ActiveImage Protector 3.1
Linux Editionのご紹介
(株)ネットジャパン 法人営業部
2012年3月27日 更新
ActiveImage Protector Linux Edition
機能概要
技術的な特長
Service Pack 2(SP2)の機能拡張
バックアップ機能
バックアップ関連機能
復元機能
復元関連機能
仮想環境移行機能
リモート管理機能
スクリプト機能
その他の機能
ActiveImage Protector Linux
技術的特長
独自のスマートセクター技術による高速バックアップ
 使用済みセクターのみを高速に最少容量のバックアップを作成
独自のLinuxネイティブなスナップショットドライバーによりオンライン(ホット)
バックアップを実現
 セクターベースのバックアップなので、復元に高度な知識は不要
- Linuxディストリビューションは頻繁にアップデートされるため、従来
のファイルバックアップでは、構築した専門家でないと復元は困難。
- 伝統的なディスクダンプは非効率
稼働中のMySQLデータベースのサービスを停止することなく、整合性の
あるオンラインバックアップを実現
バックアップ容量を削減する差分バックアップ
 フルバックアップ以降の更新データのみをバックアップ
キャラクターユーザーインターフェース(CUI)のウィザードと、豊富で柔軟な
コマンドラインパラメーター/スクリプト機能
ActiveImage Protector Linux
Service Pack 2の機能拡張
物理環境から仮想環境への移行を可能にするQuick P2V機能を追加
 物理環境で稼働するLinuxサーバー( Red Hat Enterprise Linux 4、5)で取
得したイメージを仮想環境 (Hyper-V, VMware, KVM) に移行することができ
ます。 (P19参照)
ActiveImage Protectorバックアップ機能
高速イメージジングバックアップ
ホットイメージング
 Linux OSを停止せずに使用済みブロックのみを高速にバックアップ
sda1
スナップショット
sda1
イメージファイルを作成
ドライブの
イメージ
ファイル
sda2
sda2
独自のスナップショットドライバー
Command Line Interface
高速なスナップショット
複数のボリュームを使用するDB
アプリ環境で、複数のボリューム
で同時にスナップショットを作成し
整合性を保持
豊富なLinuxディストリビューショ
ンをサポート
企業内管理ツール
ActiveImage サービス
イメージング
スケジュール
マウント
独自のスナップショットドライバー
Disk I / O
物理ボリューム
コールドイメージング
 Linuxのシャットダウン状態やインストール直後のクリーンな状態をバックアップ
ActiveImage Protectorバックアップ機能
MySQLデータベースをオンラインバックアップ
稼働中のMySQLデータベースのサービスを停止することなく、
整合性のあるオンラインバックアップを実現。
グループウェア サイボーズ ガルーン 3 Linux版のサービスを
停止することなく、整合性のあるオンラインバックアップを実現。
010101010101011101010110101
011011101
ActiveImage Protectorバックアップ機能
高速差分バックアップ
ベースバックアップ以降の更新データをバックアップし、
差分イメージとして作成
差分
差分
差分
ベース
(フル)
ベース
イメージ
ActiveImage Protectorバックアップ機能
様々なストレージデバイスに保存可能
NAS / SAN デバイス
I/SCSI, SATA, ATA
USB
注意:直接テープ装置へのバックアップには対応していません。
コ
ス
ト
・
容
量
ActiveImage Protectorバックアップ機能
バックアップウィザード(CUI)
ボリュームを選択してバックアップ
 ボリューム単位(コモンボリューム、ボリュームグループ、論理ボリューム)を
バックアップ
 コモンボリューム構成でのディスク単位でのバックアップ
 複数のボリュームを一括してバックアップ
ActiveImage Protectorバックアップ機能
MySQLバックアップウィザード(CUI)
簡単な設定で、稼働中のMySQLデータベースの整合性のある
オンラインバックアップを実現。
ActiveImage Protector バックアップ関連機能
スケジュール機能(CUI)
バックアップイメージの自動作成(フルバックアップ/差分バックアップ)
一回のみ/週単位/月単位の設定が可能
・ 一回のみ:開始日時を設定しフルバックアップを行います。
・ 週単位/月単位: フルバックアップ、差分バックアップを
週単位(曜日)/月単位(日付)で設定します。
ActiveImage Protectorバックアップ関連機能
暗号化(CUI)
イメージファイルのパスワード保護
イメージファイルの暗号化(RC5/AES)
ActiveImage Protectorバックアップ関連機能
圧縮率の設定(CUI)
イメージの圧縮(バックアップ保存先ディスク容量の低減)
標準圧縮と高圧縮を選択可能
ActiveImage Protectorバックアップ関連機能
不良セクターのスキップ(CUI)
 不良セクターをスキップして健全セクターをバックアップ
 ハードディスクは経年変化により不良セクターが発生
ActiveImage Protectorバックアップ関連機能
スロットリング(CUI)
実行するタスクのプライオリティ設定
ネットワーク環境のトラフィックに応じて、ActiveImage Protectorが
使用するバンド幅を加減するネットワークスロットリング
ActiveImage Protector復元機能
リカバリーウィザード(CUI)
高速で簡単な
ディサズターリカバリー
作成した復元用CDを起動し
イメージファイルを選択
復元して、PCを再起動
本番稼動
ActiveImage Protector復元機能
リカバリーディスク作成機能(CUI)
汎用的な復元環境に加えて、実環境からカスタム復元環境を
作成する機能を提供しています。
多様なLinuxディストリビューションには、汎用的な復元環境では
対応しきれない場合が多々あります。
ActiveImage Protector復元関連機能
イメージのマウント(CUI)
高速で簡単な
ファイル / フォルダー単位の復元
イメージファイルを選択して
マウント
ファイルを復元
ActiveImage Protector仮想環境移行機能
Quick P2V
物理環境から仮想環境への移行を可能にするQuick P2V機能を追加<New! >
物理マシン上で稼働する、 Linuxサーバー( Red Hat Enterprise Linux 4、5)の
バックアップ時に「Quick P2V 」オプションを付けてイメージファイルを作成します。
仮想環境への復元は通常の復元プロセスと同様に行います。
ESXi、Hyper-VおよびKVM環境へ復元することができます。
*Red Hat Enterprise Linux 4 はHyper-V へ移行することはできません。
*Red Hat Enterprise Linux 6は、 移行元の物理環境のバックアップイメージファイルを移行先の仮想環境に
そのまま復元することができます。
ActiveImage Protector リモート管理機能
リモート接続(CUI)
ActiveImage Protectorがインストールされたコンピューターに接続
し、バックアップ、マウント、復元等の基本操作をリモートで実行
ActiveImage Protector コマンドライン機能
豊富なコマンドラインパラメーターを用意
ユーザー環境のスクリプトに組み込むことで、バックアップ、復元、
イメージの検証/マウント、スケジュールの変更の自動実行が可能
ActiveImage Protector その他の機能
LVMで構築したディスクの一括バックアップ機能
4GB以上のイメージファイルをFAT32に自動分割保存機能
LinuxのソフトウェアRAIDに対応
ActiveImage Protectorの詳しい情報は、
専用サイトへどうぞ!
http://activeimage.jp/
お問合せ先
株式会社ネットジャパン
法人営業部
E-Mail:[email protected]
TEL:03-5256-0877
ダウンロード

ActiveImage Protector