平成24年度高次脳機能障がい者社会復帰支援事業~広域的・専門的支援の充実を目指して~
現 状
「高次脳機能障がい」とは・・・交通事故や病気で、脳に損傷
を負い、記憶や思考などの機能が著しく低下することに
より、日常生活に大きな支障をきたす障がい。
大阪府の患者数等(平成19年度東京都実態調査より推計)
○ 高次脳機能障がい者推計(診断されたもの)・・・約 34,600人
○ 年間患者発生数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 約 2,100人/年間
【平成23年9月議会での議論】
・代表質問(公明党):「制度の谷間」にある高次脳機能障がいについて、きめこまかい支援対策
を 講じていくべき。
・知 事 答 弁:現在策定中の障がい者計画の中で掲げられている、①就労支援、②地
域移行、③谷間にあった障がい者の支援、について、新たな視点を盛り
込むことが 必要。
要求
内容
課 題
<高次脳機能障がい支援拠点機関>
● モデル圏域で身近な地域での支援ネットワークを構築し、医療機関等
とも連携しながら、治療・訓練、自立に至る一貫した支援体制を整備。
※なお、実績・課題等の報告を補助要件とし、蓄積した支援ノウハウを
他圏域に拡充。
既存予算(高次脳機能障がい支援普及事業)を活用
効 果
相 談
啓 発
診 断
治 療
急性期・総合医療セン
ター(障リハ部門)
•
•
診断、治療
リハビリテーション
★高次脳機能障がい者支援は、障害者自立支援法において、都
道府県事業として位置づけられており、広域的、専門的支援が必
要とされている。
● 府内モデル圏域で高次脳機能障がい者の居場所を確保するため、
グループホーム等を整備する事業所等に対し補助。
障がい者自立支援対策臨時特例基金 6,697千円×4圏域=26,788千円
(国10/10)
障がい者医療・リハビリテーションセンター
連
携
自立相談支援センター
(高次脳機能障がい
支援普及事業)
• 専門相談支援
• 連携調整委員会
• 支援手法等研修会
• 広報啓発
地
域
へ
訓 練
連
携
障がい者自立センター
(定員90名)
• 高次脳機能障がい
者の機能訓練・生活
訓練、施設入所支
援実施
●従来のサービスでは対応が困難
⇒地域での高次脳機能障がい者の受入先が極めて少ない。
事業
内容
●感情障がい、注意障がい、記憶障がい等それぞれの
障がいに応じたきめ細やかな対応が必要
⇒高次脳機能障がいに特化した受入先が必要。
モデル圏域(豊能・三島・南河内・堺)
グループホーム
ケアホーム
地域支援ネットワーク
(例:医療機関、福祉サービス事業所等)
「制度の谷間」にある障がい者の支援充実
● 障がい者の身近な地域での生活を実現
● 障がい者の社会復帰・就労を促進
○ 培った支援ノウハウを他圏域にも拡充(既存予算活用)
【別紙】
高次脳機能障がい者社会復帰支援事業(平成24年度知事重点事業)進捗状況
●グループホーム・ケアホーム
●ケアホーム(平成24年12月1日開設)
【豊能圏域】・・(社福)豊中きらら福祉会 工房「羅針盤」(豊中市)
(平成25年4月1日指定予定)
日中活動の場:工房「羅針盤」
【三島圏域】・・(医)光愛会
光愛病院(高槻市)
日中活動の場:光愛病院精神科デイケア(高槻市)他
生活介護、就労継続B型
4モデル圏域(二次医療圏)
・ 支援ノウハウをマニュアル化し、事例集等にまとめる。
・ 他圏域支援員の実地研修の場として提供。
・ 高次脳機能障がい支援普及事業ネットワーク会議の症例検討報告。
●グループホーム・ケアホーム
(平成25年3月)
他圏域に拡充
【南河内圏域】・・(社福)大阪府障害者福祉事業団
日中活動の場:大阪府障害者福祉事業団「きらら」(河内長野市)他
●グループホーム・ケアホーム
(平成24年12月1日開設)
【堺圏域】・・(社福)こころの窓 (堺市東区)
日中活動の場:(社福)こころの窓 青い鳥
ダウンロード

平成24年度高次脳機能障がい支援普及事業 豊能圏域地域