故情報
件 数
死 者
負傷者
年間累計
1,344件
86件
46件
266件
年間累計
1,668件
2件
2,202件
〈 7月末現在 〉
‒
+
+
+
昨年比
80件
20件
2件
14件
〈 8月末現在 〉
‒
‒
‒
昨年比
21件
4件
10件
安全を つなげて広げて 事故ゼロへ
15 広報ふじ 2013年 9 月20日号
りぷす富士(富士川ふれあいホール) 181-2333
富士市交流プラザ 各種教室案内
介護保険課 155-2766
市内で自転車の盗難が多発して
います。自転車をとめる際は、少
しの間でも必ず施錠をしましょう。
富士川ふれあいホール
リトミック教室
と き/11月 1 日∼12月 6 日の毎週
金曜日 10:00∼10:45 計 6 回
と き/10月16日∼平成26年 3 月12
日の原則第 3 水曜日 13:30∼15:00 ところ/富士川ふれあいホール
対 象/平成21年12月∼平成23年12
計7回
月生まれの幼児とその保護者(幼
ところ/富士見台まちづくりセンター
児 1 人につき保護者 1 人)
内 容/富士山の話、脳トレ、ミニコ
定 員/10組20人(応募者多数の場
ンサート、レクリエーションほか
合抽せん)
対 象/市内在住・在勤の18歳以上
受講料/4,000円(保険料含む)
の人(高校生は除く)
定 員/50人(応募者多数の場合抽せん) 申し込み/10月 8 ∼15日(必着)に、
直接または、
はがき・FAXに住所、
受講料/300円
親子の氏名・年齢・生年月日、自
申し込み/ 9 月24日∼10月11日の
8:30∼17:00(土・日曜日は除く)
宅・携帯電話番号を記入し、
〒421に、直接富士見台まちづくりセン
3305 岩淵855-39 富士川ふれあ
ターへ
いホールへ
581-0203
収納課 155-2730
富士警察署管内事件・事故
西図書館 164-2110
と き/11月15日f 18:30∼20:30
ところ/富士市交流プラザ 2 階会議
室1
講 師/阿久津直記さん(ペン字講
師・Sin書net代表)
定 員/60人(市内在住・在勤の人
を優先し、先着順)
申し込み/10月19日gの9:30から整理
券を配布します。直接西図書館へ
※10月22日cの9:30からは、電話・
FAXでも受け付けます。
564-3001
富士見台まちづくりセンター 121-7102
介護保険料 第 4 期
国保年金課 155-2754
西図書館主催講演会(無料)
練習せずに2時間でキレイな字を書く方法
りぷす富士(富士市交流プラザ) 165-5523
教室名
と き
定員
受講料
11月 7 日∼平成26年 1 月30日
ベーシックヨガ
の原則毎週木曜日 30人
4,000円
19:00∼20:30 計10回
11月 8 日∼平成26年 3 月 7 日
ヨガエクササイズ
の原則毎週金曜日 6,000円
18:30∼20:00 計15回
各25人
エイジングケア・エクサ 11月11日∼平成26年 2 月 3 日の
各4,000円
原則毎週月曜日 ①9:00∼10:30 サイズ
②10:30∼12:00 各計10回
人前で絶対あがらない! 11月18日∼12月16日の毎週月 20人
5,000円
話し方教室
曜日
19:00∼20:30 計 5 回
ところ/富士市交流プラザ 対 象/一般
申し込み/10月 7 ∼13日(必着)の8:30∼20:30に、直接または、はがき・
FAXに住所、氏名、年齢、生年月日、自宅・携帯電話番号、教室名(時
間帯)を記入し、〒416-0915 富士町20-1 富士市交流プラザへ
565-5538
※応募者多数の場合抽せん。FAXの場合は送信後、
電話で確認してください。
10月の
博 物 館
暮らしの
●乳がん月間 ●里親月間
●第1日曜日「博物館の日」
6日
●住生活月間 ●土地月間
●テーマ展「富士山東泉院と富士山
カレンダー ●赤い羽根募金
12 日∼ 12 月 22 日
●麻薬・覚せい剤乱用防止運動(∼11月) 信仰」
10月
OCTOBER
[神無月]
1
火
2
水
3
木
4
住宅・土地統計調査
平成 26 年度公・私立保育園入園受付∼12日→ P 7
すくすく赤ちゃん講座★ 公証役場出張相談●
全国労働衛生週間∼ 7 日
[浄化槽の日]
土
6
日
7
火
9
水
10
木
11
金
12
土
13
日
平
成
25
年
9
月
20
日
号
︵
毎
月
5
日
・
20
日
発
行
︶
14
月
15
火
水
17
献血●→ P12
人権相談★
18
19
富士市中学校軟式野球 1 年生大会(富士球場ほか)∼12日
かりがね祭り(かりがね堤)
横割八幡神社例大祭 駿河荘まつり
富士市中学校秋季軟式野球大会(富士球場ほか)∼20日
市民課など窓口開設●→ P15 日曜納税相談●→ P13
富士市総合文化祭 前期(ロゼシアターほか)∼20日
普通救命講習■ すくすく赤ちゃん講座★
労務相談●
結婚相談★
お母さんお父さん教室★
3 歳児健診★
行政相談●
土
20
日
21
月
離乳食講習会・ごっくん期★
1歳 6 か月児健診★
人権相談●
木
金
3 歳児健診★
月
8
16
結婚相談★ お母さんお父さん教室★
離乳食講習会・ぱくぱく期★
金
5
●陶芸室自由開放日
13 日
20 日
●癒しのおんがく会
●葉彩画入門
25 日 「博物館の日・七宝ストラッ
※休館日
7・15・16・21・28 日 プ」から
●都市緑化月間
●仕事と家庭を考える月間
[目の愛護デー]
22
火
23
水
24
木
25
富士市民エンジョイスポーツデー ( 富士総合運動公園ほか )
オータム・イン富士見台(中の池) 岩本八面神社秋季例大祭
比奈諏訪大明神秋季大祭 寒竹浅間神社秋祭(富士岡)
東比奈第六天神社秋祭 御﨑神社秋祭(比奈)
日吉浅間神社秋季大祭(今泉 8 ) 森島神社(氏神さん)秋の大祭
めざせ匠人(マイスターものづくり教室)・富士市技能フェスティバル(ふじさんめっせ)
緑と花の百科展(中央公園)→ P10
静岡県中学校対抗戦ソフトテニス富士予選(富士総合
運動公園・厚原スポーツ公園)
吉原宿宿場まつり(吉原商店街) 水戸島八幡神社秋の祭典
宇多利神社秋季大祭(中之郷)
結婚相談★
献血(ふじさんめっせ、ジャンボエンチョー富士店駐車場)→ P12
チームQランニングクリニック(富士総合運動公園)→ P13
入山瀬浅間神社大祭 [体育の日]
[鉄道の日]
富士市民大学後期講演会入学式(ロゼシアター)
特別徴収(年金からの天引き)10月分【市・県民税、国
民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料】
夜間納税相談●→ P13 すくすく赤ちゃん講座★
不動産に関する相談● 子どもの安全を守る市民行動の日
金
26
土
富士市福祉展∼20日(ロゼシアター)→ P 9
結婚相談★
離乳食講習会・かみかみ期★
献血●→ P12
1歳 6 か月児健診★
人権相談★
[十三夜]
3 歳児健診★
[統計の日]
JA全農WCBF少年野球教室(富士球場)
問い合わせは
楽しい紙芝居・手あそび(富士市交流プラザ)
富士市コールセンター
認知症サポーター養成講座★
[食育の日]
市民福祉まつり(中央公園)→ P 9 三尊祭(岩淵)
広見地区安全大会(広見小) 献血(中央公園)→ P12
麻薬・覚せい剤撲滅の日
[受付時間]
離乳食講習会・ごっくん期★
8:30∼19:00
行政相談週間∼27日
土・日曜日、祝休日も受け
付けます
(年末年始除く)
富士市総合文化祭 後期(ロゼシアターほか)∼27日
普通救命講習■ すくすく赤ちゃん講座★
労務相談●
富士市スポーツ祭開会式・富士市体育協会表彰式(ロゼシアター)
結婚相談★
問い合わせは
ふじのくに地産地消の日
富士市コールセンター
ファミリー・サポート・センター地区別交流会(伝
法まちづくりセンター)→ P13
1歳 6 か月児健診★ 人権相談●
市立看護専門学校開校20周年記念式典
[受付時間]
市立看護専門学校 紫苑祭∼26日
8:30∼19:00
夜間納税相談● 3 歳児健診★ 行政相談●
土・日曜日、祝休日も受け
付けます
(年末年始除く)
市立看護専門学校学校見学説明会
富士本町「軽トラ市」→ P10
かじま祭り(富士町)
富士北北翔まつり(富士中央小)
日 結婚相談★
28 富士市交流プラザ臨時休館
27
月
29
富士市民グラウンド・ゴルフ レディース大会(富士川緑地)
火
30 結婚相談★
水
31
木
問い合わせは
富士市コールセンター
[受付時間]
8:30∼19:00
土・日曜日、祝休日も受け
付けます
(年末年始除く)
市・県民税第 3 期、国民健康保険税第 4 期、介護保険
料第 4 期、後期高齢者医療保険料第 3 期納期限→ P15
※場所記号 ●…市役所 ■…消防防災庁舎 ★…フィランセ
9 月 1 日、
「防災の日」に行われ
た静岡県、富士宮市との総合防災訓
練。私は、大淵第二小学校で富士山
火山噴火避難訓練を取材しました。
は、小さな子どもたちが大きなヘル
メットをかぶり、不安そうな表情
で車に乗っていたことが印象的で
した。常葉大学での防災講座では、
汗ばむ暑さの中、子どもから高齢者
まで、多くの皆さんが参加しまし
た。自衛隊の車両による避難訓練で
メモを取りながら聞いている人が
多く、皆さんの防災意識の高さに私
も身が引き締まる思いでした。
(彩)
人 口 259,169人 (前月比− 7 )
男 128,208人 (−11) 女 130,961人 ( + 4 )
世 帯 99,687世帯 ( + 60) 8月 1 日現在
編集・発行 富士市総務部広報広聴課
〒417-8601 静岡県富士市永田町1-100
☎0545-51-0123 50545-51-1456
ウェブサイトhttp://fujishi.jp ※モバイルサイト・twitter・Facebook・YouTubeでも情報発信中。
問い合わせは
富士市コールセンター
[受付時間]
8:30∼19:00
土・日曜日、祝休日も受け
付けます
(年末年始除く)
ダウンロード

広報ふじ1063号 全ページ