welbuddyCCへようこそ
welbuddyCC
TM
2002(C)welcom
株式会社ウェルコム
1. welbuddyCCとは
welbuddy(ウェルバディ)は『well(良い)』+『buddy(仲間)』と
いう意味の造語。インターネットを介してコミュニケーションの
輪がもっともっと拡がって欲しい。そんな願いを込めています。
CCは『Contents(コンテンツ)』&『Communication(コミュニ
ケーション)』の略です。その名の通り、コンテンツとコミュニ
ケーションの融合を意識しています。コンテンツはコミュニケー
ションと連動してこそ文脈が生まれ、生きた情報の発信・流通・
共有を行うことが出来る、という発想から設計されております。
「個」を起点とした自律分散コミュニケーションを実現するため
当社welcomは、
welbuddyシリーズの開発を行っております。
2
2. 新発想インターネットツールを体験ください
welbuddyCCは「お届け型=メール」「待ち受け型=Web」「同期型=IM」の
エッセンスを融合させ、さらにセキュリティ対策を強化した統合インターネッ
トコミュニケーションツールです。使い勝手はメールソフト感覚ですので、イ
ンターネットコミュニケーションにおける日常的、汎用的なツールとしてご活
用いただくことが可能です。
メール=お届け型
Web=待ち受け型
IM=同期型
3
3. CCウインドウの画面構成
コンテンツ
ビジネス文書から動画ま
で20数種類ファイルを
Webコンテンツ化。また
ホームページを表示する
ことも出来ます。これらの
コンテンツはダウンロード
することも可能です
コミュニケーション
送信者の写真・映像・音
声を流したりコメントを掲
載。またオンライン/オフ
ラインが表示されます。返
信メールや携帯連携など
の機能もあります。
クイックチェック
コンテンツに対する関心
度合いやメッセージ、ま
た会議の出欠などを確
認できます。また、最大
15問までのアンケートや
理解度テストを行うこと
も可能です。
その他機能
2次流通が可能な口コミ機能やグループ全員が配信履歴を
閲覧できる回覧機能、受信したCCウィンドウをリスト表示す
る機能などがあります。
4
4. 情報価値創生の時代へ
情報環境
2005年には数十億台のネットワークク
ライアントがソフトウェアを自由に連携さ
せるネットサービス時代が誕生する。
需要サイド
ネットワーク上での情
報の発信・交換・共有
は仮想的な仲間
(NetBuddy)を介したコ
ミュニケーションが主
流になる。
供給サイド
自律・自立的な
情報処理・通信能力を備えた
=Peer「自律主体」の登場
による情報価値創生の時代へ
ビジネスモデル自体が
顧客の意思決定に近く、
分散環境での資源配
分を効率的に行うこと
のできる機構、仕組み
が求められるように
なっている。
welbuddyCC
自律コミュニケーション
ツール
5
ダウンロード

P2Pがもたらす次世代IT社会